糖 質 制限 デメリット。 妊活・不妊時に糖質制限をするメリット・デメリット

糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

糖 質 制限 デメリット

桐山氏がダイエットを始めたのは'10年、56歳の時。 当時は、身長167・5㎝で、体重は87kg。 ウエストは100㎝超もあった。 痩せることを決意したきっかけを、桐山氏は、かつて本誌にこう語っている。 「咳が出るので、最初は風邪だと思っていたんです。 だが症状は次第に重くなる。 呼吸も苦しくなり、食べたものを咳とともに吐くようになった。 医師から告げられた病名は「糖尿病」—。 やはり来たかと、頭をガーンと叩かれたような衝撃を受けた。 さらに心臓肥大という診断まで出た。 糖尿病による動脈硬化で、心臓にまで影響を及ぼしていたという。 異常なまでの息苦しさはそれが原因だった」 飲食のルポを書くことも多く、深夜の執筆中に揚げ物やパスタなど高カロリーなものを食べ続けていた。 糖尿病は、長年の「不摂生」な生活の結果だった。 睡眠不足、運動不足も明らかだった。 糖尿病と診断された時の検査結果は、血糖値が215 正常値は109以下。 カッコ内以下同。 糖尿病の指標である過去2ヵ月の血糖平均値、HbA1c へモグロビンエーワンシー は9・4 5・8以下 と非常に高い数字が出た。 血圧は上が200以上、下が100近くあり、いつ倒れても不思議ではない状況だったという。 「このままの状態で放っておくと生死に関わる」 と医師から忠告され、桐山氏が実践したのが、前述の「糖質制限ダイエット」だった。 3ヵ月で15kg痩せた その日以来、あれほど食べていたご飯や蕎麦、パスタなどの炭水化物を一切食べないようにした。 代わりに主食として食べるのは、豆腐やチーズ、肉、魚。 酒は焼酎、ウィスキーはOKで、赤ワインも少量なら問題ない。 そして日々の散歩も欠かさないように努めた。 「結果はすぐに出た。 なんと1週間で5kg痩せ、3ヵ月後には血糖値は93に半減、体重は15kgも減った。 数値の上では糖尿病を脱したことになる。 おかずを満腹食べて酒を飲んで、しかも痩せられる。 糖尿病は良くならないと諦めている人には、短期間でここまで改善することは『奇跡的』と感じられるはずだ」 桐山氏 糖質ダイエットをする際、桐山氏が参考にしたのが、京都の高雄病院理事長の江部康二医師の著書『』だ。 「糖質制限ダイエット」の提唱者である江部医師は、そのメリットをこう強調する。 「ご飯やパンなどの糖質を抜けば、あとは満足するまで何を食べてもいいので、他のダイエットに比べて、圧倒的に楽に誰でも簡単に始められるのです。

次の

やっぱり危ない!? 「糖質制限ダイエット」第一人者が急死した(週刊現代)

糖 質 制限 デメリット

しかし、それは健康を害してしまいます。 糖質制限中は、しっかり食べることが重要だということを頭に入れておきましょう。 特に糖質制限ダイエットを始めたばかりの時期は、頭痛や吐き気、めまい、不安感、倦怠感や無気力感、眠気などの症状が出る場合があるでしょう。 また、炭水化物を制限してしまうことで食物繊維が不足し、便秘になってしまう人もいます。 糖質の少ない野菜や海藻類などを積極的に摂取し、食物繊維を補給しましょう。 糖質制限に慣れてくれば体調も安定してきます。 初期の体調不良がつらい場合は制限を緩くし、少しずつ糖質量を減らしていくようにするとよいでしょう。 糖質制限と運動を組み合わせて、リバウンド防止を 糖質制限はカラダを変えることができるダイエット法です。 しかしどんなダイエットも、体重を減らした後も継続していかなければリバウンドします。 それは糖質制限も同じです。 運動をうまく取り入れながら糖質を減らすよう意識し、苦痛を感じることのない糖質制限を行いましょう。 また、完全に糖質を抜くといったバランスにかける食事方法も、一時期は効果が出るかもしれませんが、一生続けることは難しいでしょう。 継続できるダイエットを目標にPFCバランスを整えた食生活を送り、運動習慣をつける必要があります。 関連記事: [著者プロフィール] 和田拓巳(わだ・たくみ) プロスポーツトレーナー歴16年。 プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。 治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。 テレビや雑誌においても出演・トレーニング監修を行う。 日本トレーニング指導者協会 JATI-ATI 【HP】 【Facebook】 <Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>.

