色素沈着 治す 市販。 色素沈着クリームのおすすめ9選!顔や体と部位別に商品を厳選|【ママアイテム】ウーマンエキサイト

ニキビ跡の色素沈着をキレイに!赤紫・茶色いシミの原因と治し方

色素沈着 治す 市販

色素沈着でよく見られるタイプとその原因 色素沈着は、肌の刺激により、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着しておこります。 肌は刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする防御機能があるからです。 最も一般的なのは「炎症後色素沈着」で、日焼けやニキビや傷、虫刺されや火傷の痕などが、茶色く色素沈着を起こした状態です。 肌の炎症が刺激となり、肌を守ろうとメラニン色素が生成されます。 通常は肌のターンオーバー(=肌の生まれ変わり)により、メラニン色素は皮膚の外側に押し出されて、次第に消えることがほとんどですが、紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないと、そのまま色素沈着となって残り、消えにくくなることがあります。 このほか、色素沈着の原因として、衣服の擦れやナイロンタオルの使用といった物理的刺激が挙げられます。 また、ストレスやホルモンバランスの乱れが関係している場合もあります。 紫外線を浴びると、生じてしまった色素沈着を増悪させることにもなります。 冷やす、抗炎症作用のある薬あるいはスキンケアなどを使用しましょう。 特に骨の上など出っ張っている部分に色素沈着が起こりやすくなります。 ビタミン類を積極的に摂り、バランスのとれた食事を心掛け、不規則な生活習慣を改善することも重要です。 肌本来の色に戻すには 肌のターンオーバーが正常であれば、次第に色素沈着は薄くなっていきますが、ケアを間違えたり、肌の機能が低下したりすることで、長期間残ってしまうこともあります。 それを放置しておくと、シミとして定着してしまう恐れがあります。 症状が改善しない場合は、薬を処方してもらうことも、レーザーなどでの治療を受けることもできます。 ただし、その効果には個人差もあり、色素沈着の原因や程度はそれぞれ異なるため、信頼できる専門の医療機関を受診し、根気よく治療に取り組むことが大切です。

次の

炎症性色素沈着とは?治療・予防法を解説!

