御霊前 漢字。 「御霊前」と「御仏前」の違いは何? どう使い分ければいいの?

「香典袋の書き方」マナー&金額まで丸わかり

御霊前 漢字

このページの目次• 御霊前と御仏前の違いは?どんな意味? 文具店やコンビニで熨斗袋のコーナーを見ると、弔事用で圧倒的に種類が多いのが「 御霊前」と「 御仏前 または御佛前 」です。 それだけ一般的な熨斗袋ということなのですが、この 御霊前と御仏前はいったいどのようなときに使うのでしょうか?その違いと意味をまずは見ていきましょう。 御霊前と御仏前 御佛前 はいつ使う?何が違うの? 御霊前は主に通夜や葬儀で使います。 仏教・キリスト教・神道のどの宗教でも使用できます。 ただし、蓮の花の模様がある香典袋は仏教のみです 一方の 御仏前は仏教における四十九日以降に使います。 主にお盆やお彼岸、年忌法要といった仏教の法事に使います。 四十九日が境なのはなぜ? 仏教の教えにおいて、人が亡くなると7週間 49日間 は霊となり彷徨います。 その間、遺族が一心に冥福を祈り、7週間経った日に成仏 仏さまになる するのです。 つまり、四十九日前は霊の前に供えるものなので「 御霊前」、四十九日後は仏の前に供えるものなので「 御仏前」となるわけですね。 浄土真宗に関する注意点 仏教のなかでも、 浄土真宗に関しては「御霊前」を使いません。 なぜなら「往生即成仏」という親鸞の教えがあるからです。 浄土真宗においては、亡くなってすぐ仏様になるので、 通夜や葬儀であっても「御仏前」を持参するのが正解です。 ただし近年は、喪主サイドですらこの事実を知らないことが多く、浄土真宗の葬儀であっても「御霊前」を持参する人がほとんどといったことも。 浄土真宗の教えに従って御霊前は使いたくないが、かといって御仏前を持参して「御霊前じゃないの?」と思われたくない…。 そうご心配の方は、「 御香料」という名目で持参するといいでしょう。 「御香料」は単に「お香をお供えします」という意味なので、 仏教の宗派関係なく使用できます。 香典袋の書き方の基本 香典袋の書き方には決まったルールがあります。 基本をおさえて失礼のないようにしましょう。 基本1:弔事には薄墨で書く 不祝儀には薄墨を使うのが基本です。 これには「涙で墨がにじんでしまった」や「突然のことで墨を磨る時間がなかった」といった意味が込められています。 故人が亡くなってすぐ執り行われる通夜や葬儀に濃い墨を使っては、「亡くなる前から墨の準備をしていた 予期していた 」ということになり大変失礼ですので気を付けてください。 なお、四十九日以降の法要については、あらかじめ日程が決まっていることなので、濃い墨を使っても失礼にはあたりません。 基本2:宗教による香典袋の違い ・仏教:前述のとおり、四十九日以前は御霊前、以降は御仏前を使います。 浄土真宗は最初から御仏前を使います。 宗派に関係なく御香料を使っても大丈夫です。 また、蓮の花の模様がある香典袋は仏式のみです。 ・キリスト教:御霊前も使えますが、「御花料」のほうがより一般的です。 白の無地か白百合や十字架が書かれている香典袋を使います。 ・神道:御霊前が使用できます。 あらかじめ神式と分かっている場合は、「御榊料」「御神前」「御玉串料」などが良いでしょう。 香典袋下段の書き方 1)基本的な書き方 下段の真ん中に会葬者のフルネームを書きます。 2)夫の代理で会葬する場合 下段の真ん中には夫のフルネームを書き、名前の左下あたりに「内」と小さく書き添えます。 