ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回。 「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」52話のネタバレ

ある日、私は冷血公爵の娘になった45話ネタバレ・感想!エステルに魔の手が

ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이 娼婦である母に、2万ゴールドで魔族の公爵家に売られたピンクの瞳の少女は、実は魔族と人間のハーフで貴重な存在だった。 魔族で寡黙な父と兄、イケメンな護衛騎士に囲まれ、カスティージョ令嬢として新しい生活を送る少女エステルの物語です。 毎週月曜に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、アルファに材料を揃えてもらったエステルは、アンのもとへ。 その後二人でお茶をし、アンが孤児だったこと、実験で生き残ったのは彼女だけだったこと等の身の上話を聞く。 今度はハーデル先生の授業を受け、精霊と契約したことを伝える。 何故魔導士は酷いことをしていても処罰されないのか聞くと、精霊士がいない現在、ほとんどの魔獣対策が魔塔頼みだからだとのこと。 その後エステルは兄のために組み紐を作り、配達してもらう。 その2週間後には、眠る彼女の枕元にカルルがやってくるのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」58話のネタバレ 誰と驚き目を覚ますと、起こしちゃったなと微笑むカルル。 夜中に女性の部屋に黙って入ってきちゃだめだよと笑うエステル。 その後、カルルと一緒にぐっすり眠るのだった。 一方皇宮では、皇帝、魔塔、公爵の三者で話し合いが行われていた。 謝罪の言葉はないのかと喚く魔塔長。 公爵は、レプトンが私の娘にしたことについてはと聞き返すが、あれはレプトンが独断でやったこと、魔塔には全く関係ないのだと言い張る。 魔導士の犯罪が魔塔に関係ないとどうして言えるのかと公爵が指摘すると、それはレプトンが宮廷魔導士だから皇室にも責任があるというのかと返す魔塔長。 皇帝は、それは聞き捨てならない言葉だ、魔塔長よ、レプトンの悪事を皇室にもかぶせる気なのかと睨みつける。 魔塔長は慌てて、そのような意味ではないとオロオロし始めたので、一度頭を冷やした方がいいと言う皇帝。 魔塔長が出ていくと、皇帝は公爵に、何故このようなことになったのか、魔塔と全面戦争でもする気なのかと聞く。 必要であれば念頭に置いておきますという公爵。 皇帝は、最近は頭の痛いことばかりだと困惑する。 皇后はカスティージョ家の令嬢を皇太子妃にすべきだと必死だったので、初めは悪くない条件だと思ったのだが、魔導士が令嬢を拉致し何か体に良くないことをされたのであれば皇太子妃にはふさわしくないと考えていた。 皇帝は、君は私がいつでも命令することができるのは知っているなと聞く。 もちろんですと答える。 では、娘を捨てろという命令も可能なのだぞ言うと、命令はできるでしょうと公爵は怪しく笑みを浮かべる。 皇帝は、気が収まらないのは理解できるが、魔塔と和解できないかと言う。 公爵は、できなくもないです、私が陛下の魔導士を殺したので賠償金を陛下に払い、陛下から魔塔にその不慮の事故に対して慰労金を送ればよいのではないかと話す。 公爵家の容疑を水に流しながらも、皇室の権威を保てる方法だ、悪くないと思った皇帝。 公爵は、魔塔に支払った金額の2倍の額を陛下に支払いましょうと言うので、皇帝は満足げだ。 それでは戻りますという公爵は、君の娘にこのようなことなことが起きて遺憾に思うと言われる。 どうもと言い、公爵は心に黒いものを抱えながら謁見室を出る。 カルルとエステルは森で弓術の練習をしていた。 エステルはまともに弓を使えなかったが、風の精霊石のおかげで矢はものすごい勢いで飛んでいく。 カルルにお手本を見せてもらうと、的のど真ん中に刺さった。 カルルには精霊石の力が使えないみたいだが、さすがの腕前だ。 再度エステルがやってみると、今度は的を掠めた。 カルルは、練習頑張れよと言う。 その後、もうすぐ公爵が帰ってくるので、整列して屋敷の前で待つ一同。 エステルはカルルに、学校に戻らなくてもいいのかと尋ねると、校長から休学にしてほしいと言われたのだという。 また何かしたのかと驚くエステル。 そしていよいよ公爵の馬車が戻ってきた。 そういえば初めてこの屋敷で父を迎えるときも、このように整列して待っていたなと思い出すエステル。 あのときはまだ本当の家族かどうかも半信半疑だったので、すごく緊張していた。 公爵が馬車から降りると、パパおかえりなさいと言い、公爵に飛びつく。 エステルを抱き上げ、公爵は嬉しそうだ。 そしてカルルがまた何かしたようだと察する。 公爵は、しばらく外部との連絡を断つことにしたと言い、皆で屋敷に入るのだった。 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」58話の感想 魔塔とは全面戦争にならずに済んだようですね。 しかし皇帝もなんだかなーという感じでした。 国のことならまだしも、自分達のことしか考えていないようです。 娘を捨てろという仮定の話をされて、公爵は口元だけニヤっと笑っていましたが、そのときがこの皇室の最後なのでしょうね。 どんな契約で皇帝の命令が絶対なのかわかりませんが、エステルに害があることならば、どんな弊害があっても契約を破り捨てるでしょう。 外部から連絡を断つと言っていましたが、この皇帝とのやり取りが原因でしょうか。 一方、公爵が愛する子供たちは、添い寝したり、弓の練習をしたりと、ほのぼのと平和に過ごしていました。 平和が何よりですね。 カルルは休学にされたようですが、後で公爵に怒られそう。 人間と魔族はお互いに嫌悪感を抱いてしまうので、アカデミーの居心地は相当悪いのでしょうけどね。 エステルは、近頃は自然に甘えることができるようになりましたね。 公爵は目に入れても痛くないでしょう。 このまま何事もなく平和に暮らしていけるといいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

