トリプタン 副作用。 頭痛薬の落とし穴|レルパックス

トリプタンの副作用と問題点(こばやし小児科・脳神経外科クリニック)

トリプタン 副作用

トリプタンの副作用について トリプタン製剤が使われ始めて20年以上が経過しましたが、重篤な副作用の報告はほとんどなく、安全性が高いお薬と評価されています。 副作用として比較的多いのは、頚・胸・のど・肩の締めつけ感や圧迫感、息苦しさといった不快感で、トリプタン感覚とも呼ばれ、トリプタン製剤特有の副作用です。 トリプタン感覚は服薬後30分以内に出現することが多く、何もしないでも自然に消失していきますが、現在国内で市販される5種類のトリプタン(スマトリプタン・ゾルミトリプタン・エレトリプタン・リザトリプタン・ナラトリプタン)のいずれにおいても報告されています。 狭心症や心筋梗塞との関連で最も気になる副作用といえますが、実際は心臓の異常ではないことが証明されていて、食道や首、胸の筋肉の収縮によると考えられています。 従ってトリプタン感覚が出現しても心配は要りませんが、次回受診時医師にそのことを報告してください。 その他の副作用として眠気や倦怠感などがありますが、トリプタン感覚や眠気、倦怠感などの副作用は、トリプタンの種類を変えたり、服薬タイミングを変えたりすることによって軽減できる場合がほとんどなので、次回受診時に医師にご相談ください。 トリプタンの感受性について 現在日本国内では、5種類のトリプタン(スマトリプタン・ゾルミトリプタン・エレトリプタン・リザトリプタン・ナラトリプタン)について、7種類の経口薬と1種類の点鼻薬および2種類の注射薬が市販されています。 各トリプタンに対する感受性や副作用の出方には個人差があって、ひとつのトリプタンが効かなかったり副作用が強く出ても、他のトリプタンでは問題ないことがあります。 従って有効なトリプタンを見つけるまで、ある程度の試行錯誤は避けられない場合もあります。 いずれのトリプタンにも反応しない人(ノンレスポンダー)は数%以下と考えられていますので、医師と一緒に自分に合ったトリプタンを探していきましょう。 初回トリプタンが無効の場合、一般的な検討手順として、まず片頭痛発作時に使用したかどうか、次に適切な服薬タイミングで服用したかどうかを検討します。 また効果の程度(全く反応がなかったか、ある程度有効だったか)、副作用の有無などを検討して、投与量や併用薬の調整、別の剤型・別のトリプタンへの変更などの対応策を考えます。 また1ヶ月に10回以上で3ヶ月を超えてトリプタンを慢性的に服用するなどの使い方をすると、トリプタンによる薬物乱用頭痛が起こることも知られていて、それを防ぐために医師は処方量と処方期間を常に注意しています。 従って他院でトリプタンの追加処方を受けた場合は、そのことを医師に伝えておいてください。 トリプタンの使用量が異常に増えてきた場合は、原因を検討して、製剤変更・併用薬・予防投薬・服薬指導などの対応策を考えます。 トリプタンに関するその他の問題点 その他の問題点としてはトリプタン製剤の薬価が高いことが挙げられます。 トリプタンの経口薬・点鼻薬はいずれも1錠 1個 800~1000円前後の薬価で、3割負担の人の場合、1錠 1個 250~300円程度の自己負担額となります。 従って市販の鎮痛薬で充分満足できる程度の片頭痛であれば、必ずしも無理にトリプタンを使う必要はなく、実際にのみ比べてみて、費用対効果を検討してみることも大切です。 また一部のトリプタンには最近ジェネリック医薬品が発売されています。 先行品とのみ比べてみて、特に効果やのみやすさに差がなければ、ジェネリック医薬品の使用も現実的な選択肢といえます。

