コーラック 成分。 【便秘薬】ビューラックとコーラックの違い|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

便秘 にはコーラックMg | 大正製薬

コーラック 成分

に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、 腹部膨満、腸内異常発酵、痔。 但し、初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。 15歳以上:1回1~3錠。 11~14歳:1回1~2錠。 1日1回服用。 11歳未満:服用しないこと。 <注意> 1.定められた用法・用量を厳守してください。 2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。 3.制酸剤や牛乳をのんでから1時間以内の服用はさけてください。 (本剤は制酸剤や牛乳によって胃内で溶解し、期待された効果を発揮できないことがあります) 4.錠剤をかんだり、つぶしたりせずにそのまま服用してください。 (本剤は有効成分がその能力を十分に発揮し、大腸内で作用するよう特殊なコーティングをほどこしています) 5.錠剤の取り出し方 添付文書図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用してください。 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (3)次の症状のある人。

次の

【便秘薬】「コーラック」シリーズの違いと選び方

コーラック 成分

Contents• 読んで字のごとくですが、刺激性便秘薬は大腸を直接刺激して排便を促す薬です。 「コーラック」シリーズの違いと選び方 「コーラック」シリーズから便秘薬を選ぶポイントなどを、各商品の違いを確認しながら紹介したいと思います。 コーラック 「コーラック」シリーズの中で、最もシンプルな便秘薬です。 ビサコジルという成分のみを配合した商品です。 ビサコジルは大腸を刺激して、排便を促す作用を有しています。 寝る前服用で排便リズムを整える 用法・用量は「1日1回寝る前服用」となっています コーラックファイバーを除く 寝る前に服用することで、朝の排便を促すという意図があります。 排便リズムを整えることは便秘の解消のためにも、重要なことの1つです。 寝る前に飲まなければ、副作用が出るということではありません。 服用量は調整しましょう 用法・用量における、1回の服用量はあくまで目安です。 服用初めは、1錠または2錠服用し、排便状況を確認しつつ、お腹が痛くならないかなどを確認しながら、服用量を増減させるといいでしょう。 漫然と連用しない 大腸刺激性便秘薬は効果が速やかで、優れた便秘薬です。 ただし、連用すると 慣れ 耐性 を引き起こす可能性が指摘されています。 「コーラックシリーズ」は大腸刺激性便秘薬なので、漫然と使用しないようにしましょう。 コーラックシリーズにおいて、センノシド配合便秘薬とは以下の商品です。 「コーラック」シリーズ詳細情報 「コーラック」シリーズの有効成分、用法・用量などの詳細情報を最後に紹介しておきます。 すっきり排便「コーラック」 大腸を刺激して排便を促す、ビサコジルのみが配合された商品が「コーラック」です。 DSSには硬い便を柔らかくする作用があります。 <有効成分 1錠中 > ・ビサコジル:5mg ・ジオクチルソジウムスルホサクシネート DSS :8mg <効能・効果> 便秘 <用法・用量> 1日1回寝る前、以下の量を服用 ・15歳以上:1回1~3錠 ・11~14歳:1回1~2錠 ・11歳未満:服用NG <製剤特性> 「コーラック」の改良型使用上の注意は「コーラック」と同じ 効き目穏やか「コーラックファースト」 ビサコジルの配合量が少なめに設定された商品が「コーラックファースト」です。 <有効成分 1錠中 > ・ビサコジル:2. 5mg ・ジオクチルソジウムスルホサクシネート:8mg <効能・効果> 便秘 <用法・用量> ・15歳以上:1回1~4錠 ・11歳以上14歳以下:1回1~3錠 ・11歳未満:服用NG 「プルゼニド・センノサイド」と同じ「コーラックハーブ」 処方せん用医薬品である「プルゼニド」・「センノサイド」と同じ成分を配合した商品が「コーラックハーブ」です。 <有効成分 1錠中 > ・センノシドA・B:12mg ・カンゾウ:40mg <効能・効果> 便秘 <用法・用量> 1日1回寝る前に服用 ・15歳以上:1~2錠 ・15歳未満:服用NG <使用上の注意> 妊婦さんの服用注意 植物繊維配合の「コーラックファイバー」 生薬由来の水溶性・不溶性植物繊維を配合した商品が「コーラックファイバー」です。 <有効成分 1包2g中 > ・プランタゴ・オバタ種皮:1,200mg ・ケツメイシエキス:100mg ・センノシドA・B:8. 14mg ・ビタミン類 <効能・効果> 便秘 <用法・用量> ・15歳以上:1回1~2包、1日2回空腹時に服用 ・15歳未満:服用NG カテゴリー•

