トイレつまり水位下がる。 トイレのつまりあとに水位が下がる原因|放置したら自然に直る?

プロが教える!トイレつまりの6つの直し方【トラブル解決】|水道救急センター

トイレつまり水位下がる

トイレのつまりによって水位が下がる現象は次の2パターンに分けられます。 何もしていないのに勝手に水位が下がっている• トイレの水を流した後、ゆっくり水位が下がる これら2つの現象に共通しているのは『完全ではないがトイレがつまっている状態』ということです。 つまり、トイレが完全につまっていない今のうちにトイレのつまりを解消させることが重要なんです! そこでこの記事では、トイレのつまりによって水位が下がる現象の対処法を詳しく解説します。 トイレのつまりが悪化して完全につまってしまう前にきちんと対処しておきましょう! 記事の内容• トイレのつまりで水位が下がる現象の対処法 トイレのつまりで水位が下がる現象には2パターンあるとお伝えしましたが対処法は変わりません。 トイレにつまっている異物さえ取り除くことができれば、いつも通りのトイレに修理することができます。 ここで重要になることは 『どんな異物がトイレにつまっているのか?』という点です。 トイレを修理する前に、つまりの原因が把握できないと適切な方法で対処することができません。 ですから、まずはトイレにつまっている可能性のある異物が何なのか心当たりがあるモノを思い出してください。 トイレの水位が下がる原因は何? トイレの水位が下がる主な原因は トイレットペーパー・排泄物・排水管の汚れです。 これらの異物が不完全な状態でトイレの排水管につまると水位が下がることがあります。 もし、これらの異物以外が原因であれば次の記事を参考にしてつまりを解消してみてください。 ラバーカップでトイレのつまりを解消する方法 ラバーカップの具体的な使用手順は次のとおりです。 便器の水量を調整する• ラバーカップを便器の水溜り部分に密着させる• 水が溢れ出そうな場合は給水ポンプや容器を使って水を汲み出してください。 逆に水が少ない場合は水を注ぎ足す必要があります。 目安としてはラバーカップのカップ部分が水に浸るまで水を継ぎ足しましょう。 ラバーカップを押す時はゆっくり押し込むようにしてください。 次にラバーカップを引く時は勢いよく引きます。 この時は、水が飛び散らずラバーカップが便器から外れない程度の力加減で引きます。 この作業を繰り返し、ゴポゴポッという音がしてつまりが解消されたら作業完了です。 排水管の汚れが原因のトイレつまりの対処法 トイレの排水管に汚れが溜まっている場合は 『ワイヤーブラシ(パイプクリーナー)』を使用してトイレのつまりを解消します。 ワイヤーブラシでトイレのつまりを解消する方法 ワイヤーブラシは以下の手順で使用します。 ワイヤーの先端部分を便器の奥に入れる• この排水路の向きに合わせてワイヤーの先端をセットします。 まず、ワイヤーのハンドルをいっぱいまで引き、先端だけを便器の奥に差し込みます。 ワイヤーを押し込むときに少しだけハンドルを回すと奥に押し込みやすくなりますよ。 そして、ワイヤーの先端が何かにぶつかり、それ以上奥に行かなくなったらしっかりとハンドルを回します。 ハンドルを回すことでワイヤーの先端にあるバネが異物を崩したり前後に動かしたりしてつまりを解消します。 つまりが解消すればすぐに水位が下がるので、つまりの解消は一目でわかるはずですよ! 水位が下がる原因はトイレのつまりとは限らない!? トイレのつまり以外にも次の3つが原因で水位が下がることがあります。 自己サイホン• 誘導サイホン• 便器の水漏れ 異物をトイレにつまらせた記憶がない場合はこららの内いずれかが原因かも知れません。 では、それぞれの原因について詳しく解説していきますね! 水位が下がる原因1|自己サイホン 『自己サイホン』が発生するとと、トイレの水を流したと同時に封水まで排水管に流れてしまいます。 トイレで自己サイホンが起こるケースは少ないですが、もし自己サイホンでトイレに溜まる水が極端に少ないと感じる場合はメーカーや水回りの専門業者に問い合わせてみてください。 水位が下がる原因2|誘導サイホン 排水管内の気圧が変化することで 『誘導サイホン』が作用します。 