まい ぜん 毎日 一人 死ぬ。 まいぜんシスターズがガンダム動画で炎上!?2人の素顔は?所属事務所が判明!

「絶対孤独のなかで死ぬ」覚悟があるか?

まい ぜん 毎日 一人 死ぬ

やった人の話は面白いけれど、やりたいと思っている人の話はつまらない。 どうして自分が『体験』したことではなく、自分が『想像』しているだけの話をするのだろうか。 実体験から学んだ教訓にはその人だけの熱量が宿り、必ず何か聴く人の心を動かす魔力 が宿る。 言葉だけで信用を勝ち取れると思ったら甘い。 信じられるのは行動だけで、私は 「あてにならない 未来 」の話に興味はない。 誤解されると困るが、私は決して「夢や理想を語るのは 無価値 」と言いたい訳ではない。 夢や目標を持つことは素晴らしいことで、 人間を突き動かす原動力になる。 問題は「原動力の使い方」であり、実感 が伴っていない理想から発生する 熱量は極めて少ない。 乱暴な表現をすれば 「この人は褒めてもらいたいだけなのかな ?立派ですねと 言ってもらいたいだけなのかな ?」と感じる。 「死ぬ覚悟を決めれば、人間は自由に生きることができる」とが言っていた。 この言葉を目にした時、私は、私が自由でいられる理由がわかった。 「とにかくやばいことだけをやる」いばやを一年前に始め 、現在 は家のない生活を行いながら全国を流転し、自分が感じたことを出来るだけ正直にブログややリアルの場を通じて発信している。 今は死なずに生きていることが出来ているが、これから先に人生の保証は何もない。 しかし、私が自由でいられるのは「保証があるから」などではなく、「この生き方が無理なら死んでしまっても構わない」と腹を括っているからなのだと思った。 「自分がやりたいように生きる。 周囲に合わせるのではなく、自分を出して全存在を打ち出していく。 それで駄目ならその程度の人生だったのだろう。 自分には、自分を殺して生きることが出来ない。 自分を殺して他人に好かれる位なら、死んでしまっても構わない」と思っている。 そして、死にたくないから今を(全存在を賭けて) 思い切り生き抜こうとしている。 最高な人生とは、最高だと思える瞬間の積み重ねに過ぎない。 言葉も未来もあてにはならない。 成功することもあれば失敗することもある。 失敗する方が、成功することよりもずっと多いかもしれない。 そして、 失敗することや 傷つくことを恐れる気持ちは 、新しい何かに挑戦する気持ちを鈍らせる。 しかし 、何よりも忘れてはいけないのは 「生きているのは今だけで、 いつか私たちは 傷つくことさえも出来なくなる 日が必ず訪れる」ということだ。 人は必ず死ぬ。 誰もがタイムリミットを抱えて生きていて、 いつか終わりの瞬間が必ず 訪れる。 無傷で大成した人間はこの世に皆無で、成功した思い出 よりも失敗した思い出 の方が人間を磨く。 自分の選択に責任を持とう。 死ぬ覚悟を決めれば、人間は美しく生きることが出来る。 自由とは「この瞬間の責任」である。 人生は続く。

次の

毎日1人死ぬ村で禁止された場所に行く Ep5【鬼の村から脱出】

まい ぜん 毎日 一人 死ぬ

デビュー作「不夜城」から20年近く、新宿・歌舞伎町など暗黒社会を舞台に、人間の心の奥の闇をのぞくノワール小説を数多く発表してきた馳星周さん(48)。 ところが今年6月、犬と暮らすさまざまな人間の姿を情感豊かに描いた小説集「ソウルメイト」(集英社)を出版。 自身の愛犬との生活を基に、犬と暮らす幸せを前面に押し出したヒューマン&ドッグドラマだ。 この大いなる変身(変心?)の裏に何があったのか。 「ぼくの転換期ですね」と言う。 現在お住まいの軽井沢に行って、その真意をうかがった。 軽井沢にはいつからお住まいですか。 「もう7年になります。 東京で犬を飼っていましたが、年をとって、よぼよぼのおばあさんになってきた。 ご縁があって、ここ軽井沢に連れて来てしばらくしたら立てるようになり、走り回れるようにもなった。 はじめは貸別荘に住んだんですが、翌年に東京のマンションを売って、こちらで家を買って住むようにしました。 2年前に住民票も移しました」 飼い犬がきっかけということですね。 そもそも犬はいつごろからお好きだったんですか。 「昔から飼いたいと思っていました。 ぼくは家が北海道で、小さい時に祖父の家にいた犬とよく遊んでいました。 自宅でも飼いたかったのですが、両親が『生き物は死ぬからイヤだ』と認めてくれなかった。 だから、ぼんやりと『大人になったら飼う』と決めていました」 初めて飼ったのはいつ、どんな犬でしたか。 「作家デビューの少し前、ライターとして、あちこちの雑誌にいろいろ書いていた、独身の29歳のころだったかな。 『本の雑誌』に連載していて、大型犬を飼いたいという内容を書いたら、ぼくのファンの一人から『よかったら、うちの犬、どうですか』と連絡がありました。 その方はブリーダーで、安く譲ってくれると。 当時、日本には少ないバーニーズ・マウンテン・ドッグでした。 その人は浜松の方だったので、新幹線で行きました。 その日は見るだけのつもりだったのに、その日のうちに東京に連れて帰りましたよ。 だいたい、大型犬の子犬というのは反則の存在なんですよ。 動く縫いぐるみですから。 ぼくが行くと、向こうからトコトコトコと真っすぐ近づいてきて、コンニチワと言うように。 生後2カ月のメス。 もう可愛くて。 ペットショップでは当時40万〜50万円したでしょうが、『言い値でいい』というので、10万円渡して連れて帰りました。 それが第1号の愛犬、マージョリー、愛称マジーです」 その種類の犬が好きだったんですね。 「バーニーズ・マウンテン・ドッグにほれ込んでいました。 頭がよく、性格も穏やかで、優しく、人なつこく、毛色も美しい。 飼い主の中には、いろんな種類の犬を飼う人もいますが、ぼくはこの犬種だけ。 1頭目に続く2頭目、3、4頭目と同じ犬種を飼っています。 愛犬の子孫を残したいという人もいますが、ぼくはそういう気持ちが全くありません」 その第1号のマジーが老犬になって、軽井沢に来るきっかけになったのですね。 「ええ。 年をとって、よぼよぼのおばあさんになっていました。 それがこちらに来てから走り回れるようになったんです。 それで僕ら夫婦もこちらに本格的に住むことを決めました」 やはり老衰、病弱の愛犬の最期をみとるのはつらいでしょうね。 「ソウルメイト」の中に、臨終間近の老犬に『自分の命を減らしても愛犬の寿命を少しでも延ばしてくれ』と祈る中年男性が描かれていますが、あれは作者の馳さんの姿と重なると受け取ってもいいんでしょうか。 「はい。 初めて飼った犬でしたから、かなりべったりと暮らしていました。 それに人間と犬との関係を教えてくれた先生でもありましたから」.

