松屋 うなぎ。 【鰻重・うな丼】吉野家 すき家 なか卯 くら寿司【比較・食べ比べ】

【松屋】鰻・牛めしコンボセット20個(プレミアム仕様牛めしの具×20 うなぎ 鰻 長焼き250g) ウナギ 鰻 うなぎ 鰻のかば焼き 鰻の蒲焼 蒲焼 かば焼き うなぎ :us20

松屋 うなぎ

松屋の「うな丼(うなぎ)」が2019年7月9日(火)から登場しています。 松屋のうな丼は今回が初の登場ということで楽しみ。 私も早く食べたいということで私も松屋に行きました。 ということで今回はこのうな丼(うなぎ)の味と感想などをまとめます。 また私だけの感想では心もとないのでネットの口コミや評判も合わせてまとめますね!松屋のうな丼(うなぎ)を食べたいと思っている人は参考にしてください。 松屋のうな丼(うなぎ)について• 松屋のうな丼(うなぎ)の味と感想• 松屋のうな丼(うなぎ)の口コミ・評判など• うな丼(うなぎ)の値段、カロリー、販売期間など およそ上記の順番でまとめます。 少しずつ下がって確認ください。 松屋のうな丼(うなぎ)について 松屋のうな丼(うなぎ)はかつて伝説のうなぎ屋と言われ、多くの食通や文化人が魅了された京橋の名店「小満津(こまつ)」の監修のもとで作られています。 ということは専門店のうなぎに匹敵するレベル? なかなかに楽しみです。 松屋のうな丼(うなぎ)の味と感想、辛さなど それでは実際に松屋のうな丼(うなぎ)を食べた感想などをまとめます。 松屋のうな丼(うなぎ)をお得に購入 「うな丼(うなぎ)」が2019年7月9日(火)から発売ということで早く行きたかったのですが忙しかったので少し送れて7月11日(木)に松屋に食べに行きました! そしてまずはお得に購入しようとうな丼(うなぎ)関係のクーポンがないかとクーポン情報をチェック。 でも、、、お得なクーポンはネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし生野菜セット50円引きでうな丼(うなぎ)関連のクーポンはありませんでした。 そこで支払い方法をメルペイにすることに。 メルペイでは200ポイントバックということでお得になっています。 830円のところ、実質630円になってお得(1回限りだけどね)。 今回は迷いましたがメルペイを使うことにしたわけでございます。 それ以外にも松屋ではお得なな支払い方法があります。 最新のお得情報については別途まとめているので以下のリンク先で確認してみてください。 うまくいけば松屋のうな丼(うなぎ)を実質無料とか実質半額とかで食べることができるかも? (参考:) うな丼(うなぎ)の味と感想 松屋のうな丼(うなぎ)は漬け物とみそ汁とのセットになります。 松屋でいつも思うことですが他の牛丼屋さんと値段が変わらない(もしくは安い)のみみそ汁が付いてお得で嬉しい。 一方で今回のうな丼は漬け物が付くのですが、個人的には漬け物はいらないのでその分安くして欲しいかな? うな丼のみの写真はこちらになります。 すき家、吉野家などのうなぎよりも大きいような気がするけど、どうだろう。 ちょっとでも大きいとなると値段が高いのも納得。 