南 相馬 市 コロナ。 南相馬市でランチに使えるお店 ランキング

相馬野馬追執行委員会 公式ページ

南 相馬 市 コロナ

5月14日、福島県の緊急事態宣言が解除されましたが、引き続き、手洗いなどの感染症予防の徹底をお願いします。 市民一人一人が注意して、市内での感染拡大を防ぐようがんばりましょう。 注意すること• 不要不急の都道府県をまたいだ往来は極力控え、特に特定警戒都道府県との往来を自粛ください。 これまでにクラスターが発生しているような施設や「3つの密」のある場所への外出は自粛ください。 繁華街の接客を伴う飲食店などへの外出は自粛ください。 頻回の手洗い、咳エチケットなど、感染症対策の徹底をお願いします。 持病がある方、高齢の方は、より一層の感染症対策をするようにしてください。 風邪などの症状(発熱など)が見られるときは、ほかの人への感染を防ぐため、学校や会社を休んでください。 食事のときは大皿を避け、料理は個々にしましょう。 また、対面ではなく、横並びで座りましょう。 今後、厚生労働省や県が発する新型コロナウイルスに関する情報にも注意願います。 感染症対策の詳細は、下記リンク「感染症に注意しましょう」「新しい生活様式の実際例」をご確認ください。 発熱外来診察室 イベントなどの開催可否の判断• 屋内=100人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数にすること• 屋外=200人以下、かつ人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2メートル) そのほかの条件• 適切な感染防止対策(入退場時の制限や誘導、待合場所などにおける密集の回避、手指の消毒、マスクの着用、室内の換気など)が講じられること。 イベントなどの前後や休憩時間など交流の場で感染拡大のリスクを高める可能性があることを踏まえ、イベントなどの主催者はこうした交流などを極力控えること。 (注意)上記の人数に満たないイベントなどであっても、 密閉された空間において大声での発声、歌唱や応援、または近接した距離での会話などが想定されるイベントなどは、人数や収容率の目安に関わらず、開催にあたってより慎重に検討すること。 クラスター(集団)の発生のリスクを下げるための3つの原則 1. 換気を励行する 窓のある環境では、可能であれば 2 方向の窓を同時に開け、換気を励行しましょう。 人の密度を下げる 人が多く集まる場合には、会場の広さを確保し、お互いの距離を1~2メートル程度空けるなど、人の密度を減らしましょう。 近距離での会話や発声、高唱を避ける 周囲の人が近距離で発声するような場を避けてください。 やむを得ず近距離での会話が必要な場合には、自分から飛沫(ひまつ)を飛ばさないよう、咳エチケットの要領でマスクを装着するなどの対応をしましょう。 これらに加えて、感染予防の観点から次のことが強く推奨されます。 こまめな手指衛生• 咳エチケットの徹底• 共用品を使わないこと• 共用品を使う場合の充分な消毒 感染が確認された場に共通する3つの条件.

次の

「発熱外来」病棟外に 新型コロナ : ニュース : 福島 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン

南 相馬 市 コロナ

令和2年度相馬野馬追の開催内容について 7月25日(土)から7月27日(月)の3日間行われる令和2年度相馬野馬追の開催について検討した結果、以下のとおり決定しましたので、お知らせいたします。 現在、新型コロナウィルス感染症が国内外に拡大しており、事態終息の見通しが立っておりません。 例年、全国から観光客の方にお越し頂き、また、妙見神社や各郷騎馬会のご協力のもと、多くの参加者を得て執行する行事であることから、感染症の拡大防止という観点から、例年通りの開催は困難と判断せざるを得ません。 そのため、令和2年度相馬野馬追は、 行事の大部分を中止とし、神社敷地内で最小限の行事を、無観客、関係者のみで実施することと致しました。 元来、相馬野馬追は相馬家の年中行事に由来し、神前に御神馬を奉納して領内の安全祈願や五穀豊穣を祈る神事です。 江戸時代の飢饉の時には「御省略」と称し、相馬家当主のみ小高妙見社(現在の相馬小高神社)に出向き、祈りを捧げたこともありました。 その故事に倣い、今年度は最少人数の関係者のみで執行することと致します。 このような判断をせざるを得ないことは誠に心苦しい限りですが、出場を予定されていた皆様や関係者の皆様、協賛各社の皆様、開催を心待ちにされていた全ての皆様におかれましては、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 なお、どのような形であれ、相馬野馬追の執行にあたっては、地域の平和と安寧を願うという過去より連綿と受け継がれてきた想いに変わりはございません。 来年度以降も、日本が誇る伝統文化である相馬野馬追の継承と発展に、変わらぬ御支援、御協力を賜りますよう、切にお願い申し上げます。 令和2年5月15日 相馬野馬追執行委員会 委員長 門 馬 和 夫 お知らせ.

次の

福島県内の新型コロナウイルス発生状況

南 相馬 市 コロナ

「冷たい水を自由に飲んで」。 福島県相馬市は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で夏休みを短縮して実施する振り替え授業の熱中症対策をまとめた。 市立小中学校全13校(約120学級)に冷水を置き、こまめな水分補給を行う。 市教委によると、今年の夏休みは8月8〜23日の16日間。 例年だと夏休みだった7月21日〜8月7日の平日12日間に授業を実施する。 授業中はマスクを着用するが、市内の小児科医から「児童生徒がマスクを『暑苦しい』と感じた場合は脱水症の可能性が極めて高い」と助言を受けた。 全普通教室にあるエアコンで温度を調節するが、密閉による感染リスクを避け、マスクを外して窓を開放するなどの手立ても行う。 冷水は、地元の相馬双葉漁協から1日約480キロの氷の提供を受け、1学級当たり備蓄用ペットボトルの水16リットル(1人500ミリリットル換算)をたるに入れて冷やし、児童生徒が飲みたいときに自由に給水できるようにする。 内科医の立谷秀清市長は「マスクで熱中症を起こさないか心配だ。 大切なのは体を冷やすこと。 授業中でもたくさん飲んでもらう」と話した。 【高橋秀郎】 外部サイト.

次の