ご返事いただきありがとうございます。 英語で「ご連絡ありがとうございます」は何て言う?ビジネスメールや友達とのチャットな

ビジネスメールでの敬語の使い方!早い返信へのお礼編

ご返事いただきありがとうございます

「早い返信ありがとうございます」似た表現 「早い返信ありがとうございます」の丁寧な使い方として似たようなものとしては、「早速のご対応」や「早々のご対応」または「迅速なご対応」などが挙げられています。 そのため一般的にはこれらの表現のいずれかが使用されているのですが、実はそれぞれの丁寧語には適した使い方や相手があるので意味や用途を理解しておく必要があるのです。 「早速」の場合 例えば「早速」の場合は文の頭につけることで本文に入る時や話題を切り替える時などに利用される起こし言葉となっていて、目上の人や初対面の人に対してでも比較的使いやすい敬語だと言われています。 使い方としては「早速の返信ありがとうございます」や「早速の〇〇ありがとうございます」などとして、そのあとに本文を添えるようにするのがおすすめです。 「早々」の場合 そして「早々」の場合は、一般的に目下の人や友人または知人など親しい間柄や身近な間柄の相手に利用されている敬語となっています。 そのため敬語の中でも若干砕けた表現として利用されているので、目上の人に使う場合は失礼だと感じられてしまう恐れもあるようです。 つまりビジネスメールの上ではあまり使うことは避けた方がいいと考えられており、特に取引先や目上の相手に対しては使わないように心がける必要があると言えます。 「迅速」の場合 さらに「迅速」の場合ですが、こちらは相手の行動に対してだけではなく自分の行動に対しても使える敬語であるところが特徴です。 このためビジネスメールの中では比較的使いやすい敬語となっていますし、「早い返信ありがとうございます」の敬語としても問題なく利用できます。 さらに文中だけではなく文の頭に持ってくることも可能なので、応用しやすいところがポイントとなっています。 「早い返信ありがとうございます」使分け このようにビジネスメール上での「早い返信ありがとうございます」の敬語の使い方としては、「早速」や「迅速」を使うと目上の人に対しても失礼のない返事ができます。 「早々」は目上の人には使えないので注意が必要ですが、例えば部下や同僚に対しての「早い返信ありがとうございます」の敬語として使うのは問題ありません。 そのため相手によって使い分けをしていく必要があるのですが、使い分けを必要としていない「早速」や「迅速」の方が間違いがないので安心して利用できるようです。 早速」や「迅速」などの敬語を使う注意点 ただし注意点として、「早速」や「迅速」などの敬語を使う場合には「していただき」という敬語を同時に使えないとされています。 このため「早速返信していただき、ありがとうございます」または「迅速な返信をしていただき、ありがとうございます」のような敬語の使い方は誤用なのです。 「早速」または「迅速」という敬語を使って「早い返信ありがとうございます」という文章を打つ場合には、「早速のご返信をありがとうございます」または「迅速なご返信をありがとうございます」のように打つのが正しい使い方になっています。 ほかにも「お忙しいところ」など相手を労うような文章を一緒に打っておくと気遣いのあるビジネスメールにできますし、メールの文章だけではなくこちらも同じように早めの返信をするように心がけるのも敬語と同じように大切なポイントです。

次の

ご丁寧にご返信をいただきありがとうございます。ご丁寧にご返信をた...

