酢キャベツ かんたん酢 効果。 酢キャベツで簡単ダイエット!【お酒好きにお勧め!実体験レポ有】

酢キャベツのおいしい作り方と食べ方・アレンジ法や効果効能!やせ菌増やしてデブ菌減らそう | フードラボ

酢キャベツ かんたん酢 効果

「酢キャベツってすっごくカラダによさそう!でもいったい何がどういいの?」 こんにちは。 お好み焼き• ロールキャベツ• 野菜炒め などなど、我が家の食卓には、必ず登場するキャベツ!キャベツは、美味しいだけでなく ダイエット効果もあるんだって。 一時期流行ったよね。 「 キャベツを食べて痩せよう!」っていうのが…。 でも、今注目したいのは、キャベツではなく 酢キャベツなんです。 便秘がちだと、どうしても体重は減りにくい…。 毎朝体重を計るとき、そーっと片足から体重計に乗って少しでも減らそうと試みるけど、案の定意味はなし^^;(これ、私がよくやってる技) ふんわり乗ると、 わたがしみたいにならないかな…みたいな^^;( なるかいっ!) こんな小細工せず(笑)、酢キャベツのおかげで 堂々と体重計に乗れたら嬉しいですよね^^ でも、酢キャベツオンリーではなく、• 適度な運動• 規則正しい生活• 腹八分目を心がける(これがなかなか難しい) この3つも取り入れ、 太りにくい体をゲットしましょう^^ 酢キャベツの効果その2:肝臓がん予防 肝臓がんは、 初期症状が分かりにくいそうです。 「なにかおかしい」と思った時点で、だいぶ症状も進んでいるケースがほとんど。 その中でも、 キャベツの成分に秘密が隠されていました^^• キャベツには、お肌に良いといわれる ビタミンCが豊富に入っています。 ビタミンCは、お肌の シミやシワを防ぐ効果があります。 キャベツのボロンという成分が、お肌に ハリと弾力を与えてくれます。 お酢に含まれるクエン酸が、 肌の細胞を元気にしハリとツヤを与えます。 クエン酸による血行をよくする効果で、 くすんだお肌に透明感を与えます。 酢キャベツには 強い殺菌作用があるため、風邪などの ウィルスをガードしてくれます。 キャベツに含まれるビタミンAは、 抗酸化作用により免疫力をアップさせてくれます。 お酢に含まれるクエン酸が、 疲労回復や免疫力アップに効果をもたらせます。 お酢には ビタミンC・ビタミンB1が豊富に入っているので、風邪などに強い体を作ってくれます。 それぞれキャベツやお酢に、免疫力アップの効果があるってことは…。 この2つが合わさると、 風邪知らずの体になること間違いナシですね! 逆に免疫力が低下すると、病気になりやすく疲れやすい。 まさに、今の私ですよね^^; 酢キャベツを食べて、 元気な母ちゃんにならなくては!• 血糖値の上昇を防ぐ• バストアップ効果• 胃腸の改善• 便秘改善• 生活習慣病予防 など、酢キャベツ1つにこんなに沢山の 効果や 効能があったんですね。 ダイエット効果• 肝臓がん予防• 美肌効果• 免疫力アップ その他にも、酢キャベツには驚きの効果や効能があります。 血糖値の上昇を防ぐ• バストアップ効果• 胃腸の改善• 便秘改善• 生活習慣病予防 実は、酢キャベツの1番の売りは ダイエット効果なんです! 「 え?そうだったの?」ですよね^^; でも、ダイエットするためには 健康な体でなければなりません!フラフラな体調でダイエットしても、 ステキボディをゲット出来なければ意味ないですからね。

次の

酢キャベツで簡単ダイエット!【お酒好きにお勧め!実体験レポ有】

酢キャベツ かんたん酢 効果

