布団 干し シート。 布団干しの汚れ防止アイテム4選!代用アイデアも紹介

布団を干すときは“専用カバー”を付けて汚れから守るべし!

布団 干し シート

ベランダで普通に 布団を干しているという方もいると思いますが、 ちょっと待ってください! 実は意外と汚れていますよ。 ベランダの柵って雨ざらしの場所なので、一見綺麗そうに見えてもチリやほこりで汚いです。 道路沿いのお宅なんかは車の排気ガスも気になりますよね。 やっぱりそんなところで布団って干したくないです。 ベランダの柵に布団を干すのって、正解なのでしょうか? それともなにか他に方法があるのか…。 みんな何か汚れ対策をしてるのでしょうか? ベランダで布団を干すためのおすすめアイテムもご紹 介していきますね。 スポンサーリンク Contents• ベランダでの布団干しは汚い? 結構汚れがついている ベランダの布団干しの部分は、 ほこりや花粉、 PM2. 5 、雨などで汚れています。 ベランダの布団干しにそのまま布団を干すのは、 外の床にカバンを置くのと同じような感じだと思う方もいるくらい。 ちなみに、私は以前はあまり気にしていなくて、 拭いてから布団を干していましたが、 友人からの指摘で確かに汚いかもと思うようになりました …。 拭いてみると、意外と雑巾が真っ黒になるんですよね~。 布団には布団カバーがありますけど、布団カバーは普通に洗濯して、 中の布団だけを干すというご家庭が多いと思います。 もし、布団に何か付いたとしても、綺麗に洗ったカバーをつければ、 綺麗ですからね。 なので、普通に汚れは気にせず布団を干して、取り込むときにカバーをはずす。 という方法をとっている方もいました。 確かにそれなら肌に触れる面は清潔ですし、気にならない方はそれでも良いのかも? スポンサーリンク ベランダでの布団干しはシートが便利!他にも便利なグッツを紹介! 布団干しシート 布団を干すときに、直接布団を干すのではなく、 下に シートを敷いて干すのがおすすめです。 中には滑りにくいようになっていたり、 マジックテープで何箇所か止められるものもあります。 そうすると、下に落下して汚れてしまうなんてことも防げますよね。 大人用の布団 2 枚を同時に干すことができるほどの大きさがある物もありますし、 何より洗濯機で洗うことができるのを選ぶとより便利ですよ。 また、わざわざ買い足さなくても、いらなくなった古い大き目の布を使って代用しているという方もいました。 他にはお花見の時などに使うブルーシートを使っているという方も。 そのほうがお値段的には安く済みそうですしね^^ 布団干し台 ステンレス製の布団を干せる台があります。 ベランダの内側で干すことができるので、 人目が気になったり、下に落下してしまうのが 心配な方でも、布団を干すことができます。 また、薄いので使わない時は足だけ拭いて、 家の中で保管もしておけますよ。 最近は布団を柵に干してはいけないという決まりがあるマンションもあるようで 景観を損ねるとか。。 、ママ友はこの布団干し台を活用しています。 ビニールシートなら、すでに持っているという方も多いですし、 100 円ショップなどでも売っているので、お試しで使うことができていいですよね。 でも、布団干し用とピクニック用は別に用意したいところですね^^ まとめ 布団を干す場所というのは結構汚れているものなんですね~。 一度ご自宅のベランダの人が布団干しを雑巾で拭いてみてください。 雑巾で拭くだけで、雑巾が恐ろしく汚くなるので、 きっと、重曹水やアルコール除菌剤を染み込ませた雑巾で拭いたら、 もっと雑巾が汚くなること間違いなしですよ。 毎回拭くのも大変だし、ぞうきんを洗うのもなんだか気持ち悪いし…。 という方は、 布団を干す時に、 布団干しシートや、布団干し台、ブルーシートを活用してみてください。 布団干しシートは滑り止めや、マジックテープで止められるものがほとんどですが、 布団干し台やブルーシートの場合は ついていませんので、洗濯ばさみなどで横をとめましょう。 これで気持ちよくぐっすり夜眠ることができそうですね~^^.