色素沈着 治す 市販

色素沈着クリームのおすすめな選び方5つ まず最初に色素沈着クリームのおすすめな選び方について一緒に学んでいきましょう。 結論を最初に言うと選ぶ際のポイントは有効成分が配合されているか、バリア機能をアップさせる保湿成分が含まれているか、使用したい部位に塗布可能か、低刺激なタイプかが大切です。 色素沈着に効果的な成分配合なものを選ぶ そもそも色素沈着はなぜ起こるのでしょうか。 色素沈着とは、ニキビ跡やヤケド、すり傷、切り傷といった外傷のせいで強く炎症が起こった部位に出現する色素のことです。 肌に炎症が起きると有害な活性酸素が発生し、その活性酸素から肌を守ろうとメラニンが過剰に生成されます。 顔をはじめ体のあらゆる部位に現れるのも特徴の1つと言えるでしょう。 人にもよりますが、もし症状が出ても一定の時間を経過すると自然に薄くなっていくケースが多いようです。 まずは経過を長期的に観察するのが一般的ですが、それでも消えない場合は治療の対象になります。 例えば、皮膚の深い層である真皮まで侵食していれば治療が必要です。 メラニンがどこまで深く入り込んでいるかによって治療の有無が決まります。 ということは色素沈着の原因である、メラニンの生成を抑制しないといけません。 メラニンの生成を抑制する主な成分は、ハイドロキノン・ビタミンC誘導体・カモミラET・トラネキサム酸・アルブチン・エラグ酸などです。 成分の効果については、後でいくつか紹介しますね。 バリア機能をUPさせる!保湿成分配合のものを選ぶ 皮膚のバリア機能が低下すると、外部からの刺激を受けやすくなるようです。 すると、かゆみや炎症が反復し皮膚の色素沈着が起こってしまいます。 バリア機能をUPさせるためにも、肌の保湿は欠かせません。 乾燥は肌トラブルの元ですので、保湿成分が配合されたクリームを選ぶのがベストと言えるでしょう。 主な保湿成分を例に挙げると、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などです。 茶色のニキビ跡の色素沈着は、ニキビが炎症してメラニン色素が大量に生成されたことが原因で起こります。 このような色素沈着には、美白成分が含まれたクリームを上手に使うと目立たなくすることができるようです。 美白成分には、すでにできている色素沈着を薄くする還元作用があるタイプや、これからできそうなメラニンの生成を阻止する抑制作用タイプ、そのどちらにも作用するタイプの3種類があります。 美白成分はメラニンの生成が原因の色素沈着を緩和しながら生成自体も抑えるため、多くの化粧品に配合されているようです。 しかし高い効果が期待できる一方で副作用が出ることもありますので、用法をきちんと守って使うようにしましょう。 顔?体?使用したい部位で選ぶ 顔にできた色素沈着をなんとかしたいのか、あるいは体にできたものに使用したいのかで選ぶクリームが異なります。 顔だけを例にとっても、目元に特化したクリームがあるのも事実です。 では市販と皮膚科のクリームは、どう違うのでしょうか。 ここではハイドロキノンを例に挙げてみていきましょう。 皮膚科のハイドロキノンは医師が処方する薬です。 市販のものとは濃度が異なります。 濃度については、後で紹介するハイドロキノンの成分の項目でみていきましょう。 ちなみにクリニックで色素沈着を治療する場合は、保険でできるものには限りがあります。 ちなみに顔用とボディ用の違いは、配合濃度が違うことです。 例えばボディ用でもデリケートゾーンである陰部などに使えるものもあれば、使えないというタイプもあります。 ハイドロキノンクリームを色素沈着した部位に塗って大丈夫かを確認して使用するようにしましょう。 少しでも肌に優しいものを!低刺激なものを選ぶ 色素沈着クリームに限った話ではありませんが、一般的に化粧品は添加物があまり使われていないタイプの方がより肌に優しいようです。 特にアレルギーテストなどが行われているタイプの方が、より良いと考えられています。 ただし、アレルギーテストは全ての人にアレルギーが起こらないわけではありません。 色素沈着クリームを選ぶときは、少しでも肌に優しい低刺激なタイプを選ぶようにしましょう。 肌に合うか心配な人はトライアル商品があるものを選ぶ 美白有用成分のハイドロキノンは、刺激が強いという点が特徴の1つです。 そのためハイドロキノンが強過ぎたり肌に合わなかったり……といった心配を抱く人もいるでしょう。 そのようなことが心配な人は、トライアル商品から試すのがおすすめです。 トライアルがない場合は、ドラッグストアやスーパーに陳列されているお試し用をつけてみるのも1つの方法と言えるでしょう。 色素沈着におすすめの主な成分4つ ここでは化粧品に配合されている有効成分について、その特徴や副作用などについてみていきましょう。 注意点もあわせて紹介しますので、化粧品を購入する際のヒントにしてくださいね。 ハイドロキノン ニキビ跡が原因の色素沈着に対して処方されることが多いハイドロキノン。 美白有用成分ですが、漂白作用が強いため注意が必要です。 美白効果の強さは、肌の漂白剤と言われるほどだと言います。 ただし美白効果のみならず、メラニン生成も阻止してくれる優れものです。 一般的に配合濃度1~3%程度が比較的安全性が高く、刺激も少ないと言われています。 4%を超えると効果は高まりますが、刺激が強く人によっては赤みが出たり、ヒリヒリとしたりと刺激を感じるケースがあるようです。 注意したいのは、濃度が高ければいいというわけではないこと。 高ければ高いほど肌への刺激も強めになります。 