まず最初に、「酢キャベツダイエット」の方法を端的に申し上げます。 基本的に このダイエット方法はとくに「正解」がなく、個人のライフスタイルに応じて食べればそれなりの効果を期待できます。 しかし、筆者が個人的にオススメしたいのは、「夕食の主食を酢キャベツに置き換える」方法です。 いうなれば「夕飯だけ置き換えダイエット」です。 もちろん、本来的にいえば、糖質を制限しないで自然に痩せていくのが身体的にもっとも健全なダイエットなので、「あくまで酢キャベツをサイドメニューにしつつ、主食のご飯を食べる」選択肢もけっして間違いではありません。 とはいえ、できるだけ短期間で痩せたいのであれば、朝・昼は普段通りに糖質(ごはんや麺類などの炭水化物系)を摂りつつ、夕食のときだけ「酢キャベツ置き換え」にするのがもっともベターなやり方だと言えます。 「酢キャベツをサイドメニューにして食べる」か、それとも「夕飯の主食を酢キャベツに置き換える」か?その選択は、みなさんご自身の判断にお任せします。 どちらの方法でも共通しているポイントは、「酢キャベツを継続して食べ続ける」ことです。 ダイエット成功の秘訣は「継続」にあり!なのです。 もしもこのダイエット方法に興味を感じたのであれば、まずは1ヵ月間食べ続けてみてください。 そうすれば、その効果を実感でき、ますます続けたいと思うようになるはずです。 酢キャベツダイエットは、お酢とキャベツのダイエット効果を一度に楽しむダイエット法です。 お酢とキャベツ、どのようなダイエット効果が期待できるのか確認していきましょう! お酢のダイエット効果 血糖値上昇を抑制する 「大さじ一杯(約15ml)のお酢を使った料理や飲み物をメニューに加えると、食後の血糖値上昇が緩やかになることが科学的に証明されました。 血糖値とは血液中のブドウ糖濃度を測定したもので、空腹時には低下し、食後には上昇します。 血糖そのものは生きていくための大切なエネルギー源ですが、急激な血糖値上昇が繰り返されると糖尿病につながる恐れがあります。 」 引用: 「血糖値の上昇を抑える」、健康食品のCMで毎日のように耳にする言葉です。 血糖値が上昇するとすい臓からインスリンが分泌され、糖をグリコーゲンに変換し筋肉や肝臓に貯蔵します。 しかし、このグリコーゲンの貯蔵量が上限に達すると、その糖は今度は脂肪として蓄積されるようになるのです。 血糖値の上限を抑えることは、脂肪の原料となる糖の絶対量を低下させることに繋がります。 このように、 余分な脂肪の原料となる糖を抑えることで、ダイエットに貢献しているのです。 内臓脂肪を減らす 「みなさん、内臓脂肪って知っていますか?体の中にある内臓の周りにつく脂肪のことです。 これが溜まると、高血糖や高血圧などを引き起こし、最近、いろんなところで耳にするメタボリックシンドロームにつながるんですね。 お酢には毎日継続的にとることで肥満気味の方の内臓脂肪を減少させる働きがあることが、科学的に証明されました。 同時に、体重、BMI、血中中性脂肪、及び腹囲を下げる作用があることも確認されました。 さあ、お酢で健康的な体を目指しませんか。 」 引用: 「脂肪を減らす」ことはダイエットの大きな目的の1つです。 毎日継続的にお酢を摂取することが内臓脂肪の減少につながるというのは心強いですね!内臓脂肪を減少させることは、生活習慣病を予防していることに他なりません! さらに、代謝を上昇させる有酸素運動とあわせてお酢を摂取すると脂肪燃焼効率が上がるので、 適度な運動と合わせてお酢を摂取して効率よいダイエットを心がけましょう! 腸内環境改善効果 酢には殺菌作用があるのは皆さんも良くご存知ですよね?この殺菌作用は、 腸内の悪玉菌を減らすことに役立ってくれます。 さらに、お酢に含まれるグルコン酸は善玉菌のエサとして役立ちます。 このことから、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、腸内環境を整える効果が期待できるのです。 腸内環境の良し悪しが、美容や健康に悪影響を及ぼすだけでなく、肥満にもつながるということはいまやダイエットの常識です。 腸内環境が改善されると腸の活動が活発になり、それに伴って、栄養素の吸収効率や代謝が上がります。 代謝が上がることは消費カロリーの増加を意味します。 ダイエットは、摂取カロリー < 消費カロリー の関係が成り立つことで成功に近づきます。 華々しい働きではありませんが、このような面でもお酢はダイエットに貢献してくれるのです。 一般的に 食物繊維は「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分類されます。 では両者のあいだには、いったいどのような違いがあるのでしょう? 