次の

イミグラン(スマトリプタン)の作用機序:片頭痛治療薬

トリプタン 副作用

片頭痛の薬、トリプタン系薬剤の作用機序と予防薬との使い分け方とは トリプタン系薬剤とは、「選択的セロトニン受容体(5-hydroxytriptamine:5-HT)作動性薬剤」とも呼ばれている、セロトニンの分泌を正常化することで頭痛を抑える作用を持つ薬です。 片頭痛の発作が始まったとき(急性期)の第一選択薬として知られています。 片頭痛が起こる原因には諸説あり、そのうちのひとつにセロトニンの影響が挙げられます。 セロトニンとは、他の神経伝達物質をコントロールする作用や血管収縮作用を持つ、脳内に存在する神経伝達物質の一種(神経ペプチド)です。 一説には、片頭痛は、セロトニンの作用によって血管が収縮した後に再び拡張することで起こるとされています。 トリプタン系薬剤はセロトニンに働きかけ、拡張した血管を収縮させることで頭痛を改善します。 また片頭痛は三叉神経が刺激されることによって起こるとも考えられており、トリプタン系薬剤には、この三叉神経に作用して頭痛を抑える効果もあります。 三叉神経から脳への刺激の伝達を防ぐ働きもあるため、痛みに伴って起こる吐き気や嘔吐などの症状も抑えることが可能です。 ただ、トリプタン系薬剤では頭痛の予防はできません。 あくまでも頭痛が発生したときに服用する薬であるため、予防のためには他の薬が必要になります。 片頭痛の予防薬 片頭痛発作が月に2回以上あり、日常生活に支障を及ぼしているような場合には、発作の予防薬を使用することが推奨されています。 効果は人によって異なりますが、服用を続けることで、発作の頻度や重症度などを軽減し、万が一頭痛発作が生じた場合でも治療薬の反応をよくすることがわかっています。 片頭痛薬のトリプタン系薬剤の種類 現在日本では、以下5種類のトリプタン系薬剤を使用することができます。 速効性のある注射薬、注射薬の次に速効性がある点鼻薬、錠剤の3種類が販売されています。 注射薬は10分、点鼻薬は15分と投与してから効果が現れるまでの時間が短く、持続性もあることが特徴です。 錠剤と口腔内速溶錠の2種類が販売されています。 口腔内速溶錠は口の中で溶けるため、水がなくても飲めるという利点がありますが、効果が現れる時間は錠剤と変わりません。 作用時間が長く、服用した日に再発が起こりにくいといわれています。 錠剤と口腔内崩壊錠が販売されています。 服用後に速やかに吸収され、効果が現れます。 半減期が約5時間と長く、持続性の片頭痛への効果が期待できます。 トリプタン系薬剤の副作用は? トリプタン系薬剤の副作用としては、「トリプタン感覚」と称される胸部症候群が現れることがあります。 以下はトリプタン感覚が起こった際に首元や胸、のど、肩などに見られる症状です。 首が締め付けられているように感じる• 圧迫感がある• 息苦しい 症状は服用後30分以内に生じ、放っておいても消失することがほとんどです。 どのトリプタン系薬剤であってもこうした副作用が報告されています。 このほか、以下のような副作用も認められています。 悪心(吐き気)• めまい• しびれ• 動悸 吐き気や嘔吐の症状が強い場合には、吐き気止めの薬を併用することがあります。 ただし、トリプタン系薬剤には基本的には重篤な副作用は見られず、使用する薬剤をほかの種類に変更することで改善するケースが多くを占めています。 副作用がひどい場合には我慢せずに医師に相談することが大切です。 トリプタン系薬剤を頻繁に飲み過ぎることによって「薬剤乱用頭痛」が起こることもあります。 月に10日以上の服用を、3ヶ月よりも長く継続するとトリプタン乱用頭痛と診断されます。 薬物乱用頭痛 薬物乱用頭痛とは、薬物を過剰に摂取することによって発生する頭痛のことです。 頭痛原因の中で3番目に多く、原因となる薬物は市販の消炎鎮痛剤やエルゴタミン製剤、トリプタン製剤が多いとされています。 とくに市販薬は気軽に手に入ることから、身体のどこかが少しでも痛むと服用する人もおり、このような乱用が発症の引き金になります。 明確な発症メカニズムは解明されていませんが、薬物の過剰服用によって痛みに対する感受性が高くなり、少々の刺激で痛みを感じやすくなることが原因と考えられています。 頭痛薬を服用しても症状が改善しない場合には、自己判断で漫然と服用を続けず、医師に相談するようにしましょう。 おわりに:トリプタン系薬剤は片頭痛に悩む人の強い味方 トリプタン系薬剤は片頭痛を改善する効果が認められており、片頭痛に悩む人の強い味方と言えるでしょう。 ただし、トリプタン系薬剤には胸まわりの圧迫感や吐き気、嘔吐、眠気といった副作用も認められています。 多くのケースでは薬剤を変更することでこうした副作用は軽減するため、副作用が現れた場合は速やかに医師に相談しましょう。

