埼玉県知事 評判。 47都道府県知事の新型コロナ対策 大阪府の吉村洋文知事に高い評価

大野元裕(埼玉県)知事の経歴や公約、家族と評判や選挙実績まとめ|選挙ネット

埼玉県知事 評判

20年以上にわたり、 全国の選挙に 出馬し続けている 「山口節生」氏。 山口節生出馬表明のニュースに反応してはならないという山口節生耐久ゲーム — インディーズ・ロード wangan357go 過去(2016年)に行われた 東京都知事選挙・出馬予定者の討論会では、 「私は3日でキリスト以上の存在になった。 」 「完全に復活して今ここにいる。 」「待機児童の問題は1分でなおす」 などと豊富を語り 「NHKから国民を守る党」の立花氏からは 都知事選のライバル などと警戒されました。 いったい、山口節生氏とは どのような人物なのでしょうか? 今回は、政治活動家の 「山口節生」氏について、 プロフィールや経歴などの情報をまとめてみました! 山口節生氏のプロフィールや経歴をまとめてみた! 名前:山口 節生(やまぐち せつお) 生年月日:1949年9月26日 出身:佐賀県 2019年9月には、70歳の誕生日を迎える 「山口 節生」氏。 一橋大学の商学部や 東京大学の経済学部を卒業され、 1974年に「三菱信託銀行」(現・三菱UFJ信託銀行)に入校。 不動産鑑定などの業務に携わります。 退職後は、 故郷・佐賀にある県立「伊万里商業高校」の 商業科の教諭(きょうゆ)になり 1986年まで、さまざまな学校で 教鞭(きょうべん)をとられていました。 1990年には、不動産鑑定の業務などを行う 有限会社「日本経済研究所」を設立し、 代表取締役に。 1993年には、早稲田大学・大学院の政治学研究科 修士課程を修了していたようです。