誘導サイホンは賃貸物件で上のお部屋に住んでいる方が一気に水を流したときに作用することが多いんですね。 ただ、誘導サイホンも自己サイホンと同じように度々起こる現象ではありません。 しかし、誘導サイホンによって封水が少なくなっているようでしたら 排水管の汚れによって建物内の排水管が狭くなっている可能性があります。 この場合、排水管の清掃が必要なので、賃貸物件の大家さんや管理会社に連絡して現状を伝えてみてください。 水位が下がる原因3|便器の水漏れ 『便器からの水漏れ』によってトイレの水位が下がっている可能性が考えられます。 「さすがにトイレが水漏れしていたら気付くんじゃないの?」と思うかも知れませんが、便器の水漏れは意外と気付きにくいことが多いんですよね。 特にトイレマットを敷いているとトイレマットが水を吸収するので発見が遅れることがあります。 あなたのお家のトイレも、便器の裏側まで水漏れがないかしっかりとチェックしてみてください。 軽い水漏れやヒビ割れであれば、陶器などに利用できる補修用ボンドを塗ることで修理できます。 ただし、ヒビが大きい場合や水漏れが酷いのであれば、 すぐに水回りの専門業者に修理を依頼してください。 さらに詳しく知りたい方は、トイレ詰まりの症状と対処方法をまとめた次の記事もご参考ください。 トイレの水位低下が直らない場合の対処法とは? 今回お伝えした対処法を実践してもトイレの水位が元に戻らない事も考えられます。 また、トイレの水位が下がっている原因がわからない方もおられるかも知れません。 トイレの水位が下がる原因は1つではないので、素人目で判断できないことは珍しいことではないんですね。 もし、水位が下がっているという問題を解決できない場合は『専門業者』に依頼しましょう。 専門業者であればトイレの水位が低い原因を素早く・的確に状況を判断して元通りに直すことができます。 修理が簡単な原因であれば到着から 5分ほどで直ることも少なくありません。 修理費はトイレの水位が下がっている原因にもよりますが、便器を取り外す必要がない簡単なケースだと 8,000円ほどで修理することができます。 もちろん業者や状況によって費用は前後しますが、事態が悪化しない早めのうちに業者に依頼した方が結果的に修理費用を安く抑えることができます。 トイレつまりを解消できない・トイレの水位が低い原因がわからない場合は業者を呼んで素早く問題を解消させましょう!.

次の

トイレの水位が急に下がる原因!水量が少ない時の調整と対処法

トイレつまり水位下がる

トイレつまりの際、つまっても水位が下がる場合は、放置することでつまりが解決する場合もあります。 このトイレの便器の中にある水たまりを「封水」といい、常に一定の水量を保つ仕組みになっています。 また、つまってはいなくても封水の水位が下がったままであったりすると、業者に依頼しなくてはならなかったりする場合もあるのです。 本コラムでは、トイレがつまっているときとそうでないとき両方のケースで、水位が下がってしまう場合の原因やつまりの解消法などについて詳しくご紹介します。 ただのトイレつまりだと思って放置していると、思いがけないトラブルに発展するかもしれません。 「最近封水の調子がおかしい……」と感じる人は要チェックです。 トイレのつまり後に水位が下がる原因は4つの現象にある 封水の水位が保たれているのは排せつ物による悪臭や、チョウバエなどの虫が入り込むのを防ぐためです。 封水の水位が下がってしまうと本来のはたらきを妨げられてしまいます。 トイレつまりで水位が下がる原因は、大きく4つに分けられます。 ここからは、4つの現象についてご紹介していきましょう。 毛細管現象 毛細管とはその言葉どおり、髪の毛のように細い管のことをいいます。 毛細管現象とは細い溝、すき間から液体が入り込むことです。 トイレで毛細管現象が起こると、流れ損ねたトイレットペーパーや髪の毛の隙間から液体が吸い上げられて、トイレの水位が下がります。 毛細管現象は、流す水量が少なく設定されている節水トイレなどで起きやすいです。 異変を感じたら多めの水で流してみるようにしましょう。 サイフォン現象 液体で満たされた空間で、高い位置にある液体が低い位置に流れていくことをサイフォン現象といいます。 