グリュー ワイン。 冬の定番、グリューワインの作り方

グリュー

グリュー ワイン

ホットワインとも呼ばれるグリューワインとは、ワインに香辛料などを加えて温めたホット・カクテルです。 通常は赤のワインが使われますが、白のワインがベースになることもあります。 グリューワインは主に、ヨーロッパで開催されるクリスマスマーケットで供されるお酒で、寒い時期には体を温めるホットドリンクとしても重宝されます。 最近では日本でもレンジでチンするだけでつくれるグリューワインが販売されるようになってきて、より気軽にグリューワインを楽しめるようになりました。 そんなグリューワインで気になるのが賞味期限ではないでしょうか?開封した後だとどれぐらい持つのか?どう行った事に注意しなければいけないのかなど、グリューワインワインの賞味期限についてご紹介します。 ヨーロッパのクリスマスの名物「グリューワイン」って? グリューワインは温葡萄酒とも呼ばれており、ワインに香辛料などを加えて温めたホット・カクテルです。 グリューワインの「グリュー」は、ドイツ語で「赤々と燃えて熱を帯びた様」を表します。 その名が示すように、香辛料の効果も合わさって、身体が芯から温まるお酒です。 本場のドイツでは、クリスマス前の4週間に、クリスマスマーケットが開催されます。 各地から集まった様々な食べ物が並ぶ中、一際賑わうのがグリューワインのお店です。 それぞれの店がオリジナルののカップを用意しており、グリューワインのお店を梯子する楽しみに一役買っています。 温められたカップは美味しさをワインの旨さを高め、外の寒さを忘れさせてくれます。 注文の際に支払う料金には、カップ代も含まれています。 それ故、コレクションとカップを集めるのも魅力の一つです。 また、カップを返却すれば、デポジット分が返却されます。 通常のグリューワインには赤ワインが用いられますが、白ワインがベースになるカクテルもあります。 当ワインは、ヨーロッパ各地で11月中旬ごろから開催される、クリスマスマーケットで主に提供されるお酒です。 日本の「ホットワイン」は和製英語であり、正式にはマルドワインと呼ばれます。 一般的な作り方は、赤ワインにオレンジピールやシナモンなどの香辛料を加え、シロップや砂糖を入れて火にかけます。 お店等では蒸気によって一気に温めることで、アルコール分を飛ばすことなく提供しています。 その機能はエスプレッソ・マシーンにも備わっており、牛乳を瞬時に温める機能と同じです。 グリューワインは賞味期限が短い? ヨーロッパではグリューワインはクリスマスマーケットで供される以外に、各家庭でも作られています。 ワインの種類はスパイスの組み合わせで、家庭ごとの味が違ってくるのも魅力の一つです。 基本的に使用されるワインは、1本数百円程度の安い赤ワインです。 それに少し手をかけるだけで、甘くてスパイシーなグリューワインに変わります。 シナモンなどのスパイス以外にも、レモンなどの柑橘類を加えるのが定番です。 柑橘類は1種類でも充分ですが、レモンとオレンジなど2種類を組み合わせると風味が一層増します。 柑橘系は温めることで、味わいに深みを与える効果もあります。 実は、グリューワインは、このように果汁を加えるため、通常のワインより賞味期限が短かくなってしまうのです。 通常のワインであれば、10年20年と長期保存すればするほど価値が上がり高価な値段で取引されています。 たまに、何世紀も前に沈没して深海に眠る船から引き揚げられたワインがオークションにかけられているのを見かける事がありますよね。 一方、グリューワインの賞味期限はどれぐらいかといいますと市販の瓶詰されている物であれば1年程度となっています。 実際に自宅で手作りした場合はもっと短く、1週間程度です。 ワインであれば長期保存ができると思い、グリューワインも長期で保存してしまうと、せっかくのグリューワインを無駄にしてしまう事になるので注意が必要ですね。 グリューワインで大人気!カルディー「ラプンツェル」の賞味期限 市販のグリューワインで人気のカルディー「ラプンツェル」の賞味期限はボトル事に違っているので購入時に確認しましょう。 通販で買う場合は、賞味期限が一か月以上の物が発送されるという事ですが、開封後はなるべく早めに呑むのがおすすめです。 当たり前の事ですが、直射日光及び高温多湿を避けて保存する事が必須です。 寒い時期であっても、ポカポカのお日様が直接当たる場所に置いておくと劣化が早まってしまうので気をつけましょう。 開封してからなかなか呑み切れない場合は、グリューワインを使って牛肉の煮込み料理などを造ってみるのもおすすめです。 もともとワインで煮込み料理を作る事が多いように、甘目でスパイスが効いているグリューワインでもお肉を煮込むことができます。 カレーなどに使うお肉であれば、甘みやスパイスが効いていても十分おいしく頂けます。

