毛穴に効く洗顔。 毛穴ケアにおすすめのプチプラ洗顔料ランキング15選|黒ずみや開きに効果的な製品とは

毛穴を目立たなくする洗顔料おすすめ14選

毛穴に効く洗顔

どれだけ毎日きちんと顔を洗っても取れない毛穴の黒ずみ、汚れ。 せっかくのメイクも毛穴が目立っていれば、なんとなくイメージ通りにいかなくてガッカリ……、という女性もいるのではないでしょうか。 とはいえ、毛穴汚れをなんとか取り除こうと一日に何度もゴシゴシ洗いをしたり、毛穴パックやピーリングをし過ぎたり、はたまた手や爪で無理やり角栓をしぼり出したりしていれば、毛穴の黒ずみどころかお肌全体に炎症が起きたりしてしまうことも! そこでまずはあなたの毛穴が今どのような状態なのかをチェックしてみましょう。 なぜなら「毛穴」と一言で言っても、状態によって毛穴が目立つ原因は異なるから。 詰まった角栓の頭が酸化で黒くなっていて(これを「ブラックヘッド」と呼びます)、黒くポツポツと毛穴を主張してしまっているため、ついつい指で絞り取ろうとしてしまったり……。 このような「詰まり毛穴」と「黒ずみ毛穴」が合わさった毛穴トラブルは、毛穴のなかで過剰に分泌された皮脂が古い角質細胞やメイクや大気中の汚れなどと混ざり合い、角栓となってガンコに固まっている状態です! 毛穴タイプ2:メラニン色素による黒ずみ毛穴 一見「酸化黒ずみ毛穴」のように毛穴が黒ずんでいる割に、指で触っても詰まった角栓が盛り上がっているザラザラした感触がないのなら、毛穴の入口にメラニン色素が定着し、色素沈着していると判断できます。 原因は紫外線(日焼けによるシミ)、もしくは毛穴パックや毛穴プッシャーなどの過剰な毛穴ケアによる刺激、が考えられます。 しかしなかには皮脂のべたつきが気になって、過剰に洗顔をしたり保湿ケアを怠ったりしたことで、肌が乾燥して、さらなる皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴が本来の大きさよりも開いている可能性もあります。 さらに30代以降から頬の毛穴が目立ってきたと感じるなら、開いた毛穴がたるんだ「たるみ毛穴」の可能性が高いでしょう。 たるみ毛穴は通常の丸い毛穴と比べて「縦長の楕円形」をしており、「下方向」に下がって開いています。 これは加齢(老化)や乾燥ダメージなどによって、肌内部のコラーゲンやエラスチンといったハリ・弾力成分の数が減ったり、肌を支える力が弱まってしまったりしたために、肌にある毛穴までもが下がってしまっているのです。 つまりは肌のたるみやシワのエイジング現象が、毛穴の形にまで現れている状態です! エイジングケア=保湿の徹底と適度なピーリング 肌の老化を進行させるのは、乾燥。 ターンオーバーに乱れが生じ、しわやたるみ、開け毛穴の原因となっています。 まずは、徹底的に保湿を行い、肌の乾燥を防ぎましょう! 洗顔後に何もしないでいると、肌はどんどん乾燥します。 すぐにたっぷりの化粧水と保湿成分が配合された美容液で、肌を守ってくださいね。 また、細胞が入れ替わる「ターンオーバー(新陳代謝)」のサイクルは、(個人差はありますが)基本となるのは28日周期。 しかし年齢とともにターンオーバーは遅くなり、 30代では約40日程度かかるようになります。 ターンオーバーが正常に行われずに、表皮細胞が剥がれ落ちないまま残っていると、肌のごわつきやくすみ、毛穴が目立つ原因になります。 数週間〜1カ月に一度ピーリングを行い、ターンオーバーを促しましょう。 外からも中からもコラーゲンを補給 コラーゲンが不足すると、肌にしわが目立つようになります。 体内で作られるはずのコラーゲンは、加齢によって減少するため、外側からも内側からも補給してください。 コラーゲン配合の基礎化粧品を使っているからと安心してはいけません。 というのもコラーゲンは分子量が大きいため、肌の奥まで浸透することは難しいから。 ただし、コラーゲンは保湿効果もあるため、乾燥によるしわやたるみを潤いで防いでくれます。 そこでコラーゲンを内側からも補給するために、食事からも摂取しましょう。 コラーゲン成分配合の飲料やサプリメントもありますが、ゼラチンやうなぎ、牛スジや手羽先などの食材にも含まれています。 ポイントとして、コラーゲン摂取の際はコラーゲンの合成に必要な「ビタミンC」と一緒に摂ることを心がけてくださいね。 