トイレでトイレットペーパーや排せつ物を流す際にこのサイフォン現象が主に用いられています。 トイレの水を流すとき、このサイフォン現象が上手く作動しないとトイレの水位が下がってしまいます。 サイフォン現象によってトイレの水位が下がった場合は、あとから水を追加するようにしましょう。 蒸発現象 トイレを長い間使わないでいると、封水が蒸発してトイレの水位が下がります。 水位が下がって封水が役目を果たさなくなると悪臭の発生にもつながるので注意しましょう。 誘引現象 マンションなどでよく起きるのがこの誘引現象です。 誘引現象が起きると2階以上のビルやマンションで同時に水を流すことで、トイレに溜まっていた水も一緒に流れ始めてしまうことです。 この場合、もう一度水を流すことで水位は戻りますが、もし水位が下がったままの場合はトイレの故障や配水管の不具合が考えられるため、業者へ相談することをおすすめします。 弊社ではご相談だけでも承っておりますので、水位が下がったままでお困りの際はご連絡ください。 トイレがつまっても水位が下がる場合は放置して平気? 「トイレつまりで水位が下がっているけど、どう対処すればよいのかわからない。 とりあえず放置しておこう。 」という人もいるかもしれません。 トイレつまりで水位が下がる場合、放置して直ることもあります。 しかし、定期的につまりが発生したり、水位が下がったりする場合は自分で直すのは難しいので業者に依頼しなくてはならないこともあるのです。 ここからは、放置していても自然に解消される場合と、早くつまりを解消する方法などについてご紹介しましょう。 つまったものによっては自然に解消されるケースもある トイレにつまったものによっては、放置していると自然に解消されるケースがあります。 以下のようなものは自然に解消されやすいです。 トイレットペーパーなどの紙類• 排せつ物• 流せるティッシュやお掃除シート 上記のようなものはつまりが起きても、放置しておくことで解消されるケースがあります。 一度に大量のトイレットペーパーや排せつ物を流した場合は、2~3時間ほど放置することで解消されるでしょう。 ただし、流せるティッシュなどは水に流せるものの、トイレットペーパーに比べて溶けにくい素材です。 そのため、半日ほど放置する必要があります。 早くつまりを解消したいときに試せる方法3つ トイレは生活のなかでも頻繁に使われている場所なので、一刻も早くつまりを解消したいという人もいるのではないでしょうか。 ここからは、早くつまりを解消したいという人に向けて、対処法をご紹介いたします。 ・ラバーカップを使う スッポンとも呼ばれるラバーカップは、トイレつまりの際によく使われる道具のひとつです。 これを数回おこなうことで解消されます。 ・お湯を使う トイレットペーパーなどの紙類がつまった場合は、お湯を使ってつまりの要因を「溶かす」とよいでしょう。 方法は簡単で、お湯を少し高めの位置から2~3回程度流していくだけです。 その後、1時間ほど放置してつまりを解消することができるでしょう。 このとき、お湯で溶かすからいって熱湯を使うのはNGです。 熱湯を流すことで便器が熱で割れてしまうかもしれないからです。 使うお湯の温度は、約45度のぬるま湯レベルに抑えておきましょう。 ・重曹とお酢を使う 排せつ物を溶かす場合は、重曹とお酢も便利です。 まず、重曹をカップの4分の1量準備し、便器の水に入れます。 次に、お酢をカップの2分の1量加え、1時間ほど放置しましょう。 放置した後はお湯を少し高めの位置から流し込むことで、つまりを解消することができます。 時間が経つと水位が下がる場合、業者に依頼すべき? ご紹介した対処法を何度か試しても、つまりが解消しない場合は業者を呼ぶべきでしょう。 トイレつまりを放置すると水漏れや悪臭が発生するリスクが高まります。 トイレのつまり解消を業者に依頼する場合、基本的に基本料金と出張費が発生します。 紙類や排せつ物のつまりであれば比較的安価に済むことが多いですが、高圧洗浄機などの機械を使って作業をする場合は、比較的費用が高くなるでしょう。 弊社では、作業の前にお見積りを提示します。 提示した料金以外の追加料金は発生いたしませんので、安心してご依頼していただくことが可能です。 