[B!] (翻訳)「ある日、私は冷血公爵の娘になった」74話ネタバレ

ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回

ある日、私は冷血公爵の娘になった 56話ネタバレ 【あらすじ より抜粋】 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系のでした。 新しく「テル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なテル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいテルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ! 「うん あのねエメル。 」 エメルをベランダに呼び出したテル。 「私をのこと命をかけて守ってくれるって約束したでしょ?私は今でもそのことば信じてるよ。 」と話すテル。 「・・・!」 「パパはいろんな危険から私を守ろうとしてくれる。 へやの宝物のようにね。 でもわたしはそんなのイヤ。 もっといろいろ外の事が知りたい。 だからこれからわたしに危険がつきまとうかもしれない。 」と言う。 「その危険からお守りするtがめに僕がいるのです。 」と言うエメル。 「だったらずっとそばにいて?私にはエメルが必要なの。 エメルも言っていたじゃない。 生きのびることだけを考えて・・・そうすれば助けにきてくれるって。 だからずっと待っていられたの。 エメルがそう言ってくれたから待って居られたんだよ。 ありがとうエメル。 」 と微笑むテル。 エメルは、「お嬢様は本当に・・・。 」と呟きため息をつくと、テルの前で跪いた。 「申し訳ありませんでした。 大人げないところをお見せしてしまいました。 勝手に拗ねて勝手に失望して、自分自身が許せなくてどうしようもなくなったり、お嬢様の一言一言に一喜一憂したり・・・。 幼稚でした。 」 と話すエメル。 「ううん。 そんなことない。 」「気にしないでエメル。 」 「ちょっぴり怒っていたのは本当だけど、エメルの手かんじゃったしそれでおあいこ、ね?」 エメルはテルの手をとりながら「お嬢様が私を必要とされるのでしたらー。 」と話す。 「ううん。 私にはテルが必要。 」 「ならばこの身いつまでもお嬢様のそばに。 」と言いながら、手の甲に唇を落とす。 テルは照れながら、「エメル・・・女の子にモテルでしょ?」 「さあ~。 」とにこにこしながら言う彼。 「あ そうだ!手は大丈夫?」 「あ・・・。 」「治るには治ったのですが・・・。 」気まずい様子のエメル。 「?」「じゃあちょっと見せて。 」 「・・・!」傷を見て驚くテルであった。 アンの部屋は屋根裏部屋で過ごすことになった。 日当たりが一番いい部屋である。 「アン。 」 「はい、お・・・お嬢様。 」 テルはアンの所へ行き、「傷跡をなくす薬はないとかってある?」と尋ねる。 「どこかお怪我でも?」と焦るアン。 「私じゃないの。 」と話すテル。 「傷跡を薄くする薬ならあります。 もそういう薬を売っていました。 」 「ありがとう!材料は私がよういするから。 」と笑顔で言うテル。 そして、材料はテルが用意し、あとはアンに作ってもらうことになった。 その夜、アンからもらった材料のリストを確認するテル。 彼女の肩に乗るエンドは、「傷跡が残りなんて肉体を持つとやっかいなもんだね~。 」と言う。 アルファは、「私が材料をとってきてやろうか。 」 と聞くが、「代償とかあるの・・・?」不安そうなテル。 エンドは、「警戒しなくっていいって。 代償ってのは僕らが現身となったときに支払われるものだからね。 」と話す。 「例えば豪炎で燃やし尽くしたり、洪水で全てを飲み込んだり、土砂降りや雷を起こし、を起こしたり嵐を発生させたり。 アルファは、 「精霊の持つ本来の能力と違うことをすると倍の力が必要になる。 たとえば水の能力をもつ私を治癒に使った時のように」と話す。 「それはおすすめはしない。 いっそ洪水を起こしたほうがマシだ。 」と言う。 「材料を手に入れてくることは大丈夫なの?」と聞くと、「ああ、お前の力を使うまでもないからな。 」とのこと。 「よかった、じゃあよろしくね。 アルファ!」と言い、リストを差し出す。 するとアルファは前足で受け取り、その場で消えた。 「じゃあさ、レンはなにをしちゃったの?」 残ったエンドにテルが聞くと、エンドはニッと笑いながら 「教えない。 」と言い、はぐらかすのであった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」・・・57話ネタバレに続く hukusinoko.

