またたび 猫。 猫にとって危険な植物とは?またたびも注意!【獣医師が解説】

猫にまたたびはどんな効果がある?正しい使い方は?

またたび 猫

この記事でまとめたこと• またたびとは? またたびとは、山地など日本に広く自生する落葉つる植物のことをいいます。 6月から7月にかけて白い花を咲かせ、花が咲く時期になると葉っぱが半分ほど白くなることから、夏梅とも呼ばれています。 ちなみに、キウイフルーツもマタタビ科ですよ。 またたびの名前の由来は? またたびの名前の由来は、アイヌ語の「マタタムブ」に由来しているという説が有力です。 「マタ」は冬、「タムブ」は「カメの甲」もしくは「手土産」の意味があります。 その他には、疲れた旅人がまたたびの実を食べたところ再び旅を続けることが出来るようになったことから、「復旅 またたび 」と名付けられたという説もあります。 またたび虫癭果(ちゅうえいか)とは? マタタビノアブラムシに卵を産み付けられて、虫こぶ状に発達した子房を「虫癭果」といいます。 虫癭果には、ネコ科の動物に作用する「アクチニジン」「マタタビラクトン」などの有効成分が通常の実よりも多く含まれていることでも知られています。 人の漢方薬として古来より使用されてきたという歴史もありますよ。 猫にまたたびをあげるとどうなる?反応は? 猫はまたたびに近づくと、またたびから出る成分を感知し、ハイな状態になります。 しかし、人間の飲酒と大きく違うのは、「少量であれば健康に良い」というわけでもない点です。 あくまでも「一時的に興奮した状態になる」「酔っ払いのように恍惚とする」だけなので、リラックスやストレス解消、快楽を与える道具だと思ってくださいね。 また、またたびによる上記の作用は一時的なもので依存性はありません。 出典:猫生活 2008年 03月号 マタタビの謎を追え 猫がまたたびを食べるとどうなるの? またたびを食べることで起こりうること• 食欲増進• ストレス軽減• 老化防止• 虫歯対策 またたびを食べることにより、「食欲増進」「ストレス軽減」「老化防止」「虫歯対策」などが猫の身体に起こり得ます。 猫はものをかじるという習慣があまりないため、またたびをかじるという行為が脳の老化防止に役立つともいわれています。 「マタタビラクトン」「アクチニジン」の2つはまたたび特有の成分で、これらが猫の上あごにあるヤコブソン器官で感知され、中枢神経を麻痺させることで性的興奮を覚えるという仕組みになっています。 しかし、次の項で説明しますがこの中枢神経を麻痺させてしまうという報告があります。 また、飼い主が与えるつもりはなくても、またたびの在りかを見つけ出し、近寄ってしまう可能性もあるので、またたびの管理には気をつけてくださいね。 