お電話にて、無料でお見積りのご依頼も承っておりますので、何なりとお申し付けくださいませ。 トイレつまりの放置がNGなケース これまで、トイレつまりで水位が下がるケースについてご紹介してまいりました。 ここからは、トイレつまりを放置してはいけないNG例をご紹介します。 これから紹介する原因によるつまりは、放置しても解消されず、日に日に悪化していきます。 当てはまる人はすぐに対処しましょう。 固形物のつまり 大きいくくりでいえばトイレットペーパーも固形物になりますが、ここでいう固形物は「水に流れしてはいけない固形物」を指します。 たとえばスマートフォンや子どもが落としたおもちゃなどです。 これらは熱や薬品で溶けることもないので固形物を取り除くほかありません。 手を便器の中へ突っ込みつまりの原因を取り除く必要があります。 なお、手で取り除けない場合は便器を分解しなくてはなりません。 水を吸う素材のつまり おむつやパッドなど、水を吸う素材をつまらせた場合は一刻も早く解消しましょう。 というのも、これらの素材で作られたものは、水分を含むことで本来の大きさより3倍ほど大きく膨れ上がるからです。 固形物と同じく手でつまりの原因を取り除くようにしましょう。 紙類などがつまっている場合でも、数回対処法を試して解消されない場合は重度のつまりの可能性があるので、早く業者にみてもらいましょう。 トイレのつまりは予防することができる トイレのつまりは普段の取り扱い方に気をつけることで、予防することができます。 突然つまってしまって困らないよう、以下の点に気をつけましょう。 ・トイレットペーパーや流せるティッシュなどの使いすぎに注意 大量のトイレットペーパーをまとめて流すと、トイレは簡単につまってしまうのです。 参考程度に、トイレットペーパーはゴルフボール7個分程度が流せる限界量だといわれています。 ・定期的な掃除を忘れない 尿に含まれた成分が便器内で固まることで起きる「尿石」をはじめとした、トイレ内の汚れがつまりを引き起こすことがあります。 尿石の場合、便器だけでなく排水管までこびりついている場合もあるので、こまめに掃除をしておきましょう。 「予防をしていてもトイレのつまりが解決しない……。 」という人は、弊社へご相談ください。 水漏れを放置していると悪臭・カビ発生などの被害は拡大していく一方です。 水漏れ修理お助け隊は北海道から沖縄まで、日本全国へ対応しております。 いかなる水漏れトラブルにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 水漏れ修理お助け隊では、水回りでお困りの方からのご相談をお待ちしております。 日本全国、いつでも、どんなお困りごとでも、水漏れ修理お助け隊へご連絡ください。 ご家庭の水回りのトラブルで困ってしまった…そんな経験はございませんか?水回りの部品のほとんどは消耗品です。 普段からきちんとお手入れをしておく必要がありますが、なかなか細かいお手入れも難しいものですよね。 また、きちんと手入れをしていたとしても、いつかは部品交換をしなければいけません。 定期的に、水回りの部品が劣化していないかを点検する必要があります。 キッチン・トイレのつまりや水漏れといった、目に見えてわかる水トラブル以外にも、目に見えないところでトラブルや異常が発生しているかもしれません。 目に見えないところで水漏れが起きていて、急に高騰した水道料金の請求を見てトラブルに気づいた、というケースも後を絶ちません。 また、マンションにお住まいの場合は、知らないところで起きていた水漏れによって近隣住人に迷惑をかけてしまうこともあります。 そうなる前に、できるだけ早めに異常に気づいて、修繕をおこなう必要があります。 いつ起こるかわからない水回りのトラブルに対応するため、水漏れ修理お助けは24時間365日、常に受付対応できる体制を整えております。 日本全国どこからでも、ご連絡いただければ一番お近くにいる修理スタッフがすぐに折り返しの電話を差し上げ、お客様のもとへ駆け付けます。 水トラブルでお困りの際は、全国各地にプロの技術を持ったスタッフを派遣し、確かな実績を持つ水漏れ修理お助けにぜひお任せください。 Copyright 水漏れ修理お助け隊 All rights reserved.

