マンション 騒音 警察。 マンションの隣人騒音トラブルは110番で警察に頼ってもよい(通報の流れとか)

マンションの騒音で警察を呼んでもいい? 苦情が言えない時の対処法

マンション 騒音 警察

マンションの騒音トラブルを法律的に考えてみる• マンションでもっとも多い騒音トラブルが「子供の足音」と言われています。 上階が騒音元で階下が苦情元という関係ですね。 とは言え簡単に「どちらが悪い」ということも言えず、しばしばトラブルが長引く事態になってしまいます。 そんなときに重要なのが「法律」です。 そうよね。 住人同士でも管理会社が間に入っても解決しないなら法律の出番ね。 でも裁判で話し合うならそれ相応の準備が必要になるわ。 いったい騒音問題の法律はどのような考え方になっているのかしら…。 裁判になる前に解決の道を お互いが歩み寄らず、第三者である管理会社が間に入っても解決しない騒音トラブル。 非常にこじれたケースですね。 そういう場合は、管理会社や大家さんに解決する義務はありません。 大家さんや管理会社は、住居人が快適に暮らせるようにする義務はありますが、個人間のトラブルを仲裁する義務はありません。 努力は必要なのですが、できなければそれは「仕方ないこと」ということです。 裁判には7ケタのお金が必要 そのようなこじれたトラブルは、どちらかが引越すか、現状のままか、最悪は裁判沙汰になるという道へと進みます。 多くの場合「引越すのは悔しい」「負けた気がする」といった感情的な部分が大きいもの。 確かにトラブルが原因で引越し代を自前で払って引越すのは面白くありません。 とは言え現状のままでは、上階の人は苦情に怯えて過ごす日々ですし、階下の住人は音のストレスがどんどん蓄積されていきます。 最終手段は裁判ということになってしまいます。 でも感情的なことを除けば、裁判をするメリットはありません。 できることなら避けたい選択肢です。 その大きな理由は金銭的なこと。 100%大赤字になります。 損害賠償が仮に成立してもです。 過去の事例から考える 裁判は過去の事例からおよその進展を考えることが大事ですが、過去を見ると損害賠償が成立した場合、約40万円弱です。 100万単位のお金と労力と大事な時間を使って、大赤字になるのです。 メリットは「白黒がはっきりつく」ということだけ。 しかも損害賠償が成立した事例では、上階の騒音主の対応が非常に悪く、結果的な音の大きさなどではなく「対応しなかった」という側面が非常に大きなものでした。 なのである程度苦情に対して真摯に対応していればそのような判決にはならなかったはずです。 また仮に裁判で白黒ついたとします。 お金の出入りがあり、白黒はっきりします。 で、何が変わるでしょうか。 生活は今までと何も変わりません。 確かに音は静かになるかもしれませんが、住人同士の関係はより険悪になり、時と場合によっては感情的な傷害事件に発展する可能性も否定できません。 子供がいればなおさら心配です。 周囲からは「あの人裁判にまでなった人よ」と後ろ指をさされ、居心地が良くなるどころか逆に悪くなることもあります。 結局は引越しを余儀なくされる…。 これでは一体なんのための裁判でしょうか。 法律的な騒音問題の考え方 ということで裁判による決着は全くオススメしません。 ただ感情の問題。 負けたくない・意地…このような感情によって引くに引けない精神状態になっているというわけです。 では裁判として裁くときにはどのような考え方をするのでしょうか。 個人でそのような証拠を集めると事態が進展するかもしれません。 受忍限度と対応 このような足音の騒音トラブルの場合、「騒音への対応」と「受忍限度」が争点になると考えられます。 簡単に言うと、騒音主は音に対してどれだけ対応したか、苦情主は受忍限度を超えているかということです。 これらのことを裁判では様々な証拠や検証を行い裁いていきます。 なのでお互いが「対応してるか」「受忍限度を超えているか」という論点で様々なことを考えることで、妥協点が見えてくるかもしれません。 「思っている以上に階下に迷惑をかけているかも…」「自分が少し神経質になっているかも…」このような気づきが出れば、トラブル解決のきっかけになるかもしれませんよね。 受忍限度 受忍限度とは我慢の限界ではありません。 対応 音に対する対応をどの程度行っているかということです。 よくあるのが「クッションマットを敷いてるから問題ない」ということ。 これは全く違います。 クッションマットを敷くことは立派な対応です。 でもいくら敷いてても子供がドンドン走れば響くことぐらい誰でもわかるはずですよね。 クッションマットは苦情に対する逃げ道を作るものではありません。 教育も対応の一つです。 子供は言う事を聞かないものですが、それと教育しないことは全く別。 教育しても走り回るのと、教育しないで走り回るのは、結果は同じでも全くの別物だと考えます。 お互いの状況を実際に見てみる 管理会社に間に入ってもらい、上階の人は階下の部屋に行き、騒音計でどの程度の音なのか実際に見てみます。 階下の人は上階の部屋に行き、どのような対策をしているのか、どのような教育をしているのかを実際に見てみます。 そうすることで頑固になった感情を、すこしでも柔らかくすることができるかもしれません。 上階の人が階下に行ったときは、下の住人の意見を一方的に聞くことを了承します。 つまり階下の人の言い分を聞く努力をします。 逆に階下の人が上階の部屋に来たときは、上の人の言い分を下の人が反論せずに聞くようにします。 管理会社の人間が間に入りそのようにします。 まとめ カテゴリー• 最新情報• 人気記事• 登場人物 ゆるかわ太一 たんぽぽ不動産に努める38歳の中堅営業マン。 勤続15年目に入りベテランと呼ばれるのも近い。 広い視野を持ち、お客様目線のお部屋選びが好評だが、うんちくが多いのが玉にキズ。 名前で「ゆるい」キャラと思われないように努力している。 山田ふわ子 23歳の新入りの受付係り兼営業補佐。 明るくて元気の良さが取り柄だが、教科書の知識しかなく世間知らずな面がある。 名前の通りおっとり「ふわ」っとした性格で、趣味は美味しいお店探し。 お客様の不安や気持ちを察することに長け、経験のなさを人間性でカバーしている。 たんぽぽ不動産 地域密着型の小さな不動産管理会社。 従業員数5人のこじんまりした会社だが、アットホームな雰囲気が人気。 特に子育て世代への対応が評判で、子持ちのエース営業マン「ゆるかわ太一」がチームリーダー。 実際の子育ての経験を活かした物件選びを周知徹底しており、子供中心で穏やかに暮らせる物件選びに定評がある。

