トップガン ネタバレ。 映画『トップガン』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

続編映画[トップガン:マーヴェリック]あらすじ内容&キャスト公開日最新情報

トップガン ネタバレ

トム・クルーズになりたい!よりも空母から戦闘機が離陸するときの、誘導員みたいなヤツ(デッキクルーというそうです)に憧れました! さぁ、そんなで「トップガン」をもう一度みたい!と思ってちょっとググってみたところ、なんとトップガン2の情報が! わたし今の今までまったく知りませんでした…。 ついにトップガン2の制作が始動したのですね! 調べてみると、トム・クルーズが撮影を開始したとアナウンスしたのだそうです。 さらに調べてみると2、3年程前から続編の噂はあったようですね…。 今更トップガン2の話題をほじくり返すことでもないかもしれませんが、わたしはさっきこのトップガン2の情報を知ったので心躍って今や信じられない気持ちで興奮気味なのであしからず。 トレイラーらしき動画がありましたのでご紹介しておきます。 以下、ネタバレ無しとは言え、トップガン2の情報を記載しています。 少しでも知りたくない方はご注意下さい。 トップガン2のストーリーって? Advertisement トップガン2ってどんな内容になりそうなの?と誰もが気になるところですが、内容に関するアナウンスはまだのようでした。 大まかなストーリーでも頂戴よ!と探していたらいろんな記事を見つけることが出来ました。 トップガン:マーヴェリック まずは題名。 トップガン2ではなくて正式には「トップガン:マーヴェリック」となるようです。 トム・クルーズさんが題名には数字を付けたくなかったんですって。 続編はコケるということを経験から知っているような、そんな配慮からでしょうか。 敢えて2とは言わずに「マーヴェリック」と付けたところがもうカッコイイです。 「マーヴェリック」とは、トム・クルーズさんが演じるピートのニックネームですね。 彼らはみんな名前で呼び合わず、ニックネームで呼び合います。 トップガンの劇中に登場する「アイスマン」「グース」などがそうです。 トム・クルーズの役どころは? 役どころは? いろんな情報記事を漁っていると、どうやらピート(トム・クルーズ)は上役の教官となっているらしいです。 それもそのはず、約30年もの時が経っているのですから現役バリバリというよりも、このほうがリアリティがあって楽しめそうです。 現在55歳のトム・クルーズさんが若手の現役パイロットとタメで話して恋愛バリバリやって、戦闘機でかっ飛んでいくのもある意味見てみたかったですが。 戦闘機は? 戦闘機は?最新鋭の戦闘機になるよ!とトムが言っているみたいです。 当時はF14Aトムキャットという戦闘機でした。 1990年に引退しているそうなんで、2018年の今だと… なんでしょう? いやぁ、パイロットよりも誘導員に憧れているようなガキでしたから、戦闘機の情報なんて持ち合わせておらず、鼻クソ程も知りません。 情報が解禁されたら随時公開していきたいと思います。 どんなキャスティングなの? Advertisement トム・クルーズ(ピート役:主人公) ヴァル・キルマー(アイスマン役:前回ライバル) マイルズ・テラー(グースの息子役) ジョン・ハム(役不明) エド・ハリス(役不明) ジョセフ・コシンスキー(監督) が決まっているみたいです。 …少ない…。 もっと知りたい! いや、ヒロインだけでいい!教えてくれ! トップガンではピート(トム・クルーズ)が上官のチャーリー(ケリー・マクリギス)と恋に落ちますが、今回のトップガン2ではだれがヒロインに選ばれるのでしょうか!? 主人公のピート(55歳)とイチャイチャするのでしょうか!? ……いまいちピンと来ません! 調べてみると、ヒロイン役にはジェニファー・コネリーが決定したそうです! 米ハリウッド・レポーターによると、コネリーが演じる役どころは海軍基地の近くでバーを営むシングルマザーだそう。 トップガンではロマンス漂う青春物語の様相でしたが、果たして「トップガン:マーヴェリック」ではどのようなテーマが描かれるのでしょうか。 大変気になるところです。 公開日は? 全米公開日が2020年6月26日に決定しました! じつは何度も延び延びに伸びまくった経緯がありますから、たとえ決定したとは言えまた延期になる可能性もゼロじゃありません。 そして「Danger Zone」にのせて上官自ら戦闘機に搭乗し現役以上の活躍を見せてほしいと思います。 今日はこんなとこ!おしまいっ Advertisement 関連する記事• 2019. 14 みなさんこんにちは!愛とロマンの男マーカスです! すでにご存知の方も多いかと思いますが、あの「時効警察」が2019年に復活するとのアナウンスがありまし[…]• 2018. 15 みなさんこんにちは!愛とロマンの男マーカスです! 毎年行われている年越し恒例番組笑ってはいけないシリーズ! まっちゃんが毎年、「これで最後や」言っても[…]• 2018. 26 みなさんこんにちは愛とロマンの男マーカスです。 わたしマーカスは、『目がとってもキレイね』『でもヒゲめちゃ濃いね』と、かつて女性にプラスマイナスゼロと[…]• 2018. 08 みなさんこんにちは!愛とロマンの男マーカスです! 突然ですが「ジュマンジ」って知ってます? 初めてわたしが「ジュマンジ」(1995年公開)を観たのは、[…]• 2018. 12 みなさんこんにちは愛とロマンの男マーカスです あまりバスって乗らないんだけど、先日バスに乗る機会があって所謂「乗合バス」に乗車したんですね そこで、わ[…]• 2018. 22 どーもこんばんは愛とロマンの男マーカスです。 さっきちょっと4度見するくらいのモノとすれ違ったので。 深夜の3時頃歩いていたら、・・・出た[…].