次の

トイレのつまりで水位が下がるのは危険!?困ったつまりを一挙解決|生活110番ニュース

トイレつまり水位下がる

トイレつまりは緊急性の高い問題現象ゆえ、パニックにおちいり、的外れな対応をしてニッチもサッチも行かなくなるケースが少なくありません。 トイレつまりはその症状やその原因によって対応方法が異なります。 症状から原因を見極め、その原因を取り除くに適切な手段(解消法)を選ぶことも重要です。 原因が分からない、解消法が自分では手に負えない、という場合には、業者に改修の依頼をすることになりますがその際の業者の選び方も重要です。 また、今後再びトイレつまりをおこなさないための予防策も大事なことですね。 本ページでは、トイレ詰まりの前兆・原因・解消策・予防・業者の選び方についてまとめました。 トイレつまりの前兆と症状 トイレのつまりは、なにか大きな固形物を落とした場合と、徐々につまりが進行していく場合と2つのパターンがあります。 前兆を察知して、早めに対処できれば、深刻なつまりを起こす危険を回避できます。 水回りの中でも、トイレは日常生活において最も頻繁に使用される場所です。 そのため、詰まりや水漏れなどのトラブルも起こりやすいです。 そして、トイレ詰まりなどでトイレを正常に使用できない状態は、水回りのトラブルのなかでももっとも切実なトラブルと言えます。 もし自分自身でトイレのトラブルを解消出来れば、余計な出費を抑えるだけでなく、もっとも迅速な解決ができます。 多くの場合はラバーカップ(スッポン)を使った対処でつまりが改善しますが、そうでない場合は深刻な問題が発生していることもあります。 ここでは実際につまりが起こる前に対処して、発生を食い止めましょう。 【トイレつまりの症状ケース1】 〜水はタンクから正常に流れるが便器の流れが悪い〜 トイレに用を足して、水を流した際に、タンクからは正常に流れてくるが、便器での流れがイマイチ悪いという症状です。 水は流れるには流れるが時間がちょっとかかる、一旦少し水位が上がるなどの現象が見られるのがこのケースです。 この症状はトイレつまりの軽度な症状といえます。 なんらかの理由で、便器または排水管に異物があり、それが水の流れを妨げていると推測されます。 しかし、一部の水路をふさいでいるに過ぎないので、スムーズではないけど、とりあえず水は流れます。 完全な詰まりではないために、対処されず放置されてしまうことが多いようです。 しかし、それでは事態を悪化させる可能性があります。 すでになんらかの事物があるので、他の異物を巻き込んだりして、水路を更にふさぐということになり兼ねません。 【トイレつまりの症状 ケース2】 〜水を流した時に水位が高くなる〜 トイレに用を足し水を流した際、正常であれば、水位が上昇することなく、トイレットペーパーや排泄物が流れていくところですが、流れにくく、次第に水位が上昇してしまうという症状です。 この症状がいわゆるトイレ詰まりの典型的な症状といえます。 この症状は、便器の中か、その先の排水管に異物が詰まっていることが原因である可能性が高いです。 どのような異物が詰まっているか、どこの場所がつまっているのか、そしてどの程度のつまり具合かによって、直し方(対処法、解消法)が異なります。 このような場合、いったんは、水位の変化を見守りましょう。 次第に水位が下がるようでしたら、詰まりはしているものの、まだわずかに水が流れる隙間が存在しているということです。 水位が変わらないのであれば、完全に詰まってしまっているということになります。 このことにより、トイレ詰まりの程度が判断できます。 そして、つまりの原因把握ステップに進みましょう。 この場合、注意すべきは2点あります。 1点目は闇雲に水を流すレバーを引いて、更に水を流さないことです。 つまりの程度が低い場合には、運良く二度目の水流で、詰まりの原因が押し流されることもありますが、トイレつまりの原因が二度目の水流でも押し流されない場合には、更に水が上がり、あふれてしまう危険性があります。 もうひとつの注意点は、原因をよく把握しない状態で、とりあえずラバーカップ(スッポン)などでカパカパ水を押し込んだり、バケツで水を流したりしないことです。 ラバーカップは、本来紙のつまりなど、排水管に押し込んでも支障がないものの詰まりで、かつ、程度が軽い場合には有効です。 それ以外の異物が障害になっている場合には、つまりの症状をさらに深刻にしたり、排水管自体の損傷などの事態におちいるリスクがあります。 【トイレつまりの症状ケース3】 〜タンクからの水流が少ない〜 トイレのレバーを引いて水を流しても、水の勢いが弱い・水量が少ないという症状です。 