「水溶性食物繊維は、水に溶けやすく、水に溶けるとゼリー状になります。 小腸での栄養素の吸収の速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。 また、コレステロールを吸着し体外に排出することで血中のコレステロール値も低下させます。 さらに、ナトリウムを排出する効果もあるので、高血圧を予防する効果もあります。 食物繊維は低カロリーで肥満の予防にもなるので、糖尿病、脂質異常症、高血圧、動脈硬化など、さまざまな生活習慣病の予防に効果があります。 水に溶けにくい不溶性食物繊維は、水分を吸収して便の容積を増やします。 便が増えると、大腸が刺激され、排便がスムーズになります。 また、有害物質を吸着させて、便と一緒に体の外に排出するため、腸をきれいにして大腸がんのリスクを減らしてくれます。 また、どちらの食物繊維も大腸内の細菌により発酵・分解され、ビフィズス菌などの善玉腸内細菌の餌になるため、善玉菌が増え、腸内環境が改善されます。 」 引用:公益財団法人長寿科学振興財団 このように、2つの食物繊維は腸内での働きやその特性に違いが見られます。 水溶性食物繊維 水溶性食物繊維には• 血糖値の上昇を抑える効果• コレステロールを排出させ、コレステロール値を下げる効果 といった働きがあることがわかります。 お酢にも血糖値を改善する働きがありましたが、キャベツに含まれる食物繊維にも同じ効果が見込めるのです。 また、 水溶性食物繊維にはコレステロールを体外へ排出する働きがあります。 何かと悪者扱いされるコレステロールですが、身体にとってなくてはならない成分でもあります。 コレステロールが体外へ排出されると、その不足を補おうと新たにコレステロールが生成されます。 このコレステロールは主に脂肪を原料として生成されます。 キャベツの食物繊維は、このような形でもダイエットに貢献しているのです。 不溶性食物繊維 不溶性食物繊維には排便を促す働きがあります。 排便とともに腸内の有害物質も排出され、これで腸内のデトックスが終わります。 さらに、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の双方に、善玉菌のエサとなって善玉菌を増殖させる効果が期待できます。 腸内環境は、美容・健康・ダイエットの命運を左右する非常に重要な要素です。 ところで、腸内環境を改善する働きはお酢にもありましたよね? 整腸効果に関してお酢とキャベツの相乗効果が見込めるというのは、ダイエッターはもちろん、便秘で悩む女性にとっても朗報と言えますね! 豊富なビタミンCで美肌効果 キャベツにはビタミンCが豊富に含まれていることを皆さんはご存知でしょうか? 「ビタミンC」というと、レモンなどの柑橘類をイメージされる方も多いかと思いますが、意外なことに、この キャベツにもビタミンCが豊富に含まれているのです。 厚生労働省の日本人の食事摂取基準によると、成人の男女ともに1日100mgの摂取が推奨されています。 ビタミンCはみなさんご存知のように美肌の維持や疲労回復に役立つ栄養素ですが、その他にも• 抗酸化作用• 免疫機能向上• 糖の代謝への関与• ストレス軽減ホルモンの生成促進 などといった働きがあります。 また、糖の代謝が上がることによって血糖値を下げる効果も期待できます。 キャベジン 「キャベジン」、胃腸薬のことではありません。 別名「ビタミンU」とも呼ばれる、キャベツの搾り汁から発見された成分です。 キャベジンの名前は成分が発見されたキャベツに由来しているのです。 これが胃潰瘍の原因にもなるのですが、胃腸薬の名前にもなっていることからわかるように、 キャベジンには胃粘膜を修復してくれる大切な働きがあります。 食べる量を少なくする、ほとんどのダイエット法に共通する点ですが、胃に入ってくる食べ物の量が少なくなると、食べ物を消化しようと待ち構えている胃酸が余り気味になる可能性が出てきます。 そんな胃酸の反応から胃粘膜を守ってくれるキャベジンは、 消化器官の働きを支えることでダイエットに貢献してくれるのです。 