僕ら の 時代 見逃し。 「ボクらの時代」再放送はBSで見られる??見逃し配信は!?

ドラマ

僕ら の 時代 見逃し

今から半年前。 竹内薫(中島裕翔)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。 薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。 だが薫が持つある特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。 出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。 依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。 参考 竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。 藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力してほしいという。 権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。 それは5年前、高校1年生だった時のこと。 ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。 焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。 やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて…。 顔合わせのため藤原智美(間宮祥太朗)と共に依頼人の井上家へ向かう。 井上涼子(須藤理彩)曰く、井上家の長男は旺慶大学に入らなければいけないしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)は手を尽くしてもどうにもならず、替え玉を決意したという。 ところが話をするうちに感情が溢れてしまった涼子は、突然鬼のような形相で玲を引っぱたく。 その後も玲が理解し難い行動をするたび暴力をふるう涼子。 薫があ然とする中、智美のもとに東宮寺正胤(若林豪)から連絡が。 なぜか一般人である薫を巻き込んだことがバレていて…。 薫の頭に広がる不吉なイメージ… この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。 嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。 代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。 しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。 竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。 電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。 その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。 「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。 その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。 そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。 山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。 バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。 実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。 山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。 そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。 実は彼女の正体は…。 そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。 この能力について、心づもりとして監督と話していたのは、幼い頃に持っているちょっとした特殊な能力みたいなものが今の薫にも残っているということでした。 つまり、まだ薫は子供であり、いろんな事に巻き込まれ、そこで時には自分で選択していく。 その中で、薫自身だけでなく、その特殊な能力も成長していく過程が見せられると思います。 そして良くも悪くも人の思考を読み取れて、急に他人の思考が入ってくるという描写もあり、その感情に即座に共感することをお芝居にするのが難しかったです。 参考 ドラマ• エンジン• 小さな運転士 最後の夢• 野ブタ。 をプロデュース• プリマダム• 先生はエライっ! スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜• 理想の息子• シェアハウスの恋人• 半沢直樹• 東京バンドワゴン〜下町大家族物語• 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜• 水球ヤンキース• デート〜恋とはどんなものかしら〜• デート〜恋とはどんなものかしら〜 2015夏 秘湯• 新春時代劇『信長燃ゆ』• 刑事バレリーノ• HOPE〜期待ゼロの新入社員〜• 母になる• 9 -刑事専門弁護士- SEASON II• 真夏に全身黒づくめの智美さん💦 1話で是非その迫力をお楽しみ下さい🕶 !? — 「僕はどこから」2020年1月8日(水)放送スタート!テレビ東京毎週水曜深夜! BokudokoTx• Stand up boys• ヴァージン 30代篇「ふかくこの性を愛すべし」• 希望の国• 高台家の人々• 黒い暴動• 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル• 帝一の國• お前はまだグンマを知らない• トリガール! 全員死刑• 不能犯• 食べる女• 翔んで埼玉• ホットギミック• スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜• ふたつのスピカ• オトコマエ! 2 最終話• ヤンキー君とメガネちゃん• 明日の光をつかめ 最終話• 黄金の豚 第3話• 3年B組金八先生ファイナル• 最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜 第2話• 放課後はミステリーとともに• 金曜プレステージ・女秘匿捜査官 原麻希 アゲハ• 空飛ぶ広報室 第6話• Oh,My Dad!! 第3話• 山田くんと7人の魔女• ミス・パイロット• 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜• 水球ヤンキース• 金田一少年の事件簿N neo 第3・4話• 素敵な選TAXI 第2話• 信長協奏曲 第4話• 学校のカイダン• ちゃんぽん食べたか• 24時間テレビスペシャルドラマ・母さん、俺は大丈夫• ホテルコンシェルジュ 第8話• ニーチェ先生• 早子先生、結婚するって本当ですか? ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第2話・第3話• 勇者ヨシヒコと導かれし七人 第6話• スーパーサラリーマン左江内氏 第7話• お前はまだグンマを知らない• 僕たちがやりました• ドクターX〜外科医・大門未知子〜第5シリーズ 第5話• 今からあなたを脅迫します 第6話 - 最終話オ)役• スペシャルドラマ必殺仕事人• BG〜身辺警護人〜• 連続テレビ小説『半分、青い。 ゼロ 一獲千金ゲーム• ハケン占い師アタル.