3)夫と連名にする場合 下段真ん中に夫のフルネームを書き、夫の名の左隣に妻の名を並べます 妻の苗字は書きません。 夫婦揃って会葬する場合でも、夫のみの名前で香典を出して大丈夫です。 ただし、故人が妻の縁者であったり、妻と繋がりの深い方の場合は連名にすることがあります。 4)会社で香典を出す場合 下段の真ん中には役職名とフルネームを書きます。 会社名は右側に名前よりも小さな文字で書きます。 役職名が長く氏名と同じ行で書けない場合は、氏名の右隣に書きますが、その場合でも氏名は下段真ん中から動きません。 5)上司の代理で会葬する場合 上司の氏名に「代」の字を小さく書き添えます。 上司の名刺を預かり、右上に「弔」の文字と自分が代理で会葬した旨を書いて香典袋に添えて出すと、相手にわかりやすくて親切です。 6)職場で連名の場合 3名までの連名であれば、氏名を並べて書くことができます。 その際、一番右側に最も役職の高い人を書き、左へ役職順に書いていきましょう。 御霊前の中袋の入れ方と中袋がない時の書き方 中袋へのお金の入れ方 通夜や葬儀へ持参する香典の中袋へ入れるお札は 旧札にしましょう。 「突然のことできれいなお札を用意できませんでした」「予期していなかった」という意味が込められています。 手元に新札しかない場合は、 真ん中に折り目を入れて使用感を出しましょう。 四十九日以降の法要はあらかじめ日時が分かっているものですから、新札を入れても差し支えありません。 不祝儀の場合は札の肖像がない方 裏 を前にして入れます。 祝儀の入れ方と逆ですので注意してください。 香典の相場や香典の渡し方、マナーについては以下の記事を参考に失礼のないようにしましょう。 関連記事 中袋の書き方 1)金額を書く 中袋の前中央に金額を縦書きします。 「金、壱萬円 または圓 也」のように旧漢数字で書きます。 その場合は裏面の金額欄に金額を書き、表面には書く必要はありません。 2)住所と名前を書く 中袋の裏面に住所と名前を書きます。 筆や筆ペンで細かい字が書きづらい場合は、筆ペン風に書けるペンを使うときれいに書けます。 3)姓が変わって間もない場合 結婚して姓が変わって間もない場合であっても、香典袋へは新姓で書きます。 ただし、受け取る側が混乱しそうであれば、中袋の裏面氏名欄に新姓で氏名を書き、その左側に で旧姓を書くと親切です。 中袋がない場合は? 香典の金額が5千円以下の少額の場合、中袋のない簡素な香典袋を使うことがあります。 その場合は香典袋の裏面に住所・氏名・金額をしっかり記入しましょう。 まとめ 故人を偲び冥福を祈るために、礼儀を重んじ失礼のないようにしましょう。 とくに 香典袋は、会計管理のために遺族の手元に残るものです。 遺族の心中を察し、お手を煩わせないよう、必要な情報は全て書くのがマナーです。 香典の額で悩むことがあると思いますが、故人や親族との関係性をよく鑑みて決めましょう。 渡した香典の額は、今後同様のやり取りがあった場合の基準となります。 自分の親族に不幸があったとき、相手に負担をかけてしまうこともありますので、 適切な額を渡すべきです。 また、香典袋は金額に応じて、中袋の有無や結び切りの色、短冊の有無などで 豪華さを調節できます。 5千円以下の香典で豪華な香典袋を使ったり、逆に1万円以上で中袋のない香典袋を使うのは、とても恥ずかしいことです。 注意してくださいね。 尚、香典を包む袱紗(ふくさ)に関する決まりについては以下の記事をご覧ください。