ご返事いただきありがとうございます

「承諾」は、他人の依頼や要求を引き受けることを意味します。 上で挙げた意味にあるように、「もっともと思い、引き受ける」というニュアンスがあります。 しぶしぶ引き受けるのではなく、相手の依頼や要望を聞いたうえで、引き受けるという意味が含まれます。 この「承諾」に「ご」をつけた言葉が、「ご承諾」です。 「ご」というのは、尊敬語・謙譲語・丁寧語それぞれの用法があります。 以下、さらに詳しく見ていきましょう。 尊敬語としての「ご承諾」とは? 尊敬語は、動作をしている人を敬う敬語です。 「おっしゃる」は「言う」の尊敬語ですが、「部長がおっしゃる」という表現は「おっしゃる」という動作をしている部長を敬います。 このような尊敬語としての意味が、「ご承諾」に含まれる場合があります。 例えば、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」という表現を考えてみましょう。 ここでの「ご承諾」は、尊敬語の「ご」が含まれています。 相手に対して「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」と言う場合、「承諾」という動作をしているのは相手です。 ここで、動作をする人を敬う尊敬語があれば、相手に対して敬意を示すことができます。 そこで尊敬語の「ご」を「承諾」の前に入れ、「ご承諾」と表現すれば、相手に対して敬意を表すことになります。 謙譲語としての「ご承諾」とは? 謙譲語は、動作をしている人ではなく、動作の対象を敬う表現です。 「言う」の謙譲語に「申し上げる」という表現がありますが、これは「言う」という動作をする人ではなく、その対象、つまり言われた相手を敬います。 例えば、「部長に申し上げる」と表現すれば、言われた相手となる部長に対し、敬意を示します。 このような謙譲語の意味が、「ご承諾」に含まれる場合があります。 これは、自分が「承諾」という動作をする場合、そこに謙譲語の「ご」を使用することで、「承諾」をしている自分ではなく、その相手を敬うことができます。 この場合、「ご承諾」の「ご」は尊敬語ではありません。 もし尊敬語にしてしまうと、「承諾」という動作をする人を敬うことになり、自分で自分を敬うことになるからです。 この「ご」は謙譲語として、自分ではなく相手を敬う言葉となることに注意しましょう。 丁寧語としての用法はある? 「ご」は、丁寧語の用法もあります。 丁寧語は話の読み手や聞き手を敬う表現で、「です」や「ます」などがあります。 例えば、会話を「です・ます調」にすると、相手に対して丁寧な印象を出すことができます。 これは丁寧語の「です」や「ます」を使用しているからです。 丁寧語の「ご」も、話の相手を敬います。 これは、名詞の前に「ご」や「お」をつけ、丁寧にする用法です。 「ご承諾」も、「承諾」を丁寧に表現したものとして考えることもできます。 一方で、一般的に「ご承諾」と表現する場合、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」といったように尊敬語として表現する例が多く見られます。 この場合、「ご承諾」を尊敬語で考えても、丁寧語で考えても、同じく相手を敬うことになります。 しかし、一般的には尊敬語として考えられる例が多いと言えるでしょう。 「ご承諾」の使い方は? 「ご承諾」は、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」「ご承諾いただき、ありがとうございます」「ご承諾のうえ、ご応募ください」といった使い方があります。 これらはいずれも、相手が行う「承諾」という動作について、尊敬語の表現として「ご承諾」を使用する例です。 例えば、目上の人や取引先などが何かを承諾する際に、その動作を尊敬語の「ご承諾」と表現することで、動作をしている相手を敬うことができます。 