またたびの値段は? またたびの与え方 与え方 またたびを初めて与える場合は、粉末状のタイプを少し嗅がせる程度から始めるようにします。 成猫であっても、耳かき半分以下の量で十分です。 食べ物ではないので大量に与えたりキャットフードに混ぜて与えたりすると、呼吸困難や心停止を引き起こすこともありますよ。 また、猫が誤ってまたたびの実を丸飲みすると消化系を詰まらせる原因となり、開腹手術が必要になることもあります。 実をそのまま与える場合は特に注意してくださいね。 タイミング またたびを与えるタイミングとしては、「食欲が落ちてきた時」「爪とぎ場所のしつけ」「遊ぶ時」「ストレスを抱えている時」などがおすすめです。 猫にまたたびを与える際の注意点!どんなリスクがある?いつから与えて良いの? またたびには中枢神経を麻痺させる作用があり、麻痺の度合いが強すぎると呼吸ができなくなってしまう可能性があります。 与え過ぎると、最悪の場合、愛猫の死を招くというリスクがあることを理解しておくことが大切です。 人間に強い酒をどんどんと飲ませてはいけないように、ねこにも適度なまたたび量があります。 また、お酒とは異なり、何歳になったら与えても良い、というような年齢制限はありませんが、成猫と子猫は体の大きさが異なるため、同量のまたたびを与えても身体に起こる影響の大きさがが変わってきます。 最初に与えるときは、少なすぎるくらいの量から試すのがおすすめですよ。 猫にとって危険な植物 猫に危険な植物• シクラメン• ユリ科の植物• ポインセチア 猫に危険な植物として、「シクラメン」「ユリ科の植物」「ポインセチア」などがあります。 シクラメン 摂取すると「下痢」や「おう吐」などの中毒症状を引き起こします。 多量に摂取すると、死に至る危険性もありますよ。 シクラメンと同じサクラソウ科に属する植物も同様の引き起こす原因になるため、注意が必要です。 ユリ科の植物 ユリ、すずらん、チューリップなどのユリ科の植物は、猫にとって最も危険な植物です。 花や葉だけでなく花粉を少し摂取しただけでも急性腎不全を引き起こし、死に至ることもあります。 ポインセチア クリスマスの飾りとして使われることの多いポインセチアですが、猫にとっては危険な植物の一つでもあります。 直接命に関わることは少ないですが、葉や茎から出る成分が「下痢」「おう吐」「皮膚炎」などを引き起こしてしまいます。 またたびは与える部分や状態によって影響の強さが異なる 先ほど紹介したとおり、またたびによる影響には個体差があるので、最初に与えるときは少なすぎるくらいの量から試して、おねだりされても大量に与えるないようにしてください。 またたびは快感を引き起こすものでしかないため、常用すると我慢や警戒心などは薄れていってしまいます。 与える際には猫のことを考えて、飼い主が徹底管理してあげてくださいね。