そのような場合は、便器に問題があるのではなく、水をためているタンク側に原因があるケースが多いです。 水洗トイレのタンクは、便器へ流す水を一旦ため込み、用便後に、レバーを引くことによって、便器に流れ込む仕組みになっています。 タンクからの水が弱いのは、もともと、タンクにしっかりと基準の水位まで水が溜まっていないか、または、タンクから便器への水の流れを妨げるなにかがあるか、ということになります。 これは便器内でつまりを起こす直接的な原因ではないのですが、汚物を流すための水圧が足りないと、排水管や便器内部でつまりを起こす危険性を高めます。 タンクからの水流が少ない場合は、フロート弁(ゴムフロート)が機能していないなど、タンク内部の問題でタンクに水が溜まらなくなっている可能性があります。 () を行なって、十分な水量が保てる状態にしましょう。 作業の前には、止水栓を締めることを忘れないようにしましょう。 () また、明らかにタンクの水が便器内に流れっぱなしになっている場合は、すぐに対処しないと高額な水道料金を支払うことになりかねませんので、なるべく早く原因を特定して対処しましょう。 タンクでチョロチョロと音がするという場合でも、月に2000円ほどの無駄な水道代が発生します。 これはトイレに限った話ではなく、お風呂場や台所などでも同様ですのですぐに対処しましょう。 【トイレつまりの症状ケース4】 〜水を流した時に異音がする〜 トイレに流してはいけないものの代表格はティッシュペーパーです。 トイレットペーパーをきらしてしまった場合に、つい使ってしまいがちです。 しかし、ティッシュペーパーは見た目は似ていても、水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、詰まりやすい素材と言えます。 また、ほとんどの人がトイレでしてしまう「おう吐」もつまりの原因になります。 そういったします。 また、トイレの便器の中で、詰まりやすい箇所があります。 トイレのつまりは、• つまりやすい箇所に• 当然大のレバーの方が小のレバーより、水流が強く設定されています。 言い換えれば大便を流すのに、小のレバーをひくと必要な水流は得られないことになります。 また、節水などの目的でタンクにペットボトルなどを入れる場合もよくあると思います。 これが実はつまりの原因となる場合もあります。 トイレの内部や排水管は思うより複雑になっており、ある程度の水流がないと内部で固形物の詰まりを起こしてしまう可能性があるため、確実に流れるように水量が調整されています。 ペットボトルなどでのタンク内水量の調整は水道代の節約にはなりますが、重度のつまりを起こした場合のデメリットを考えると避けたほうがいいといえるでしょう。 流していいはずのトイレットペーパーも、一度に使いすぎるとつまりの原因となる場合があるのです。 基本的には水に溶けるものなので、時間を置いて溶かしたり、を使ったり、で溶かすなどの方法も効果があります。 でも直りやすいです。 とはいえ、トイレットぺーパーだけでトイレを詰まらせるには、シングルで1ロール、ダブルで半ロール程度必要です。 そこまで使っていないのに詰まってしまった場合、詰まっているのはトイレットペーパーだけではないのかもしれません。 トイレットペーパーが別の異物と絡まるなど、何か他の要因と合わせてつまりを起こしてしまう事態が多く発生しています。 トイレットペーパー以外の異物が何であるかによって、対処法が変わりますので異物の例の項目を参考にしてください。 ちなみに、トイレットぺーパーでトイレを詰まらせるにはダブルで半分、シングルで1ロールを一度に流すぐらいの量あれば十分だそうです。 また、海外製の粗悪品は水に溶けないものもありますので、分けて流すなどして使用に注意しましょう。 【ティッシュペーパー】 トイレ用にティッシュペーパーを携行している人もいて、トイレットペーパーがなかった場合に代用品として使いがちですが、テッシュペーパーとトイレットペーパーは違います。 トイレットペーパーがほぐれやすい繊維構造になっているのに対して、ティッシュペーパーはほぐれにくくなっています。 排水管やトイレ内部にすでに異物がこびりついている場合、ティッシュペーパーがその箇所に引っかかり、つまりを起こす可能性があります。 少量であれば問題にならないと思いますが、トイレットペーパーと同じ感覚で大量にトイレに流すとつまりを起こす原因となりますので、使用する際はできれば燃えるゴミとして捨てましょう。 もしティッシュペーパーがつまったら、を試すか、もしくは洗浄剤を使用して溶かしたり、で時間をかけて溶かします。 