そのため、上司や取引先に対して使用するケースが多く見られます。 「ご承諾」の例文は? 「ご承諾いただき」と似た表現で、「ご承諾いただきたく」という使い方があります。 例えば、 「ご承諾いただきたく存じます。 」 「ご承諾いただきたく、お願い申し上げます。 」 といった例文があります。 「ご承諾いただきたく」というのは、相手の承諾を求める場合に使用されます。 「ご承諾いただきたく」の後に「存じます」や「お願い申し上げます」といった表現を続けることで、承諾を求めている状態を丁寧に示すことができます。 「ご承諾くださり」 「ご承諾くださり」という表現もあります。 こちらは先ほど見た「ご承諾いただき」の例文と似ています。 例えば、 「ご承諾くださり、ありがとうございます。 」 「ご承諾くださり、誠にありがとうございました。 」 といった使い方があります。 「ご承諾いただき」と同様に、相手から承諾をもらったことに対して感謝を述べる場合などで使用されます。 「ご承諾ありがとうございます」 相手の承諾についてお礼を言う場合、「ご承諾いただき、ありがとうございます」や「ご承諾くださり、ありがとうございます」といった例文以外にも、次のような表現があります。 「ご承諾ありがとうございます。 」 これは、「ご承諾」の後にすぐ「ありがとうございます」や「ありがとうございました」を加えた表現で、よりシンプルになっています。 「ご承諾賜り」 「ご承諾賜り」という表現も見られます。 ここに含まれる「賜り」は「賜る」という言葉で、「もらう」という意味があります。 「ご承諾賜り」の例文としては、 「ご承諾賜りますよう、お願い申し上げます。 」 「ご承諾賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。 」 といった使い方があります。 このように表現すると、承諾をもらいたいという状態を相手に示すことができます。 また、「ご承諾賜りますよう」と表現することで、相手に対して敬意を示しています。 「賜る」は「もらう」の謙譲語となるので、「もらう」という動作の相手、つまり承諾をしてもらいたいと考えている相手に対して敬意を示しています。 もちろん「ご承諾」の部分でも、尊敬語の表現として相手を敬っています。 「ご承諾賜りますよう」の「ますよう」は、その後に他の表現を加える言い回しです。 「ますように」という意味があります。 「ご承諾申し上げます」 「ご承諾申し上げます」の「ご承諾」は、謙譲語の表現となります。 この場合、「承諾」という動作をするのは自分です。 自分の動作を「ご承諾」という謙譲表現で示すことで、その動作の対象、つまり相手を敬うことができます。 これは、自分が承諾をしたということを相手に示したい場合に使用されます。 例えば、 「お申し入れの件、ありがたくご承諾申し上げます。 」 といった使い方があります。 これは、相手からの申し入れを承諾したことを、謙譲表現の「ご承諾」を使用して伝えている例です。 先ほど例に挙げた「ご承諾いただき」や「ご承諾くださり」などは、「承諾」という動作をする人は相手です。 そのため、相手の動作を敬うために尊敬語として「ご承諾」と表現しています。 一方で、「ご承諾申し上げます」は自分が「承諾」という動作をしているので、「ご承諾」は謙譲表現となっています。 尊敬語と謙譲語はきちんと区別しておきましょう。 「ご承諾」の他の例文は? 先ほど見た尊敬語の表現として、「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」「ご承諾いただき、ありがとうございます」といった例文を考えてみましょう。 これらの例は、「承諾」の敬語表現としてはかなり強くなります。 「ご承諾」はこれだけで敬語表現となるので、「ご承諾」をさらに敬語表現にする使い方があるわけではありません。 