次の

続編決定!!『トップガン』あらすじとネタバレ感想とは?

トップガン ネタバレ

ネタバレ含みますのでご注意下さい。 もう、とにかくカッコいいの、なんのって。 中学生の時、映画館で観て、その後すぐに『ドックタグ』を買いにアメ横まで行きましたね。 トム・クルーズがケリー・マギリスとデートにこぎつけてハイテンションになり、バイク(カワサキGPZ900Rニンジャ)を飛ばす時のカッコよさに憧れたものです。 あらすじも様々な困難に打ち勝って、本当の男になる、その間に自分を応援してくれる存在に気づき、本当の強さを知るという、王道の成長物語。 これが、CGではなく、米海軍の全面的協力のもと、戦闘機のドックファイトは迫力満点。 この『トップガン』に始まって、『ハスラー2』、『カクテル』、『レインマン』等々、まさに彼の独壇場だった。 影響を受けやすい純粋な少年だった私は、当然の事ですが、MA-1ジャケットやヘインズのTシャツに身を包んでトム・クルーズになりきりました。 そんな『トップガン』のあらすじと感想をご紹介します。 『トップガン』あらすじ カルフォルニア州サンディエゴのミラマー海軍航空隊基地にある空中戦技術訓練学校にマーヴェリック(トム・クルーズ)が入校。 この訓練学校は、アメリカ海軍の戦闘機F-14トムキャットのパイロットの中から優秀なものを選び、この学校を『トップガン』と呼ばれている。 マーヴェリック達は教官の指導の元、厳しい訓練に入る。 ある夜、バーで金髪の美女チャーリー(ケリー・マギリス)と出会い、一目ぼれ。 翌日の講義に彼女が航空物理学の教官として現れたので驚く。 次第にチャーリーもマーヴェリックに惹かれる。 31回目の訓練飛行に出たときに事故が起こる。 マーヴェリックは標的機のブラスト(後流)に巻き込まれてしまい失速。 脱出ハンドルを引き、風防の本体部分が十分に飛ばず、グースは頭をぶつけ、首の骨を折り死んでしまう。 査問会議が開かれ、事故と認定さえるが、マーヴェリックは落ち込んでしまう。 トップガンの卒業式の最中、緊急出動命令が下る。 インド洋上の空母へ向かう。 アメリカの情報収集船が領海に入った為、戦闘機の出動となった。 空母からは三機のトムキャットが発進。 マーヴェリックはその援護として後に続く。 四機の戦闘機に囲まれたアイスマン(ヴァル・キルマー)の危機をまたもジェット後流に巻き込まれながら機体を立て直し救ったばかりか、四機を撃墜させる。 戦闘機のドックファイトは圧巻 海軍を1年半掛かって口説き落としたこともあって、戦闘機の実写シーンの撮影に成功した。 だから、実物の迫力はすさまじいものがある。 トム・クルーズが実際に操縦をしていたのだから驚きとともにすごい。 『永遠の0』も戦闘機のシーンが話題になり大ヒットしました。 CGを使い、迫力があり感動をしましたが、リアリティの追求ぶりは、『トップガン』が上。 比べてはいけませんが、さすがハリウッド、日本映画の比ではないと感心した。 金のかけ方が違う。 ブレイク前の俳優が初々しい 今では、有名な俳優がでていますね。 メグ・ライアンはマーヴェリックの相棒グースの奥さんであるのは、すぐわかりましたが、『ショーシャンクの空に』で主人公を演じたティム・ロビンズも出ていたんですね。 最近、改めて見て驚きました。 それもそのはずで、ティム・ロビンズ演じるマーリンは、マーヴェリックと共にミグとのドッグファイトをしたクーガーに同乗。 その際にパニック状態になったことから、自信を喪失し、除隊した。 本来トップガンに行くはずだったクーガーに変わり、No. 2のマーヴェリック、グースが選ばれた。 