次の

埼玉 県 知事 選挙 立候補 者

埼玉県知事 評判

asahi. html 鈴木直道知事のプロフィールはこちら! まずは、鈴木直道知事のプロフィールです。 氏名:鈴木直道(すずき なおみち)• 生年月日:1981年3月14日• 出身地:埼玉県三郷市• 家族:妻(2011年結婚)・母・姉• 愛犬:柴犬• 高校:埼玉県立三郷高等学校• 大学:法政大学第二部法学部(ボクシング部部長)• 職歴:東京都庁入庁(1999年) 東京都知事本局総務部総務課主任 夕張市へ派遣(2008~2010年)• 鈴木直道知事は 高校時代から母子家庭となったことで、かなり苦労していたようです。 母親を助けるため、バイトも休みなく行い、• 引っ越し屋• 朝4時からの土木作業• スーパーの仕出 など 様々なバイトを掛け持ちで経験されたとのことです。 経済的な理由で、東京都庁に勤めながら19歳の2000年に 法政大学(夜間)に入学し、4年間で卒業するというとても 努力家である事が分かりますね。 html 苦労人の鈴木直道知事はネット上でも様々な評価を得ています。 二人とも清廉恪勤、一意専心、不撓不屈で政治活動してますよ。 道知事のそのまた向こう、国政まで期待するのは時期尚早過ぎるだろうか。 客観的に判断してほしい。 今回の選挙は全て、民主主義をかけた選挙である。 野党では云々。。 と言っていられない事態。 道民全員が野党となって闘わないと! へ — ミトコンイブ mitochon16 次期北海道知事最有力候補の鈴木直道氏はただのイケメンではない。 母子家庭で経済的に苦労しつつも大学に入学し、ボクシング部主将、国体で準優勝。 ベストドレッサー賞政治部門最年少受賞。 この人が知事になってくれるのなら希望が持てそう。 — コン狐(コンビニギツネ)のお話 conveniowner 自民党道議の人達が鈴木直道氏を嫌がるのは、イケメンなのは勿論、夕張市長でのそれなりのちゃんとした実績・実力・功績があり国や道に高橋知事とうまくやってることに対しての嫉妬ではないかとしか思えない。 — sk sk43240219 いかがでしょうか? やはり、イケメンぶりや苦労人を評価する声が多いですね! ただ、これ以外にも、実績が少ない事や、能力を交友を疑問視するような手厳しい評価がある事も事実ですね。 鈴木直道知事の母はベテラン議員と再婚していた! 鈴木直道北海道新知事がご挨拶に! 実物見たの初めてですがやはり爽やかイケメンですね 2019. 離婚後、家族は狭くてシャワーも水洗トイレもない家に移らざるを得なくなり、お母さんは、鈴木直道知事とお姉さんを育てるために、 シングルマザーとして奮闘されました。 お姉さんも短大をやめて働く事にしたようです。 そして、母親は15,6年前(鈴木氏が22歳時ごろ)に、 元埼玉県議の 長峯正之さん 84 と 再婚しています。 長峯正之さんは、 三郷市議と埼玉県議を計6期務め、 市長選や衆院選にも出馬されたベテラン議員で、鈴木直道知事が政治家を目指したのも、義父の影響が大きかったようなんですね。 ある記事では、鈴木直道知事の夕張の住居は、この 義父の金銭的支援で建設した、とも言われているんです。 これまで苦労してきたお母さんにとっては、 色々な意味で人生の負担が軽減されたでしょうね。 鈴木直道知事の嫁(妻)が美人でかわいい!子供はいるの? 気になる鈴木直道知事の嫁(妻)ですが、 東京都足立区で育ってきた方との事で、 真奈美さん 37 というお名前だそうです。 ネット上には、分かりにくいですが、 お嫁さんの画像もありました。 単身赴任ではなく、 埼玉のマイホームは売却し、 2人で夕張に移動、しかも、財政破綻の影響で 市長年収250万円という東京都職員時代からは考えられない経済状況をあえて選択したわけですので、やはり 二人の強い結びつきがあることも分かりますよね。 また、お嫁さんも、そんな鈴木直道知事の 誠実な努力家な一面に惹かれて、苦労をいとわない女性ですので、 誠実な性格の方であることも分かりますね。 当然のように、お嫁さんも 共働きとの事でした。 尚、 現在はまだ子供はいないようです。 忙しさや経済的な面でも余裕がないのかもしれませんね。 まとめ まとめてみますと、• 鈴木直道知事の評判は好評価が多い!• 鈴木直道知事の母親はベテラン議員と再婚されていた!• 鈴木直道知事の嫁は美人で現状は子供はいない! という事でしたね。 いかがだったでしょうか? 現職知事の中では最年少の鈴木直道知事。 イケメンだけでなく、苦労人であることも人気の要因のようですね。 夕張市だけでなく、北海道全体の開発や発展に貢献してくれることを今後も期待していきましょう!.

