ディズニー ツイステッドワンダーランド 類似のゲーム。 ディズニー ツイステッドワンダーランドをじっくり遊んで徹底レビュー!

ディズニー ツイステッドワンダーランドをじっくり遊んで徹底レビュー!

ディズニー ツイステッドワンダーランド 類似のゲーム

Twistedしていたのはワンダーランドではなく、私の価値観だった 私は人生のほぼ10割を、ディズニー傘下の元でフラフラすることに費やしてきた人間だ。 私のディズニーの入り口は遡る事2X年前、WOWOWだかで放送されていた、ディズニー短編アニメーションの寄せ集めだかなんだかだったと思う。 それから私は長い間、ディズニー傘下、ひいてはUSが本国のコンテンツに触れていた時間がほとんどだった。 だから、国内アニメやゲームなどにはほぼ触れることがないまま大人になった。 ここ数年は特に、私が好きになるコンテンツが所謂「 Woke culture」に属していることは多かった。 Woke Cultureとは、社会的問題の認識がある、つまるところ「目覚めている」カルチャー全般を指す言葉で、日本語で近い表現だと「価値観がアップデートされているジャンル」だと思う。 私は社会の最先端を行き、世界で起こっている問題を取り入れていれながらストーリーを展開させるコンテンツが好きだったし、それを好きでいることも誇らしかった。 いや、今も誇らしい。 「ポリティカルコレクトネスのせいで世界は退屈になった」という言葉を、物語の深さと美しさ、そして面白さで踏み潰し、様々な人々に手を差し伸べる私の好きなコンテンツたち。 それらは、白黒だった私の世界に色をつける事ができる可能性を教えてくれた。 しかしながら、同時に自分が知らないもの・見た事もないものに対する恐怖や嫌悪がどんどん増幅していたことも感じていた。 特に、国内コンテンツに対する意識は、私の中で「woke cultureではない」というカテゴライズをし、あまり目にしないようにしていた。 それは、なにかの拍子に見たスクリーンショットに写っていた女の子の胸が異常に大きくセクシャライズされているとか、元ネタも知らない二次創作にホモフォビア的言葉が使われているとか、ひいては好きなコンテンツが輸入された途端にジェンダーバイアス色の濃いマーケティングを打たれたとか、そんな事が積み重なったことがきっかけだったと思う。 自分が生きている世界に蔓延した価値観の現実を目にするのが嫌で、見ないもの、としてカテゴライズして嫌悪していた。 そんな中で去年の冬頃にツイッターをウロウロしていた際、またま一つのツイッターアカウントを見つけた。 「 ディズニー Twisted Wonderlandの公式アカウント」とプロフィールにかいてあったと思う。 私はその時点でディズニーのゲームをほぼプレイしたことがなく、ツムツムだとかキングダムハーツはなんとなくの話でしか聞いた事がないし、その他のゲームに関しては全く実態を知らなかったので、なんとなくそのアカウントのツイートを遡ってみた。 まだツイートは多くなかったが、投稿されている画像を私は目にした際、状況を理解するまでに時間がかかった。 そこには、ディズニーヴィランズ(ディズニーの悪役たち)がリファレンス・またはインスパイア元となった、日本アニメ作画的な男の子が並んでいた。 キャラクターの名前と、絵と、何か一言が添えられた画像が淡々とアップロードされており、思わず「えwwwウケるんだけど」とRTをしたことも記憶に新しい。 「 契約を果たせなかった貴方が悪い」とか、「 今に見てろよ」みたいなセリフとともにそこにいるアニメ作画のハンサムな子たちは、私に薄い恥ずかしさを覚えさせた。 私がその薄い恥ずかしさを感じたのはこれが初めてではなかった。 それからツイステッドワンダーランドは頻繁に目にとまるようになった。 東京駅に大きい広告が出ているのを見かけたり、ディズニーストアで買い物をした際、丁寧にほぼフルカラー印刷されたしっかりとしている本を無料で渡されたりもした。 その度に、Cringeのような気持ちを覚えていた。 (Cringe・・・見ていて恥ずかしい気持ち が近いかも) 友達にも「あのディズニーの悪役のゲーム知ってる?」と聞かれる事が増えた。 面白おかしく茶化して、ウケるよね、みたいな話をしていたと思う。 そんなことをしているうちに、知らない間にツイステッドワンダーランドがローンチされていた。 友達が既に始めていて、「思ったゲームと違った、乙女ゲームではないようだ」と教えてくれた。 ツイッター上でも「シナリオがしっかりしている」という意見を散見するようになった。 私は正直、嫌悪するにしても知ってから嫌悪するか、みたいな気持ち半分、好奇心半分でダウンロードをし、プレイしてみることにした。 先述した通り、スマホゲームに触れずここまで来た私にとって、ソシャゲは未知の世界であり、1ミリとして想像のつかない世界だった。 ぼんやりと、なんか「俺にしろよ・・・・」みたいなハンサムが四方八方から壁ドンをしてきて、誰とデートするか選ぶみたいなゲームだろうみたいな予想だけを胸にゲームを始めた。 このゲームは、私の名前と、私が操作するキャラクターの名前を別々に決めることができる。 システムがそうなっている理由はいまいちわからないが、私は自分の名前が呼ばれたら恥ずかしいな、と思い私が好きなスターウォーズのキャラクターを主人公の名前にした。 結果としておそらくインストラクションであろうチュートリアルの部分を終わらせるだけで何日も何日もかかったし、チュートリアル部分が終わっても何がなんだかシステムはあまりわからなかった。 とりあえず、この学校はディズニーヴィランズどもを崇拝しており、おそらく彼らの存在は伝説レベルで昔であること、また私のおかげで高校生の子二人は退学を免れ、ビューフォード from フィニアスとファーブ と同じ声を持った猫は私と一緒に行動することになり、私も学校に通えることになるらしい。 