その為、序盤とクライマックスのヘルメットを脱いで降機シーンのみ。 どちらも短いシーンなので、気にしないとわからないです。 後、『ER緊急救命室』でグリーン役のアンソニー・エドワーズも出演。 まだ、髪もふさふさで、髭を生やしていたので、すぐには気づかなかった。 音楽が最高です 個人的に映像と音楽がこれだけマッチしている映画は『トップガン』以外ないですね。 映画のサントラも貸しレコード屋で借りて、カセットテープに録音し、擦り切れるまで何度も聞きました。 『デンジャー・ゾーン』、『テイク・マイ・ブレス・アウェイ』、『マイティ・ウイング』などどれも名曲揃い。 個人的趣味では、『デンジャー・ゾーン』。 曲と共に戦闘機が空母から飛び立つ場面は、場面に合っているし、何度見ても好きなシーンですね。 その後、CDも買い、今でも通勤で毎日聴いています。 王道ストーリーなので安心して観れる 戦闘機に乗るパイロットの理想と現実。 中でも、敵が攻撃してくるまで攻撃が出来ない描写はリアル感があります。 ライバル心、相棒との友情、訓練学校の上下関係、年上女教官との恋愛等の狭間で、一人の人間として成長していく過程を見れるところが好きです。 マーヴェリックはスタンドプレイが多く、周囲が注意しても聞く耳をもたない。 自信過剰であるが、いい意味でポジティブ志向。 そんなマーヴェリックもグースの死により、自分を責めて、自暴自棄になってしまう。 そこから這い上がり成長していく過程がよくできていて、マーヴェリックに感情移入します。 実際の現状に置き換えてみても、仕事でミスを犯し、その失敗を引きずらずに今やるべきことに取り組むことがいかに大事かと再認識した次第。 歳月を経ても色褪せない普遍のストーリー構成が何度見ても飽きない理由ですね。 個人的に思いれが強い作品 学生時代の思い出の映画。 文化祭の出し物をクラスでビデオ上映したのが『トップガン』。 数ある映画の中で、選んだ理由は、単純にトム・クルーズがカッコイイことと、女性ウケがイイことから決めました。 高校は男子校だったので、普段女性が校舎にいること事態、まず考えられない。 なので、気合がはいりましたね。 男子禁制にして、女性のみ入場OK。 他のクラスや男性には、クレームがきましたが、上映会は大盛況でした。 これがきっかけで、彼女ができたこともあって、私にとっては忘れられない作品です。 まとめ 世界中にトム・クルーズの存在を確たるものにしたのがこの「トップ・ガン」。 エリートパイロットの養成所「トップガン」を舞台にした王道ストーリー。 パイロットの技術の優劣だけが相手との関係を成り立たせるハードな男の世界が舞台。 カーレーサーの世界と似ていて、スピードをコントロールすることの快感を男性原理とした神の領域に近いものがあります。 男が追い求める願望がすべて詰まっている。 だから、私を含め多くの若者のハートを鷲掴みしたんですね。 『トップガン』の魅力はやっぱり、戦闘機のドックファイトかな。 アメリカ海軍による全面協力の下で撮影され、空母や戦闘機は全て本物を使用しています。 また、今でも時折流れる『デンジャーゾーン』は、聞くだけでテンションが引き上げられ、心沸き上がること確実です。 それから、ブレイク前の初々しい出演者を観るのも見所です。 「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズ、「ヒート」のヴァル・キルマー、「恋人たちの予感」のメグ・ライアン、「ショーシャンクの空に」のティム・ロビンスが出演してます。 トム・クルーズを好きな方以外でも万人にお勧めのできる娯楽映画であることは間違いがないです。