次の

グリューワインとは

グリュー ワイン

こんにちは、 theDANN編集長のダンです。 寒い時期にはあったかいワインが飲みたくなりますよね。 そこで今回はグリューワインについて話していきたいと思います。 白ワイン、赤ワインで作るグリューワインや味わいについて書いたので、ぜひ参考にしてくださいね。 それでは、はじまり〜はじまり〜• グリュー ワインとは? グリューワインとは、ワインに香辛料とシロップを加えて、温めて作るワインのことで、別名ホットワインとも言われています。 このワインは、香辛料の効果などで体がとても温まり、寒い冬などに適したワインになっています。 一般的には赤ワインを使うことが多いですが、白ワインで作ることもでき、赤ワインが苦手な人でも楽しむことができます。 グリューワインの本場ドイツでは、クリスマス前に飲むことが昔からの定番で、クリスマスパーティーなどで家族や友人、恋人たちと楽しむことできるのでとても人気があるそうです。 赤ワインで作るグリュー ワインの作り方 必要な材料は、赤ワイン、水、シナモンシュガー、レモン1切れとオレンジ1切れ、砂糖です。 一般的なサイズの鍋に水を入れ、火にかけて、砂糖、シナモンシュガーを入れよく溶かした後レモン1切れとオレンジ1切れを入れます。 ワインを入れた後、沸騰させるとアルコールが飛んでしまうので、沸騰しないように火加減に注意しながら温めます。 温まったら火を止めて、オレンジ1切れとレモン1切れを取り出し、30分その状態のまま置いておきます。 置いておいたら再度5~10分程度温めたら出来上がりです。 白ワインで作るグリュー ワインの作り方 必要な材料は、白ワイン、はちみつ、レモン1切れとオレンジ1切れ、シナモンシュガーです。 こちらも一般的なサイズの鍋に白ワインを入れ、火にかけます。 この時も赤ワイン同様沸騰させてしまうとアルコールがすべて飛んでしまうので、飛ばしたい場合は2分ほど沸騰させて、アルコール度数そのままにしたい場合は沸騰直前まで温めます。 温めながらはちみつ、レモン、オレンジ、シナモンシュガーを入れて温まったら火を止めます。 その後、その状態のまま置いておいて10分ほど待ちます。 10分ほど経過したら再度温めて完成です。 グリュー ワインに合う料理 グリューワインに合う食べ物で有名なのは、「シュトレン」と呼ばれる日本でいう菓子パンのようなものです。 ドイツではクリスマスの時期に食べられる定番のお菓子で一般的には薄く切って食べるのだそうです。 シュトレンは中にドライフルーツ、ナッツ、スパイスが練りこんであり、表面にまぶされた砂糖、中のドライフルーツやナッツの甘さを感じながらドイツパンらしい歯ごたえのあるパンになっており、グリューワインともマッチするので、本場ドイツの味を楽しめます。 さらに、クッキーなどの焼き菓子ともマッチするので、甘いティータイムを過ご巣にはぴったりですよね。 グリュー ワインにおすすめのワイン5選 1.ラプンツェル グリューワイン(税込898円) ドイツの伝統的なレシピ通りに作ったワインです。 赤ワインにシナモンやグローブなどの香辛料やオレンジ、レモンといった天然のフルーツの香りを加えて作ったのが特徴です。 50度くらいに温めて飲むのがおすすめです。 白も販売しているので、詳しくはしたのリンクから確認してください。