頭皮マッサージでリフトアップ 頭皮の血行が滞っていたり、たるんでいたりすると、顔にもたるみの影響が出て、毛穴もだるんと開いてしまいます! そこで頭皮マッサージで血行を促進すれば、顔のリフトアップにもつながるのです。 生え際から首筋まで、指全体でゆっくり揉み解しましょう。 固くなった頭皮が柔らかくなり、疲労回復にもつながります。 また、耳裏を上下に指で強くこすり、血行促進することも効果的です。 毛穴タイプ1におすすめの洗顔料タイプ 原因は皮脂や汚れの詰まり。 そのためすでに詰まった汚れを取れやすくするために、タンパク質を分解する効果のある「酵素入り」または「AHA(フルーツ酸)配合」の洗顔料がオススメです。 タンパク質分解酵素が配合されていれば、肌表面に残っている余分な角質を優しく除去することができるため、毛穴詰まりの予防対策にもなります。 ただしすぐに毛穴レス効果が欲しいがために何度も酵素洗顔をすると、肌荒れなどのトラブルが発生する可能性があります! 必ずメーカー指定回数、頻度を守って、肌を傷めないように注意してくださいね。 毛穴タイプ2におすすめの洗顔料タイプ メラニン色素が増えているため、いわゆる美白系の成分(ビタミンC、ビタミンE)が入った洗顔料を使用し、蓄積したメラニンを排除し予防する対策を取りましょう。 また毛穴パックなどでどれだけ角栓を取り除いても「毛穴は小さくならない」ことを認識し、頻繁に行わない(目安は10日~2週間に1回)ように注意してくださいね! ただし、もしも肌全体が日焼けや肌荒れを起こしてメラニン色素が増えているようなら、まずは美白ケアではなく角層を健康的に整える「敏感肌用」の優しい成分の洗顔料を使用しましょう。 肌の負担になるような添加物は入っていない、シンプルながら保湿力もある泡立ちたっぷりの洗顔フォームがオススメです。 毛穴タイプ3におすすめの洗顔料タイプ 毛穴の開きやたるみが気になる場合は、まずは肌が乾燥していると考えましょう。 なぜなら先述したように、「毛穴が目立つ=皮脂が多い=脂性肌だからさっぱりさせたい!」と思い込み、保湿スキンケアを怠っていることで、余計に毛穴から皮脂が分泌するという、負のスパイラルに陥っている可能性が考えられるからです! そこで乾燥肌に心当たりがあるなら、洗顔料もさっぱりタイプではなく、保湿・保水成分(セラミド、スクワランなど)が含まれているしっとり系洗顔料を選んでください。 もしも毛穴タイプが分からないなら もしも毛穴タイプが1つではなく複合的であったり、「どの毛穴タイプかよく分からなくて決められない」などとお悩みなら、泡立たないクレイ(泥)タイプの洗顔料をお試しになってみては? 天然クレイなら毛穴よりも小さく、マイナスイオンによって(プラスイオンの)毛穴汚れを吸着して、毛穴詰まりを改善・予防します。 また肌表面の古い角質も取り去るため、メラニン色素がいつまでも残らずにくすみを取り除く効果も期待できますよ。 おすすめ人気洗顔料をご紹介! ではここからは、毛穴汚れに悩む方に人気のある洗顔料を美容ライターと美容編集部が実際に試し、毛穴への効果や肌全体への使用感、成分の良さなどを総合的に見て評価の高かった順にランキング発表します! オススメの毛穴タイプ、口コミレビューも載せるため、ぜひご参考にしてくださいね!! 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2、3】 シルクのもっちり濃密泡で、毛穴汚れとくすみをスッキリ落とす、美容皮膚科監修の理想的な大人の洗顔料。 独自処方のボタニカルウォーター、ヒト型セラミドや植物幹細胞の力で肌のうるおいを守り、洗顔後の肌にかさつき・つっぱり感を与えません。 京繭シルクの濃密泡で毛穴汚れはしっかり落としつつ、潤いのある透明感のある肌へと導きます。 敏感肌向けと聞いて試したら、刺激は全くないのに毛穴汚れが日に日に取れて肌のキメが整いました! (30代) ・泡立てネットを使用したらすぐに弾力のあるモコモコ泡になります。 顔をうずめるようにして洗うと毛穴もくすみもすっきり!悩みの鼻の黒ずみが目立たなくなりました。 ワントーン顔色が上がったのもこの洗顔料のおかげです。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2、3】 b. glen(ビーグレン)はハリウッド海外セレブも愛用する人気のスキンケアブランド。 