【流せるお掃除シート (トイレクリーナー)】 猫をペットとして飼っている人にとってペット砂(猫砂)は必需品です。 そして多くペット砂(猫砂)がトイレで流せると表示しています。 しかし、そこは「ちょっと待った!」です。 そもそものペット砂(猫砂)は猫のおしっこを吸収しやすくできています。 つまり人間のおむつと同じように、水に溶けるのではなく、水を吸収するのです。 なのでペットのトイレ砂は吸水性の高いものも多く、内部や排水管にこびりついて深刻なつまりを引き起こす可能性があるのです。 少々面倒でもしっかりと処分するようにしましょう。 ラバーカップや真空式パイプクリーナーで一時的につまりが解消しても、こびりつきが取れないとつまりやすい状態が続きます。 でこすり落とすか、が必要になる場合もあります。 【食べ残し】【残り汁】【嘔吐物】 トイレつまりの解消セミプロ編• トイレのつまりの対処法を詳しく解説していますが、自身でつまりを直そうとして余計悪化してしまうこともあります。 下記にいくつかの例を書いておきますので、これらのことを念頭に入れて、注意深く作業するようにしましょう。 つまったものを自分で取ろうと器具を使用したら余計奥に行ってしまい、かえって費用がかかってしまった。 つまりが直ったのか詳しく確かめずに使用して、便器から水があふれてしまい、階下に水漏れしてしまった。 器具の使用法を誤り、汚水が飛び散って室内に臭いが充満した。 便座を壊してしまい、新品の便座の購入と取り替え費用がかかってしまった。 自信がなければ、すぐに業者さんに依頼するようにしましょう。 そちらのほうが安くて早くて衛生面でも安心な場合もあります。 もし、ご自身で作業される場合は、感染症を防ぐためにゴム手袋をつけること、ウォシュレットなど電源がある場合は感電を防ぐため切ってから作業を開始しましょう。 トイレつまり解消法1 バケツ(ペットボトル)で水を流す 便器の排水口の部分に隙間が出来るだけできないようにラバーカップ(スッポン)をくっつけて、まずゆっくりと排水口に向かって押し、そのあと勢いよく引き抜いて下さい。 排水構口に排水が引き込まれるようになるまで、この作業を繰り返して下さい。 トイレットペーパー以外のものが排水口に詰まっている場合は、配管が詰まってしまう可能性がありますので、詰まりの原因を押し流してしまうのではなく、便器内に引き戻すようにして下さい。 便器内の水位が上昇してあふれかかっている場合も、ラバーカップを押し込んでしまうと、タンクの排水弁が開いてさらに水が便器に入り込み、便座から水があふれてしまう可能性があります。 その場合は、バケツで汲み出したり、手動のポンプを使うなどして水位を下げてから使用をして下さい。 ラバーカップを使っても詰まりが取れない場合は、専門の業者を呼んだほうが賢明です。 手順3 バケツで水を流す 残念ながらラバーカップを用いた方法でも詰まりが解決しなかったとしても、少し落ち着いて待ってみましょう。 夜なら一晩トイレに行けなくなりますが、待つことで自然とつまりが解消される場合もあります。 トイレットペーパーを大量に流したり、ペットのトイレ砂を流した場合などによくあることですが、時間の経過により異物が水に溶け込み、解消するようです。 ただし、それでもつまりが解消されなかった場合にはすみやかにトイレ修理の専門業者に連絡して直してもらってください。 無理をして使い続けると、本格的につまりが深刻化した際にトイレからあふれた水で家を汚してしまう可能性があります。 トイレつまり解消法4 真空式パイプクリーナー 真空式パイプクリーナーとは、ポンプのついたラバーカップ(スッポン)だと言うとイメージしやすいでしょうか。 より吸引する力が強いため、詰まっているものを便器内に引き戻せる可能性がグンと高くなっています。 (用語集:) 使い方 水を張ったところにゆっくりと、しっかり力を込めてグッとカップ部分を「押し付け」ます。 その後、ポンプのレバーを引きます。 動作を繰り返す際、水の中でレバーを戻そうとすると水が跳ね上がる可能性があるので、コツを掴むまではゆっくり慎重にやってみましょう。 水に溶けない、硬い小物が詰まっていた場合、強く引き寄せたあと、ビニール手袋をして手で取れることもあります。 真空式パイプクリーナーの選び方 ラバーカップで直らなかったつまりも真空式パイプクリーナーで直ったという話も多く、買うならこちらという家庭も増えているようです。 トイレに使う場合は、排水口のサイズを調べて購入しましょう。 目安として170mmほどの直径が必要です。 トイレつまり解消法 ~セミプロ編~ トイレのつまりがラバーカップや真空式パイプクリーナーで解消されない場合は、ワイヤーブラシで取り除くという方法があります。 