酢キャベツは簡単に作れるので、続けやすさの点でも問題ありません! 気になる酢キャベツの作り方ですが、 <材料>• 一般的な穀物酢はもちろん、りんご酢や黒酢など、お好みで大丈夫です!食べ比べてみるのも楽しみですね? <作り方>• キャベツを千切りにする。 をビニール袋(容器)に入れて、お酢をキャベツが完全に浸かるくらい入れます。 ガラス瓶も利用できますが、空気を上手く抜けない可能性があるので、あまりおすすめではありません。 これで出来上がりです! お酢には殺菌作用があるので、 密封容器であれば2週間は日持ちします。 酢キャベツダイエットの注意点 お酢の摂り過ぎは胃腸に負担をかけてしまうことがあります。 それは、お酢に漬け込んで作る酢キャベツにも共通する注意点です。 早く結果を出そうと大量に摂り過ぎると、胃腸に負担がかかり、体調を崩してしまう危険性があります。 ダイエットで身体を壊してしまっては元も子もありません。 自分の体にあった量を見極めて、無理しないで継続できるよう心がけましょう! 酢キャベツダイエットは思い立ったその日から始められる、手軽で安価な優れたダイエット法です。 すぐに結果がでるダイエット法ではありませんが、ダイエット以外にも様々な健康効果が期待できるので、根気よく続けてみましょう! 30秒でわかる!「酢キャベツダイエット」ダイジェスト版! 「お酢」と「キャベツ」は共にダイエッターの間では有名な食材ですが、その 2つを一度に摂取できるのが「酢キャベツ」です。 ライフスタイルに応じて食べていただければいいのですが、より効果を得たいのであれば夜の主食に置き換え、もしくはおかずを置き変えてまずは1ヶ月続けてみましょう。 2つの食材のいいところ取りなので• 血圧上昇抑制• 内臓脂肪• 腸内環境の改善 などに威力を発揮します。 一緒に運動もすればさらに効果的です。 また、ビタミンCも多く美肌効果も期待ですますよ。 作り方ですが、 千切りにしたキャベツをビニール袋に入れ、全体が浸る程度にお酢を加えた後、空気を抜いた状態で冷蔵庫で保存するだけです。 食べ過ぎると胃に負担がかかるのでそこは注意してください。

次の

話題の酢キャベツダイエットの正しいやり方は?お酢の種類・アレンジレシピ・保存期間まで徹底解説!

酢キャベツ かんたん酢 効果

記事の目次• ダイエットに効果的!?酢キャベツとは 酢キャベツとは刻んだキャベツを酢で漬けたものです。 ダイエットに効果的とテレビで紹介されて、大きな反響を呼びました。 酸っぱいキャベツと聞くとドイツの「ザワークラウト」を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、それとはまったく別物です。 作り方は、 千切りにしたキャベツと酢と塩を混ぜ、冷蔵庫で保存するだけ。 毎日少しずつ食事に取り入れれば、ダイエットができるという手軽さです。 酢キャベツに期待できる効果 酢キャベツにはどのような効果があるのでしょうか?キャベツと酢の効果それぞれについて見ていきましょう。 キャベツに期待できる効果 まず、キャベツに期待できる効果について紹介します。 食べすぎを防げる キャベツはよく噛んで食べることが必要になります。 しっかり噛むことによって満腹中枢が刺激され、満腹感を得ることができます。 食事の前に食べることでそのあとの食事の量が減り、食べすぎを防止することができるでしょう。 便通を整える キャベツは食物繊維が豊富で、便通を整える効果が期待できます。 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、バランス良く摂ることが大切。 水溶性食物繊維は水分を吸収して便を軟らかくして排便しやすくする働きがあり、不溶性食物繊維は便の量を増やして腸を刺激し排便を促します。 キャベツには100g中に約1. 8gの食物繊維が含まれ、 2種類の食物繊維がバランス良く含まれているのが特徴。 便秘がちな人は酢キャベツを食べることで、ダイエットだけでなく便秘解消効果も期待できるでしょう。 腸内環境が良くなる キャベツの食物繊維を摂ることで、腸内環境を良くすることができます。 