うなぎを横から見ると以下の写真のような感じ。 なかなかに分厚い。 うなぎをめくってみるとご飯にもしっかりとタレがかかっていることが分かります。 でも実際に松屋のうな丼(うなぎ)を食べたところ、、、 松屋のうな丼(うなぎ)はおいしい。 とろけるようなうなぎがおいしいです。 タレもしっかりとかかっていておいしい さすが有名なうなぎ屋の監修ですね。 すき家、吉野家と比べるとどうかと言われると、、、うん。 味としてはそれほど差はないかな。 どのお店もおいしいです。 味はそれほど変わらないけど、あえて順番をつけるとなるとくら寿司、吉野家、松屋、すき家の順番かなぁ? (くら寿司は特盛(2枚盛)の値段が安くて嬉しいので個人的にはおすすめ) あと、松屋のうなぎを食べ進めてみるとかなりのタレがご飯の下にありました。 調理する店員さんにもよるかもしれませんが吉野家やすき家よりもご飯にかかっているタレが多い気がする。 うなぎのタレが好きな人は混ぜて食べるといいかも。 逆に濃いタレがあまり好きではないという人は混ぜずに食べていいかと思います。 ご飯は少なめな気もするので大盛りにするのもありかも。 ちなみに漬け物の写真はこちら。 個人的にはこれを無くして、わずかでもいいので値段下げて欲しいかな?この漬け物があるのは専門店の意見かもしれません。 専門店でうなぎを食べるといつも漬け物があるような気がする。 山椒は別添でたくさんありました。 私は1つしか使いませんでしたが、山椒をたくさんかけたいという人には嬉しいサービスかもしれません。 松屋のうな丼(うなぎ)の口コミ・評判など 松屋の「うな丼(うなぎ)」は個人的にはとてもおいしいと感じたのですが、現実に、世間ではどのように評価されているのかネットで確認しました。 その結果、私 よりもネットの人達の方がおいしいと絶賛している人が多い感じ。 他の牛丼店と比べてもおいしい、うなぎが大きいという声が多いです(私はなんとなく大きいと思った程度ですが)。 うなぎの質やタレの質を褒めている人が多い様子。 ただ量が物足りないという人もいますね。 並だと少なく感じる人もいるかもしれません。 松屋、うな丼(うなぎ)の口コミ・評判など• 松屋のうな丼 大盛 を食べました 満腹にはなりませんでしたが 想像以上に美味しかったです• 松屋 うな丼Wライス大盛り なくなる前にって思って食べました。 美味しい• 松屋のうな丼、牛丼チェーンのうなぎでは一番美味しい。 うなぎの名店 小満津監修 ふわふわで柔らかく脂がのっている部位を食べると とろとろでとろけるうまさ、うなぎも大きくボリュームがあり満足度は高い。 他の牛丼チェーンと比べてレベルが高いです• 松屋 初のうな丼が美味しい。 山椒がたっぷりかけれるのも 嬉しいよねー• 気になっていた松屋のうな丼!うなぎは割と厚みがありふっくら、簡単にほぐれるくらい柔めに調理されてる! タレは牛丼チェーンにありがちな甘すぎるタレ…ではない!甘さ控えめになっていてまるで高級店、とまではいかないにしても他チェーンとは差があるように思う。 素直にうまいっす• 他にうな丼食べているのまだ見かけてないからしばらくは売り切れずに食べれそうな気もします• 松屋のうな丼、結構うなぎがデカそうだから食ってみるかねぇ…。 