次の

「絶対孤独のなかで死ぬ」覚悟があるか?

まい ぜん 毎日 一人 死ぬ

会社員時代にお世話になった、ある社長Xさんがめちゃくちゃカッコよかった。 当時、頭は禿げ上がった50代後半の、小太りのおっさん。 見た感じでは、の上がらない冴えないオヤジなのだが、仕事はとにかくできる。 歳のくせに世間の風に敏感で、新しいものを自分の事業にどんどん取り入れて、イケるとみたら、さっさと増員して、事業を拡大していく。 忙しくても、仕事は夕方の3時か4時にやめる。 あとはよろしく!と言って事務所を後にし、サウナにいく。 アブラっぽい身体や顔の皮膚から、老廃物を絞りだしたら、清潔に、パリっとなって、夜の町に出かける。 そして、同伴出勤。 夜中まで飲む。 ひっきりなしに、女の子からメールが入る。 「もてますね!」 「アホ!カネやカネ!こんなハゲブタのおっさん、若い娘が好きになるはずないやろ!」 そんなXさんに、ある時尋ねたことがある。 「そんな風に毎日女の子と飲み歩いて、奥様とか家族とか、問題おきませんの?」 そしたら、珍しく真顔になって、こう言われた。 「あのな、人間、 絶対孤独のなかで死ぬ覚悟をしたら、なんでもできるもんやで。 その覚悟さえ決めたら、嫁も子供も、何をやってもついてくる」 さて、50代になった僕は、事業でも、遊びでも、Xさんには遠く及ばず、ただただ、「死」というものが近づいて、かなりリアルになってきた。 そして、「 絶対孤独のなかで死ぬ」という言葉を、時に思い出す。 僕の家には、かなりひどい認知症になった嫁の父がいる。 僕の両親は健在で、なんとかふたりで暮らしているが、様々な問題がおきるようになった。 そして、ヘルパーさんの話を聞いたり、周囲のひとたちの介護の話を聞いて、ますます自分の死に様に思いを馳せるようになった。 昔のローマ人のなかには、意志の強い人たちがいて、自分で死期を決めて、絶食して死んだという。 僕にはそんなことはできない。 でもやはり、一番の望みは、受け入れていようが受け入れていまいが、「 絶対孤独のなかで死ぬ」というような、明確な意志のある状態で、最後を迎えたいということだ。 もし、万一、嫁に先立たれてしまったら、這ってでも、ひとりで暮らす。 ずっと、何かの仕事をしながら。 そして、仕事場で突っ伏して、ひとりで死ぬ。 それが理想だけど、話は簡単ではない。 いくらひとりで生きていく覚悟を決めても、認知症になってしまったら、自分の意志は霧消してしまい、誰かのお世話になるようになってしまう。 そして、認知症にならなければよいかというと、そうでもない。 自立の意志は硬く硬く凝り固まっているものの、加齢に伴う判断力の低下がすすむとどうなるか。 人の助けを拒絶して、あげく、家をゴミ屋敷にしてしまったり、火事を出して周囲に迷惑をかけたりする危険がある。 社会の高齢化は、ますますすすむ。 一人っ子同士の結婚なら、夫婦は4人の老人を抱えることになり、4人の死に様をみとらないといけない。 共働きでやっと暮らしていける今の厳しい社会情勢のなかで、子どもたちに介護の負担を負わせたくはない。 しかし、結局、ある程度のお金を残してやるということ以外に、できることはないのだ。 少し前までは、「 絶対孤独のなかで死ぬ」という覚悟が自分にできるのか、と問うていた。 しかし、いまでは、「 絶対孤独のなかで死ぬ」という意志のある状態で最後を迎えることができるのか、と考えるようになった。 そして、最近、こんな風にも考えるようになった。 どんな覚悟をしても、 自分の死に様は、自分では、けっしてデザインすることができない、のだと。 *チェコ好きさんのブログ記事 を読み、触発されて書きました yumejitsugen1.

次の