腸内環境の悪化は、太る原因のひとつです。 太りやすい人の腸内には「デブ菌」と呼ばれるという腸内細菌(フィルミクテス門菌)が生息していてますが、このデブ菌には脂肪や糖分を溜め込む性質があります。 腸内にデブ菌が増え過ぎると、食事で摂った大量のエネルギーを吸収して、太りやすい体質になってしまいます。 一方、腸内には「ヤセ菌」と呼ばれる細菌(バクテロイデス門菌)もあり、脂肪を燃焼してくれる性質があります。 食物繊維には腸の善玉菌を増やす作用があり、 腸内にヤセ菌を増やす効果が期待できます。 腸内環境が整い、痩せやすい体質になるでしょう。 むくみ予防 キャベツにはむくみを予防する効果も期待できます。 むくみの原因のひとつは塩分(ナトリウム)の摂り過ぎにより体内に余分な水分が溜まってしまうこと。 キャベツには ナトリウムの排出を促すカリウムが豊富に含まれ、むくみの予防・改善に働きます。 酢に期待できる効果 次に、酢を摂ることで得られる効果について紹介しましょう。 血中の中性脂肪低下 酢には酢酸、クエン酸という成分が含まれ、血中の中性脂肪を下げる効果が期待できます。 酢酸は脂肪の合成を抑制したり、溜まった脂肪を燃焼する作用がある成分。 また、クエン酸には、体内の脂肪をエネルギーに変えて消費する作用があります。 酢を使った臨床試験では、血中の中性脂肪が低下するという結果が確認されています。 食後の急激な血糖値の上昇を抑える 食事と一緒に酢を摂ることで、食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあります。 糖分を摂り過ぎると血糖値が急上昇し、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンがたくさん分泌されます。 インスリンは脂肪を合成する働きがあるホルモンなので、血糖値が急上昇すると脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。 酢を摂って血糖値の上昇が抑えられることで、体に脂肪がつくのを抑えることができるでしょう。 コレステロールの抑制 酢には悪玉コレステロールが溜まるのを防ぐ効果も期待できます。 コレステロールには悪玉と呼ばれるLDLコレステロールと善玉と呼ばれるHDLコレステロールがありますが、そのバランスが崩れて悪玉コレステロールが増えると血管を塞いでいろいろな病気の原因になります。 酢にはアミノ酸が豊富に含まれ、このような悪玉コレステロールを抑える働きが確認されています。 疲労回復効果 酢には、疲労回復効果も期待できます。 クエン酸やアミノ酸が体の中でエネルギーを作り出す機能を高め、疲労を素早く回復してくれます。 ダイエットで運動している人に特におすすめ。 筋肉疲労の回復を早めて、運動効率が高まるでしょう。 酢キャベツダイエットのやり方 ここからは、酢キャベツを使ったダイエットの具体的なやり方について紹介しましょう。 酢キャベツから食べる 酢キャベツは食事のときに一緒に食べますが、一番先に食べることが原則です。 ダイエットのためには、食べる順番はとても大切になります。 炭水化物など糖質が多い食品を最初に食べると血糖値が上がりやすくなり、脂肪を溜めるホルモン・インスリンが分泌されてしまうからです。 1回100gが目安 1回に食べる酢キャベツの量は100gが目安で、小皿1杯分になります。 よく噛んで食べることで満腹感ができ、そのあとの食事の食べ過ぎを防ぐこともできるでしょう。 食べる順番が一番最後になる炭水化物の量が減ることで、ダイエット効果が高まります。 2〜3週間は続ける 酢キャベツダイエットは少なくとも、2〜3週間は続けましょう。 酢キャベツダイエットは、腸内環境を良くして痩せやすい体質に変えていくもの。 食事を制限するダイエットと異なり、急激な減量効果はありません。 毎食ごとに酢キャベツを食べることで穏やかに作用し、ダイエット効果を発揮していきます。 酢キャベツを多めに作って冷蔵庫に入れておけば、忙しいときでも簡単に摂ることができて続けやすいでしょう。 酢キャベツは効果ない?