次の

猫はなぜまたたびに反応する?メロメロにする成分や与え方、注意点まで

またたび 猫

古来「猫にまたたび」ということわざがあるように、多くの猫はまたたびが大好きです。 またたびを食べることで、まるで陶酔したように楽しく動き回る姿を見せることもあります。 そういった普段は見せない行動は非常に可愛らしいものですが、与え方を間違えると危険な場合もあるため注意が必要です。 今回は、猫がまたたびに興奮する理由や危険性、適切な与え方のポイントをご紹介します。 またたびって何?猫がまたたびに興奮する理由 またたびとは、マタタビ科マタタビ属の木で山に自生しています。 またたびの木には、正常な実と「虫えい果」と呼ばれる実の2種類がなります。 猫が好むとされているのは「虫えい果」で、ハエやアブラムシが実に卵を産み付けることで変形したものです。 表面がつるんとした楕円形の正常な実に対し、「虫えい果」は表面が凸凹としています。 枝や実、粉末やスプレー状のものなどが市販されており、猫が食べたり匂いを嗅いだりすることで反応が期待されます。 またたびによる反応は、猫の上あごにあるヤコブソン器官(フェロモンを感知する器官)を、マタタビラクトンやアクチニジンといった、またたび特有の成分が通ることにより引き起こされます。 成分がヤコブソン器官を通ることにより中枢神経が麻痺するため、猫によっては転げ回ったり走り回ったりといった、陶酔したような姿を見せることがあるのです。 中には、酔っ払った状態に似ていることから依存性を心配する飼い主さんもいらっしゃいますが、一時的なもので依存性はほとんどないとされています。 ではまたたびを与えることによって、猫にはどのような効果があるのでしょうか。 普段は見られない姿を見られるのもまたたびの魅力です。 またたびの効果 またたびには様々な効き目がありますが、反応には個体差があります。 ここでは主なものを見ていきます。 ストレス解消 一時的に活発になり、思い切り運動することでストレス解消が見込めます。 運動不足解消にもおすすめです。 食欲増進 食欲が落ちている時に、またたび入りの餌や水を与えると効果が期待できます。 しかし、食欲不振は病気の可能性もあるので、様子がおかしい場合は早めに病院に連れて行ってください。 老化防止 猫は餌を食べる時にあまり咀嚼をしないので、またたびの入ったオモチャをかじることで脳が刺激を受け、老化防止につながると言われています。 このように良い効果が期待されるまたたびですが、与え方を間違えると危険性もあるので注意が必要です。 またたびの入ったオモチャを与えれば愛猫も喜んでくれるかもしれません。 またたびの危険性 大量に与えすぎると、中枢神経が異常麻痺を起こす可能性があります。 最悪の場合は、呼吸困難になってしまうこともあるので要注意です。 また飼い主さんが出かけている時に、またたびの実を見つけて丸呑みしてしまうなどの事故にも注意が必要です。 他にも、またたび入りのオモチャが壊れて中の粉末が出てきてしまうなど、事故により過剰摂取をしてしまうケースは少なくありません。 猫の留守番に関する留意点などについては、でもご紹介しています。 ぜひご覧ください。 このような事態を防ぐためには、与え方や保管場所には常に気を配っておく必要があります。 猫の目の届かない場所にしまっておくだけでも、事故の危険性は下がります。 猫が自分で取り出せない場所にまたたびが保管されているか必ずチェックしましょう。 また、「粉末、液体、実、枝」の順で強度が高いとされています。 強度によって適量が変わるため、必ず飼い主さんの方で把握してください。 愛猫のために適切な与え方を知ることが大切です。 様々な効果が期待できるまたたびですが、危険もあるので要注意です。 またたびの適切な与え方と注意点 全ての猫に共通した適切な与え方が決まっているわけではありません。 愛猫の様子を見つつ、注意点をしっかりおさえ、猫の負担にならないようにしましょう。 与え始め 幼猫のうちは与えない方が良いとされています。 体内の器官が十分に発達していないとパニックを起こす可能性があります。 市販の製品には、推奨年齢が記載されているものもあるので、必ず確認してください。 また、老猫や心臓に疾患がある猫にとっては体に負担をかけてしまうので、無理に与えないようにしましょう。 与える量 最初は少し嗅がせる程度から始めるのが望ましいです。 個体差があるので、様子を見ながら少しずつ量を増やしていき、愛猫の適量を判断しましょう。 与え方 匂いを嗅がせる方法と直接食べさせる・舐めさせる方法があり、それぞれ特徴があります。 匂いを嗅がせる方法は、刺激は弱いですが長続きします。 この方法はオモチャに仕込むのが一般的です。 反対に、直接食べさせる・舐めさせる方法は、刺激は強いものの効き目が短いです。 美味しそうに舐めることがありますが、上あごのヤコブソン器官に擦り込んでいると考えられていて、飲み込むとすぐに効果が薄れます。 与える頻度 毎日だと効果が薄れていくこともあるので、しつけのご褒美といった特別な時に与えるなど、間をあけると良いでしょう。 しつけのご褒美として使ってみるのも効果的です。 猫の嗜好品といえるまたたび。 昔から猫にも人にも親しまれており、猫と飼い主さんとの絆を深めるにも良いツールとなります。 ただ、与え方を間違えてしまうと危険性もあります。 ポイントをしっかりおさえて、効果的に活用したいですね。