次の

元NHKアナ・登坂淳一「必殺仕事人」ゲスト出演!悪党役で時代劇初挑戦

僕ら の 時代 見逃し

今から半年前。 竹内薫(中島裕翔)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。 薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。 だが薫が持つある特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。 出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。 依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。 参考 竹内薫(中島裕翔)は、他人の文章を書き写すことで、その人の思考をコピーできる特殊能力を持っていた。 藤原智美(間宮祥太朗)は、その能力で今回のシノギに協力してほしいという。 権堂真司(音尾琢真)は素人を絡ませることを反対するが、智美は「薫は恩人だ」と言ってはばからない。 それは5年前、高校1年生だった時のこと。 ある日、智美の妹・千佳(上白石萌歌)が遺書を残して行方不明に。 焦る智美のもとに同級生の薫が現れ、遺書を奪い取ると一心不乱に書き写し始めた。 やがて薫の脳裏に千佳の本音や居場所のヒントが浮かび上がってきて…。 顔合わせのため藤原智美(間宮祥太朗)と共に依頼人の井上家へ向かう。 井上涼子(須藤理彩)曰く、井上家の長男は旺慶大学に入らなければいけないしきたりがあるが、息子の玲(笠松将)は手を尽くしてもどうにもならず、替え玉を決意したという。 ところが話をするうちに感情が溢れてしまった涼子は、突然鬼のような形相で玲を引っぱたく。 その後も玲が理解し難い行動をするたび暴力をふるう涼子。 薫があ然とする中、智美のもとに東宮寺正胤(若林豪)から連絡が。 なぜか一般人である薫を巻き込んだことがバレていて…。 薫の頭に広がる不吉なイメージ… この嫌な感情は一体何なのか…?違和感を覚えつつ指示通り試験を終え、藤原智美(間宮祥太朗)らと落ち合うと、そこに玲の姿はなかった。 嫌な予感がした薫はひとり慌てて井上家へ向かうが、家にも玲はいない。 代わりに見つけたのは目を見開いたまま絶命した、血まみれの井上涼子(須藤理彩)の死体だった。 しかも駆け付けた刑事・桐原崇(神保悟志)に殺害を疑われ、警察に連行されてしまう。 竹内薫(中島裕翔)は釈放されたが、警察が井上玲(笠松将)を見つけ出し真相を知れば、計画のとん挫はおろか自分たちの命もない…藤原智美(間宮祥太朗)と千佳(上白石萌歌)が頭を悩ませていると、権堂真司(音尾琢真)から着信が。 電話から聞こえてきたのは、薫の家へ向かっているらしき東宮寺と権堂の会話だった。 その頃、薫の横を怪しげな清掃車が通過する。 「立ち話はなんだから乗りなさい」…声の主は東宮寺だ。 その迫力に圧倒され震える薫を、東宮寺は力ずくで車内に引きずり込み…。 そこで藤原智美(間宮祥太朗)に銃を渡し助けて欲しいというが、本当は銃を持った薫と智美が落ち合ったところで、警察に逮捕されることをもくろんでいた。 山田の言葉に何かを感じつつ、清掃業者に向かうため長距離バスに乗り込む薫。 バスの近くには桐原崇刑事(神保悟志)の姿が。 実は薫と智美の供述の不審点に気づき、後を追っていたのだ。 山田と繋がる刑事・喜多慎吾(金井浩人)も乗車し、薫を陥れるための包囲網が敷かれた長距離バス。 そんな中、サービスエリアでキャリアウーマン風女性が乗り込んで来る。 実は彼女の正体は…。 そして山田の壮絶な人生、駿(岡崎体育)との強い絆の秘密が明らかとなる。 