次の

妊活・不妊時に糖質制限をするメリット・デメリット

糖 質 制限 デメリット

まず大きな勘違いの一つに、 「糖質だけでなく、体に必要な栄養素も控えてしまう」というものが挙げられる。 糖質も厳密には体に必要な栄養素だが、今回の記事では割愛する。 つまり、糖質を控えようとするあまり、食物繊維、たんぱく質をはじめとした他の栄養が不足してしまうのだ。 特に、食物繊維の不足は痩せたいメタボの人にとっても深刻な問題となる。 (後で述べる) 食物繊維が不足すると、以下のようなリスクが生まれる。 便秘 消化器官内での働きが鈍くなると便秘になる。 糖質制限を行う際は、野菜や肉、魚をしっかりと取る必要があるのだ。• おなら 食物繊維が不足していると、おならの臭いも悩みになりやすい。 これも、体内の不純物を食物繊維でしっかり回収できなくなるためと言われている。• 眠くなる 糖質制限によってたんぱく質が不足していると、食事後に眠くなることがあるようだ。• 全般的な体調不良 また、食物繊維以外にも、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、ただでさえ不足しがちな栄養が糖質制限ダイエットによってより不足してしまうと、様々な体調不良を呼び起こすリスクもある。 具体的な症状は様々なので、別個記事にしてまとめておきたい。 糖質制限ダイエットはあくまでも糖質のみを控えるものであって、他のダイエットと並行して行うと健康を損なう可能性がある。 また、糖質制限ダイエットは長くても1ヶ月程度に止めておかないと、その弊害のリスクは高くなっていくようだ。 体臭が気になるのは脂肪が燃える証拠?「ケトン体」に着目 糖質制限でイライラしやすくなった、という話も小耳に挟んだので述べておく。 糖質依存に陥っている人は糖質制限ダイエットでイライラしてしまうことが多いようだ。 これはタバコ依存と似たようなもので、一定以上糖分を摂っていないと不安、イライラが募ってしまう状態だ。 そのため、糖質依存の人は、糖質制限ダイエット中も他の人と比べて苦しい思いをする可能性が高い。 また、ダイエット後もある程度糖質を制限するくらいの気持ちでないといけない場合があるのだ。 糖質は体に必要な栄養だ。 糖質を今後一切とるなとは言えないが、ただでさえ糖分過多の状態からの脱却を目指すのであれば、ダイエットが一区切りついた後でも節度を保つ必要がある。 糖質制限で低血糖にはならないの? 糖質を制限するのだから、低血糖になってしまうリスクがあるのでは?と思う方もいるのではないだろうか。 ジョーも初めは「女性が下手に糖質制限なんてすると、逆に栄養失調になりそう」などと失礼なことを考えてしまっていたのだが… どうも、 普通に糖質制限をやるなら、低血糖になることはないようだ。 低血糖になる原因には大きく分けて2つある。 「糖尿病治療中(服薬中)の急な糖質制限」、「過剰な糖分摂取によるインスリンの過剰分泌」だ。 どちらも、基本的にもともと糖質を多くとる人が陥りやすい状況だ。 血糖値を下げる薬を飲んでいるのに加えて糖質を制限してしまったために、過剰に血糖値がさがってしまったり…… 過剰な糖分摂取の結果、インスリンの過剰分泌によって反動的に血糖値が下がったり…… 血糖値に異常がない人であれば、糖質制限によって低血糖になってしまうことはまずないようだ。 逆に、メタボでかつ高血糖、糖尿病の人は、いきなり糖質制限ダイエットをすることはやめておいた方が良い。 必ず、かかりつけのお医者さんなどに相談するのだ。 (に戻る).

次の