次の

埼玉知事に大野氏 自公系候補を破る (写真=共同) :日本経済新聞

埼玉県知事 評判

元選手()で、の氏が埼玉県知事選挙に出馬した。 出馬するのは個人の自由、大いに結構なことである。 ただ、約730万人の人口を有する埼玉県の知事という仕事を、青島氏はどう考えているのだろうか。 政治に関しては全くのど素人。 のインタビュー記事によれば「政治を意識し始めたのは50歳を超えた頃」という人間が、埼玉県知事になって一体何ができるというのか、と思ってしまった。 埼玉で生まれ、埼玉で育ち、今もなお埼玉にいる私にとって埼玉県知事選挙というのは本当に大事なことなのだ。 先日行われたさいたま知事選挙の公開討論に関するを見つけた。 正直これを見た時に、大丈夫かこの人、、、と思ってしまった。 氏は、熱量とか、笑いの力で埼玉をどうにかしようとしているのだろうか。 それを公開討論で述べるのはまずいのではないか。 県知事を目指すものとして、しっかりと中身のある答弁が聞きたい。 やはり元選手で政治の素人、というのが出ている印象だった。 具体的な政策案などもないのに、なぜ知事選に立候補したのだろうか。 多少述べている弁論についても、裏方のスタッフが作ったものを棒読みしているようにしか感じられず、全く頭に情報が入ってこない。 こっちはストーリーの中身が聞きたいのに、なんなんだこれは。 我々埼玉県民をバカにしているのだろうか、、、とも思ってしまう。 ちなみにに関して触れている内容が公開討論の中でもあった。 当然反対。 当たり前、ありえない行為であることは間違いない。 ただ、「あなたがそれを言うんだ?」と思ってしまう。 というのも、記憶に新しい日大タックル問題を私は覚えている。 あろうことか、氏は日大コーチ側の擁護に入ったのだ。 公共の電波を使って。 日大緊急会見で「光が見えた」? 「彼ら信じたい」氏に賛否 [togetterまとめ] TBSビビッドで、「昨日の日大アメフト部の会見で光が見えた」「彼らを信じたい」/「さんの解説が非常に腑に落ちる」という人も 上記記事のコメントを見れば一目瞭然だが、世間は黙っていない。 明らかな日大擁護。 監督・コーチを擁護して、選手が勘違いしたとの意見したのだ。 自分自身がスポーツ選手で、引退後はスポーツキャスターやライター業に勤しんだ人間が、 「なぜ若いスポーツ選手本人の立場を理解してあげられないのか?」 率直に私はそう思った。 日大側と金銭関係など大人の癒着でもあるのでは?などそうした疑義が生まれるのも必然である。 弱者の立場を理解して、守ることができる、の場合そうしたとは真逆にいるように私は思う。 こんな人が埼玉県のトップとして、知事として、我々の生活を任せていいのか。 なぜ、立場的に弱い、日大学生のことを考えて発言できなかったのか。 スポーツキャスターとして、発言力がある立場なのに、なぜ。 これを見ていた若い学生のスポーツ選手はどう思ったのだろう。 そう考えるととても悲しくなった。 一度下げてしまった評判、は簡単に変えることはできない。 世間はちゃんと覚えている。 我々の生活を氏に預けていいのか。 答えはNOである。 私ははっきりNOと申し上げたい。 知事ともあれば、何も埼玉県内に関することだけやればいいわけではないと思う。 永田町界隈の人たちや、様々な財界人に対してコミュニケーションをとっていかなければならない。 ある時は、大きな力にも徹底して激しく戦っていかなければならない。 から支援されて擁立されているので、権力にすり寄る才能はあるのかもしれないとも思ったが、前途の日大問題や、公開討論の内容から察するに、ゴマをすって、役人のピエロになってしまうのではないかと思った。 埼玉県のトップである知事たる人間には、リーダーシップと具体的なビジョンを持って取り組んでいただきたい。 我々県民の生活を牽引してもらう人には、そんな人であって欲しい。 ひとつ勘違いしないでほしいのは、私は氏のことが嫌いとか、個人的な恨みがあるとかそういうことはまったくない。 元選手としてのネームバリューを活かして、確かに何かPR活動はできるのではないかと、そう思う。 ただ、埼玉県知事として、我々の生活に密接に関連する政治の世界は氏が辿ってきた道とは完全に畑違いなのではないか、そう思うのだ。 本当に政治の世界で活躍いただくのであれば、政治の分野や、埼玉県の経済など勉強いただいてから、次の機会にチャレンジすることもできる。 や、市議会議員など、知事とは違うレイヤーだが、政治家としてチャレンジすることはできるのだ。 の誰かに、甘い話を持って言い寄られたのかは知らないが、多少ネームバリューがあるからと言って、タレント議員のようなノリで埼玉県知事を勤めてもらっては困る。 どうせ何もできないのだから、本人が一番つらいはずだ。 「無能」など言われた日にはたまったものではない。 氏、彼自信が被害者になってしまう。 本当に埼玉県のことを思うのであれば、まず何かそれに付随する結果があればいいと思う。 氏がいたから、埼玉県のスポーツ人口や、エンタメ性に活気が出たなど、そうした実績をまずは出してからでないと説得力が全くない。 そしてこうした氏を担ぐについても一言物申したい。 出身で、西武ではなくヤクルトに在籍し、率直に言って選手としてはさしたる実績もない氏。 の社会人野球チームで監督を務め、知事選に出るまでは東京都に在住していた氏。 政治を意識し始めたのは50歳を超えてからという氏。 それでもがあるから、知事選挙は勝てると思っているのだろうか。 バカにしないでいただきたい。 子供世代、孫世代、どんどんは進み、日本全体でもそうだと思うが、埼玉県も比例して弱体化していってしまう。 埼玉県は全国2位の高齢化が進んでいるエリアなのだ。 これから未来のある若者世代に向けて、良き埼玉の政治を期待したい。

次の