ほとんどの皮膚科は、医師が肌質や症状を診断してから最適な濃度でハイドロキノンを配合し処方するようです。 ただし、使用前のパッチテストは行うようにしましょう。 ビタミンC誘導体 メラニンの生成を抑制するビタミンC誘導体。 すでにできている色素沈着に還元作用が期待できるうえ、ニキビの色素沈着の予防と、どちらの効果も期待できる美白成分です。 フルーツに含まれるビタミンCはよく耳にしますが、それとビタミンC誘導体はどう違うのでしょうか。 ビタミンCは美白効果や抗酸化作用が期待できる成分です。 しかし成分そのものが壊れやすく不安定なので、化粧品に配合しても効果が発揮されにくいという特徴があります。 そのビタミンCの作用を損なわず人工的に改良したのがビタミンC誘導体です。 ビタミンC誘導体を配合して期待できる効果はシミ予防・改善をはじめ、ニキビ・ニキビ跡の予防・改善、ターンオーバーの正常化、コラーゲンの生成を促進するなどが挙げられます。 ただし、このような効果が発揮されるのはビタミンCが肌に浸透した場合です。 トラネキサム酸 医療現場で止血剤として使用されている成分が、アミノ酸の一種であるトラネキサム酸です。 1979年に肝斑に対して改善効果がみられたため、肝斑治療にも用いられるようになりました。 化粧品に含まれているのは、トラネキサム酸の誘導体である「m-トラネキサム酸」です。 シミを発生させる物質をブロックし、メラニンの生成を抑えます。 それにプラスして炎症を抑える効果もあるため、ニキビ跡、現在進行形のニキビの両方に効果を発揮するようです。 アルブチン アルブチンは、梨やマッシュルーム、ウワウルシといった植物に含まれている美白成分です。 メラニン色素の合成に関わる酵素のチロシナーゼに直接作用します。 シミやそばかすの原因であるメラニン色素の合成をブロックする働きがあるのが特徴です。 そのため、美白効果が期待でき化粧品などに配合されています。 アルブチンが配合された化粧品で美白ケアを行う場合は、肌のターンオーバーをケアする化粧品を組み合わせて使うことをおすすめします。 今回の商品の選定ポイント 今回、色素沈着クリームを選んだのは、先に紹介したおすすめな選び方はもちろん、4つのポイントを重視しました。 主な有効成分• 使用可能部位• 内容量• トライアル 今、編集部がおすすめする色素沈着対策クリームはコレ! 今、一番おすすめの商品は、ズバリハイドロキノン配合で透明感のある肌へとサポートするビーグレン「QuSomeホワイトクリーム1. 9」です。 では、どのような効果が期待できるのかをみていきましょう。 ビーグレン「QuSomeホワイトクリーム1. 9」 6,600円 税込 主な有効成分:ハイドロキノン・ハイビスカス花発酵液・ゲンチアナ根エキス• 使用可能部位:顔・体(粘膜や皮膚の薄い部分は避ける)• 内容量:15g• トライアル:〇 進化した有効成分のハイドロキノンを配合 シミ・そばかすケア、色素沈着対策におすすめなナイトクリームのビーグレン「QuSomeホワイトクリーム1. アメリカでは皮膚科医が40年もの長期に渡り効果を認めているハイドロキノンは、明るさをもたらす成分です。 この商品にも配合されており、透明感のある肌へとサポートします。 他にもイキイキとした肌へと導く「ゲンチアナ根エキス」といった美容成分も配合されているので、ハイドロキノンの効果をよりあげてくれるでしょう。 低刺激で肌に優しいのも特徴の1つです。 顔と同じく、手など体に使用できるのも魅力の1つと言えるでしょう。 ただし使用部位によっては、刺激や炎症を引き起こす可能性があります。 粘膜や皮膚の薄い部分への使用は避けるようにしましょう。 使用方法は夜1回のみで大丈夫です。 乾燥肌・敏感肌の人は少量の使用から始め、肌の様子をみながら使用方法を守って使ってくださいね。 愛用者は「肌に透明感が増して、くすみがかなり薄くなったような感じ」「20年間ずっと悩み続けてシミ取りクリームを探していましたが、やっと自分の肌に合うタイプに出会えました」と話し、リピートしているようです。 顔のシミやそばかすを予防!おすすめな色素沈着対策の美白クリーム3選 続けて顔のシミやそばかすを予防するのに、おすすめな色素沈着対策の美白クリームを3つピックアップ。 このグループで紹介する商品の選定基準は、顔用・色素沈着対策の美白クリームや、低刺激処方で肌にも優しいタイプ、医薬部外品です。 POLA「ホワイティシモ 薬用クリーム ホワイト」 9,489円 税込• 主な有効成分:ビタミンC誘導体・甘草エキス・クリアモイスチャー• 使用可能部位:顔• 内容量:30g• 中でも「ホワイティシモ 薬用クリーム ホワイト」は、2017年4月にリニューアルし発売をスタートしました。 ビタミンC誘導体配合で、美白ケア(色素沈着対策)をサポートする薬用美白クリームです。 ヨーグルトのようなテクスチャーで長時間保湿してくれるうえ、無香料・無着色で肌に優しいのも魅力と言えるでしょう。 リピーターは「まさに記載されているヨーグルトのようなテクスチャーで、しっとりをキープできる」「使用し始めてからシミやくすみが薄くなってきた」と話し、満足しているようです。 キュレル「美白クリーム」 3,080円 税込• 主な有効成分:カモミラET・スクワラン・ユーカリエキス• 使用可能部位:顔• 内容量:40g• トライアル:〇 シミ・ソバカスを防ぎたい乾燥性敏感肌におすすめ 乾燥性敏感肌をターゲットに開発された低刺激性の美白薬用クリームです。 保湿成分が高配合されており、角層の深部までじっくりと浸透します。 