急性 前 骨髄 球 性 白血病 有名人。 急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病

急性 前 骨髄 球 性 白血病 有名人

急性白血病は遺伝子変異により増殖能を獲得するとともに、分化能を失った幼若造血細胞(芽球)が自律的に増殖する造血器の悪性腫瘍疾患である。 FAB分類では骨髄または末梢血標本の染色所見および表面抗原検査により細分類されるが、WHO分類(第4版)ではこれらに加えてAMLに特異的な染色体異常・遺伝子変異の有無、抗がん剤・放射線治療歴の有無等に基づいて細分類される。 急性骨髄性白血病(AML)のFAB分類 表2. 急性骨髄性白血病(AML)のWHO分類(第4版) 病因 Pathogenesis AMLの症状には、正常造血の抑制に基づくものと芽球の浸潤によるものとがある 2。 正常造血の抑制では、貧血による全身倦怠感や動悸・息切れ、血小板減少による出血症状、正常白血球減少に伴う感染症状がある。 急性前骨髄球性白血病(Acute promyelocytic leukemia: APL、FAB分類のM3)では播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併しやすく、出血症状が生じやすい。 AML芽球はリンパ節、中枢神経系、肝臓、脾臓などに浸潤することがあり、それぞれリンパ節腫脹、頭痛や嘔気・嘔吐、肝脾腫などを認めることがある。 特に単球系の形質を持つAML(FAB分類のM4やM5)では、歯肉腫脹や皮膚浸潤をしばしば認める。 また、腫瘤形成するAMLもあり、骨髄肉腫/顆粒球肉腫と呼ばれる。 白血病においては特異的な症状で発見されることは少なく、不特定の症状が長引くことが疾患を疑う契機になる。 診断 Diagnosis AMLの治療の主体は多剤併用化学療法であり、その中心を担う薬剤はシタラビン Ara-C とアントラサイクリン系抗がん剤である 2。 これらの2剤を中心に用いた寛解導入療法と大量Ara-C療法を含む強化療法を計4~5コース程度行うのが標準的である。 小児AMLで用いられているアントラサイクリンとしては、ダウノルビシン、イダルビシン、ミトキサントロンなどがあるが、その優劣については結論が出ていない。 その他、Ara-Cとアントラサイクリン以外の第3の薬剤を併用することの意義も必ずしも明確ではないが、小児AMLにおいてはエトポシドなどが併用されることが多い。 AMLでは前記多剤併用化学療法に加えて、一部の症例においては同種造血幹細胞移植が行われる。 造血幹細胞移植の適応は、予後因子に基づいたリスク層別化によって決定される。 APLでは、AMLに対する通常の多剤併用化学療法に加えて、全トランスレチノイン酸(ATRA)による分化誘導療法が併用される。 更に、APLでは強化療法後にATRAを用いた維持療法も行われる。 APLの再発・難治例に対しては、ATRAと同様に分化誘導効果のある三酸化ヒ酸(ATO)が用いられることもある。 ダウン症に発症したAMLでは、治療合併症が多い一方で、Ara-Cなどの抗がん剤に対する治療反応性が良好であることが知られており、通常の小児AMLよりも治療強度を減じた多剤併用化学療法が行われる。 予後 1. Swerdlow SH, et al. WHO Classification of Tumors of Haematopoietic and Lymphoid Tissues. IARC: Lyon 2008 2. Cooper TM, et al. Chapter 20. Acute Myeloid Leukemia, Myeloproliferative and Myelodysplastic Disorders. Principles and Practices of Pediatric Oncology. Pizzo PA. 6th ed. 2011, 566-610. Horibe K, Saito AM, Takimoto T, et al. Incidence and survival rates of hematological malignancies in Japanese children and adolescents 2006-2010 : based on registry data from the Japanese Society of Pediatric Hematology. Int J Hematol 2013;98 1 :74—88 4. Tsukimoto I, Tawa A, Horibe K, et al. Risk-stratified therapy and the intensive use of cytarabine improves the outcome in childhood acute myeloid leukemia: the AML99 trial from the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. J Clin Oncol 2009;27 24 :4007-4013 5. Kaspers GJL, Zimmermann M, Reinhardt D, et al. Improved outcome in pediatric relapsed acute myeloid leukemia: results of a randomized trial on liposomal daunorubicin by the International BFM Study Group. J Clin Oncol 2013;31 5 :599-607 6. Imaizumi M, Tawa A, Hanada R, et al. Prospective study of a therapeutic regimen with all-trans retinoic acid and anthracyclines in combination of cytarabine in children with acute promyelocytic leukaemia: the Japanese childhood acute myeloid leukaemia cooperative study. Br J Haematol 2010;152 1 :89-98 7. Kudo K, Kojima S, Tabuchi K, et al. Prospective study of a pirarubicin, intermediate-dose cytarabine, and etoposide regimen in children with Down syndrome and acute myeloid leukemia: the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. J Clin Oncol 2007;25 34 :5442-5447 8. Taga T, Saito AM, Kudo K, et al. Blood2012;120 9 :1810-1815 版 :バージョン1. 1 更新日 :2015年6月23日 文責 :日本小児血液・がん学会.