「ご承諾のほど、よろしくお願いいたします」を「ご承諾のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」に変えるといった例では、「何卒」などの表現を加えてさらに敬意を高めています。 このような使い方はありますが、「ご承諾」という言葉自体をさらに敬語で表現しているわけではありません。 「ご承諾」と「ご了承」の違いは? 「ご承諾」と似た言葉に「ご了承」があります。 いずれも「ご」を使用した表現ですが、「承諾」と「了承」では意味が異なります。 これらの違いについて、詳しく見ていきましょう。 「了承」の意味は? 「了承」には次のような意味があります。 また、「ご承諾」のように「ご了承」と表現する例も多く見られます。 承知すること。 これを「ご了承」と表現すると、敬語表現として示すことができます。 例えば「ご了承ください」と表現すれば、相手に対して納得してもらいたいという状態を示します。 「ご承諾」と「ご了承」の意味の違いは? 「了承」にも「承諾」という意味が含まれています。 一方で、「承諾」以外にも「承知すること」や「事情をくんで納得すること」という意味も含まれます。 この点で、「了承」は「承諾」よりも広い意味で使用されることがあります。 また、「了承」は「納得すること」というニュアンスが強くなります。 一方で「承諾」は、他人の依頼や要望を聞き、受け入れるという意味が基本です。 これは、「受け入れる」というニュアンスが強くなります。 この点も、「納得する」という意味が強い「了承」との違いです。 これらの違いは、「ご承諾」と「ご了承」の違いでも見られます。 「ご了承ください」と表現すると、納得してもらいたいというニュアンスが強くなります。 一方で、「ご承諾いただきたく存じます」と表現すれば、こちらの要望を受け入れることや引き受けることを求める、というニュアンスが強いです。 「ご承諾」と「ご快諾」の違いは? 「ご承諾」と「ご快諾」は、「承諾」と「快諾」で意味が異なります。 詳しく見ていきましょう。 「快諾」の意味は? 「快諾」とは、次のような意味があります。 「ご快諾」のような使い方も見られます。 「資金の援助を快諾する」 「ご快諾」とは? 「快諾」は「快」の字にあるように、「快く承諾すること」という意味が基本です。 例えば、「ご快諾いただき、ありがとうございます」と表現すると、相手が快く承諾してくれたことに対し、尊敬語として「ご快諾」と表現し、お礼を述べています。 「ご承諾」と「ご快諾」の意味の違いは? 「承諾」は、他人の依頼や要求をもっともと思い、引き受けるという意味があります。 先ほど見たように、しぶしぶ引き受けるというニュアンスは少なく、「もっともと思い」という点に特徴があります。 そして、さらに快く引き受けるという状態が「快諾」です。 「承諾」と「快諾」のいずれも、しぶしぶ引き受けるというニュアンスではありません。 一方で、「快諾」は「快」の字が強調されているように、通常の「承諾」よりも「快く」という点が強くなります。 「ご承諾いただき、ありがとうございます」と「ご快諾いただき、ありがとうございます」を比較しても、「ご快諾」の方が「快く」という意味が強調されます。 例文をもとに使用する場面をイメージしよう! 今回は、「ご承諾」の意味や使い方、例文などをご紹介しました。 「ご承諾」は、「ご承諾いただき、ありがとうございます」などの例文をもとに考えると、イメージが浮かびやすいのではないでしょうか。 また、「ご承諾」は尊敬語として使用する場合のほか、謙譲表現として使う例も見られます。 こちらも例文から確認し、イメージをつかんでおきましょう。 また、「ご了承」や「ご快諾」などの言葉との違いも重要です。 似たような意味の言葉ですが、ニュアンスや使用する場面が異なるので、こちらもきちんとおさえておきましょう。 「ご承諾」の「ご」は敬語表現となります。 ビジネスシーンでは敬語を正確に使い分けることが重要で、「ご承諾」もその一つです。 例文をもとにイメージをつかみ、ぜひビジネスシーンで活かしてみてください。