次の

御霊前と御仏前の違いと意味、香典袋の書き方の基本は?

御霊前 漢字

本来であれば訃報の連絡を受ける時に先方の宗教を確認し、その宗教に即した表書きを書くのですが、先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使える表書きは「御霊前」です。 御霊前は、通夜でも葬儀でも使えます。 蓮の花の絵がついているものは仏教にしか使えませんのでのし袋の種類にも注意してください。 左記は「御霊前」の香典袋への書き方例です。 2 宗教ごとに異なる香典袋・お香典の書き方 a. 蓮の花の絵が印刷された(描かれた)熨斗袋は仏式用です。 もちろん、蓮の花のない熨斗袋も使えます。 参考:御霊前と御仏前の違いは) b. のし袋を選ぶ場合、ユリの花、十字架などの絵が印刷された(描かれた)熨斗袋はキリスト教式用です。 その他に「御霊前」は宗教を問わず使えるとされています。 神式では無地の熨斗袋に白黒または双白もしくは双銀の水引きのものなどを用います。 先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使える表書きは「御霊前」です。 御霊前は、通夜でも葬儀でも使えます。 文字がバランスよく配置されるようにします。 会葬者名簿にも同じように書きます。 ご夫婦揃って会葬する場合、夫の氏名だけでも良いのですが、故人とご縁が深かった場合には連名で出します。 どうしても一行に収まらないばあいには、行を分けて書くことになりますが、氏名は中央にくるようにします。 会葬者名簿にも同じように書きます。 取引先の方が亡くなった場合でも、遺族に対して故人との間柄が伝わるように、会社名を右に書き添えて社長名で出したりします。 鈴木花子」と小さく書き添えて受付に渡しましょう。 ・3名以上の場合…人数が3名以上の場合には、左の見本のような書き方があります[左の見本は(2)の例です]。 (1)表書きには中央に「佐藤太郎」その左に他五名などと書きます。 [中袋に入れる明細の書き方例] 経理部一同 佐藤太朗 五千円 鈴木二郎 五千円 高橋三郎 五千円 田中史郎 五千円 渡辺五郎 五千円 伊藤六朗 五千円 左記の明細の例は、職場の人たちで香典を包む際の連名の場合の書き方の見本ですが、友人一同などの場合には、あとで遺族がお礼状を書きやすいように各自の連絡先住所も明細に記載します。 しかし以下のような場合には、夫婦連名で香典を包むことがあります。 しかし、下記のような場合には、故人との間柄によっては旧姓を書き添えることもあります。 (1)結婚式や披露宴にお招きできなかった相手で、かつ「結婚の報告や結婚の挨拶状」が間に合わない相手の場合、表書きは新しい姓で氏名を書きますが、旧姓を書き添える事もあります。 旧姓の書き方には以下の方法があるようです。 いずれも、相手との間柄を良く考えて使って下さい。 [旧姓の書き方] a. 表書きは新しい姓で書きます。 中袋に住所氏名を書く際に、中袋の氏名の横に旧姓を書き添えます。 2.死亡の連絡がきたら(訃報を受けたら) 故人や遺族とのおつきあいの深さにより弔問の時期や方法が違います。 親しい友人や近い親戚の場合はできるだけ早くかけつけます。 一般的な友人、知人、会社関係の場合は、通夜以降に弔問する方が良いでしょう。 連絡を受けたら、お悔やみを述べるとともに、通夜、告別式の日時、場所、宗教を確認することを忘れないで下さい。 香典は通夜または葬儀のどちらかに持参します。 もし通夜のときに香典を持参した場合には、葬儀では記帳のみを行います。 葬儀またはお通夜のいずれにも参列できない場合や、勤務先など仕事関係者は弔電を打ちます。 ・会社関係者 ・一般的な知人や友人 の場合には、むしろ準備が整った後で通夜の席に弔問する方がよいでしょう。 基本的には断らないのがマナーです。 顔にかけた白布は遺族がはずすので、勝手にとらないようにしましょう。 遺族が白布をはずしたら故人に向かって手を合わせ冥福を祈ります。 通夜または葬式の香典は別途現金書留などで送るようにします。 宛先の名前はフルネームにします。 NTTの電報は115。 【香典を送る・郵送時のお香典の入れ方】 現金を香典袋に入れ、表書きを通常の不祝儀袋と同様に書きます(例えば上段を御霊前、下段を佐藤一男)。 そのまま現金書留の専用封筒に入れます。 便箋にお悔やみの手紙を書き、これも現金書留の封筒に入れ、郵便局の窓口などから送ります。 【遺族への手紙の書き方文例(お悔やみの文面)】 「突然の訃報に驚いております。 遠方のためご葬儀に参列できず申し訳ございません。 ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げますと共に、私も遥かな地より故人の御冥福をお祈りしたいと存じます。 なお、弔電は友引でも送ってかまいません。 2)受付係が「お忙しいところご会葬頂き恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」などと言いますので、まずは記帳をします。 3)記帳を済ませたらふくさから香典を取り出し、先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めて「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えて香典を渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 一礼して受付の前を去ります。 1)受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびは御愁傷様です」といって受付係に手渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 2)受付係から「御丁寧に恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。 3)記帳を済ませたら一礼して受付を去ります。