次の

布団干しシート(カバー)4選!外の汚れを気にせず干せて便利

布団 干し シート

晴れた日には布団を干したくなりますが、なにかと面倒が多いもの。 「開催している片づけサークルでも、布団の干し方は話題に上ります。 多くの人が『ベランダに直接布団を干すのは抵抗がある』と言います」と話すのは、暮らしのプロ・ライフオーガナイザーの高田舞子さん。 ここでは、手すりに直接布団を干しても面倒じゃないという、高田さんの布団の干し方・シーツの替え方をご紹介します。 ひと工夫で、ベランダに直接布団を干すのがラクに ベランダに直接布団が干せる。 寝具の替え方・布団の干し方 布団干し用のシートを使っていたり、布団乾燥機でしのいだり、家庭によって工夫はさまざまだと思います。 わが家でも花粉の時期は外に干せないので布団乾燥機がフル稼働しますが、やはり直接陽射しを浴びふかふかになった布団は魅力的です。 なので、手すりに直接干しています。 が、そうはいっても手すりや壁の汚れが布団に付着するのを避けたい。 そこで、私が辿り着いた方法がこちらです。 一見、なんの変哲もない布団日光浴ですが、 ルールは「シーツをつけたまま」干すこと。 数時間日光を浴びた布団を室内に取り込む際、シーツを剥がし、そのまま洗濯機へ。 そしてふんわり生き返った布団は、その夜から新しいシーツに包まれます。 そうです、布団を干すために専用のシートを用意するのではなく、「シーツの替えどきに干す」ルールにしています。 平日は仕事をしていますし、週末に天気に恵まれないこともあります。 タイミングが合わない時は布団乾燥機の出番ですが、時間と天候が合致すれば、「替えどきに干す」ルールが発動します。 かけカバーは内側で布団の隅と紐で結んで…が定番ですが、このNグリップはその作業が一切不要! 布の一部に特殊な生地を使用していて、布団がカバー内でずれないように設計されているのです。 つけ方もいたって簡単! まずは裸の布団に裏返しにしたシーツを重ねます。 その後、袋になっているシーツの内側に腕を入れ、穴のあいた角から指を出し、布団の二隅をつかみます。 あとは一気にひっくり返すだけ。 Nグリップのつけ替え作業は、本当にラク! 慌てなくても、ダブルサイズでも、1分かかりません。 カバーには説明書もついているので、読めばだれでも簡単に替えられます。 Nグリップでない従来型、紐式のカバーもわが家にはあります。 この型でシーツを替える際のキーワードも「裏返し」で替えること。 布団に裏返しにしたカバーを重ね、各隅のヒモを結びます。 結ぶべき場所がすべて見えているので間違うこともなく、ダブル布団でも即完結。 あとはNグリップ同様、袋になっているシーツの内側に両腕を入れ、反対側の布団の二隅を手で掴み、ひっくり返すだけ。 この方法にたどり着くまでは、何倍も時間がかかっていました。 シーツの中に布団を先に入れこみ、その中に潜って各隅のヒモを結ぶのですが、暗いうえに交差して合わせる場所を間違ったり…。 今は「裏返し」がルールなので、シーツをはがして洗濯機に放り込むときから裏返し。 その後、干して引出し収納にしまう際もずっと裏返しのまま。 次に使うときに便利な状態で収納する、これは時短の鉄則です。 今回おすすめした布団を干す方法やアイテム、ぜひ一度試してみてくださいね。 自身の子育ての経験を生かして活動中。 ブログでは暮らしに役立つ情報を配信している.

次の

布団が綺麗に干せる「布団干しシート」!これ…便利!