次の

【医師監修】トリプタン系薬剤ってなんで片頭痛に効果があるの?副作用はある?

トリプタン 副作用

病気や症状に応じた注意事項• 過敏症• 虚血性心疾患• 血液透析中• 心筋梗塞• 脳血管障害• 末梢血管障害• 異型狭心症• 冠動脈攣縮• 重度肝機能障害• エルゴタミン投与中• エルゴタミン誘導体含有製剤投与中• コントロールされていない高血圧症• モノアミン酸化酵素阻害剤<MAO阻害剤>投与中• 一過性脳虚血発作• プロプラノロール塩酸塩投与中• モノアミン酸化酵素阻害剤<MAO阻害剤>投与中止2週間以内• 慎重投与• 肝機能障害• 虚血性心疾患• 脳血管障害• WPW症候群• 重篤な不整脈• コントロールされている高血圧症• てんかんを起こしやすい器質的脳疾患• ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群• 冠動脈疾患の危険因子を有する• 心臓副伝導路と関連した不整脈• 痙攣を起こしやすい器質的脳疾患• 効果・効能 (添付文書全文) 片頭痛<家族性片麻痺性・孤発性片麻痺性・脳底型・眼筋麻痺性片頭痛を除く>。 <効能・効果に関連する使用上の注意> 1.本剤は、国際頭痛学会による片頭痛診断基準により「前兆のない片頭痛」あるいは「前兆のある片頭痛」と診断が確定された場合にのみ使用する。 特に次のような患者は、クモ膜下出血等の脳血管障害や他の原因による頭痛の可能性があるので、本剤投与前に問診、診察、検査を十分に行い、頭痛の原因を確認してから投与する。 1).今までに片頭痛と診断が確定したことのない患者は、クモ膜下出血等の脳血管障害や他の原因による頭痛の可能性があるので、本剤投与前に問診、診察、検査を十分に行い、頭痛の原因を確認してから投与する。 2).片頭痛と診断されたことはあるが、片頭痛の症状や経過とは異なる頭痛・随伴症状のある者はクモ膜下出血等の脳血管障害や他の原因による頭痛の可能性があるので投与前に問診、診察、検査を十分に行い頭痛の原因を確認してから投与する。 2.家族性片麻痺性片頭痛、孤発性片麻痺性片頭痛、脳底型片頭痛あるいは眼筋麻痺性片頭痛の患者には投与しない。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).アナフィラキシーショック、アナフィラキシー:アナフィラキシーショック、アナフィラキシーがまれに現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 2).不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状:不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状を起こすことがまれにあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 4).てんかん様発作:てんかん様発作を起こすことがまれにあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 5).血管浮腫:顔面浮腫、舌浮腫、咽頭浮腫等の浮腫が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 6).中毒性表皮壊死症:中毒性表皮壊死症を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 7).呼吸困難:呼吸困難を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 8).失神:失神を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 9).薬剤の使用過多による頭痛:薬剤の使用過多による頭痛が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行う。 2.その他の副作用:次のような症状又は異常が現れた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行う。 1).