次の

GLUHWEIN

グリュー ワイン

グリューワインはドイツのクリスマス市に欠かせないもの。 カップはデポジット制だけど記念に持ち帰ってもOK <目次>• ドイツの冬のお楽しみといえば、日本人観光客にも大人気のクリスマスマーケット(クリスマス市 Weihnachtsmarkt)。 グリューワインとはワインにシナモンやクローブなどのスパイス、果物を加えて温めたホットワインのこと。 ラム酒に浸した砂糖をフランベして作るファイヤーツァンゲンボウレ。 グリューワインは赤ワインを使うことがほとんどですが、たまに白のグリューワインが飲める屋台もあり、白の方がすっきりしていて好きという人もたくさんいます。 最近はりんごやさくらんぼ、ブルーベリーにざくろなど様々なフルーツのグリューワインも増えてきました。 また、卵のリキュールで作るアイヤープンシュもクリスマス市では定番。 お酒が飲めない人や子ども用にノンアルコールのパンチも用意されています。 逆にもっと強いお酒が欲しい人はラムやアマレットなどを追加で加えることもできます。 ファイヤーツァンゲンボウレ(Feuerzangenbowle)はラム酒に浸した角砂糖に火をつけてグリューワインに加えた飲み物。 燃え上がる炎に気分も盛り上がります。 おいしいグリューワインのみつけ方 お店によって味も様々。 おいしいグリューワインをみつけよう! ドイツのクリスマスマーケットにはたくさんのグリューワイン屋台があります。 お店によって味が微妙に違うのでいろいろと飲み比べてお気に入りの一杯を探すのも楽しいものですが、なかには市販品を温めただけのものも。 そこで今回は美味しいグリューワインをみつけるコツを伝授しましょう。 キーワードは「Winzer ヴィンツァー」。 ヴィンツァーとはドイツ語でワイン醸造所、ワイナリーの意味。 つまりWinzerと書かれている屋台はワイナリー直営だったり手作りのグリューワインを販売しているということ。 なかには普通のグリューワインとヴィンツァーグリューワインの2種類を出している屋台もあってお値段にも少し差がありますが、ヴィンツァーグリューワインの方が断然おすすめ。 クリスマスマーケットに行ったら、ぜひこのWinzerの文字を探してみてくださいね。 お土産にもおすすめ! スーパーで買えるおすすめグリューワイン 便利なグリューワイン用ティーバッグ そこでおすすめなのが、グリューワイン用のスパイス(シナモン、クローブ、オレンジの皮など)が入ったティーバッグ。 ワインと一緒に温めるだけであっというまに本格的なグリューワインができるという優れものです。 また、冬限定でグリューワイン風味のお茶のティーバッグも登場。 小さくて軽く、安い(約1ユーロ~)のでばらまき用のお土産にもおすすめです。 スーパーのお茶コーナーやクリスマス特設コーナーで探してみてくださいね。 グリューワインやワイン用スパイスはアドヴェント(クリスマス前の4週間)の時期に出回りますが、お店によっては10月くらいから置いてあることもあります。 じつはグリューワインはおうちでも簡単に作ることができるんですよ。 続いて、簡単レシピをご紹介します。 赤ワイン 1本……酸味の少ないものがおすすめ。 安いテーブルワインで十分です• オレンジ 1個……できればビオ(オーガニック)のものを皮ごと使用• りんご 1個……オレンジと同じくできればビオのもの• シナモンスティック 1本• クローブ(丁子) 5粒• 砂糖(またははちみつ) 大さじ3杯~……ワインの酸味によるので味見をしながら調節。 はちみつを加えるとぐっとコクが出ます• オレンジとりんごはできればビオのものを皮ごと使うのがおすすめ。 手に入らなければ皮を剥いてから、オレンジは輪切り、りんごはいちょう切りにしておく。 ワインと砂糖(はちみつ)を鍋に入れ、弱火で人肌程度になるまで温める。 沸騰するとアルコール分が飛んでしまうので注意。 お茶パックに入れたシナモンスティックとクローブを鍋に入れる。 白ワイン 1本……酸味の少ないものがおすすめ。 安いテーブルワインで十分です• オレンジ 1個……できればビオ(オーガニック)のものを皮ごと使用• レモン 1個……オレンジと同じくできればビオのものを皮ごと使用• シナモンスティック 1本• クローブ(丁子) 5粒• 砂糖(またははちみつ) 大さじ3杯~……ワインの酸味によるので味見をしながら調節。 白ワインには柑橘系フルーツが良く合います。 なかでもガイドのおすすめは柚子。 日本にいる人はぜひ生の柚子を加えてお試しください。 ドイツではアジアショップで手に入る柚子ジャムを入れてもおいしいです。 しょうがを加えると喉もすっきり、風邪予防や冷え性対策にも効きそうですね。 このレシピでは水は加えていませんが、濃すぎると感じたら水やジュースで薄めてもいいですし、お酒好きな人はラム酒を加えても。 好きなスパイスやフルーツを加えてアレンジを楽しんでくださいね。 また、アルコールが苦手な人やお子様にはワインの代わりにぶどうジュースやりんごジュースを使ったパンチをどうぞ。 【関連記事】•

次の