次の

【映画】「トップガン」レビュー!あらすじや感想を紹介!【ネタバレ無し】

トップガン ネタバレ

の紹介:1986年アメリカ映画。 アメリカ・カリフォルニア州ミラマーの米海軍航空基地にある世界最高のエリートパイロット養成校「トップガン」を舞台に、F14トムキャット戦闘機を駆る型破りの若手パイロットのマーヴェリック(トム・クルーズ)が仲間たちとの苦闘や恋を通じて成長していく姿を描いた青春航空アクションの傑作です。 本作によりトム・クルーズをはじめ多くの出演者たちが大ブレイクを果たし、ケニー・ロギンスが歌う主題歌「Danger Zone」もヒットしました。 そして2020年7月には本作から約34年ぶりとなる続編『トップガン マーヴェリック』が公開されます。 監督:トニー・スコット 出演者:トム・クルーズ(マーヴェリック)、ケリー・マクギリス(チャーリー)、ヴァル・キルマー(アイスマン)、アンソニー・エドワーズ(グース)、トム・スケリット(ヴァイパー)、メグ・ライアン(キャロル・ブラッドショウ)、マイケル・アイアンサイド(ジェスター)、ジョン・ストックウェル(クーガー)、バリー・タブ(ウルフマン)、リック・ロソヴィッチ(スライダー)、ティム・ロビンス(マーリン)、ジェームズ・トールカン(スティンガー)、クラレンス・ギリヤードJr. (サンダウン)、ウィップ・ヒューブリー(ハリウッド)ほか 目次• トップガンのネタバレあらすじ:起 インド洋。 マーヴェリックとグースは未確認機の上で側宙背面降下飛行をかまし、ポラロイドカメラで相手の写真を撮るなどの挑発行為を繰り広げ、呆れた相手の機は離脱していきました。 ところが、クーガーは未確認機にロックオンされた恐怖から操縦不能となり、マーヴェリックはクーガーの機を誘導して無事着艦させることに成功しました。 マーヴェリックとグースはスティンガーから度重なる危険行為や命令違反を咎められながらも、二人は元々クーガーが行く予定だったカリフォルニア州ミラマーの米海軍航空基地にある世界最高のエリートパイロット養成校「トップガン」行きを命じられました。 翌日、マーヴェリックはあのチャーリーが教官として「トップガン」に現れたため驚きました。 民間人の宇宙航空物理学博士であるチャーリーはMiG-28の性能について語り始めますが、MiG-28の性能を目の当たりにしているマーヴェリックは彼女の間違いを指摘、それ以来マーヴェリックとチャーリーは互いの立場を超えて意識し合うようになっていきました。 飛行実技訓練の初日、マーヴェリックとグースの機はジェスターの機との模擬戦の際に危険な低空飛行を行い、ヴァイパーから規律違反や協調性の無さを咎められ、妻キャロル(メグ・ライアン)と子供のいるグースからもこれ以上無謀な行為をしないでくれと釘を刺されました。 しかし、ヴァイパーはマーヴェリックの非凡な才能に、同じパイロットで同僚であり、ベトナム戦争で戦死したマーヴェリックの亡き父の面影を重ね合わせていました。 マーヴェリックはチャーリーから食事に誘われ、いずれ昇進したら「トップガン」を離れることを告げられると、機密事項となっている父の死の真相を「トップガン」の中の誰かが知っているのではと感づきました。 チャーリーもまたマーヴェリックは父の死が原因で無謀な操縦を繰り返しているのかと考え、マーヴェリックもそれを否定しませんでした。 その後、チャーリーは講義中にマーヴェリックの行動を否定する発言をしますが、後になってチャーリーはマーヴェリックに恋をしていることは誰にも悟られたくなかったと釈明し、マーヴェリックとチャーリーは愛し合いました。 トップガンのネタバレあらすじ:転 マーヴェリックとアイスマンは過酷な訓練をこなして成績のトップ争いを繰り広げ、両者全く譲ることなく訓練期間も残り2週間となりました。 そんなある日の編隊飛行での攻撃訓練中のこと、マーヴェリック機とアイスマン機が敵機を追っていたところ、折からのジェット気流に巻き込まれたマーヴェリック機は操縦不能に陥ってしまいます。 