次の

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」63話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ある日、私は冷血公爵の娘になった 最終回

漫画アプリ・ピッコマにて、毎週月曜日に配信されている「ある日私は冷血公爵の娘になった」第32話のネタバレと感想です。 前回の31話では、精霊石の音が聞こえるというエステルに、固まる公爵とハーデル。 そこにエメルの加勢もあり、公爵は精霊士のことを話す。 精霊士とは、精霊と契約してその能力を使うもののことを指す。 しかし、精霊士はその能力を使うごとに精霊との繋がりが濃くなり、精霊に近い存在となってしまうと話すハーデル。 そして、精霊士は色々な意味で使える存在。 ただでさえ注目を集めるエステルが、さらに狙われやすくため、他の者には知られたくないと公爵は言うのだった。 1~3話はピッコマで無料配信中!4話以降は、24時間ごとに1話を無料で読むことができます。 今すぐ絵つきで読みたい方は、ピッコマへどうぞ! 目次• ある日私は冷血公爵の娘になった32話のネタバレ 部屋に戻るハーデルに、勇気があると讃えるエメル。 その場で公爵が剣を抜かれてもおかしくないと言うと、エステルの前ではそのようなことはしないと思ってた答える。 しかし、それでも十分恐ろしかったと言い、その手は未だに震えているのだった。 エステルは、他にも色々聞いてもいいとハーデルに尋ねると、ハーデルは快諾。 部屋へと案内するのだった。 カステージョ領地の歴史 ハーデルは、まずはカスティージョの領地から説明しましょうといい、地図を広げる。 そして、• エステラ伯爵領• ソリード伯爵領• アダン男爵領• オンシラス男爵領• カリード男爵領 これら全てが公爵の領地だと説明する。 帝国の7分の1が自分たちの領土だと知り、驚くエステル。 そして、残りの土地は不毛の地となっており、作物も育たず人の住める土地でもないといいます。 どうしてそんな土地になっちゃったのかとエステルが尋ねると、精霊の加護がないからだと答えるハーデルは、この大陸の成り立ちを説明する。 もともとこの大陸は魔族の地だったと言う。 ところが、偉大なる始祖「ソーラ」が神のお告げにより、魔族を追い出し、汚染した土地を清め、帝国を築いたのだという。 そして、その時生まれた三大勢力が、「カステージョ」「ラシャード」「魔導士の塔」だという。 ラシャードとは、精霊士の一族で、100年前に滅びたという。 魔族によって汚れた土地を清めたのがこの精霊士ラシャードだそう。 そして、精霊士たちは大陸の汚染した土地を少しずつ清めていった。 しかし、精霊士がいなくなり、大地を清めることができなくなった。 ここで、エステルは察する。 その土地は、ほかの伯爵や男爵がもっており、もし自分が精霊士になれば、その不毛な土地を清めることができるようになるから狙われるのだと。 ぎゅっと拳を握りしめるエステル。 するとエメルは、エステルは自分が護ると言い、笑みを浮かべるのでした。 皇宮へと向かうエステル エステルが部屋へと戻ると、貴族から手紙が大量に送られてきていた。 これ全部お友達候補なのかと、青ざめるエステル。 しかしエステルは、山積みの手紙を読み、返事を書いたのだった。 そうしていると、狩猟大会をしめくくるパーティの日がやってくる。 2日間行われた狩猟大会の優勝者は、やはり公爵だった。 誰も公爵が捕らえたクマよりも、大きいえものを捕れなかったようだ。 一方、エステルはパーティに出るものの、本当の社交界デビューではなかった。 社交界のダンスパーティーには15歳を過ぎ、成人と認められてから参加できる。 つまり今回は、わたしという存在を世間に知らせることが目的だと言う。 普通は生まれた時に自然と知られるので、エステルは稀なケースだった。 そんななか、エステルはアニーに身だしなみを整えてもらう。 あまりの可愛さに、気に入るエステル。 エメルに護衛を任せ、エステルは皇宮へと向かうのでした。

次の