ファイザー マイラン。 エピペン各種素材について|教職員・保育士・救急救命士の皆様|アナフィラキシー補助治療剤 エピペン

医療用医薬品 : プロポフォール

ファイザー マイラン

ファイザー、マイランの消毒剤が出荷調整に 2020年2月 ファイザー、マイランは速乾性擦り込み式手指消毒剤が出荷調整になると発表しました。 新型コロナウイルスの報道を受け、弊社取り扱いの速乾性擦り込み式手指消毒剤および外皮用殺菌消毒剤、外用殺菌消毒剤につきまして平常時を大幅に超える需要をいただいております 略 関係卸様への出荷調整を実施することといたしました。 ファイザー、マイラン 出荷調整のご案内より 日本新薬、シオエ製薬も・・・ 2020年2月 、日本新薬、シオエ製薬の速乾性消毒剤及び各種消毒剤が出荷調整になると発表しました。 弊社としましては、2020年2月12日(水)より速乾性消毒剤及び各種消毒剤(別紙)について出荷を一旦制限させて頂きます。 日本新薬、シオエ製薬 速乾性手指消毒剤、各種消毒剤の出荷制限について メーカーがプレスリリースしているならまだ良いのですが、出荷調整にもなっているのにもかかわらず、何も発表していないメーカーもあります。 9~81. 4vol%です。 消毒用エタノールは揮発性があります。 他の容器に移しかえる場合は気密性がしっかりしている容器にしてください。 広い範囲、長期間使用する場合は、消毒用エタノールが揮発して吸入することがあります。 吸入することにより粘膜への刺激、頭痛等を起こすことがありますのでご注意ください。 発火事故が起こったことも 消毒用エタノールが揮発して電気メスによって発火事故が報告されています。 電気メス等を使用する場合にはアルコール蒸気の拡散を確認してから使用してください。 このような記事も書いています。

次の

米ファイザー、特許切れ医薬品事業をマイランと統合で合意 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

ファイザー マイラン

] 循環器障害、呼吸器障害、腎障害、肝障害及び循環血液量減少のある患者[無呼吸、低血圧等の呼吸循環抑制や覚醒遅延が起こるおそれがあるので患者の全身状態を慎重に観察しながら、投与量や投与速度に注意する。 ] てんかん発作の既往歴のある患者[痙攣があらわれることがある。 ] 薬物依存の既往歴のある患者 薬物過敏症の既往歴のある患者 脂質代謝障害の患者又は脂肪乳剤投与中の患者[本剤1. 0mLあたり約0. 1gの脂質を含有する。 血中脂質濃度が上昇する可能性があるので、血中脂質が過剰になるおそれのある患者については、血中脂質をモニターし本剤又は併用中の脂肪乳剤の投与量を調節すること。 ] 高齢者[「高齢者への投与」の項参照] 重要な基本的注意 本剤投与にあたっては、原則としてあらかじめ絶食させておくこと。 本剤投与にあたっては、気道確保、酸素吸入、人工呼吸、循環管理を行えるよう準備しておくこと。 本剤の使用に際しては、一般の全身麻酔剤と同様、麻酔開始より患者が完全に覚醒するまで、麻酔技術に熟練した医師が、専任で患者の全身状態を注意深く監視すること。 集中治療の鎮静に利用する場合においても、集中治療に熟練した医師が本剤を取り扱うこと。 本剤投与中は気道を確保し、血圧の変動に注意して呼吸・循環に対する観察・対応を怠らないこと。 本剤投与中は、適切な麻酔又は鎮静深度が得られるよう患者の全身状態を観察しながら、投与速度を調節すること。 汚染防止 本剤は防腐剤を使用しておらず、また脂肪乳剤のため汚染されると細菌が増殖し、重篤な感染症が起こるおそれがあるので以下の点に注意すること。 開封後、無菌的に取り扱い、直ちに使用を開始すること。 本剤の投与に使用するチューブ類等も無菌的に取り扱うこと。 1アンプル又は1バイアルを複数の患者に使用しないこと。 1人の患者に対し、1回のみの使用とし、残液は廃棄すること。 本剤の投与に使用した注射器、チューブ類及び本剤の残液は手術終了時又は、投与開始12時間後のいずれか早い時点で廃棄すること。 また、12時間を超えて投与する場合は、新たな注射器、チューブ類及び本剤を使用すること。 本剤の影響が完全に消失するまでは、自動車の運転、危険を伴う機械の操作等に従事しないよう、患者に注意すること。 [全身麻酔の導入及び維持の場合] 使用前にアンプル又はバイアルを振盪すること。 本剤の20mL製品はワンポイントアンプルであるが、異物混入を避けるため、アンプルカット部分をエタノール綿等で清拭したのちカットすることが望ましい。 バイアルは使用前にゴム栓部をエタノール綿等で清拭して使用すること。 エマルジョンに分離を認めた場合には使用しないこと。 投与前に本剤を他の薬剤(5%ブドウ糖注射液を除く)と混合しないこと。 希釈は投与直前に無菌的に行い、6時間以内に使用すること。 なお、本剤の希釈液の投与速度の設定には注意すること。 ポリ塩化ビニル製の輸液セット等を使用した場合、可塑剤であるDEHP[di- 2-ethylhexyl phthalate:フタル酸ジ-(2-エチルヘキシル)]が製剤中に溶出することが報告されているので、DEHPを含まない輸液セット等を使用することが望ましい。 投与経路 外国で、本剤とアルフェンタニール(麻薬性鎮痛剤)を併用すると、アルフェンタニールの血中濃度が上昇する[20. 6(SD)、11例]との臨床報告がある。 サルにおいてバルビタール身体依存交差能、弱い身体依存形成能及び明らかな強化効果を有することが示されている。 外国において、本剤の血管外漏出により局所疼痛、腫脹、血腫及び組織壊死が報告されている。 外国で、集中治療における人工呼吸中の鎮静の目的で、本剤の投与を受けた重篤な患者において、因果関係は確立していないが、代謝性アシドーシス、横紋筋融解症、高カリウム血症、Brugada症候群に類似した心電図変化(右側胸部誘導(V1〜V3)のcoved型ST上昇)、心不全が極めてまれに発現し、数例が死亡に至ったという報告がある。 これらの症状を発現した患者の背景として、組織への酸素供給の低下、重大な神経学的な障害(頭蓋内圧亢進等)や敗血症、血管収縮剤・ステロイド・強心剤・本剤の高用量投与が報告されている。 重篤な症例で多剤を併用している場合、重度の肝機能異常があらわれる可能性がある。 薬効薬理.