マーヴェリックとグースは緊急脱出して海に着水するものの、脱出の際に頭をキャノピーに強打したグースは意識を失ったまま帰らぬ人となってしまいました。 事故調査委員会の調査の結果、マーヴェリックは責任を問われることはなかったものの、彼は激しい自責の念に駆られてしまい、以前のような攻撃的な飛行は鳴りを潜めていきました。 )との息も合わず、チャーリーの慰めもマーヴェリックの心には届きませんでした。 すっかり自信を失ったマーヴェリックはこのまま「トップガン」はおろかアメリカ海軍をも辞めようかと思い悩みましたが、ヴァイパーはマーヴェリックに彼の父の真相を初めて明かしました。 ベトナム戦争時、優秀なパイロットだったマーヴェリックの父は友軍機を3機救ったのと引き換えに敵機に撃墜されており、マーヴェリックの父は軍事境界線を越えたがために機密事項になったということでした。 ヴァイパーはマーヴェリックの父の英雄的な行動を讃えてマーヴェリックに再起を促しました。 ヴァイパーに感謝したマーヴェリックは再起を決意、翌日の卒業式に出ることを決意しますが、チャーリーは既にワシントンD. に栄転してしまっていました。 トップガンの結末 翌日、「トップガン」の卒業式に遅れて現れたマーヴェリックは最優秀者となったアイスマンとスライダーを祝福しましたが、その直後の謝恩会の最中にインド洋で情報収集活動にあたっていた巡洋艦が操縦不能となり、他国の領域に入ったために急遽出撃命令が下りました。 24時間後、エンタープライズに到着したマーヴェリックはスティンガーからバックアップ要員に回され、アイスマン機とハリウッド機が先鋒を務めることになりました。 ところが、敵機として現れたMiGは想定された2機とは大きくかけ離れた5機であり、アイスマンとハリウッドは苦戦を強いられ、ハリウッド機は撃墜されてしまいました。 何とか立て直したマーヴェリックでしたが、グースを失った時のことが脳裏をよぎり、怖気づいて戦闘域から離脱してしまいます。 マーリンからも退避を指示されたマーヴェリックでしたが、それでもグースが残したドッグタグ(認識票)を握りしめて奮起しました。 アイスマン機は1機を撃墜するも被弾してしまい、マーヴェリック機はアイスマン機を援護しながら3機を撃ち落とし、残る1機を追い払うことに成功しました。 ハリウッドらも無事救助され、帰還したマーヴェリックはフライトデッキ上でアイスマンたちと健闘を讃え合いました。 この一戦により、マーヴェリックはこれまでの一匹狼からチームワークを知る優秀なパイロットへと成長を果たし、ようやくグースへの自責の念も克服しました。 マーヴェリックは鎮魂の意を込めて、グースのドッグタグを海に投げ入れました。 マーヴェリックの活躍に機を良くした軍上層部は、マーヴェリックを彼の希望通り「トップガン」の教官に抜擢しました。 こうしてミラマーに戻ったマーヴェリックは、ジュークボックスから流れるかつてのチャーリーとの思い出の曲を聴いていたところ、そこにマーヴェリックの活躍を知ってワシントンから戻ってきたチャーリーが現れました。 劇的な再会を果たしたマーヴェリックとチャーリーは愛を確かめ合いました。 以上、映画「トップガン」のあらすじと結末でした。 この映画、今の航空好きの若者達にも結構見られているようです。 年代に関係なく観客の心を揺さぶり続けています。 音楽も唯一無二。 躍動感に溢れ、インパクトの有る、いつ聞いてもカッコイイ。 戦闘機物の映像と言えば必ずこの音楽がバックに流れます。 この映画に影響を受け子供と航空祭に行って来て、実際にブルーインパルス等の編隊飛行を頭上で見て、そのド迫力爆音を目の当たりにしてきました。 すぐに映画の冒頭の出発シーンを思い出しました。 映画のように相当厳しい訓練が積まれていないと出来ない見事な演技でした。 この映画を見ていたおかげで、実際の戦闘と航空展示飛行とは全く違うという、パイロットの気持ちが手に取るように分かりました。

次の