この能力について、心づもりとして監督と話していたのは、幼い頃に持っているちょっとした特殊な能力みたいなものが今の薫にも残っているということでした。 つまり、まだ薫は子供であり、いろんな事に巻き込まれ、そこで時には自分で選択していく。 その中で、薫自身だけでなく、その特殊な能力も成長していく過程が見せられると思います。 そして良くも悪くも人の思考を読み取れて、急に他人の思考が入ってくるという描写もあり、その感情に即座に共感することをお芝居にするのが難しかったです。 参考 ドラマ• エンジン• 小さな運転士 最後の夢• 野ブタ。 をプロデュース• プリマダム• 先生はエライっ! スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜• 理想の息子• シェアハウスの恋人• 半沢直樹• 東京バンドワゴン〜下町大家族物語• 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜• 水球ヤンキース• デート〜恋とはどんなものかしら〜• デート〜恋とはどんなものかしら〜 2015夏 秘湯• 新春時代劇『信長燃ゆ』• 刑事バレリーノ• HOPE〜期待ゼロの新入社員〜• 母になる• 9 -刑事専門弁護士- SEASON II• 真夏に全身黒づくめの智美さん💦 1話で是非その迫力をお楽しみ下さい🕶 !? — 「僕はどこから」2020年1月8日(水)放送スタート!テレビ東京毎週水曜深夜! BokudokoTx• Stand up boys• ヴァージン 30代篇「ふかくこの性を愛すべし」• 希望の国• 高台家の人々• 黒い暴動• 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル• 帝一の國• お前はまだグンマを知らない• トリガール! 全員死刑• 不能犯• 食べる女• 翔んで埼玉• ホットギミック• スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜• ふたつのスピカ• オトコマエ! 2 最終話• ヤンキー君とメガネちゃん• 明日の光をつかめ 最終話• 黄金の豚 第3話• 3年B組金八先生ファイナル• 最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜 第2話• 放課後はミステリーとともに• 金曜プレステージ・女秘匿捜査官 原麻希 アゲハ• 空飛ぶ広報室 第6話• Oh,My Dad!! 第3話• 山田くんと7人の魔女• ミス・パイロット• 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜• 水球ヤンキース• 金田一少年の事件簿N neo 第3・4話• 素敵な選TAXI 第2話• 信長協奏曲 第4話• 学校のカイダン• ちゃんぽん食べたか• 24時間テレビスペシャルドラマ・母さん、俺は大丈夫• ホテルコンシェルジュ 第8話• ニーチェ先生• 早子先生、結婚するって本当ですか? ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第2話・第3話• 勇者ヨシヒコと導かれし七人 第6話• スーパーサラリーマン左江内氏 第7話• お前はまだグンマを知らない• 僕たちがやりました• ドクターX〜外科医・大門未知子〜第5シリーズ 第5話• 今からあなたを脅迫します 第6話 - 最終話オ)役• スペシャルドラマ必殺仕事人• BG〜身辺警護人〜• 連続テレビ小説『半分、青い。 ゼロ 一獲千金ゲーム• ハケン占い師アタル.