痩せない時の原因 酢キャベツを食べているのに、なかなか思ったように体重が減らない場合もあります。 その場合、次のような原因が考えられます。 飽和脂肪酸を摂り過ぎている 食事で乳製品、肉などの飽和脂肪酸を摂り過ぎていると、痩せづらくなります。 動物性脂肪に代表される飽和脂肪酸はエネルギー源として必要なものですが、摂り過ぎると肥満の原因になるからです。 飽和脂肪酸の量を減らし、植物や魚に含まれる不飽和脂肪酸を多く摂るようにしましょう。 油料理にはオリーブ油などの植物油を使い、メインの料理では肉だけでなく魚も取り入れるようにするのがおすすめです。 酢キャベツ以外のものを食べ過ぎている 酢キャベツダイエットをしていても、それ以外のものを食べ過ぎていたら痩せることはできません。 あくまでも体重が減少するためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが必要になります。 摂取カロリーが大幅に高い状態では、脂肪を燃焼することはできないでしょう。 酢キャベツを食べるだけでなく、カロリーの摂り過ぎにも注意することが大切です。 間食の食べ過ぎや甘い飲み物を飲んでいる、カロリーの高い食事を摂っているなど間違った食生活をしていないか見直してみてください。 期間が短い ダイエットをしている期間が短いのに「痩せない」と判断している場合もあります。 酢キャベツダイエットで痩せるメカニズムは、腸内環境を整え、脂肪を溜めない体質に変えるというもの。 そのため、効果が出るまでにはある程度の期間が必要になります。 数日では効果を判断することはできません。 少なくとも2〜3週間は続けてみましょう。 酢キャベツの量が足りていない 酢キャベツを食べる量が少ないと、その効果が十分に発揮されません。 毎食の前に食べる量は100gで小皿1杯分です。 酸っぱいものが苦手な人は、このあと紹介するアレンジ方法を試してみるといいでしょう。 酢キャベツダイエットをより効果的に行うのであれば、 1日1食分の主食を酢キャベツに置き換えるのもおすすめです。 ただし、三食の主食をすべて酢キャベツに変えるのはやめましょう。 糖分が不足して低血糖になる可能性があります。 もともと野菜好きでよく食べていたので食物繊維の量が増えていない もともと野菜をたくさん食べていて食物繊維を多く摂っている人は、 酢キャベツを食べても劇的な効果は期待できないでしょう。 食事だけでなく運動を取り入れるなど、ダイエット効果を高める工夫をしてみてください。 腸内にLDLコレステロールが多い 腸内に悪玉と呼ばれるLDLコレステロールが多いと、ダイエット効果が上がりにくくなります。 コレステロールはもともと体に必要なものですが、過剰なLDLコレステロールは病気の原因になるとされています。 酢キャベツにもコレステロールを抑制する効果が期待できますが、通常よりもダイエット効果が出るまでには時間がかかりやすいでしょう。 酢キャベツの作り方 酢キャベツの基本の作り方について、紹介しましょう。 酢: 300cc• キャベツを千切りにし、ジッパー付きの袋に入れる 2. キャベツに塩を振って揉み込む 3. 酢を加えてさらに揉み込んでできあがり 日持ち・保存方法 酢キャベツを作ったら、必ず冷蔵庫で保存します。 食べるときは、清潔な箸で食べる分だけお皿に取りましょう。 取りだしたあとは袋の空気をしっかり抜いてからジッパーを締め、再び冷蔵庫に保存します。 保存期間は1〜2週間程度です。 酢キャベツはまずい?味に関する口コミ&アンケート結果 酢キャベツは毎日食べるものなので、味についても気になるところです。 試した人の口コミを見てみましょう。 美味しかったです。 甘くも無くて苦くもありませんでした。 身体に良いと思ったしお酒のおつまみに良いと思いました。 「他の食材と合わせれば一品料理として成立していて美味しい」「味の濃いものに混ぜて食べないと辛い」「甘くも苦くもなく美味しい」など、さまざまな意見が集まりました。 アンケートの結果はこちら! さらに、幅広い年代の男女100人に、「酢キャベツは美味しいと思うか」アンケートをとりました。 