次の

エピペン各種素材について|教職員・保育士・救急救命士の皆様|アナフィラキシー補助治療剤 エピペン

ファイザー マイラン

略称 マイラン、Mylan 本社所在地 サウスポイント 設立 事業内容 ジェネリック医薬品、新薬等の製造販売他 代表者 ヘザー・ブレッシュ(CEO) 売上高 94. 5億ドル(2015年) 従業員数 約35,000人(2016年) 決算期 12月31日 関係する人物 (共同創業者) 外部リンク マイラン(: Mylan Inc. 、: )は、のに本拠を置く製薬会社である。 主な事業分野はであり、2007年にはドイツの医薬・化学メーカー、(: Merck KGaA)からジェネリック医薬品部門を買収して事業を拡大している。 日本法人として、(20年)に設立された マイラン製薬株式会社(東京都港区)、2015年から事業を開始したマイランEPD合同会社(東京都港区)がある。 沿革 [ ]• Milan Puskarと(メーカー・の創業者ダニエル・パノスの父)が、ホワイトサルファースプリングスに Milan Pharmaceuticals社を創業。 Mylan Pharmaceuticalsに社名を変更し、ウェストバージニア州に移転。 Mylan Laboratories本社を設立。 に上場、本社をピッツバーグに移転。 に上場。 Bertek社(現: Mylan Technologies社)を買収。 UDL Laboratories社を買収。 に加わる。 本社をキャノンズバーグに移転。 からを66億ドルで買収。 本社名を現在のに変更。 2009年 Fortune 500に選出。 2012年 ロバート・J・コーリーがエグゼクティブ・チェアマン、ヘザー・ブレッシュがCEO、ラジブ・マリックがプレジデントに就任• 2013年 Agila Speciality社を買収。 本社をサウスポイントにある「ロバート・J・コーリー グローバルセンター」に移転。 2015年 Abbott社の米国以外の先進国市場のスペシャリティおよびブランドジェネリック事業を買収。 Famy Care社を買収。 2016年 スウェーデンのMeda社の買収を発表。 日本での事業 [ ] マイランの日本法人は、(20年)に設立された マイラン製薬株式会社である。 本社は、東京都港区虎ノ門にあるオランダヒルズ森タワー内に所在する。 会社設立直後の2008年には、(Merck KGaA)のジェネリック医薬品部門を担当していた日本法人、「」を吸収合併した。 マイランの製品のひとつとして、の注射剤「」がある(日本ではファイザーに承継)。 また、2008年から2010年まで(Jリーグ)のオフィシャルスポンサーとなっていた。 2012年にはファイザーと日本の後発医薬品に関する独占的な長期戦略的業務提携を締結し、マイランのジェネリック医薬品について、マイランが研究開発および製造に、ファイザーが販売およびマーケティングに責任を持つという体制で日本のビジネスを展開している。 11月、マイラン社によるの一部事業の統合に伴い、「マイランEPD合同会社」として事業を開始した。 12月、エピペンの製造販売承認をファイザーから承継する届書を厚労省に提出。 2018年以降、マイランEPDがエピペンの製造販売承認を保有し、販売ならびに製品情報の提供・収集を行う。 脚注 [ ]• Mylan, Inc. 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語).

次の