そこに通う子達は別に元ネタであるディズニーヴィランズの擬人化でもアニメナイズでもなく、別人格であり、直接的に子孫だったりするわけではない。 それがひとまず私がわかったことだった。 チュートリアルを通して、青い髪の毛の子と赤い髪の毛の子は、私のおかげで少し仲良しになったみたいだった。 私は喧嘩ばかりしていた二人が仲良くなってくれたのが、純粋にうれしかった。 そのまま「想像していたよりもなんかデートに誘われたりしないんだな へえ」とか思いながら適当に画面をタップをしていたら、知らない曲と一緒に映像が流れ始めた。 おそらくオープニングタイトルで、知らないキャラクターたちや、何かで見た事のあるキャラクターたちがアニメの絵で動きまわる。 ディズニーはこのゲームに本当に力を入れている、此処まで辿り着くのにどれだけの人が苦労してローンチまでこぎ着けたんだろう。 その時にふと、「私は何故、画面の中にいるハンサムたちが私に話しかけてくる事を恥ずかしく思うんだろう」と考えた。 ロジックとしては、「ミッキーマウス クラブハウス」でミッキーマウスが世界の子どもたちにテレビの中から問いかけるのと何ら変わらないはずなのに。 私はなぜ乙女ゲームでないことを聞いてプレイする気になったんだろう。 なぜ私は最初から薄い恥ずかしさを覚えていたのだろう。 なぜ私は、ツイステッドワンダーランドが乙女ゲームでないことを「評価してやる」という気持ちなんだろう。 私は最初に何を嫌悪し、何に好奇心を持ったんだろう。 私は、今までのこの薄い恥ずかしさを覚えたことがある瞬間に、思いを巡らせていた。 5次元舞台を初めて観に行った時、某テーマパークで男の子達だけが出るショーを観た時、別の某テーマパークで某アトモスフィアが始まった時など、数えたらキリがない。 私の中にこびりついて離れない、一定の何かを見ると覚えるうすら恥ずかしさ。 それは、なんなんだ。 私の心の底にこびりついて離れない、恐ろしいミソジニーだ。 幾度となく覚えた「薄い恥ずかしさ」は、別にキャラクターに名前を呼ばれる照れから羞恥を覚えたのではなく、自らが該当コンテンツの一部になることで所謂「夢を見るオタクの女性」になる事に対する羞恥心であり、それは紛れもなく「ハンサムなアニメ人間に夢を見る女性」という存在を私が蔑視していたということになる。 あまり調べてもないのに、心の片隅で「Woke Cultureではないだろうから、だから別に、」というもっともらしいをつけて、私は、…。 一層ではなく、何層にも積み重なり確実に私の心底に根を生やしていた、自らのグロテスクな偏見と目を合わせることがあまりにも久しぶりで、なかなか事実を飲み込むことが出来なかった。 私はファンガールという存在を知ってから、ファンダム文化が大好きなつもりだった。 ファンは、信じられない力でどんなことでも可能にする魔法のようなパワーを持っている。 高校3年くらいまで二次創作の存在さえ知らなかった私にとって、見た事のない熱意を持って好きな事を話すファンが、オタクたちが私は好きだった。 けれど、その「熱意が好き」という気持ちは私の中であくまで「知的好奇心」の範疇であり、存在自体をイコールとして自分が見ていなかった事が、ショックだった。 自分が今まで支持してきた思想と対局の意識が私の中で芽生え、捻れていたなんて。 しかしながら自分の内在的差別心や偏見に対する気づき、軽蔑と嫌悪を覚えたのと同時に、不思議と心が軽くなった事も事実だった。 私はこの恥ずかしさを覚える必要はないし、覚えるべきでない。 偏見に塗れた私の羞恥を捨てることは、私自身への肯定でもあり、私が好きなファンダム文化への真の賛同なのだから。 ツイステッドワンダーランドは、私の捻れ切きった価値観を全く予期しない形で再度捻ることで、別の新しい世界を見せてくれた。 ーー 毎日、ツイステッドワンダーランドについて様々な意見を目にする。 上記した考えは私の中だけであって、当たり前ながら意見の数だけ様々な考えがあると思う。 私も、ゲームの中で描かれている価値観に対して疑問を投げたくなることは幾度とあるし(何度も言っているアズール・アーシェングロッドさんへのBodyshamingなど)少し前の自分であれば、もしかしたら目にもしたくなくて、単語を片っ端からミュートにしていたかもしれない。 原作にはなかったヒューイ・デューイ・ルーイに個を加えたダックテイルズや、シュガーラッシュ2で描かれたOhmidisney上のディズニープリンセスと同じで、エンターテイメント界のサノスだと言われているウォルト・ディズニー・スタジオ社が広げた大きすぎる傘の下にいる以上、きっとこれからも類似したケースは断続的に起こるのではないかとも思う。 その度にきっと、ファンを失ったり、得たりしながらも、それは続いていくのだろう。 もしかしたら私もまた、壁にぶつかるかもしれない。 けれど、それと同時に、こうやって何か新しいことに気づく瞬間があるかもしれない。 そう思うと、私はワクワクする。 ーーー この私の内在する差別心に気付かせてくれたソースの一つに、私の好きなファンガール文と、それに対する社会についてのTEDTALKがある。 自分にかけられた呪いに対峙しないと、その呪いを解く事は難しい。 ツイステッドワンダーランドを初めて知ったあの日とは全く違う気持ちで、ディズニーストアでだいぶ前にもらった、適当にほったらかしていた公式アンソロジーを引っ張り出してきて開いてみた。 表紙の端は折れているし、しっかりしている紙なはずが適当に保管していたせいか、よれよれになってしまっている。 そうか、あの「今に見てろよ」みたいな台詞は、ジャミルくんの台詞だったんだ。 あの時開いた際に感じた恥ずかしさは私を襲ってこなかった。