今まで牛丼屋のうなぎ食ったことないし• 牛めしとコンビになったやつ食べた。 うなぎと! 牛! 米に対して圧倒的に多いたんぱく質! うなぎが強いから、一気に牛を頬張ってもいいのだ! 千円札一枚でなんたる贅沢か!• 牛うな丼、1000円という値段以外パーフェクト飯。 眼鏡も大概松屋歴が長いが、これはベリーベストオブ松屋飯だわ。 ちょっと高いですが漬け物とみそ汁が付いてこの価格なので、実質的にすき家とか吉野家よりも安いかな? 同価格でお持ち帰りも可能です。 持ち帰りだとみそ汁付かないのでその点は注意。 持ち帰りでみそ汁欲しい場合は別途+60円になります。 なお、松屋では各QRコード支払いに対応しておりお得なキャンペーンを使えば更にお得に購入できるのでQRコード支払いも検討してください。 あと、 「うな丼(うなぎ)半熟玉子」のカロリーは714kcalとなっています。 おいしいですが食べ過ぎには注意してください。 あと、 松屋のうな丼(うなぎ)の販売期間は2019年7月9日(火)からの発売となっています。 販売終了期間は設定されていませんがおそらくは8月中旬ぐらいまでの販売期間になると思われます。 この辺り、松屋の「うな丼(うなぎ)の価格やカロリー、販売期間やお得に購入する方法など、別途詳細をまとめているのでそちらも確認ください。 上手に注文すればほぼ実質無料、半額以下ぐらいで松屋のうなぎを食べることができるかも? (参考:) うな丼(うなぎ)概要 <うな丼(うなぎ)(並)> 価格:830円 カロリー:714Kcal 期間:2019年7月9日(火)~8月中旬頃(予想) その他、期間限定商品の発売期間情報などについては以下のリンク先で確認ください。 (参考:) 松屋のうなぎの産地は? 松屋のうなぎの産地は中国となっています。 これは仕方のないところ。 今、外食で国産のうなぎを食べようと思ったら専門店に行くしかないのでは? おそらくは3000円ぐらいすると思いますけどね。 うな丼(うなぎ)の感想、口コミ・評判などまとめ• 2019年7月9日(火)から松屋の「うな丼(うなぎ)」が登場• 「うな丼(うなぎ)」はおいしいおすすめ。 ネットの口コミ情報などもチェックしたけどやはりおいしいと大評判• 人気で早期終了する可能性もあるかも?8月中旬頃までと思われるけど気になる人は早めに食べてください。 今回は2019年7月9日(火)に松屋から登場した「うな丼(うなぎ)」の味と感想、口コミ・評判などをまとめました。 個人的にはおいしかった。 まずまずおすすめです。 松屋ではQRコード注文とかでお得に購入することも可能なので実質的に他の牛丼屋さんのうな丼(うなぎ)よりも安く購入できる可能性もあるので上手にその辺りも利用してください。 あとネットの口コミ・評判もチェックしましたがおいしいと大評判。 私以上に絶賛する声が多かった感じです。 ということで松屋の「うな丼(うなぎ)」はおすすめです!あなたも是非、食べてみてくださいね。 その他、何か情報などあれば教えていただけると嬉しいです。 必要に応じて追記編集などさせていただきます。