布団 干し シート

・ダニや雑菌の増殖を防ぐ ・布団が軽くなる このようなメリットが生まれます。 それぞれについて、説明していきますね! ダニや雑菌の増殖を防ぐ ダニや細菌は湿ったところを好みます。 また、人の皮脂やフケは彼らの大好物なんです。 長いこと干していない布団はダニ・細菌たちにとって 天国です。 この状況を変えるには、干すしかありません。 布団干しをすれば、ダニや雑菌の好きなものを徹底的に取り除くことができます。 布団が軽くなる じめっと重い布団で、寝苦しいときありませんか? 布団は、毎日身体から出る水分を吸収しているので、長い間干さないでいると湿気がどんどん蓄積されていきます。 布団を干すことでこの水分を飛ばすことができ、 ふわふわで軽い布団を手に入れることができるんです! 実際に干してみよう! 布団干しのメリットがわかったところで、いくつか方法を紹介していきます! 干し竿を使って干す 布団を干す上で最もおすすめな干し方が、干し竿を使って干す方法です。 簡単にできるので、ぜひやってみてください! 手順 1. 布団を干し竿にかける なるべく布団が重ならないように、広げて干します。 3~5時間干す あとは、3~5時間放置するだけです。 雨の日など湿度の高い日はエアコンをドライ設定にしたり、扇風機を回したりすると乾燥しやすくなります。 注意 布団叩きは使わない! 布団叩きで強く叩くとダニなどが繊維の奥に入り込んでしまい逆効果になってしまいます。 取り込む 干し竿を倒してけがをしないように、注意して取り込みましょう。 ちなみに、頻度は週に1~2回が目安です。 掛けるのも取り込むのもほとんど時間はかからないので、忙しいあなたでも大丈夫です! しかし、そもそも干し竿を持ってないという人も多いですよね。 わざわざ買うのはちょっと…。 という方、ご安心ください。 干し竿がなくても部屋干しする方法が実はあるんです! 続いて、特別なアイテムをそろえずに簡単に干せる方法をご紹介していきますね! 椅子に掛けておく 干し竿の他に、椅子に掛ける方法があります。 方法は簡単で、椅子の上に広げて掛ければ完了です。 干す時間などは干し竿を使った方法と一緒です。 簡易的に見えますが、敷きっぱなしにしているのと比べると、かなり乾燥効果が高いです。 布団を半分めくっておく 朝起きた時に布団を半分めくっておくのも効果的です。 1日目が枕側なら、2日目は足元と、めくる側が交互になるようにしましょう。 寝ているときは掛け布団と敷布団どちらにも湿気がたまります。 この二つを離して空気に触れさせることが大事なんです。 いかがでしたか?3つ紹介しましたが、どれも簡単な方法ばかりだと思います。 朝起きて、立ち上がるついでに布団をかけてしまえば、布団干しができちゃうんです。 これ、二度寝防止にもなりますね! この方法なら布団干しのハードルもグッと下がると思います。 乾燥機で徹底的にダニ退治 布団干しには、空気にさらして乾燥させる方法の他に、乾燥機を使う方法もあります。 実は、部屋干しはダニや雑菌の増殖を 抑制しますが、彼らを 死滅させることはできません。 これを使えばダニや雑菌を死滅させることができます。 使い方 基本的は簡単で、掛け布団と敷布団の間からホースを差し込みスタートボタンを押すだけ! 製品によって機能が異なるので、細かいところは説明書に従ってくださいね。 また、羽毛布団に乾燥機をかけると高温によって傷めてしまう場合があるので、使用する際は一度確認してください。 ちょっと値段は高いですが、月に一度のお手入れとして取り入れればダニや雑菌のいないクリーンな布団で寝ることができますよ! お役立ちアイテム紹介 部屋干しの方法がわかったところで、部屋干しに役立つアイテムを見ていきましょう! 干し竿はライフスタイルに合わせて選ぼう! 何人で暮らしているのか、部屋にどれくらいのスペースがあるのかなどによって干し方は変わってきますよね。 色々なタイプを紹介するので、ライフスタイルに合わせてご紹介します! 家族みんなで干せるタイプ この商品は一度に4枚の布団を干すことができます。 家族全員分を一気に干してしまいたいという人にオススメです! コンパクトに収納できるタイプ このタイプは、干しているときも収納するときも場所をとらないので、家のスペースが限られている人にオススメです! 空間に合わせて調節できるタイプ 壁に取り付けられるタイプです。 これなら空間の大きさに合わせて長さを変えられます。 さらに効果を求める方へ ここまでの手順でお手入れとしては十分ですが、布団干しをさらにワンランク上げるために、役立つアイテムを紹介します! 細菌乾燥シート 布団は干したいけどスペースがない・時間がないという方はこれがおすすめです。 掛け布団と敷布団の間に挟んでおくだけで両方の湿気を吸い取ってくれます。 この商品は天日干しすることで除湿・消臭効果が再生し、何度も使えますよ! 枕干し 実は、枕はふとんよりも こまめにお手入れをする必要があります! 枕は布団よりも肌に触れている時間が長く、皮脂やフケなどがつきやすいんです。 のせるだけなので、毎朝気軽に枕を干すことができますよ! 長期間布団を干さないのは危険!? 布団を干さないとダニや雑菌の増殖しやすい環境を作り出していることになります。 彼らが爆発的に増殖すると、 アトピー性皮膚炎や ぜんそくなどのアレルギー疾患を引き起こすことがあります。 小さいお子さんがいるご家庭などでは特に注意が必要です。 布団を干さないで使い続けるのは、布団の使い心地が悪くなるだけでなく、健康にも影響してしまうんですね。 まとめ みなさん、最後に布団を干したのはいつですか? 忙しかったり、天気の悪い日が続くと気が付いたら2~3か月干してないなんてことも…。 今回ご紹介した部屋干しは、朝起きてすぐにできる事ばかり。 天気も気にしなくていいので、習慣化できそうですよね。 日光にあてなくても、布団はしっかり乾くんです。 それぞれの生活スタイルに合わせて、無理なく布団のケアをしていきましょう。 衛生的でふわふわな、気持ちのいい布団でぐっすり眠れますように!.

次の