次の

【すぐわかる!】『ディズニー マジカルファーム~マジックキャッスルストーリー~』

ディズニー ツイステッドワンダーランド 類似のゲーム

引用 この物語を描くのは、「悪役たち」の真の姿 魔法の鏡に導かれ、異世界「ツイステッドワンダーランド」に召喚されしまった主人公。 辿り着いた先は名門魔法士養成学校「ナイトイレブンカレッジ」。 行く当てのない主人公は、仮面の学園長の保護を受け、元の世界へ帰る方法を探し始める。 しかし、そこで待ち受けていた生徒たちは、才能豊かだが、協調性皆無の問題児ばかりだった! はたして主人公は、彼らと協力し、元の世界へ帰ることができるのか?そして、ヴィランズの魂を持つ、生徒たちの秘密とは? 販売サイト イトーヨーカドーネット通販 Yahoo! 【セット内容】1BOX=20パック入り。 スマートフォンゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」のメタルカードがカードパックで登場! ディズニー作品に登場するディズニー・ヴィランズの魅力にインスパイアされたキャラクター達!。 全種銀蒸着加工でキラリと光り、丈夫なPET製のカード! 美麗なビジュアルに合うつやりとしたメタルカードの素材が映えます!。 入荷後、迅速に発送いたします。 セブンネットショッピング Amazon 引用 スマートフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』のメタルカードが登場!! メタリックに光り輝く美麗なプラカードです。 寮生や学園関係者など多数のキャラクターを収録したラインナップ。 ディズニー作品に登場するディズニー・ヴィランズの魅力にインスパイアされたキャラクター達! 全種銀蒸着加工でキラリと光り、丈夫なPET製のカード! 美麗なビジュアルに合うつやりとしたメタルカードの素材が映えます! 1パック2枚入り。 カードはランダムです。 商品名、入数、品番、サイズ、価格、販売時期も予告なく変更することがありますので、予めご了承下さい。 予めご了承下さいませ。 商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、 カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。 実際の商品と異なる場合がございます。 実際の商品と異なる場合がございます。 商品価格比較 イトーヨーカドーネット通販 Yahoo! 【セット内容】1BOX=20パック入り。 スマートフォンゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」のメタルカードがカードパックで登場! ディズニー作品に登場するディズニー・ヴィランズの魅力にインスパイアされたキャラクター達!。 全種銀蒸着加工でキラリと光り、丈夫なPET製のカード! 美麗なビジュアルに合うつやりとしたメタルカードの素材が映えます!。 入荷後、迅速に発送いたします。 セブンネットショッピング Amazon.

