マイト マックス トリーツ アレルギー。 おやつの場所が変わりました。

犬の腸内環境を整えよう!プロバイオティクスが有効です。

マイト マックス トリーツ アレルギー

おすすめの純国産フード 【国産無添加・自然素材のフード】• 療法食 【ロイヤルカナン】• 【ヒルズ】• 【インターベット スペシフィック】• 【森乳サンワールド】• 準療法食・プレミアム 【ロイヤルカナン ベッツプラン】• 栄養補助・投薬補助 【サプリメント】• 【ちゅーる・高栄養リキッド】• 【シニア犬にやさしいミルク】• 【投薬補助】• トリーツ・おやつ・ごほうび 【トリーツ・おやつ・ご褒美】• 歩行・移動補助用品 【歩行補助】• 【移動補助】• 寝たきりをサポートする用品 【寝たきり快適グッズ】• 【犬猫用ホットカーペット】• 【床ずれ防止】• 【食器・給与器・シリンジ】• 【介護用衛生用品】• シャンプー・皮膚ケアなど 【シャンプー&リンス】• 【皮膚のお手入れ】• 【消毒・除菌・消臭用品】• 同居している猫ちゃんへ 【キャットフード】•

次の

マイトマックス トリーツ&チュー|有限会社ヘルスビジョン

マイト マックス トリーツ アレルギー

犬の下痢改善目的で「マイトマックス」というカプセルを獣医から出されましたが、請求書をみてびっくり。 小さなカプセルが一個120円でした。 一日2カプセルで10日分、2400円。 30日で7200円です。 ネットで調べると「マイトマックス・スーパー」。 ペディオコッカス菌を使ったプロバイオティクス製品で、低pH環境下でも生存可能であり、胃の酸性環境を通過し、生きたまま腸まで到達する・・・、となっていました。 しかし、ヒトの医薬品に比べて、余りにも高価なので、代替品として医療用医薬品(ビオスリー、ミヤBM、ビオフェルミンなど)を使用することは出来ませんでしょうか? 犬の腸内細菌叢がヒトと比べてどうなっているか調べましたが、Wikipediaで「イヌなどでは乳酸桿菌 Lactobacillus が多く」程度の記載しかありませんでした。 ご教授下さい。 宜しくお願い致します。 私が調べたいくつかの製品に限っても、 犬用を謳う薬やサプリ、同等の人用と比べてもめちゃお高いです。 ぼったくりなのか、製造流通効率の問題なのか… たぶん両方と私は見ています。 人用のビオフェルミンを与えている飼い主さんは昔から多くて、 お腹が弱いワンコには定番です。 性質からして、多少いい加減でも問題ありません。 賢い飼い主さんは、成分とお値段をしっかり調べ、 人用を上手に利用しています。 >低pH環境下でも生存可能 ??? それを高いお金出してワンコに与える意味、あるのかいな? マイトマックスのペディオコッカス菌って、要するに漬け物の乳酸菌。 ラブレでヒットした植物性乳酸菌のファミリーですね。 でも、「低pH環境下でも生存でき腸まで届く」事にありがたみがあるのは、 穀物や植物をよく食べるゆえ腸が長い人間、特に日本人のお話です。 あまり乳製品を摂らない日本人のお腹には、元々動物性乳酸菌が少なく、 しかも腸まで届きにくいのですね。 だから酸に強い植物性乳酸菌であるラブレがヒットしたわけで。 (そもそも、漬け物を毎日食べておけばそれでいいんですけど…) 犬は犬に合った動物性乳酸菌でいいんです。 腸内環境は動物性乳酸菌がメインですし、本来肉食だから腸も短いし。 なのでそのお薬自体、もったいつけている割に大した意味ないでしょ。 仕事の関係で、乳酸菌を研究する学者さん複数に直接伺いましたが、 腸内環境に合わない乳酸菌を摂っても、効率が悪いそうですよ。 多くのメーカーは新しい市場として、ペット市場を狙っています。 なので、何かと屁理屈つけて良さげ大げさな効能を謳います。 それ自体、人間用と違って法律での規制がないので、 言ったもん勝ちのような何でもアリ状態、、、困ったものです。 マイトマックスの場合は、犬には謳うような有り難みが少ない、 という程度なので、悪質とまでは言えませんが、 私が調べた中には、明らかに犬に危険な物質を、 良い製品と派手に推薦して販売している獣医もいました…。 驚いた事に生協でも扱っていたので、 通報したら取り扱い中止になりました。 当然です。 >人用のものでも代用はできますが、期待される効果は違いますよ。 自称獣医サン、相変わらずのすっとこどっこい珍回答〜! 上の通り、この場合は正反対ですけど??? それでホントに獣医??.