次の

【実体験】騒音被害で警察を呼んでもいいの?~警察を呼ぶときの注意点と流れ~

マンション 騒音 警察

アパートの騒音被害の相談です。 うちは102号室に住んでるのですが、隣の103号室(30歳前後の女)のTVの音量が大きすぎて、それが響いて眠れません。 もう1年以上前からうるさくて、たびたび管理会社に注意するように言っているのですが、一向に改善されません。 特にここ3日間は「103号室の住人に電話はしてるが、電話に出ないので連絡がとれない」という対応で、らちがあかないので、仕方ないので今日の午前1時ごろ、110番通報して警察の方に来ていただいて注意してもらいました。 なんでも警察の方の話によると、「音量20で聞いているみたいです。 それが大きいかはどうかはTVの機種にもよると思いますが…」と言われてビックリしました。 音量20は異常です。 うちからは「さすがに深夜は音量を10以下にしてもらうか、あるいはヘッドホンをして下さい。 うちはそうしています」と警察の方を挟んで伝えてもらったら、「なんでそこまでしなければならないのか!」と逆ギレされたそうです。 対応してもらった警察の方によると、なんだが難しそうでちょっと普通じゃなさそうな女の人だったそうです。 最初1人の警察官の方が隣の部屋に入って隣人と話をしていたところ、2人目の警察官が更に入っていたら、その女の人に「ノックもせずに勝手に入ってくるな!」と怒鳴られたそうです。 2時には警察の方に帰ってもらったのですが、注意をうけたそばからそれでも音量は一向におさまらず、3時半までTVの音量がうるさい状況が続きました。 自分とっては警察は最後の手段だったのですが、夜中に警察を呼んでそのうるさい現場を警察の方にみてもらった上で、注意したにもかかわらず、状況が改善されないのはどうすればよいでしょうか? 訴訟を起こして強制退去してもらうことはできるのでしょうか? ちなみに、7月にも同様の被害にあって、TVの音量が部屋から漏れてきこる様子を携帯の動画で撮影して、それを管理会社の人にみてもらった上で、注意してもらったこともあります。 その時はほんのいっときですがおさまるのですが、近頃またうるさくて耐えかねています。 その音量漏れの動画はまだ残ってるので、それを証拠にして訴え出ることはできますでしょうか? 警察に注意してもらっても改善されない場合はどうしたらよいか教えて下さい。 うちは悪くないので、泣き寝入りしてうちが引っ越すというようなことはしたくないのです。 どうかお知恵を貸して下さい。 宜しくお願いします 警察を毎日でもいいので呼びましょう。 殺傷事件等になったら困るので直接には言えませんのでご面倒ですが又注意してほしいです。 と毎日でも呼びましょう。 相手が引っ越ししたくなるまでか音量を下げるまで根気よくしつこく警察に電話しましょう。 警察に気を使う必要はマッタクありませんよ。 事件になる前に何とかしてください。 とキツク要望しましょう。 110番でしたら記録が残りますので 最寄りの警察に電話はだめですよ。 訴訟を起こして強制退去にはほとんどなりませんよ。 時間と費用がかかり弁護士も採算には合わないので力を入れてくれる弁護士先生を探すのも超たいへんですよ。 高額な弁護料を用意すれば(最低でも50~100万円をマズ先渡しすれば)問題はありませんよ。 相手からお金が取れない時は追加弁護料の支払いの可能性がありますよ。 