次の

『ディズニー ツイステッドワンダーランド』、「ハーツラビュルピックアップ召喚」と「強化合宿 ハーツラビュル編 第1弾」を開催予定!:時事ドットコム

ディズニー ツイステッドワンダーランド 類似のゲーム

株式会社アニプレックス(東京都千代田区、代表取締役:岩上 敦宏)は、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(東京都港区)協力のもと制作の新作スマートフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド(Disney Twisted-Wonderland)』にて、2020年7月7日(火)より期間限定イベント「ゴースト・マリッジ 〜運命のプロポーズ〜」と「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」を開催いたします。 png ] 開催期間:7月7日16:00〜7月22日14:59 内容: 7月7日16:00より「ゴースト・マリッジ 〜運命のプロポーズ〜」を開催いたします。 だが彼女の求める「理想の王子様」は中々見つからず、花婿捜しは何百年もの あいだ難航していた。 ? 本イベントは、ストーリーとバトルを楽しめる期間限定イベントです。 イベントを進めることで、限定衣装のSR リドル[なりきり花婿]とR ルーク[なりきり花婿]が期間限定で参加します。 さらにイベントを進めて、SR リドル[なりきり花婿]とR ルーク[なりきり花婿]を正式参加させましょう。 png ] 1. 授業を受けて、「ブーケ」を集めましょう。 魔法史、飛行術、錬金術のどの授業でも獲得できます。 ブーケを消費して、ストーリーを進めましょう。 ストーリーを進めることでバトルが解放されます。 バトルをプレイするためには、ブーケが必要です。 バトルに勝利すると、次のストーリーが追加されます。 次のストーリーを解放するためには、一定数の「指輪」が必要です。 解放したバトルをプレイして「指輪」を集めましょう。 集めた指輪は、ショップ内「指輪ショップ」にて、 SR リドル[なりきり花婿]やR ルーク[なりきり花婿]、その他各種アイテムと交換できます。 png ] 以下のカードは、「指輪」の獲得数やイベントバトル時のカードステータスにボーナスがつきます。 そのため、グルーヴィー化は正式参加後に可能となります。 イベントストーリーをすべて読み終えると、ExtraBattleが解放されます。 ・本イベントは、再度開催する場合があります。 ・本イベントで、登場する限定衣装のカードは、召喚やショップ等で、再度提供する場合があります。 png ] 開催期間:7月7日16:00〜7月22日14:59 内容: 7月7日16:00より「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」を開催いたします。 本召喚では、期間限定のSSR エース[なりきり花婿]とSR エペル[なりきり花婿]が登場します。 「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」では、下記ピックアップ対象のカードの提供割合が、同じレアリティの他カードよりもアップいたします。 ・「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」は100回目の召喚で必ずSSRが排出します。 ・100回目までのカウントは「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」画面左下のSSR確定ゲージで確認できます。 ・他の召喚を利用しても、「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」のSSR確定ゲージのカウントは増えないのでご注意ください。 ・100回目の召喚で排出されるSSRカードは、「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」で提供しているSSRカードから排出されます。 ・100回目召喚におけるSSR確定時も、SSR エース[なりきり花婿]の排出確率は、「ゴースト・マリッジ 期間限定召喚」の排出確率と同じく他のカードよりも高く設定されています。 ・SSR確定ゲージが100に到達する前にSSRが排出されても、確定ゲージはリセットされません。 ・SSR確定ゲージは、期間限定召喚ごとにカウントされ、開催終了とともにリセットされます。 ・本召喚の日程や、カードの各種パラメータは、事前告知の上、変更になる場合があります。 ・期間限定召喚の終了後も、今回登場したカードを再度提供する場合があります。 aniplex. apple. google. aniplex. twst. 彼らの持つ妖しくも美しい魅力にインスパイアされ、漫画家・枢やなが新たな世界を創り出す。 この物語が描くのは、「悪役たち(ルビ:ヴィランズ)」の真の姿——。 リズムとバトルで紡ぐ、ヴィランズ学園アドベンチャーゲーム、ついに誕生。 C Disney. Published by Aniplex 「ディズニー」をもっと詳しく.

次の