次の

コーラック

コーラック 成分

歴史 [ ] コーラックは元々、の製薬会社社の製品であった(日本での発売元はヴィックス社の日本法人であったである)。 製品一覧 [ ] 現在 [ ] 2017年4月に全製品のパッケージが刷新され、コーラック(瓶入りを除く)、コーラックII、コーラックファースト、コーラックハーブは従来の横型から縦型となった。 コーラック【第2類医薬品】 ビサコジルのみの単味剤。 1988年夏に400錠入りが追加される。 2000年8月に容量アップと希望小売価格の値下げを実施。 後に350錠瓶入りを追加発売している。 コーラックII【第2類医薬品】 2004年11月発売。 ビサコジルに加えてDSS(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)を配合。 始めは1錠を服用し、症状を見ながら服用量を調節する。 発売当初、服用年齢は15歳以上となっていたが、2009年秋から服用年齢が11歳以上に引き下げられた。 コーラックファースト【第2類医薬品】 2013年1月発売。 1錠中のビサコジルの配合量をコーラックIIの半量(2. 5mg)としたもの。 コーラックII同様5層コートを採用するほか、始めは1錠を服用し、症状を見ながら服用量を調節する。 11歳から服用可能。 既存のコーラックシリーズと異なるピンクののパッケージで包装箱のサイズは小ぶりとなっている。 コーラックファイバー【指定第2類医薬品】 2004年3月発売。 の種皮と2種の生薬(・)を配合。 ココア味の顆粒タイプでスティック包装としている。 当初はオレンジのパッケージとなっていたが、後に濃いピンクのパッケージとなり、容量を変更(48包を廃止する代わりに、小容量サイズの12包を追加。 24包は発売当初より設定)。 2017年4月のパッケージリニューアルにより黄緑色のパッケージデザインとなった。 (製造販売元:) コーラックハーブ【指定第2類医薬品】 2000年8月発売。 センナとの2種類の生薬を配合。 (製造販売元:) コーラックMg【第3類医薬品】 2019年4月発売。 非刺激性成分のを配合。 服用年齢は5歳以上。 水色のパッケージデザインを採用する。 (製造販売元:) コーラック坐薬タイプ【第3類医薬品】 2003年6月発売。 と無水リン酸二水素ナトリウムを配合したタイプ。 12歳から使用できる。 発売当初は水色のパッケージだったが、2017年4月のパッケージリニューアルにより「コーラック」と同じピンク色に統一された。 (製造販売元:) 過去 [ ] コーラックソフト【第2類医薬品】 2000年8月発売。 ピコスルファートナトリウム水和物を配合。 発売当初は大容量の120錠も設定されていたが、後に40錠のみとなった。 コーラックファーストへ継承したため、2015年に製造終了。 効能 [ ] コーラックは便秘薬の中でも、峻下剤と言われる部類の下剤である。 効能はかなり強く、通常服用量は1日1回2錠だが、初めて服用する場合は最少量の1錠からがいいといわれている。 主な成分はビサコジルであり、胃で溶けずに腸で直接作用して刺激によって腸に蠕動運動を起こさせ排便させる仕組みになっている。 強力な効能の下剤ゆえに腹痛やなどの副作用を伴う事がある。 また、癖になりやすいと言われており、常用すると量を増やさないと効かなかったり、残便感や腹部の張りを強く感じたりする。 特に毎日の様に服用するとすぐに効かなくなってしまい服用量が増えていく傾向にある。 更に通常の服用量を遥かに越えて、1日に数十錠~100錠以上を服用しなければならなくなったり、作用によって下痢をして排便をする事が快感になって止められなくなってしまう下剤依存症に陥る場合があり、常用には注意が必要である。 上記の症状は、インターネットの2ちゃんねる等に下剤乱用をする人の為のスレッドにおいて、多数見受けられる。 同時に摂食障害を患っている場合も多く、サプリメントと同じ感覚で服用している場合やダイエットのつもりで服用している場合などもある。 CM出演者 [ ] 現在• コーラックハーブ -• コーラック - デナーシカ• デナーシカはのキャラクター。 ちなみに『デナーシカ』の声はが務めている。 大正製薬時代• コーラックファイバー -• コーラック - コーラッコ• コーラッコは商品名に肖ったのキャラクター。 出典 [ ].

次の