それよりも弁護士の先生に3~10万円をお支払いして 先生から手紙等を出してもらって 相手が質問者さんに音量迷惑をかけたら裁判になると思わせておけば 音量には気をつけてくれると思いますよ。 弁護士協会の数人の先生に文書やメール等で見積もり依頼して反応ある先生に相談しましょう。 ほんの少しでも参考にして頂けたら幸いです。 ナイス: 7 この手の事案は他の回答者も書いているように毎日でも通報しましょう。 しかし、警察は貴方を気違い扱いしてくる可能性も大いにありますので通報した日時の記録もメモでもいいので 残しておきましょう。 強制退去は法的にもおかしな話ですが難しいです。 貴方の住んでいる都道府県や市町村の「迷惑防止条例」の中に「騒音」があれば先ず調べて下さい。 この手の気違いは毎日でも警官に来てもらい管理会社にも家主にもどんどん連絡し改善させるように働きかけましょう。 携帯での動画は証拠になります。 更に他の物で証拠(メモも日記も証拠になります)を残していって下さい。 最終的には『目には目を!』しかありませんので、心療内科に貴方が受診をし嘘とは言えませんが^0^ 騒音により「不眠症」「鬱病 軽度)」の一つでも両方でも診断書をとりましょう。 それを所轄の警察の生活安全課に持参します。 そうすると!「傷害罪」が適応され気違いは容疑者として立件できます。 他の住人は影口だけの最低な人と思われますので皆でと言うわけには行きそうにありませんので、 「傷害罪」で摘発するしか解決方法は残念ながらありません。 逆に気違いが言掛かりで被害届けを出る可能性もあります今の堕落した警察は女の言い分を贔屓にします からなるべく早くに受診してください。 この質問を削除されても最終手段として行って下さい・・・ ナイス: 4.

次の

警察が10分で現着!マンション騒音の通報手順

マンション 騒音 警察

長文失礼します。 今のマンションに引っ越してきて半年ほど経ちますが、この前までのコロナ期間で隣人トラブルがありました。 私の隣の部屋の人が1ヶ月くらい夜中ずっと物音がしていて、床を叩いているのかものを作っているのかは分かりませんが、マンション中に響き渡っていました。 住人の誰かが管理会社にクレームを入れたらしく私にも「大丈夫ですか?」という連絡がありました。 これでうるさくなくなるかなと思っていたのですが、そんなことも無く、そこからまたしばらく夜中がうるさい日々が続き、寝られない時もありました。 そんな時、夜中1時くらいに下の階の女性が騒音に怒って、何故か住人に聞き込みを始めました。 そして、私の部屋まで来ました。 すると女性は「あなたですよね?」といい、私がうるさいと思っていたようなんです。 私は否定しましたが信じてくれたかは分かりません。 私が責められている時に、他の住人の方が警察を呼んでくれてなんとかその場も収まりましたが、その女性は警察を呼んだのも私だと疑っていたそうなんです。 結局、騒音の原因だった部屋の人には何も危害はなく私にだけ危害を受けたのです。 怖くなって、翌日管理会社に下の階の女性と隣の部屋の騒音についてクレームを入れました。 その日からしばらく家にいるのも怖くてたまりませんでした。 でもこれで静かになるなと少し安心していたのですが、ここ最近で下の階の女性が私に嫌がらせを始めたんです。 私が出かけるのを見計らって自分の部屋の鍵をものすごい勢いで「ガチャン!!!!」と音を立てて脅かすんです。 マンションなので音も響きわたり怖くて毎日出かけるのにビクビクしてます。 これはどう対処したらいいのでしょうか?.

次の