次の

急性前骨髄球性白血病の生存率

急性 前 骨髄 球 性 白血病 有名人

APL=M3は de novo急性骨髄性白血病(AML)の10~15%を占める.M3症例の大部分(95%以上)では15;17転座が見つかる.• 本転座は,M3以外にM3VやM3B(後述)とCML の急性前骨髄性転化にもみられるが,逆にそれ以外の病型には認められず,疾患特異性がきわめて高い染色体異常である.• M3V(別名:hypogranular or microgranular M3)とは,前骨髄球に特有のアズール顆粒が見えず,核の分葉とfolding傾向が強いためにM4と見誤られがちなM3の亜型である.アズール顆粒のサイズが小さいために光顕では顆粒が見えないが,電顕では多数の顆粒を確認することができる.M3は白血球減少を示す例が多いが,M3Vでは白血球増多を伴うことが多い.• M3Vの一部では,胞体が強塩基性に染まる小さい前骨髄球群が認められることがある.これはM3Bとよばれ,やはりM3の亜型である.M3B細胞はM3Vばかりではなく,よく観察すると通常のM3症例の多くに認められる.M3Vを見落とさないためには,M3B細胞やAuer小体(多数のAuer小体を束として持つ細胞はfagot cellとよばれる)の存在,DIC(disseminated intravascular coaglopathy)所見に注意すべきである.• M3症例の5%以下で15;17転座の変異型が報告されている.つまり, RARA遺伝子の相手遺伝子として PML遺伝子以外に,これまでに4つの相手遺伝子( NPM1, PLZF, NUMA, STAT5)が報告されている(表7-9).これらの変異型M3症例のうち,t(11;17)(q23;q11. 2)はRA不応性であるが,その他はRA反応性である.• また,複雑転座(2;15;17転座,3;15;17転座など)やcryptic translocationも報告されている.cryptic translocationでは, RARA遺伝子に PML遺伝子の一部が挿入されるタイプと, PML遺伝子に RARA遺伝子の一部が挿入されるタイプがある.• FLT3-ITD変異は,他のAMLの20~35%に認められる遺伝子変異であり,その場合には明確な予後不良因子である.しかしM3における FLT3-ITD変異の存在はそれほど明確ではなく, FLT3-ITD変異ありの症例は,ないものに比べて有意に全生存期間が短いが,寛解導入率,再発率には差がない.• M3の治療にはATRAまたは亜ヒ酸と少量化学療法剤(アルキル化剤,またはAra-C)の併用を用いた分化誘導療法が行われている.その結果,ほとんどの症例が寛解に入るようになり,再発率も10~15%と低率である.また,たとえ再発しても再び分化誘導療法により,ほとんどは寛解に入るので,長期寛解達成率は70~80%に達している.化学療法で治療が行われていた時代にはM3は治療初期に致命的脳内出血を起こす死亡率の高いAML群であったが,今日では予後最良のAML群となっている.• しかし,さらに長期寛解達成率を上げるためには最初から予後不良群を特定することが必要であり, FLT3変異の検出や,その他の予後不良因子の特定に努力が傾けられている.• 本検査により,分化誘導療法で治療可能なAML群を特定できる..

次の

急性リンパ性白血病(ALL)