次の

「ご丁寧にありがとうございます」の敬語・目上の人への使い方

ご返事いただきありがとうございます

もとになる語「返信」に「~してもらう」の敬語(謙譲語)「お(ご)~いただく」をつかうと「ご返信いただく」という敬語になります。 したがって意味は「返信してもらい~」と解釈できます。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてます。 あわせると意味は「返信してもらい、ありがとう」• ご返信いただき =「返信してもらい」の意味の敬語(謙譲語)• すると「ご返信いただきありがとうございます」の意味は… 「返信してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご返信いただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目はかなりマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 たとえば、• ちなみに謙譲語とか尊敬語ってなに?の解説はすこし後にあります。 「ご返信いただく」にかぎらず・・・ 「お(ご)〜いただく」は 「〜してもらう」の敬語(謙譲語) 使い方はたとえば、• 「ご返信いただく」であれば「(上司なり目上に)返信してもらう」の意味• 「ご連絡いただく」であれば「(上司なり目上に)連絡してもらう」の意味• 「ご指導いただく」であれば「(上司なり目上に)指導してもらう」の意味 というように使います。 あるいは単に「〜していただく」とし、• 例文「返信していただく」• 例文「連絡していただく」• 例文「指導していただく」 のように使っても丁寧です。 意味はどちらもまったく同じ。 ビジネスメールなど文書では「お(ご)〜いただく」をつかうとよりカチッとした文章になります。 いっぽうで会話や電話対応など堅苦しい敬語がもとめられないシーンでは「〜していただく」でも十分に丁寧ですね。 お(ご)〜する お(ご)〜します• 〜いたす 〜いたします• お(ご)〜いたす お(ご)〜いたします• お(ご)〜申し上げる お(ご)〜申し上げます• お(ご)〜差し上げる お(ご)〜差し上げます• 〜していただく 〜していただきます• お(ご)〜いただく お(ご)〜いただきます• 〜させていただく 〜させていただきます• たとえば「了承」「教示」「承諾」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 【注意事項】 ・「させていただく」「申し上げる」「差し上げる」は日本語としておかしい表現になる時もあり、何でもかんでも使える訳ではありません。 ・丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方です。 ご留意ください。 ちなみに、これは文化庁の「敬語の指針」においても解説されています。 私のような頭の悪い人には難しいのですが、ご興味ありましたら以下のリンクよりどうぞ。 お(ご)~だ お(ご)~です• お(ご)~になる お(ご)~になります• ~される ~されます• ~なさる ~なさいます• お(ご)~なさる お(ご)~なさいます• ~してくださる ~してくださいます• たとえば「連絡」「指示」「利用」「報告」など。 【注意事項】 ・「〜される」は受け身形との混同をまねくことがあるため要注意。 ・丁寧語「です・ます」とくみあわせて「お(ご)〜です」「お(ご)〜になります」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 文字どおり「返信してもらいありがとう」というお礼フレーズなので、そのようなビジネスシーン(メールなど)で使います。 上司・目上など社内にかぎらず社外にも使える丁寧な敬語フレーズですね。 例文「ご返信 賜りありがとうございます」• 「いただく」「賜る」はどちらも「もらう」の謙譲語ですが、よりカチッとした言い回しは「賜る」のほうです。 とくにビジネス文書や手紙・公式な挨拶シーンで使われることの多い敬語フレーズ。 丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 相手に著しく負担をかけた時は「恐縮」を使う 上司や目上などの相手にとんでもなく負担をかけてしまったときには… 「ありがとう」だとイマイチしっくりこないですね。 こんなときには申し訳なくおもう気持ちをしめすフレーズをもってくると丁寧です。 とくに上司・目上や取引先にいちじるしく負担をかけたときには以下の例文をつかうと好感度UP。 ご返信+恐縮(申し訳なく思うこと) 「ご返信いただき誠に恐縮です」 「ご返信いただきまして誠に恐縮でございます」 「ご返信くださいまして誠に恐縮でございます」• ご返信+恐れ入る(申し訳なく思う) 「ご返信いただき大変恐れ入ります」 「ご返信いただきまして誠に恐れ入ります」 「ご返信くださいまして誠に恐れ入ります」 こんな感じでつかうと丁寧なビジネスメールになります。 他にもある丁寧な「ご返信」の例文 お礼のシーンで「ありがとう」ばかりつかっていては敬語ビギナー。 お礼をしめすフレーズは他にもいろいろあります。 中級〜上級者むけですが、代表的な言い換え例文だけを紹介しておきます。 例文「ご返信いただき感謝申し上げます」• 例文「ご返信頂きお礼申し上げます」• 例文「ご返信頂き深謝いたします」• クッション言葉を添えるとなお丁寧 ビジネスメールのお礼をより丁寧にするためのコツ。 「ご返信」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってくるとなお丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご返信〜」• 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 見積書を拝受いたしました。 早々にご返信いただき誠にありがとうございます。 それではいただいた見積をもとに社内で検討を進めて参ります。 今後も何かにつけてお力添えいただくこともあるかと存じますが、その際にはよろしくお願い致します。 よろしくお願い申し上げます。 総務部・ノマドです。 アンケート回答を拝受いたしました。 早々にご返信いただき誠にありがとうございます。 それではいただいたアンケート結果を個別に集計し、結果がでましたらご報告申し上げます。 よろしくお願いいたします。 使い方に迷ったときのご参考にどうぞ。 「ご返信」の前置きにはそえるクッション言葉や、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「ご多忙にも関わらず」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 ご多忙にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多忙にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• ご多用にも関わらず=忙しいにも関わらず 「ご多用にも関わらずご返信いただき誠にありがとうございます」• 勝手を申し上げたにも関わらず=自分勝手を言ったにも関わらず 「勝手を申し上げたにも関わらずご返信〜」• 「 ご返信いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご返信くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 ご返信いただきありがとうございます 意味は「返信して もらいありがとう」 敬語は「~して もらう」の 謙譲語「お(ご)~いただく」を使用。 ご返信くださいましてありがとうございます 意味は「返信して くれてありがとう」 敬語は「~して くれる」の 尊敬語「お(ご)~くださる」を使用。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご返信いただく=返信していただく」なのか「ご返信くださる=返信してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご返信いただきありがとうございます」「 ご返信くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 お礼では「ご返信いただき〜」が一般的 わたしの経験上ではお礼のビジネスシーンにおいては「お(ご)〜いただきありがとう」という敬語フレーズを使うことが多いです。 おっさん営業マンのたわごとですので無視してもらって構いませんけど… 本来はどちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく vs. くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の