ワイヤーブラシというと、一般的には針金のクシのようなものを想像するかもしれませんが、排水管の掃除に使用するワイヤーブラシは1メール以上ある長い器具です。 バネ状になった金属が細長く伸び、その先端部分にブラシがついています。 この先端のブラシ部分が排水管の内部を通過する際に、詰まっている異物を崩すなどして詰まりを解消します。 (用語集:) 水道工事の専門業者でも扱いが難しい器具ですが、使えればトイレだけでなくあらゆる排水管の清掃ができるようになります。 ただし、この方法はつまり改善がかなり困難な場合にのみ使うようにしましょう。 なぜなら、経験が少ない人がワイヤーブラシを使ってもうまく行かない場合が多いからです。 本項では一応つまり解消法のひとつとして説明を行ないます。 ワイヤーブラシの選び方 ワイヤーブラシを常備しているというご家庭もあまりないかと思いますので、まずはどういう基準でワイヤーブラシを選べばいいのかという点からご説明します。 ポイント1 ワイヤーの強度 トイレがつまった時、一刻も早く直して欲しいのは当然のこと。 業者が到着して作業開始してからどれくらいで直るかといえば、軽度のつまりであれば30分かからないこともあります。 しかし原因がわからず改善しない場合や、便器を取り外す工事などであれば数時間かかることがあります。 見えない部分の問題を直す仕事ですし、万が一のことがあっては大変なことになりますので、慎重な作業となります。 作業に取り掛かる前に、料金の見積もりと一緒に時間の目安も確認しておきましょう。 特に、小さなお子さんのいる家庭の場合は、近所のコンビニなどでトイレが借りられるかどうか、その瞬間に慌てなくていいように工事が始まる時に確認しておきましょう。 可能であれば、複数の業者に見積もりを取りそこから選びたいところですので、見積もりを無料でしてくれるところを選びましょう。 見積もりの際に、なにがどうなってこの金額がかかるのか、知りたいことを教えてくれる業者さん、つまり信頼できると感じたところが一番です。 相見積もり(複数の見積もり)を取る余裕がない、すぐにどこかに依頼しないと!という場合は工事後のアフターフォローがしっかりしているところを選べば、万が一同じ原因で同じ症状が起こった場合でも補償制度が利用できたり、納得がいかない場合にはクーリングオフができたりと、選ぶ余裕がない場合でも安心です。 もうひとつ、選ぶときの基準になる点として、水道やトイレなど水回りを工事する業者には、「指定業者」とそうでない業者があります。 水道局から指定の認定を受けている業者さんであれば、やはり責任感も違ってきますし、指定でない業者さんよりも幅広いサポートができます。 「トイレが詰まって水が流れない」 「あふれようとしてる。 至急来て欲しい」 東京都三鷹市Iさんからの連絡です。 確かに水は流れず、便器の中の水位は上昇するばかりです。 この場合、どのような詰まり方によるものかの見極めが重要です。 専門スタッフがIさんにヒアリングを重ねて状況は把握したところ、どうも単純な紙詰まりではなさそうでした。 水の動きや便器内部を探ってみたところ、便器のさらに奥で、異物が水流を妨げている可能性が高いと判断しました。 処置は便器を取り外しての作業になります。 便器を取り外した排水口には、Iさん自身落としたことに気づいていなかった化粧品が、トイレットペーパーなどを引っかけてつまっていました。 原因になっていた化粧品を取り出し、解決しました。 「大」と「小」適切な水量は? ラバーカップで便器のつまりを解消できなかった場合に、細長い金属製のモノなどを突っ込んで、無理に取ろうとしないでください。 トイレの奥につまっている物を奥に押し込んでしまい、さらに取りにくくしたり、便器そのものを傷めるリスクがあります。 自身で解消できるトイレつまりは、症状の軽いものばかりです。 ラバーカップや、手を突っ込んで異物を取るなどの方法を試してつまりが解消されなければ、症状は深刻であるということです。 この場合は、業者に委託したほうが便器故障などのリスクが少なくなります。 また節水のためにタンク内にペットボトル等を沈めて水の量を減らした場合、水圧が下がり、便器のつまりの原因になることもありますので、十分にご注意ください。 トイレの水量はつまりを起こさないように調整されています。 トイレのトラブルは悪化すると便器を分解して対応する必要が出てきたり、壊してしまった場合にはトイレそのものを交換するといった可能性も出てきます。 つまり程度で済むうちに業者に解決してもらうことも考慮しておいたほうがいいでしょう。

次の