急性 前 骨髄 球 性 白血病 有名人

急性白血病は遺伝子変異により増殖能を獲得するとともに、分化能を失った幼若造血細胞(芽球)が自律的に増殖する造血器の悪性腫瘍疾患である。 FAB分類では骨髄または末梢血標本の染色所見および表面抗原検査により細分類されるが、WHO分類(第4版)ではこれらに加えてAMLに特異的な染色体異常・遺伝子変異の有無、抗がん剤・放射線治療歴の有無等に基づいて細分類される。 急性骨髄性白血病(AML)のFAB分類 表2. 急性骨髄性白血病(AML)のWHO分類(第4版) 病因 Pathogenesis AMLの症状には、正常造血の抑制に基づくものと芽球の浸潤によるものとがある 2。 正常造血の抑制では、貧血による全身倦怠感や動悸・息切れ、血小板減少による出血症状、正常白血球減少に伴う感染症状がある。 急性前骨髄球性白血病(Acute promyelocytic leukemia: APL、FAB分類のM3)では播種性血管内凝固症候群(DIC)を合併しやすく、出血症状が生じやすい。 AML芽球はリンパ節、中枢神経系、肝臓、脾臓などに浸潤することがあり、それぞれリンパ節腫脹、頭痛や嘔気・嘔吐、肝脾腫などを認めることがある。 特に単球系の形質を持つAML(FAB分類のM4やM5)では、歯肉腫脹や皮膚浸潤をしばしば認める。 また、腫瘤形成するAMLもあり、骨髄肉腫/顆粒球肉腫と呼ばれる。 白血病においては特異的な症状で発見されることは少なく、不特定の症状が長引くことが疾患を疑う契機になる。 診断 Diagnosis AMLの治療の主体は多剤併用化学療法であり、その中心を担う薬剤はシタラビン Ara-C とアントラサイクリン系抗がん剤である 2。 これらの2剤を中心に用いた寛解導入療法と大量Ara-C療法を含む強化療法を計4~5コース程度行うのが標準的である。 小児AMLで用いられているアントラサイクリンとしては、ダウノルビシン、イダルビシン、ミトキサントロンなどがあるが、その優劣については結論が出ていない。 その他、Ara-Cとアントラサイクリン以外の第3の薬剤を併用することの意義も必ずしも明確ではないが、小児AMLにおいてはエトポシドなどが併用されることが多い。 AMLでは前記多剤併用化学療法に加えて、一部の症例においては同種造血幹細胞移植が行われる。 造血幹細胞移植の適応は、予後因子に基づいたリスク層別化によって決定される。 APLでは、AMLに対する通常の多剤併用化学療法に加えて、全トランスレチノイン酸(ATRA)による分化誘導療法が併用される。 更に、APLでは強化療法後にATRAを用いた維持療法も行われる。 APLの再発・難治例に対しては、ATRAと同様に分化誘導効果のある三酸化ヒ酸(ATO)が用いられることもある。 ダウン症に発症したAMLでは、治療合併症が多い一方で、Ara-Cなどの抗がん剤に対する治療反応性が良好であることが知られており、通常の小児AMLよりも治療強度を減じた多剤併用化学療法が行われる。 予後 1. Swerdlow SH, et al. WHO Classification of Tumors of Haematopoietic and Lymphoid Tissues. IARC: Lyon 2008 2. Cooper TM, et al. Chapter 20. Acute Myeloid Leukemia, Myeloproliferative and Myelodysplastic Disorders. Principles and Practices of Pediatric Oncology. Pizzo PA. 6th ed. 2011, 566-610. Horibe K, Saito AM, Takimoto T, et al. Incidence and survival rates of hematological malignancies in Japanese children and adolescents 2006-2010 : based on registry data from the Japanese Society of Pediatric Hematology. Int J Hematol 2013;98 1 :74—88 4. Tsukimoto I, Tawa A, Horibe K, et al. Risk-stratified therapy and the intensive use of cytarabine improves the outcome in childhood acute myeloid leukemia: the AML99 trial from the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. J Clin Oncol 2009;27 24 :4007-4013 5. Kaspers GJL, Zimmermann M, Reinhardt D, et al. Improved outcome in pediatric relapsed acute myeloid leukemia: results of a randomized trial on liposomal daunorubicin by the International BFM Study Group. J Clin Oncol 2013;31 5 :599-607 6. Imaizumi M, Tawa A, Hanada R, et al. Prospective study of a therapeutic regimen with all-trans retinoic acid and anthracyclines in combination of cytarabine in children with acute promyelocytic leukaemia: the Japanese childhood acute myeloid leukaemia cooperative study. Br J Haematol 2010;152 1 :89-98 7. Kudo K, Kojima S, Tabuchi K, et al. Prospective study of a pirarubicin, intermediate-dose cytarabine, and etoposide regimen in children with Down syndrome and acute myeloid leukemia: the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. J Clin Oncol 2007;25 34 :5442-5447 8. Taga T, Saito AM, Kudo K, et al. Blood2012;120 9 :1810-1815 版 :バージョン1. 1 更新日 :2015年6月23日 文責 :日本小児血液・がん学会.

次の