次の

コロナ時代の僕ら~イタリア人作家の叫びを綴った今こそ読むべき本~

僕ら の 時代 見逃し

反対に「人を傷つける笑い」とは、差別的な物言い、とまでは言わないにしても、偏見や中傷スレスレのワードによって笑いを取るようなものを言うようです。 お笑いは過渡期にあります。 近年では、かつてバラエティー番組に出ていたキャラクターがテレビに再登場したところ、「性的少数者への偏見を助長する」などと批判を受け、番組側が「お詫び」したこともありました。 芸人もファンも制作者も、「人を傷つけない笑い」を目指しつつも、かつての何でもありだった時代への憧憬を捨てきれない、という状況にあります。 「人を傷つけない笑い」が求められる社会で、僕たち芸人は、どんな笑いを作ったらいいのでしょうか。 この記事では、「人を傷つけない笑い」「人を傷つける笑い」について、お笑い芸人、プレイヤー側として僕が考えていることを述べてみようと思います。 「これ笑っていいのかな」と思いながら笑ってしまった経験はありませんか? まず大前提として、僕は「安易に人を傷つける笑い」をなるべく避けようと思っています。 ネタを書いているとき、およそアウトであるような表現について「これ面白いな」などと思ってしまうことはよくあります。 が、そういった要素はなるべく誠実に排除していこうと思っています。 もともと僕は人を傷つけたくて芸人になったわけではないですし、お客さんの中には、今まで傷ついてきた人たちもたくさんいるでしょう。 自分が面白いと思って提示したもので、人が傷つくのは不本意です。 笑いで人を傷つけたくはない。 ただし、ここでいくつか整理しておきたい点があります。 まず一つ目に、「人を傷つけない」ことと「面白さ」について分けて考える必要があるということです。 よく、「人を傷つける笑いなんて面白くない」という意見を言う人がいますが、それは違うと僕は思うのです。 何せ僕たちは面白かったらなんでも笑ってしまうわけです。 友達同士のコミュニケーションなどで、「これ笑っていいのかな」とか思いながら笑ってしまったことはありませんか。 爆笑してしまったあとで「ちょっとさっきの笑っちゃいけなかったな」などと反省したことはありませんか。 「人を傷つけない笑い」を目指すとき、僕らは意外となんでも笑ってしまう、なんでも面白がれてしまうということを認めるところから考えねばならないと思うのです。 面白くても引く、という判断が必要なのです。 「人間は倫理的なんだから、そんな非倫理的なもので笑ってはいけない」ではなく、「人間は非倫理的なものでも笑ってしまうのだから、倫理的にならねばならない」と考えるとき、はじめて「人を傷つけない笑い」を目指すことができるのだと思います。 「昔はよかった…」と言う人が、手放しきれないでいる「もの」は何か 二つ目に、「人を傷つける笑い」を支持してきた人たちが、何を支持してきたのかを考える必要があるということです。 「人を傷つけない笑い」が評価されるようになった今でも、「昔のお笑いは何でもありでよかった」というような声は存在します。 しかし、そういう意見を持つ人たちでも、必ずしも「人を傷つける笑い」が好きなわけではないでしょう。 例えば言ってはいけないことを大声で言いきってしまうことのスカっとする魅力。 現実を全てふっ飛ばしてしまうような爽快感。 「人を傷つける笑い」が持つある種の快感ゆえ、それを手放しきれない、ということなんじゃないかと僕は思います。 感覚的な話になってしまいますが、「人を傷つける笑い」と対置されるときの「人を傷つけない笑い」は、得てしてスリルや緊張感に欠けていて、紋切り型で、大型工場の匂いのするような人工物に聞こえてしまうのでしょう。 化学的に作られた「人を傷つけない笑い」からは、むしろ人間の匂いや体温が奪われていて、とても愛せそうにない。 そういった考えの人は少なくないと思います。 「人を傷つけない」を目指しつつ、爽快感を織り込むために そこで僕は「人を傷つける笑い」が持っていた良さをなるべく違った形で引き継げたらなと思っています。 すなわち、スカッとするような爽快感や、ある種の人間味は、傷つけること以外の方法で織り込めるのではないかと思うのです。 考えてみれば簡単な話で、誰かが「人を傷つける笑いが好き」というとき、「人を傷つけること」そのものが好きだったのか、には疑問があるわけです。 スカっとする感が好きだったとしたならば、別の方法でスカっとできたら十分楽しめるわけです。 スリルだって、危うさだって、人を傷つけなくても十分確保できる。 「人を傷つけない」を目指しつつ、「人を傷つける笑い」が持っていた利点を保ち続けるやりようがあるはずなんです。 それを担うのは、例えば「モノボケ的な想像力」ではないかと思います。 あるものが常識的な使われ方をしてそこに存在する限り、現実には息苦しさがつきまといます。 そこで、靴を電話に使うような、蛇口からお金が出て来るような、何気ない身の回りのものへの意外な気付き、視点の変更など、お笑いにおけるモノボケ的な想像力は、爽快感と解放へ僕たちを導く突破口になるのではないかと思うのです。 「急に正面が変わる」に感じた、これからのお笑い ぺこぱさんがM-1グランプリにおいて披露した漫才には、「急に正面が変わる」というくだりがありました。 ボケのシュウペイさんが真横を向いて漫才をはじめ、それに対してツッコミの松陰寺さんが視点の変更を迫られる、というくだりでした。 あの一連の流れは、まさに会場全体を用いたモノボケのようであり、人を傷つけずに、同時に強い爽快感をもたらすくだりでした。 ぺこぱさんの漫才については、「誰も傷つけないツッコミ方」ばかりがフォーカスされていますが、むしろ僕にはあの「正面が変わる」くだりにこそ、これからのお笑いが見える気がしたのです。 今までのお笑いには、たくさんの財産があります。 これまでたくさんの芸人が、人に向かって鋭い視点や言葉を紡いできました。 それらを今一度モノに向け直し、現実を捉え直す爽快感を開拓していくことで、お笑いは新たなフェーズに進めるのではないかと思っています。 以上のようなことを考えたうえで、微力ながら、新しい時代のお笑いを作っていけたらな、と思っています。 (編集・).

次の