次の

香典袋にボールペンを使ってもいいの?中袋の書き方を詳しく解説!|終活ねっと

御霊前 漢字

Sponsored Link 御仏前と御佛前の読み方はなんて読むの? 香典袋には、御霊前に御仏前・御佛前・御花料に御玉串料とたくさんの種類がありますね。 大まかに、お葬式には御霊前、法事には御仏前・御佛前、仏教以外の儀式のときに渡すときは 御花料や御玉串料…というように使い分けるものとはわかっていても、 明確にいつにどれを使うかとなると迷ってしまいます。 御霊前は、仏教の多くの宗派で四十九日より前のお通夜や告別式といった葬儀で渡すとき、 またはキリスト教カトリック派の人に渡すときに使われる表書きです。 御仏前・御佛前は仏教式で四十九日を過ぎてから渡すとき、または 仏教の浄土真宗の場合は、四十九日を待たずに亡くなってすぐでも使えます。 御花料はキリスト教の多くの宗派、御玉串料は神道式殆どの宗派で、どのタイミングでも使える表書きです。 さまざまな宗教を信仰している人がいる現代社会では、出来る限り故人やご遺族の信仰している 宗教・宗派のルールやマナーにのっとった表書きにするのがマナーとされています。 香典に中でも、四十九日以降の仏教の法事で使う、使用頻度の高い 御仏前・御佛前ですが、この香典はなんと読むのでしょうか。 読み方は両方とも「ごぶつぜん」と読み、「佛」は「仏」の旧字体でどちらも意味は同じです。 Sponsored Link 御仏前と御佛前の違いとは? 御仏前と御佛前の読み方や字の意味が同じなのに、なぜ市販の香典袋は両方の文字のものがあるのでしょうか。 「仏」も「佛」も同じく仏様をさす言葉で、仏教の開祖のブッダを漢字で書いたときにも、「仏陀」または「佛陀」と、どちらの文字も使います。 一説によると、昔の中国の仏教僧の人がブッダの名前を書こうとしたときに、名前そのままの「佛陀」という 字を書くのは畏れ多いので、略字の仏を使った「仏陀」と書いたことから「仏」も「佛」も同じように使うようになったといわれています。 現代日本では新字体の「仏」のほうがメジャーな字になっていますし、前記の説からすれば「佛」より 「仏」を使うほうが理に適っていますが、旧字体の文字を使うほうが古くからの仏教で使っている文字に則しているとして、 「佛」のほうがより丁寧な文字としている人も少なくありません。 仏教的には慣例的に旧字体の「佛」を使うことが多いようですが、仏教徒でない人にも旧字体を使うようにと推奨することはないようです。 仏教を入れない一般的な解釈としては、書いたときも文字が違うだけで香典としての意味に違いはないとされています。 ですが、南北に伸びている日本ではさまざまな風習やしきたりが地域色豊かに残っていたり、お家単位・町村単位でも 作法は変わる可能性は大いにありますので、 親族や地域の年長者に確認を取っておくと良いかもしれません。 マナーはどの様に違うの? 香典の表書きの御仏前と御佛前の違いは、長い歴史の中でたくさんの人の手を経てふた通りに 作られたものとわかったところで、文字の違いからマナーの違いはあるのでしょうか。 あくまで個人単位になりますが、人によっては「御仏前」は目下か同列の相手に、「御佛前」は 目上の相手に使い分けるという人もいますし、「佛」のほうが格好がつくので好んで使うという人もいます。 本来的な仏教の中での使い方や書き方とは離れてしまいますが、どうしても旧字体の「佛」の文字のほうが 非日常的な雰囲気を持っていることから、丁寧であったり格好が良いと思われることが多いですね。 こうした理由から、個人個人がどのような考え方やイメージを持っているかわからないため、出来れば「御佛前」の 表書きをしてある香典袋を使うほうがマナーに則しているといえるでしょう。 マナーは「行儀作法の決めごと」ではありますが、相手のことを慮ったり、お互いの気分を害さないために 考えられたものであって、決めごとを頑なに守っていても、相手のことを慮れないで 自分の意見を押し通すようになってしまっては、その決めごとはもはやマナーとは言えません。 また、愛する家族を亡くしたご遺族は、気持ちの余裕がなくなっていることが多く、 そうしたときには小さなことでも大きく気になってしまうものです。 普段は「仏」でも「佛」でも関係ないと言っている人でも、余裕がなくなっている時には 「仏は略字だからマナー違反をされた!」と思ってしまうこともなくはないですね。 そうした小さな行き違いを避ける意味でも、「御佛前」を使うほうがマナーに沿っているといえます。 まとめ 御仏前と御佛前は、どちらも同じく「ごぶつぜん」と読みます。 御仏前と御佛前の違いは、旧字体と新字体の差であって、同じ意味の文字です。 御仏前も御佛前も同じものですが、マナー的な観点からすると「御佛前」を使うほうが安心かと思われます。 Sponsored Link•

次の