そのため、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐので色素沈着対策におすすめです。 加えて肌本来のセラミドの働きをサポートし、外部からの刺激を受けにくいふっくらと吸いつくような潤いに満ちた肌をキープします。 プラス効果は植物由来の美白有効成分であるカモミラETが、メラニンの生成を抑制しシミ・ソバカスを防ぎ、くすみのない透明感あふれる肌になれる点です。 愛用者は「なめらかなテクスチャーで肌の色が明るくなりました」「これはいいです~肌がスッキリと明るくなっています」と話し、使用感に満足しているようです。 POLA「ホワイトショット RX」 12,500円 税込• 主な有効成分:グリチルリチン酸2K・エンメイソウRX・エクストラSCリキッド• 使用可能部位:顔• 内容量:50g• 輝くような肌を目指す、医薬部外品の美白ジェルクリームです。 有効成分の「グリチルリチン酸2K」が肌荒れを予防し、ポーラ独自の美容成分である「YACエキス&EGクリアエキス」が肌の糖化に効果を発揮します。 加えて紫外線による肌への影響をケアするうえ、ポーラオリジナル複合成分の「エンメイソウRX」が透明感のある肌を目指すのも特徴の1つです。 ぷるん&ひんやりと、みずみずしい感触なところも魅力と言えるでしょう。 リピーターは「美白効果があるようで使い始めてから肌がキレイと褒められるようになった」「肌の色がワントーン明るくなりベースメイクののりもよく、くすみを隠そうと厚塗りせずに済むようになった」と話し、使用感に満足しているようです。 目元のくすみ対策に!おすすめな色素沈着対策のアイクリーム3選 ここでは目元のくすみ対策におすすめのアイクリームをピックアップ。 選定ポイントは目元に特化したクリームや、乾燥が原因のくすみケアに最適な商品、しみにも効果を発揮するタイプです。 北の快適工房「EYE KIRARA(アイキララ)」 情報が取得できなかったよ・・・• 主な有効成分:MGA・コメヌカ油• 使用可能部位:主に目の下• 内容量:10g• 目元の悩みはコンシーラーやファンデーションで隠してしまいがちですが、アイキララを使用すればその必要はありません。 目の下の悩み対策はマッサージ刺激したり、美肌成分で働きかけたりしても原因の根本に対処するものはありませんでした。 見落としていた原因根本に注目したのが、アイキララです。 コラーゲンをサポートするMGAというビタミンC誘導体の一種が、ハリある肌に戻しくすみを抑えて明るい目元へとサポートします。 試した人は「使い始めてからハリが出て目尻が上がった」「マッサージしながら塗っていますが、クマや細かいシワに効果を実感した」と答え、他の商品との違いを感じているようです。 主な有効成分:ハトムギ発酵エキス・オウレンエキス・トウチュウカソウ• 使用可能部位:主に目のまわり• 内容量:20g• 目元の潤いをキープするために必要な保湿成分が、キメの1つずつに弾力感を与えて、ハリのある肌へと導いてくれます。 また、肌の奥から押し出されるようなふっくら感を実現するのも特徴です。 内側から光を均一に拡散し、明るい目元を叶えてくれます。 特に乾燥が原因のくすみケアに最適です。 モダンフローラルの優しい香り包まれながら癒されるのも魅力と言えるでしょう。 愛用者は「コックリとしたテクスチャーで目元周辺が明るくなった」「目の下のクマが薄くなり小ジワまで減った」と語り、リピートしているようです。 主な有効成分:クレアチン・SOD・ビタミンE• 使用可能部位:主に目元• 内容量:15ml• 有効成分配合で肌を整えるのも特徴と言えるでしょう。 特にエステダム独自のクワエキスやカンゾウ根エキスといった植物エキスが配合されており、肌に透明感を与え輝く素肌をキープします。 さらに加齢に伴う目の周りの悩みケアに作用するカフェイン&エスシンが、スッキリいきいきとさせ、なめらかに整えるのも魅力です。 リピーターは「エステサロンで購入したけど気になるシミにピンポイントで作用する」「肌が明るくやわらかくなった」と話し、効果を実感しているようです。 体の気になる黒ずみ対策に!ボディに使えるおすすめ色素沈着クリーム2選 ここでは体の気になる黒ずみ対策におすすめのクリームを2つピックアップ。 商品の選定ポイントは、体に使える色素沈着クリームやデリケートゾーンにも使える美白タイプ、高保湿力のクリームです。 シーオーメディカル「ホスピピュア」• 主な有効成分:トラネキサム酸・セイヨウナシ果汁エキス・ローズマリー• 使用可能部位:主にデリケートゾーン• 内容量:30g• 黒ずみ専用でトラネキサム酸が配合されており、色素沈着対策におすすめのクリームです。 無添加で肌に優しく医薬部外品であることも魅力と言えるでしょう。 女性からの圧倒的支持率を誇り、リサーチ会社の調査では2016年5月の時点で満足度は94%と高めです。 何より湘南美容外科監修で、90人の皮膚の専門家が在籍しているのも人気の理由でしょう。 スクワランやシアバターといった保湿成分なども配合されており、敏感肌でも安心して使用できるのも嬉しいポイントです。 口コミでは「バストトップやワキの黒ずみ悩みが解消された」「なめらかで肌なじみがいいし、彼の反応が驚くほどだった」と話し、欠かせないアイテムのようです。 主な有効成分:コラーゲン・ヒアルロン酸・シアバター• 使用可能部位:体• 内容量:50g• 特にバストアップ、ビキニライン、脇などのボディに使用OK。 