その結果は次のグラフの通りです。 「美味しい」「どちらかといえば美味しい」という回答が半数近くを占めていて、 美味しいと思っている人が多い印象です。 美味しく感じられないと、毎食ごとに食べ続けるのは厳しいかもしれませんね。 特に「酸っぱいものが苦手」な人は美味しいと感じるのも難しいという意見が多かったです。 酢キャベツがまずいと思ったら!食べやすくなるアレンジ法6選 アンケートの結果では、少数派ながら酢キャベツが「まずい」と感じている人もいました。 そんな人は、そのまま食べるのでは途中で挫折してしまう可能性が高くなります。 また、美味しいと思っていても、毎日食べ続けると飽きがくることも。 ここからは、美味しく食べられるアレンジレシピを紹介します。 米酢キャベツ レシピはそのままに、酢を米酢に変えるだけで食べやすくなるという意見がありました。 我が家では酢キャベツのお酢には米酢を使っています。 米酢のまろやかさとキャベツの苦味が合間ってちょうど良いお味に仕上がります。 焼肉などと一緒に食べるとさっぱりするので冷蔵庫にいつもストックしてあります。 作る手間は一緒なので、試しやすいですね。 リンゴ酢キャベツ 酸味が苦手な人は、酢キャベツを作るときの酢をリンゴ酢にするのもおすすめです。 リンゴ酢は他の酢に比べて酸味が強くなく、食べやすくなります。 また、りんご酢の原料であるリンゴには「アップルペクチン」という成分が含まれていますが、アップルペクチンは腸内の善玉菌を増やす働きがあり、酢キャベツの腸内環境の改善効果をより高めてくれます。 砂糖入り酢キャベツ 酢だけだと食べにくいという人は、 カロリーゼロの甘味料・ラカントなどで甘味を足すと 酸味が和らいで 食べやすくなります。 ラカントには合わせ酢として売られているものもあるので、それを用いるのも良いでしょう。 砂糖を加えることで、クエン酸回路というエネルギー代謝に関わる体のシステムに働きかけ、 エネルギー生産を向上させます。 代謝が高まって痩せやすくなったり、血流が良くなって、健康効果が高まることも期待できます。 大豆イソフラボンやナットウキナーゼなどの栄養も一緒に取れ、とてもヘルシーです。 作り方はいつも食べる酢キャベツ100gに納豆1パックを混ぜるだけ。 よく混ぜることで、酢キャベツの酸味が緩和されます。 好みで醤油を加えましょう。 酢キャベツたっぷりサンラータン ヘルシーな具材で作る、ボリューム満点なスープです。 たっぷりおなかいっぱい食べても罪悪感がありません。 材料 2人分• 酢キャベツ :100g• 鶏ささみ :2本• 水:500ml• 卵 :1個• 片栗粉 :小さじ2• ブラックペッパー: 少々• 糸唐辛子:適量• 卵を解きほぐし、豆腐を拍子切りにする 2. 片栗粉を大さじ1の水で溶いておく 3. 3分たったら絹ごし豆腐、酢キャベツを加え少し煮る 6. 弱火にして水溶き片栗粉を回し入れる 7. 中火にし、煮立ってとろみがついたら溶き卵を回し入れ、少し火が通ったら火を止める 8. 器に盛り、ブラックペッパー、ラー油、糸唐辛子を盛り付ける 酢キャベツとヨーグルトの冷製パスタ 暑い時期にぴったりな、 さっぱりヘルシーな冷製パスタです。 ヨーグルトを加えるのがポイント。 腸内環境を整える効果がさらに高まるでしょう。 材料 1人分• 酢キャベツ: 50g• ブラックペッパー :少々• 塩 :適量• カラートマト 1個分 動画バージョンの解説はこちら 手順 1鍋にたっぷりの水をはり、お湯を沸かす 2. お湯が沸いたら塩を入れ、パスタを表示通りの時間ゆでる 3. ゆで上がったら冷水で締める 4. パスタを器にあけ、酢キャベツを乗せ、4をかける 6. ブラックペッパーとミニトマトを盛り付けてできあがり 他にも真似したい酢キャベツアレンジレシピが色々! 他にも、 酢キャベツを使ったアレンジメニューがたくさんあります。 いろいろとメニューを変えてみることで、楽しくダイエットを続けることができるでしょう。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。

次の