次の

猫へのまたたびの与え方・完全ガイド~効果から危険性までを徹底解説

またたび 猫

猫にまたたびをあげるとどんな効果があるの? 「またたび」には、 ネコ科の動物を 性的に興奮させる 効能があります。 媚薬みたいなものですね。 猫にまたたびをあげると、酔っ払いのように 床の上をゴロゴロするタイプもいれば ひっかいたりして 大暴れする猫もいます。 喉をゴロゴロさせてよだれが垂れてしまう猫も いるようです。 またケンカっ早くなってしまう場合も あります。 またたびは猫をかなりの 興奮状態にさせてしまいます。 猫がまたたびで興奮する仕組みとは? またたびには 「マタタビラクトン」という成分が 含まれています。 猫の上あごにある 「ヤコブソン器官」が それを検知し、脳を麻痺させて 脊髄、運動中枢の 機能を低下させることで 興奮状態を引き起こします。 人間でいうところの麻薬のような物です。 ヤコブソン器官は匂いではなく フェロモンを感知する場所です。 つまり猫は、またたびの匂いではなく フェロモンに反応しているんです。 猫がまたたびを好きな理由は? メスよりも オスの方がまたたびに興味を示す と言われています。 また、子猫や去勢済みのオスは興味を示さない 例も報告されています。 このことから猫がまたたびを 本能的に求めるのは、 強いフェロモンの匂いに 自然と反応してしまうからなんです。 人間も酔った状態が好きな人がいるように 猫は陶酔できるまたたびが 好きなのです。 1.またたびのあげかた 猫にまたたびをあげるタイミングは• 食欲不振の時• しつけの時• 運動不足やストレス気味の時• 元気がない時 に有効です。 またたびには粉状のものと、 乾燥した実、枝、スプレー のタイプがあります。 猫に合ったものを選んで与えてみて下さい。 2.またたびをあげる頻度は? 厳密な定義はありませんが、 1週間に3、4回が目安です。 ただ個体差があるので、 初めは少量を充分な期間をあけて 使ってみることをオススメします。 3.またたびはいつからあげてもいいの? 基本的に子猫には使用してはいけません。 またたびは 性的に興奮させる媚薬なので 子猫に与えてもあまり効果がありません。 一般的に 発情期が始まる年齢まで 使用しない方が安全です。 発情期が始まる年齢は オスで生後9~11ケ月で メスで生後5~12ケ月 といわれています。 個体差がありますが、 またたびのパッケージには 2、3カ月未満は使用しないでくださいと 書いてありました。 ですが余裕をもって 半年程は 見ておいた方が良さそうです。 また、元気がないからといって またたびを上げて ハイな状態にしてしまうと 本当は深刻な病気だった!なんてことに 気付けなくなる可能性も…。 状況と猫を良くみて与えることを オススメします。 次にまたたびは 猫に悪影響はあるのか? ということについて、解説します。 猫にまたたびをあげると悪影響があるって本当? さきほども書いたように、 子猫に与えれば成長や脳に ダメージを負う 可能性があるという悪影響があります。 大人の猫でも、 またたびをあげると 「呼吸器不全」に なるおそれがあります。 初めのほうにも書きましたが、 またたびは 脳を麻痺させる作用があります。 ずっと嗅いでいると、 呼吸をするという当たり前の行為さえも 麻痺して 出来なくなってしまうんです。 稀ではありますが、 命を落としてしまったケースもあるようです。 猫へのまたたびの中毒性はある? 猫を激変させてしまうまたたびですが、 意外なことに 中毒性はありません。 どんなにマタタビが好きな猫でも 5~10分程経つと、飽きて通常のテンションに 戻ってしまいます。 そしてまたたびへの 興味が薄れるため、 中毒になることはありません。 まとめ いかがでしたでしょうか? 猫がまたたびの匂いを嗅いで 我を忘れたように踊り狂う姿を 初めて見たときは 誰しも ビックリしてしまいますよね。 猫にまたたびをあげることは メリットも デメリットもあります。 人間にとって 「お酒は百薬の長」と言われているように 猫にも 適量なまたたびを与えることによって、 ストレス解消になり、 身も心も健康になります。 ですが、 与えすぎや 幼い猫に与えてしまうと 猫を命の危険にさらすことにも なってしまいます。 用量・用法を正しく守って 猫にまたたびをあげてみてはいかがでしょうか。 愛猫の健康、心配ですよね? 実際に保険会社が調査した結果、 ペットが5歳になるまで手術費用を請求する 確率が80%というデータが出ています。 ・保険料が高くつきそう ・使わないともったいない ・どの保険が愛猫に合うのかわからない などの悩みありますよね? そんなあなたには、 ペット保険の資料一括請求がおすすめです。 ・かんたん入力で保険会社の違いが明確。 ・愛猫の健康状態に合ったプランが探せる。 ・複数の保険会社間のサービスを比較できる など、ネットで申し込むだけで、 愛猫にピッタリな保険がわかります。

次の