グリチルリチン酸2Kと持続型ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸・グルコシド)、薬用有効成分が配合されており、気になる黒ずみ&くすみを徹底的にケアし肌本来の色へと導くのが特徴です。 透明感へと導くブライトニング(シーグラスエキス・ハクガイシ加水分解エキス・加水分解コメヌカエキス)成分も配合され、肌の透明感もバックアップしてくれます。 愛用者は「保湿力の高さを実感するうえ、バストトップは見違えるほど効果を実感している」「1個使い終えて肌の色がワントーン明るくなった」と語り、人にも勧めているようです。 色素沈着クリームの使い方と注意点 ここでは色素沈着クリームの使い方と注意点についてみていきましょう。 顔に塗るときは温めてから優しく塗り込んだり、タイミング的には最後につけたり、体に塗る場合は入浴後がおすすめです。 顔に塗るときは温めてから優しく塗り込む ここではハイドロキノン配合のクリームを例に挙げてみます。 先述したようにハイドロキノンは、とても刺激の強い成分です。 誤った使い方をすると肌トラブルを引き起こす可能性があります。 特に敏感肌の人は塗る前に皮膚の薄い部分でパッチテストを行うようにしましょう。 パッチテストの仕方は絆創膏にクリームを塗り、皮膚の薄い部分に貼って丸1日ほど放置してください。 1日経過して肌に赤みや炎症が起きていなければ使用しても構わないでしょう。 塗るクリームの量は少な過ぎると摩擦が起きてしまう可能性があります。 そのような状況を避けるためにも、クリームは適量をしっかりとつけるようにしましょう。 特に手のひらなどで温めてから塗っていくと広がりが良いようです。 もちろんクリームを塗る前の洗顔も大切なポイントの1つ。 ゴシゴシ洗うのは絶対にNGです。 フワフワの泡で優しくなでるイメージで洗うようにしましょう。 顔へ塗るタイミングは最後 顔に塗るタイミングは最後につけるのをおすすめします。 洗顔してすぐは、角質層に水分が多く含まれている状態です。 するとハイドロキノンの浸透性が高まり、効果が出過ぎるケースがあります。 洗顔した後はなるべく20分ほど置くか、化粧水や乳液を塗った後に塗り込むのがベストです。 ハイドロキノンクリームを塗る部分は顔全体でなくても構いません。 その人の症状や一般で販売されているか、皮膚科で処方されたものかによって塗り方は異なります。 ハイドロキノンは紫外線にあたると成分が変性するのが特徴です。 すると肌への刺激になる可能性があります。 基本的には夜のスキンケアで使用するのがベストと言えるでしょう。 もし外出前にハイドロキノンを使用するときは、SPF20の肌に優しい日焼け止めを塗るか、日傘や帽子で紫外線予防をして、対策を行っておきましょう。 体は入浴後に塗るのがベスト 体にクリームを塗る場合は入浴後がおすすめです。 特にハイドロキノンは、作用が大きいと言われる成分の1つです。 使用するときに大切なことは、信頼できるメーカーのクリームを選ぶこと。 あるいは皮膚科の医師が開発に関わっていたり、美容クリニックが取り扱いしている商品を選んだりするのもおすすめです。 色素沈着対策のクリームを購入時の気になる疑問・質問 ここでは色素沈着対策のクリームを購入するときに気になる疑問・質問について回答していきます。 Q1:アトピー肌が原因でも効果はあるの? 軽度のアトピー肌は改善の可能性があります。 ただし重度の場合は治療をすることが先決です。 一般的にアトピー肌は皮膚の慢性的な炎症を抑えるため、皮膚科で外用薬や内服薬をもらい治療を行います。 しかし治療を継続しアトピーが改善した後でも、皮膚がカサカサの状態のままだったり、色素沈着を起こしたり赤ら顔になるなど、肌トラブルに見舞われるケースもあるようです。 ただし、アトピーが改善すればその後の肌トラブルは重視しなくてもよいでしょう。 とは言え、中にはアトピーの後遺症の1つである赤ら顔で悩む人もいるようです。 Q2:皮膚科でもらえるクリームと市販のクリームの違いは? 皮膚科でもらえるクリームの方が、ハイドロキノンの配合濃度が高めです。 そのため、漂白作用が強く副作用に注意しておく必要があります。 ただし使用方法を守り正しく使えば副作用の少ない薬です。 皮膚科のクリームを使用して、もし副作用が起こった場合は医師に相談するようにしましょう。 基本的には、朝・夜の1日2回か夜のみの1回、洗顔後に使用します。 もし副作用が起きた場合は、皮膚の状態に合わせて炎症を抑える薬を使用するケースもあるようです。 ハイドロキノンは熱と光に弱いので冷蔵庫で保管するようにしましょう。 冷蔵庫保存でも1ヶ月経つと効果が弱まりがちです。 1ヶ月ごとに新しいハイドロキノンに変えることをおすすめします。 まとめ 色素沈着を防ぐためには、健康な肌作りと紫外線対策、生活習慣の見直しを行うことが大切です。 ニキビや肌荒れを予防する低刺激タイプのスキンケアを使用し、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を正常に整えるよう心がけてくださいね。 プラス食生活も注意が必要です。 特に糖分や動物性脂肪は、ニキビによくないと言われています。 摂り過ぎてしまうと皮脂腺を刺激し、ニキビの原因である皮脂の過剰分泌を引き起こすようです。 それらの食材を避けつつ、1日に必要な栄養素をバランスよく摂るように心がけておきましょう。 もし色素沈着の症状が出てしまった場合には、ここで紹介した色素沈着クリームを使用するのがおすすめです。 有効成分が配合されたクリームを塗って、透明感のある肌を目指しましょう。