次の

マイトマックス・スーパー小型犬用|シニア犬・老犬サプリメントはキュティアショップ

マイト マックス トリーツ アレルギー

犬の下痢改善目的で「マイトマックス」というカプセルを獣医から出されましたが、請求書をみてびっくり。 小さなカプセルが一個120円でした。 一日2カプセルで10日分、2400円。 30日で7200円です。 ネットで調べると「マイトマックス・スーパー」。 ペディオコッカス菌を使ったプロバイオティクス製品で、低pH環境下でも生存可能であり、胃の酸性環境を通過し、生きたまま腸まで到達する・・・、となっていました。 しかし、ヒトの医薬品に比べて、余りにも高価なので、代替品として医療用医薬品(ビオスリー、ミヤBM、ビオフェルミンなど)を使用することは出来ませんでしょうか? 犬の腸内細菌叢がヒトと比べてどうなっているか調べましたが、Wikipediaで「イヌなどでは乳酸桿菌 Lactobacillus が多く」程度の記載しかありませんでした。 ご教授下さい。 宜しくお願い致します。 私が調べたいくつかの製品に限っても、 犬用を謳う薬やサプリ、同等の人用と比べてもめちゃお高いです。 ぼったくりなのか、製造流通効率の問題なのか… たぶん両方と私は見ています。 人用のビオフェルミンを与えている飼い主さんは昔から多くて、 お腹が弱いワンコには定番です。 性質からして、多少いい加減でも問題ありません。 賢い飼い主さんは、成分とお値段をしっかり調べ、 人用を上手に利用しています。 >低pH環境下でも生存可能 ??? それを高いお金出してワンコに与える意味、あるのかいな? マイトマックスのペディオコッカス菌って、要するに漬け物の乳酸菌。 ラブレでヒットした植物性乳酸菌のファミリーですね。 でも、「低pH環境下でも生存でき腸まで届く」事にありがたみがあるのは、 穀物や植物をよく食べるゆえ腸が長い人間、特に日本人のお話です。 あまり乳製品を摂らない日本人のお腹には、元々動物性乳酸菌が少なく、 しかも腸まで届きにくいのですね。 だから酸に強い植物性乳酸菌であるラブレがヒットしたわけで。 (そもそも、漬け物を毎日食べておけばそれでいいんですけど…) 犬は犬に合った動物性乳酸菌でいいんです。 腸内環境は動物性乳酸菌がメインですし、本来肉食だから腸も短いし。 なのでそのお薬自体、もったいつけている割に大した意味ないでしょ。 仕事の関係で、乳酸菌を研究する学者さん複数に直接伺いましたが、 腸内環境に合わない乳酸菌を摂っても、効率が悪いそうですよ。 多くのメーカーは新しい市場として、ペット市場を狙っています。 なので、何かと屁理屈つけて良さげ大げさな効能を謳います。 それ自体、人間用と違って法律での規制がないので、 言ったもん勝ちのような何でもアリ状態、、、困ったものです。 マイトマックスの場合は、犬には謳うような有り難みが少ない、 という程度なので、悪質とまでは言えませんが、 私が調べた中には、明らかに犬に危険な物質を、 良い製品と派手に推薦して販売している獣医もいました…。 驚いた事に生協でも扱っていたので、 通報したら取り扱い中止になりました。 当然です。 >人用のものでも代用はできますが、期待される効果は違いますよ。 自称獣医サン、相変わらずのすっとこどっこい珍回答〜! 上の通り、この場合は正反対ですけど??? それでホントに獣医??.

次の