これ じゃ どっち が 泣い てる か。 小説:SCENE

泣いても放置?泣いたらかまう?多くのママを悩ませるこの問題…正解はどっち? [ママリ]

これ じゃ どっち が 泣い てる か

凄く似合ってるよ、その"エプロン"」 「・・・」 「あ、由菜、ほら、チョコ、溶けてきたよ」 「あ」 「ほら、ゆっくり、こねるようにして」 「・・・ぁ、すいく、・・・ダメ、だよ」 「ピンクのフリフリがすっごく可愛い。 衝動買いだったけど、当たりだったね」 「待って、すい君、チョコ、混ぜられなくなっちゃ、からッ、」 「後ろからだと、エプロンのリボンしか見えないよ、由菜。 テンションあがるね。 気持ち良さそうだね。 裸でエプロンなんて、いくら何でも酷いお仕置かなと思ったけど、由菜にはあまり意味無かったね」 「すい、く」 「次に僕以外の男にチョコあげたら、今度は尻尾だけがぽわぽわの、可愛い裸ウサギにしてあげる。 でも、可愛かったから、これでお義父さんにチョコあげた分は、許してあげる」 「すい、く」 「次は、木蓮にあげた分ね」 「だって、もっ君は、」 「・・・僕とセックスしてるのに、他の男の名前を呼ぶんだ?」 「あ」 「ふうん?」 「違うの、そうじゃ、なくて」 「やっぱり、これくらいじゃ全然物足りないんだね、由菜は」 「すい君、待って、チョコが」 「それじゃあ、次は何をしてもらおうかな・・・」 「すいくぅぅぅん」 イチ香(カ)より一言:結局は、由菜にイロイロしたいだけの水蓮デス。 著作権について、下部に明記しておりマス。 この部分は iframe 対応のブラウザで見てください。 イチ香(カ)の書いた物語の著作権は、イチ香(カ)にありマス。 ウェブ上に公開しておりマスが、権利は放棄しておりマセン。 詳しくは をお読みくだサイ。

次の

小説:SCENE

これ じゃ どっち が 泣い てる か

凄く似合ってるよ、その"エプロン"」 「・・・」 「あ、由菜、ほら、チョコ、溶けてきたよ」 「あ」 「ほら、ゆっくり、こねるようにして」 「・・・ぁ、すいく、・・・ダメ、だよ」 「ピンクのフリフリがすっごく可愛い。 衝動買いだったけど、当たりだったね」 「待って、すい君、チョコ、混ぜられなくなっちゃ、からッ、」 「後ろからだと、エプロンのリボンしか見えないよ、由菜。 テンションあがるね。 気持ち良さそうだね。 裸でエプロンなんて、いくら何でも酷いお仕置かなと思ったけど、由菜にはあまり意味無かったね」 「すい、く」 「次に僕以外の男にチョコあげたら、今度は尻尾だけがぽわぽわの、可愛い裸ウサギにしてあげる。 でも、可愛かったから、これでお義父さんにチョコあげた分は、許してあげる」 「すい、く」 「次は、木蓮にあげた分ね」 「だって、もっ君は、」 「・・・僕とセックスしてるのに、他の男の名前を呼ぶんだ?」 「あ」 「ふうん?」 「違うの、そうじゃ、なくて」 「やっぱり、これくらいじゃ全然物足りないんだね、由菜は」 「すい君、待って、チョコが」 「それじゃあ、次は何をしてもらおうかな・・・」 「すいくぅぅぅん」 イチ香(カ)より一言:結局は、由菜にイロイロしたいだけの水蓮デス。 著作権について、下部に明記しておりマス。 この部分は iframe 対応のブラウザで見てください。 イチ香(カ)の書いた物語の著作権は、イチ香(カ)にありマス。 ウェブ上に公開しておりマスが、権利は放棄しておりマセン。 詳しくは をお読みくだサイ。

次の

【商品レビュー】マクロレンズ!じゃなくてクローズアップレンズを買ってみた。

これ じゃ どっち が 泣い てる か

それがネットの世界の欠点ですね。 文面だけでのやりとりは思わぬところで誤解が生じて、知らぬ間に嫌な思いをさせてたりすることがありますからね…。 こちらの意図してることがどれだけ伝えられているのか、相手の真意をどれだけ汲めているのか、常に気になるところです。 『気になる』というより『歯がゆい思い』かな。 だから絵文字が沢山出来たのではないかと思います。 用件だけではなく微妙なニュアンスもできるだけ伝えたい!というニーズに応えて進化しているのだと思うので、私は一概に絵文字は否定しなくていいと思うのですよ。 ただ乱用している文面にはチョット辟易する感があるのも否めませんが。 あなたが提示してくれた例は分かりやすくて感心しました。 以前他の方のスレに『絵文字ご遠慮下さい』とあったのもそういうことを避けたいが為だったのだなと分かりました。 でもね。 絵文字を一切使わないとなんか殺風景な感じしません? 少しは使った方が華やかで楽しげじゃないかな? 要は使い方だよね! レスありがとう。

次の