次の

色素沈着をしっかり予防ケアしてシミや目のクマを作らない!原因と対策とは?

色素沈着 治す 市販

色素沈着でよく見られるタイプとその原因 色素沈着は、肌の刺激により、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)から過剰に分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着しておこります。 肌は刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする防御機能があるからです。 最も一般的なのは「炎症後色素沈着」で、日焼けやニキビや傷、虫刺されや火傷の痕などが、茶色く色素沈着を起こした状態です。 肌の炎症が刺激となり、肌を守ろうとメラニン色素が生成されます。 通常は肌のターンオーバー(=肌の生まれ変わり)により、メラニン色素は皮膚の外側に押し出されて、次第に消えることがほとんどですが、紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないと、そのまま色素沈着となって残り、消えにくくなることがあります。 このほか、色素沈着の原因として、衣服の擦れやナイロンタオルの使用といった物理的刺激が挙げられます。 また、ストレスやホルモンバランスの乱れが関係している場合もあります。 紫外線を浴びると、生じてしまった色素沈着を増悪させることにもなります。 冷やす、抗炎症作用のある薬あるいはスキンケアなどを使用しましょう。 特に骨の上など出っ張っている部分に色素沈着が起こりやすくなります。 ビタミン類を積極的に摂り、バランスのとれた食事を心掛け、不規則な生活習慣を改善することも重要です。 肌本来の色に戻すには 肌のターンオーバーが正常であれば、次第に色素沈着は薄くなっていきますが、ケアを間違えたり、肌の機能が低下したりすることで、長期間残ってしまうこともあります。 それを放置しておくと、シミとして定着してしまう恐れがあります。 症状が改善しない場合は、薬を処方してもらうことも、レーザーなどでの治療を受けることもできます。 ただし、その効果には個人差もあり、色素沈着の原因や程度はそれぞれ異なるため、信頼できる専門の医療機関を受診し、根気よく治療に取り組むことが大切です。

次の