全身症状:(頻度不明)倦怠感、脱力、胸痛、冷感、無力症・疲労。 2).循環器:(頻度不明)動悸、頻脈、高血圧。 3).消化器:(頻度不明)悪心、嘔吐、下痢、口内乾燥、口渇、腹痛、消化不良。 4).筋・骨格系:(頻度不明)硬直、頚部痛、局所性重圧感、局所性絞扼感、筋力低下、顔面痛。 5).精神神経系:(頻度不明)傾眠、眩暈、感覚減退、錯感覚、知覚過敏、頭痛、精神明瞭性減退、不眠症、振戦、運動失調、神経過敏、失見当識、多幸症。 6).呼吸器:(頻度不明)鼻乾燥、咽頭不快感、喘鳴。 7).皮膚:(頻度不明)蕁麻疹、皮膚そう痒症、潮紅、発汗、発疹。 8).肝臓:(頻度不明)肝機能異常(ALT上昇(GPT上昇)、AST上昇(GOT上昇)等)。 9).その他:(頻度不明)CK上昇(CPK上昇)、光視症、頻尿、食欲減退、ほてり、霧視、温感、味覚異常。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.心筋梗塞の既往歴のある患者、虚血性心疾患又はその症状・兆候のある患者、異型狭心症(冠動脈攣縮)のある患者[不整脈、狭心症、心筋梗塞を含む重篤な虚血性心疾患様症状が現れることがある]。 3.脳血管障害や一過性脳虚血発作の既往のある患者[脳血管障害や一過性脳虚血発作が現れることがある]。 4.末梢血管障害を有する患者[症状を悪化させる可能性が考えられる]。 5.コントロールされていない高血圧症の患者[一過性の血圧上昇を引き起こすことがある]。 6.重度肝機能障害を有する患者[本剤は主に肝臓で代謝されるので、重度の肝機能障害患者では血中濃度が上昇する恐れがある]。 7.血液透析中の患者。 9.モノアミン酸化酵素阻害剤<MAO阻害剤>投与中、あるいはモノアミン酸化酵素阻害剤<MAO阻害剤>投与中止2週間以内の患者。 10.プロプラノロール塩酸塩投与中の患者。 (慎重投与) 1.虚血性心疾患の可能性のある患者(例えば、虚血性心疾患を疑わせる重篤な不整脈のある患者、閉経後の女性、40歳以上の男性、冠動脈疾患の危険因子を有する患者)[不整脈、狭心症、心筋梗塞を含む重篤な虚血性心疾患様症状が現れる恐れがある]。 2.肝機能障害を有する患者[外国において、健康成人と比較して中等度の肝機能障害患者では、本剤のAUCとCmaxが増加する傾向が報告されている]。 3.てんかんを起こしやすい器質的脳疾患あるいは痙攣を起こしやすい器質的脳疾患のある患者[てんかん様発作が発現したとの報告がある]。 4.脳血管障害の可能性のある患者[脳血管障害が現れる恐れがある]。 6.コントロールされている高血圧症患者[一過性の血圧上昇や末梢血管抵抗の上昇がみられたとの報告がある]。 (重要な基本的注意) 1.本剤は口腔内で崩壊するが、口腔の粘膜から吸収されることはないため、唾液又は水で飲み込む。 2.本剤投与後、一過性胸痛、一過性胸部圧迫感等の症状(強度で咽喉頭部に及ぶ場合がある)が現れることがあるので、このような症状が虚血性心疾患によると思われる場合には、以後の投与を中止し、虚血性心疾患の有無を調べるための適切な検査を行う。 3.心血管系の疾患が認められない患者においても、重篤な心疾患が極めてまれに発生することがあるので、このような場合は以後の投与を中止し、適切な処置を行う。 4.片頭痛あるいは本剤投与により眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械操作に従事させないよう十分注意する。 5.本剤を含むトリプタン系薬剤により、頭痛が悪化することがあるので、頭痛の改善を認めない場合には、「薬剤の使用過多による頭痛」の可能性を考慮し、投与を中止するなど、適切な処置を行う。 (高齢者への投与) 外国での試験では、高齢者と非高齢者との間で、薬物動態、有効性及び副作用発現率に明らかな差は認められていない。 しかし、一般に高齢者では生理機能が低下しているので、注意して投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 2.本剤投与中は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。 (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立していない。 (過量投与) 過量投与の主な症状は、傾眠、眩暈、高血圧又は他の血管収縮の徴候を含む心・血管系事象であり、その他に、嘔吐、徐脈、失神、アトロピン反応性3度房室ブロック、失禁が起きる可能性がある。 処置:本剤を過量に投与した場合は、胃洗浄及び活性炭による吸着を行い、12時間以上は症状及び心電図のモニタリングを行う(本剤の血清中濃度に対する血液透析又は腹膜透析の効果は不明である)。 (適用上の注意) 薬剤交付時: 1.PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2.次記の点に注意するよう指導する:本剤を舌の上にのせ唾液を浸潤させ飲み込む(本剤は、水なしで服用することができ、また、水で服用することもできる)。 (参考) <国際頭痛学会による片頭痛の分類*> 1. 1:前兆のない片頭痛 1. 2:前兆のある片頭痛 1. 2.1:典型的前兆に片頭痛を伴うもの 1. 2.2:典型的前兆に非片頭痛様の頭痛を伴うもの 1. 2.3:典型的前兆のみで頭痛を伴わないもの 1. 2.4:家族性片麻痺性片頭痛 1. 2.5:孤発性片麻痺性片頭痛 1. 2.6:脳底型片頭痛 1. 3:小児周期性症候群(片頭痛に移行することが多いもの) 1. 3.1:周期性嘔吐症 1. 3.2:腹部片頭痛 1. 3.3:小児良性発作性眩暈 1. 4:網膜片頭痛 1. 5:片頭痛の合併症 1. 5.1:慢性片頭痛 1. 5.2:片頭痛発作重積 1. 5.3:遷延性前兆で脳梗塞を伴わないもの 1. 5.4:片頭痛性脳梗塞 1. 5.5:片頭痛により誘発される痙攣 1. 6:片頭痛の疑い 1. 6.1:前兆のない片頭痛の疑い 1. 6.2:前兆のある片頭痛の疑い 1. 6.5:慢性片頭痛の疑い <国際頭痛学会による片頭痛診断基準*> <1. 1:前兆のない片頭痛> 1. 2〜4を満たす頭痛発作が5回以上ある。 2.頭痛の持続時間は4〜72時間(未治療もしくは治療が無効の場合)。 3.頭痛は次の特徴の少なくとも2項目を満たす。 1).片側性 2).拍動性 3).中等度〜重度の頭痛 4).日常的な動作(歩行や階段昇降などの)により頭痛が増悪する、あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける。 4.頭痛発作中に少なくとも次の1項目を満たす。 1).悪心又は嘔吐(あるいはその両方) 2).光過敏及び音過敏 5.その他の疾患によらない。 2:前兆のある片頭痛> 1. 2を満たす頭痛が2回以上ある。 2.片頭痛の前兆がサブフォーム1. 2.1〜1. 2.6のいずれかの診断基準項目2)及び3)を満たす。 3.その他の疾患によらない。 2.1:典型的前兆に片頭痛が伴うもの 1).2)〜4)を満たす頭痛発作が2回以上ある。 2).少なくとも次の1項目を満たす前兆があるが、運動麻痺(脱力)は伴わない。 (1).陽性徴候(例えばきらきらした光・点・線)及び・又は陰性徴候(視覚消失)を含む完全可逆性の視覚症状。 (2).陽性徴候(チクチク感)及び・又は陰性徴候(感覚鈍麻)を含む完全可逆性の感覚症状。 (3).完全可逆性の失語性言語障害。 3).少なくとも次の2項目を満たす。 (1).同名性の視覚症状又は片側性の感覚症状(あるいはその両方)。 (2).少なくとも1つの前兆は5分以上かけて徐々に進展するか及び・又は異なる複数の前兆が引き続き5分以上かけて進展する。 (3).それぞれの前兆の持続時間は5分以上60分以内。 4).<1. 1:前兆のない片頭痛>の診断基準2〜4を満たす頭痛が、前兆の出現中もしくは前兆後60分以内に生じる。 5).その他の疾患によらない。 2.2:典型的前兆に非片頭痛様の頭痛を伴うもの 次記を除き1. 2.1と同じ。 4).<1. 1:前兆のない片頭痛>の2〜4を満たさない頭痛が、前兆の出現中もしくは前兆後60分以内に生じる。 2.3〜1. 2.6の診断基準については省略した。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の