いと く 追分。 軽井沢追分の見所と魅力

イネイト整体健康法(無痛・無刺激・無接触)

いと く 追分

軽井沢の中心から西へ車で15分。 国道18号と、南の「信濃追分」駅との間に挟まれた一帯が「追分文化村」エリア。 徒歩圏内に名所『追分宿』もあります。 小道を入れば、すぐに広がる整然とした並木道….. 観光地化されていない素朴な空気は大人の軽井沢といった感じ。 別荘を構える方だけが知る、隠れ家的なカフェやレストランが点在するのも特徴です。 「暮らしながらお店を出したい」という方へもおすすめ。 緑に馴染むアトリエやギャラリーなんかも良さそうです。 文化村と名前がついたのは、追分宿の影響が大きい。 江戸時代の街道の歴史を残す情緒ある街並みで、堀辰雄や室生犀星といった文豪が宿泊し執筆の拠点とした旅館『油屋』がありました。 歴史ある建物はそのままに、いまなおアートや本などのクリエイティブの発信拠点『油や』としていろんな取り組みが行われています。 外国色の強い旧軽井沢とは一味違い独自の文化の香りがするこのエリア。 そんな歴史を感じつつ、静かな環境に身を委ねてみてはいかがでしょう。

次の

【軽井沢の別荘地】追分文化村の魅力

いと く 追分

著名なものに「」などがある。 もともとは信濃追分(現在の)付近で歌われていた()が、以北の各地を中心に広がったとされている。 追分の音楽的特徴として、• はっきりした・明確なを持っていない(調子よくパンパンと手拍子を打てない)• が広い(高い声から低い声まで出さなければいけない歌が多い)• 母音を伸ばす(一音多声型。 等の一文字を長く伸ばす場合が多い。 西洋音楽の参照) などが挙げられる。 この為、難しい方に入る。 は日本音楽のこのような形式に注目し「追分形式」と呼んだ。 追分形式と対照的なのが拍節感のはっきりした「形式」(一音一声型、型)である。 脚注 [] 出典.

次の

【軽井沢の別荘地】追分文化村の魅力

いと く 追分

「当時は民謡や踊りがメインで、お客様とみんなで民謡を歌ったりして楽しむようなお店でしたが、今は津軽三味線の演奏がメインになっています。 三味線の演奏が増えだしたのは、吉田良一郎くん(吉田兄弟の兄。 追分に18歳の頃から住み込みで働いていた経歴を持つ)がデビューしたくらいの頃から。 それ以前は「津軽三味線、待ってました!」という感じではなく、おまけのように2人で曲弾きをするくらいだったのですが(笑)、今は一晩で3〜4人、多くて5人で弾くようになりました。 現在、私を抜かしてメンバーが12人いるのですが、そのうち10人が三味線の演奏家です。 三味線ブーム以降は、若いお客様も多くいらっしゃいますね。 民謡を知らなくても、三味線の演奏を聴きたくていらっしゃる方が増えているかもしれません。 」 演奏家の平均年齢は若く、20代中盤といったところ。 舞台における津軽三味線の演奏は、さながらジャズのように、合奏のパートと即興が織り成す独奏のパートで構成される。 激しさ、力強さ、スピード感、独創性、時に顔を出すユーモア。 独奏の時間は、それぞれの演奏家の個性が光る。 古き「うた」を継ぎながら、若い世代も楽しめる「新しい舞台」を提示し、未来ある若き演奏家たちが「伝統」に挑み「芸」を磨く。 民謡酒場「追分」は、楽しく過ごす「うた」の酒場であると同時に、若さと伝統が出会い火花を散らすクロスロードなのだ。 そして、その酒場は多くの若い才能を日々育て続けている。 三味線ブームの火付け役となった吉田兄弟をはじめ、あべや、椿正範、その他民謡界の第一線で活躍する多くの演奏家たちが「追分」での修行を糧に、続々とその挑戦のステージを広げている。 最後に、若女将にあらためて民謡の魅力を聞いてみた。 「生まれ育った環境や故郷を思い出せるところ。 民謡でうたわれるのは、生活の中で生まれた祝い歌や、つらい仕事を「うた」で紛らわすような作業歌(農民、漁師、木こりがその作業時に歌い継いできた唄)がほとんどで、作詞者や作曲者もほとんどわかりません。 その国固有の訛りが感じられたりするのも魅力のひとつだと思います。 」 祝い歌として生まれた「黒田節」、漁師の作業歌として生まれた「ソーラン節」、その他幾代もの人々に寄り添い継がれてきた「うた」の数々。 誰かひとりの作品ではなく、それぞれの土地が生み育んできた「うた」たちの世界は広大だ。 「(民謡のうたは)もっともっと、何千も何万もあるんです。 まだ発掘されていないもの、広く知られていないものを掘り起こせばきりがないくらい。 」 昭和62年(1987年)の調査によると、現存する民謡の数はおよそ58,000曲に登るという。 膨大なデータベースを源泉に、大切に磨かれたひとつひとつの「うた」を、是非とも生音で、そして全身で堪能してもらいたい。 (撮影/松田麻樹 文/江戸のぉと編集部 取材:2017年).

次の