岩手 県 知事。 知事公館

中村直

岩手 県 知事

官選知事 [ ] 代 知事 就任日 備考 1 (明治4年) 参事、権令:明治5. 18、県令:明治6. 3 2 (明治17年) 県令、明治19年7月12日より知事 3 (明治24年) 4 (明治31年) 5 (明治33年) 6 (明治37年) 7 (明治40年) 8 (大正2年) 9 (大正3年) 10 (大正8年) 11 (大正11年) 12 (大正13年) 13 (大正14年) 14 (昭和3年) 15 1928年(昭和3年) 16 (昭和4年) 17 (昭和5年) 18 (昭和6年) 19 (昭和12年) 20 (昭和15年) 21 (昭和17年) 22 (昭和20年) 23 (昭和21年) 同年12月27日退任 24 (昭和22年)1月11日 公選知事 [ ] 代 知事 当選回数 任期 政党(最終任期の選挙における支援政党) 1 2 (昭和22年) - (昭和30年) 2 2 1955年(昭和30年) - (昭和38年)4月29日 3 4 1963年(昭和38年)4月30日 - (昭和54年)4月29日 4 3 1979年(昭和54年)4月30日 - (平成3年)4月29日 自由民主党 5 1 1991年(平成3年)4月30日 - (平成7年)4月29日 自由民主党 6 3 1995年(平成7年)4月30日 - (平成19年)4月29日 無所属。 退任後民間人としてに 7 4 2007年(平成19年)4月30日 - 選挙結果 [ ] 第19回 [ ] 選挙の詳細はを参照。 (平成27年)無投票当選確定• 9月6日の投票は不催行• 当日有権者数:1,074,753• 現職のが無投票で3選。 第17回 [ ] 選挙の詳細はを参照。 - 政治山• - 政治山• 自民・社民・地域政党いわてが参画• - 岩手県選挙管理委員会• - 岩手県選挙管理委員会• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局• - 釜石市 選挙管理委員会事務局 関連項目 [ ]•

次の

「第1号を責めません」 唯一感染者ゼロの岩手県知事 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

岩手 県 知事

新型コロナウイルスの感染者が全国で唯一、確認されていない岩手県の達増拓也知事は15日、「第1号になっても県はその人を責めません」「感染者は出ていいので、コロナかもと思ったら相談してほしい。 陽性は悪ではない」と呼びかけた。 県民が「陽性第1号」になることを恐れて、相談や検査をためらうことを懸念しての発言だ。 定例会見で報道陣からの質問に答えた。 達増知事は「感染未確認でいつづけることは目標でない。 感染者が出ないことは好ましいことではあるが」としたうえで、「陽性者には、お見舞いの言葉を贈ったり、優しく接してあげてほしい。 誰しも第1号の可能性がある」と訴えた。 また、感染者が「ゼロ」である背景には、人口密度の低さや「まじめな県民性」などをあげ、「全国的にもリスクを低く保てている」と指摘。 「いざというときに一人ひとりが考え行動することが、東日本大震災の津波の経験からできるようになっていると感じている」と話した。 (御船紗子).

次の

達増拓也(岩手県知事)の経歴がすごい!評判は?コロナ感染者ゼロの対策は?|趣味のブログ

岩手 県 知事

選挙区 当選回数 1回 在任期間 - 中村 直(なかむら ただし、 - )は日本の。 (~)、(~)を務めた。 身長180センチ、体重80キロ(の記録)と大柄だった。 生涯 [ ] 、で生まれる。 、を卒業後、職員などを経てに職員となる。 岩手県やを経て、のでから出馬し当選。 2年3ヶ月の代議士生活の後、に岩手県知事となって3期12年間を務めた。 を政治の師と仰ぎ、知事在任中はを鉄道としては全国で初のにしている。 なお、の岩手県知事選挙の際、が岩手県とともに経営していた第三セクター・の役員から後援会が現金約30万円を受け取っていた事がの際に問題となり、の県議会の答弁でこれを認めた。 高齢であることなどから4選を目指さず引退。 、を受章。 、のため83歳で逝去した。

次の