キムタク ドラマ 延期。 木村拓哉「BG~身辺警護人~」放送スタート延期 新型コロナ影響で収録に遅れ

キムタクの主演ドラマが放送延期に至った裏側 撮影再開の見通しは立たない状況か|ニフティニュース

キムタク ドラマ 延期

木村拓哉の新ドラマにテレビ朝日はついにゴーサインを出した キムタクの悲願がかなった! 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って放送延期になっていた、木村拓哉(47)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9時)の放送開始が、6月18日で最終調整されていることがわかった。 「6月18日から放送開始とのことです。 春ドラマには力を入れてきましたが、コロナ禍で収録がストップしたため再放送でしのいできました。 やっと先行きが見えてきた感じです」とテレ朝関係者も安堵の表情だ。 当初、BG続編は4月16日スタートを予定していた。 3月上旬にクランクインしたものの、テレビ朝日は4月3日に撮影中止と放送延期を発表。 放送枠の木曜午後9時台は現在、2年前に放送した前シリーズを「BG~身辺警護人~傑作選」として再放送している。 前シリーズは全9話で、再放送は今週28日が第7話、来月4日に第8話となるため、同11日の放送が最終回となる。 その翌週から待望の続編スタートとなる見通しだ。 木村は今月24日、自身のインスタグラムに第3、4話の台本写真を投稿。 「そろそろ、ギアを入れて行かなくては……。 無事に再開出来る事を祈って……」とつづっている。 ということは、これまで第2話までの撮影が済み、第3話以降はこれから撮影か、途中で止まっていたとみられる。 もちろん、新型コロナの第2波が来る可能性も否定できず、その場合はさらなる延期も考えられるが、現段階では6月18日放送開始が濃厚だ。 さらに、BG続編への注目を後押ししそうな材料もある。 それが、日本テレビ系で再放送中の連続ドラマ「野ブタ。 をプロデュース」(2005年)だ。 「前シリーズのBGで、キムタク演じるボディーガードが、息子と暮らしていたかっこいいビンテージマンションがある。 BG続編でもそこが出てくるのか、ジャニーズファンは気になっているようです」(ドラマ関係者) 前シリーズの全話平均視聴率は、同じクールのテレ朝看板ドラマ「相棒 season16」(17~18年)と並ぶ15・2%だった。 「前作は制作費が高く全9話まででしたが、当時は『SMAP解散騒動で評判を落としたキムタクを起用してこの数字(視聴率)なら大成功』と話す関係者や局員は多かった。 最終回が次につながるような展開で『シリーズ化されるのでは』という噂は当時からありました。 続編でも数字を取って、『相棒』や『ドクターX』『科捜研の女』のようなウチの看板ドラマになってほしい」と局関係者は期待している。 インスタグラムのフォロワー数がついに200万人を超えた木村は26日に、愛犬と一緒の写真とともに「食材の買い出しです。 今日は……手巻き寿司になる予定です!! STAY SAFE!!」と元気にコメント。 (視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ).

次の

キムタク「BG~身辺警護人~」6・18放送開始へ!テレ朝期待大「看板ドラマになってほしい」

キムタク ドラマ 延期

キムタクの新ドラマが放送延期? 木村拓哉主演の月9ドラマ『CHANGE』(フジテレビ系)の放送開始が、5月12日になったことが発表されたそうです。 これまでは4月放送開始と報じられていたのに、局側からは「編成上の戦略」という漠然とした説明しかされていない。 実はこの変更自体、キムタク側が望んだもので、SMAPの辣腕マネージャーとして知られるI女史から、フジテレビに「スタート時期をずらすように」という強烈なプレッシャーがあったとのことです。 テレビ関係者の話では、 「『CHANGE』は、キムタクが総理大臣役という荒唐無稽な設定。 それが吉と出るか凶と出るかは、ふたを開けてみないとわかりません。 キムタク主演ドラマには常に30%近くの視聴率が求められるし、少なくとも今クール(4〜6月期)のドラマの中では平均視聴率1位を獲らなければ、『キムタク神話崩壊』と騒がれかねない。 キムタクのブランド力も急落です。 ただし、今クールには『ごくせん』(日本テレビ系)という強力なライバルがいる。 そのために、あえてスタート日をずらし、視聴率戦争への参加を避けたんですよ」とのこと。 確かに、『ごくせん』ほか、話題の新ドラマが次々にスタートする4月や視聴率が稼げないゴールデンウィークを避けて、5月12日からスタートさせれば、待たされた分、視聴者も食いつくだろうし、話題性も高まるでしょう。 でも、この理由を知った私の一番最初の感想は、「セコイ!」。 キムタクドラマならもっと正々堂々と勝負してほしいと思いませんか? なんでも関係者の話では、 「辣腕のI女史は、ドラマの脚本をシビアに判断するタイプ。 彼女から見て、今回の『CHANGE』は、内容的にも、視聴率的にもマズいと思ったのでしょう。 脚本を根本的に直すのが無理ならばと、編成的な奇策でキムタクを守ろうとしたんだと思います」とのこと。 5月12日に延期したということは、「新しいドラマはおもしろくない」ということを宣伝しているようなもの。 面白そうだなと思っていたのにがっかりです。

次の

キムタクの主演ドラマが放送延期に至った裏側 撮影再開の見通しは立たない状況か (2020年4月18日)

キムタク ドラマ 延期

コロナ禍がキムタク主演ドラマも直撃した。 テレビ朝日は3日、俳優・木村拓哉(47)主演の同局系ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜、後9・00)の放送開始日を、当初の16日から延期すると発表した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、安全対策徹底のために収録を一時休止するなど、撮影スケジュールに遅れが生じた。 新たな開始日は未定。 同作は18年1月期に放送され、平均視聴率15・2%を記録した人気ドラマの第2弾。 木村は民間ボディーガード・島崎章を演じている。 木村はシリーズ化にあたって「しっかりとした内容や世界観を作って、継続する意味を持たせないと、ほかのシリーズ作品に失礼。 『BG』の新しいストーリーと新しい形態をしっかり紡いでいきたい」と並々ならぬ意気込みを示していた。 同局は「放送を楽しみにされていた視聴者の皆様には大変申し訳なく思っております」と謝罪。 「しっかり準備して、また新たなスタート日が決まりましたらお知らせ致します」とした。 また、同局は新型コロナウイルス対策の方針も発表。 出演者、スタッフが多いなど「安全対策に一定の限界があると思われる番組」に関しては、収録を一時休止する対応を取ると説明した。 感染拡大は4月期ドラマに大きな影響を与えており、TBSは1日に19日スタート予定だった「半沢直樹」の放送延期を発表している。

次の