次の

松屋、うな丼(うなぎ)の感想、口コミ・評判、産地情報など

松屋 うなぎ

うな丼は松屋にしては高い830円!? 引用元: 松屋といえば牛めし、もしくはカレーが私的にはよく食べるのですが今回は うなぎだったので思わず楽しみにしていました。 お値段は 830円、ダブルサイズだと 1390円とファーストフードなのかという値段設定です。 汗 さらにコンボ牛めしというメニューがあって牛肉も上についてくるらしいです。 (シンプルがいいです^^) こちらは990円。 お新香がついているとのことです。 うなぎに牛はマッチするのか・・・笑 東高円寺「小満津」監修とは 小満津は伝説と言われたうなぎ屋だそうです。 専門店ではうなぎは一人前3000円かららしいです。 (些細なことですが、お新香が冷えてて美味しかった~笑) 実はそこまでは期待していなかっただけに嬉しかったですね。 松屋のご飯って何でもかんでもニンニクが入っていて結構キツイなっていうメニューも合ったのですが、 今回は 『NO! にんにく!』 まぁ普通に考えれば、うなぎ丼ににんにくは入っていないのですが・・・ 一緒に食べていた仲間の評判も上々でした! 「これはあり」って3回くらい言ってました。

次の

うなぎ まつや|ホーム

松屋 うなぎ

2019年も7月中旬に入ったことで夏本番……かと思いきや、全国的に季節が逆戻り。 「土用の丑の日」に向けて うなぎ がいろんな店頭に並ぶようになってきたが、らしくない気候が続いている。 近年ではチェーン店でも提供され、より身近な存在になったうなぎ。 中には「てやんでえ!」的な商品もあるが、牛丼界から新たな刺客が登場した。 これまでなかったことが意外だが、なんと 松屋が初めてのメニューとなる「うな丼」を2019年7月9日から発売開始したのだ。 これは味を確かめてみねばなるまい! ・伝説のうなぎ屋が監修 うなぎはピンキリの激しい食べ物だけにどうなの? そう思う人も多いだろうが、なんでも松屋のうな丼はかつて伝説のうなぎ屋と言われた京橋(現在は東高円寺)の名店「小満津(こまつ)」が監修しているらしい。 同店を調べてみたら 完全予約制だったので期待度は天井を突き抜けたが、ここで求められるのは冷静な判断であろう。 目には目を、うなぎにはうなぎを。 ということで、うなぎを愛してやまない男に味を確かめてもらった。 そう、当編集部の編集長・GO羽鳥である! 「食べ物で一番うなぎが好き」というだけでなく、数々の名店に足を運んできた男の舌は松屋のうな丼をどう評価するのだろう。 あっぱれか、はたまた喝か。 ちなみにうな丼の並は830円、うな丼ダブルだと1390円という値段だ。 ・マッハで出てきたうな丼 チェーン店らしい値段設定だけに、期待と不安を胸に入店。 して買ったチケットを店員さんに渡すと、ものの30秒でうな丼が出てきた。 おいおい…… いくら何でも早すぎるだろ! と、いきなり不安になってしまったが、まぁチェーン店で焼き立てのうなぎが出てくることは考えられないから、あらかじめ準備しておいたのだろう。 うな丼にはミニお新香、山椒小袋、そして松屋ということで 当然のように味噌汁がついている。 さて、ここからはうな丼の実食である。 一口パクリ……じっくり味わった うなぎ大好きマンの第一声は「待て……待て……」だった。 いきなり不穏な空気が漂うも、「そりゃちゃんとしたうなぎ屋さんには遠く及ばないんだけど……」と前置きした上でこう続けた。 「これはですね、 あっぱれです。 ウン、あっぱれを出しましょう。 なんというか、牛丼屋さんのうなぎってダメなイメージだけど、これは割とイケる。 1番いいのはうなぎの裏面ね。 ここがプニュプニュしていると安いうなぎだなぁと思うんだけど、いわゆる本当のうなぎの部分…… 皮にゴムみたいなところがないね。 プニュプニュしていないし、これは合格。 ホントうまくやってる。 ありだなぁ、だいぶありだなぁ。 湯煎ないしチンにしては、香ばしさに関してもかなり頑張っている」 「おそらく、タレも元のお店に近いのかな。 830円という値段を考えたらあり。 でも、もうちょっと高い値段出したらうなぎ屋さんの小さいものが食べられそうではあるが……。 でもでも、1番のポイントはうなぎがブニュブニュしていないこと。 もしかしたら個体差があったのかもしれないけど、きちんとイイうなぎを使っている。 欲を言えばもう少し量を多くして欲しかったくらいかなぁ。 それでも、いやぁ美味しかった。 で、私は うなぎコンボ牛めしという商品(並)が990円で同時に発売されていたので食べたのだが、個人的な感想を言うと「ちょっと欲張ったかなぁ」といったところ。 うなぎの量を増やしたいけど、1000円をオーバーしてしまう……どうにかしてボリュームを……といった感じで作られたメニューなのだろう。 たぶん。 私としては、うなぎはうなぎだけで食べる方が美味しいだけに肉ナシの方がよかったような気がする。 ともあれ、うな丼はサイドメニュー的な感じで出されている店に比べると、高いクオリティーに仕上がっていると感じた。 なお、うな丼は一部店舗を除く全国の松屋で数量限定で発売中。 7月27日の「土用の丑の日」に食べるもよし、夏バテしないよう食べるもよしだ。 参考リンク:松屋 Report: Photo:RocketNews24.

次の