そのビーグレンを創設した薬学博士が開発した、天然のクレイ「モンモリロナイト」を採用した泡の経たないクレイ洗顔料。 肌の汚れや古い角質、酸化した余分な皮脂を磁石のように引き寄せて落とす「吸着洗顔」で、大切なうるおいと必要な皮脂はしっかり残して洗い上げます。 5種類の美容成分がぜいたくに配合されたゲルのようなやさしいテクスチャーは、年齢を重ねた肌はもちろん、大人のニキビ肌にも最適です! 【クレイウォッシュの口コミレビュー】 ・すごく柔らかいテクスチャーで、泡がなくてもするする伸びます。 突っ張らないのに毛穴汚れはすっきり。 使うほどに肌ざわりがツルツルになって肌につやが出てきました。 (30代) ・鼻の角栓、黒ずみを中心にクルクルとなじませていたら、1週間でかなり減少し驚きました。 こんなに黒ずみに効果があった洗顔料ははじめて。 現品買いしました。 クッションのような弾力のあるマンナン成分が、お肌のざらつきなどを整えてツルンとなめらか肌へ導きます! 毛穴に詰まった余分な皮脂&古い角質を、泥と炭のWの吸着黒パワー&すっきりマンナン粒でオフ。 汚れが蓄積しやすい夜の洗顔使用や、ソフトスクラブですっきりしっかり落としたい方におすすめです! 【くろあわわの口コミレビュー】 ・鼻の黒ずみや角栓を改善したくてスクラブ入りのくろあわわを試したら、夜洗うだけで汚れがスッキリしてツルツル鼻に! 大人ニキビもできなくなったので、なくなると困ります。 (30代) ・どろあわわの弾力泡も好きですが、くろあわわの泡もモチモチ。 炭と泥の吸着力でテカテカ悩みが解消。 がっつり毛穴も1か月ほどで引き締まってきました~!(30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 あの大人気洗顔料「どろあわわ」がパワーアップして新登場! 潤してほぐす「米麴エキス」配合。 お肌を潤してやわらかくほぐすから、余計な角質がたまりづらい「透明やわらかお肌」へ導きます! さらには「沖縄産マリンシルト」がマイナスイオンの力で汚れを吸着。 まるでスキンケアのようにお肌をしっとり&肌環境を整えます。 【どろ豆乳石鹼 どろあわわの口コミレビュー】 ・鼻の毛穴のザラザラがひどくて主に夜に使ったら、1つ使い切るころにはすっきりつるん。 おかげで鼻の黒ずみが溜まりにくくなってお肌もっちりになれました。 発酵&泥パワーおそるべしです。 (30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 フランス生まれのこってり泡。 ・サボン クレール・・・朝専用のスキンケアソープ。 睡眠中に蓄積した皮脂を除去。 一日中、明るく透明感のある肌へ導きます。 ・サボン フォンセ・・・ 夜専用のスキンケアソープ。 メイク落としもOK。 クレンジングやダブル洗顔は不要です。 のシンプルケアで肌の再生力を呼びさまし、肌自身の力で理想の素肌美を手に入れましょう。 サボントライアルセットの口コミレビュー】 ・朝晩で違う石けんを違うのははじめて。 泡立てネットでモコモコ泡を作って洗ううちに、乾燥肌がしっとりとしてきて、Tゾーンのテカリが少なくなりビックリ。 皮脂バランスが整って毛穴汚れも目立たなくなりました。 (40代) ・石けんでもメイクがきちんと落ちて、ツッパリや乾燥もなく肌の状態が落ち着いてきました。 ほのかなハーブの香りもナチュラル。 朝の泡立てはちょっと面倒ですが、毛穴やくすみのない目指せノーファンデ肌に期待できます!(30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 毛穴エイジングケアに着目した化粧品「アンサージュ」の洗顔料。 粒子の細かいピンククレイが毛穴に詰まった汚れを吸着し、すっきりと洗い上げます。 「毛穴の悩みはあるけれど、特別なケアって何もしていない……」 実は、そんな女性がとっても多いんです。 その理由は「何が良いのかよくわからないから……」。 アンサージュは、「クレンジング・洗顔・化粧水・乳液」のシンプルな4ステップ。 いつものスキンケアの中で、毛穴トラブルのケアと予防が叶います。 特別なお手入れが必要ありません。 また、使用者の70%以上が2ヶ月以内に効果を実感した!というアンケート結果も。 1週間ほどでなくなってしまうトライアルサイズではなく、本品をじっくり試していただき、お肌の変化をご実感ください! 【アーティウォッシュの口コミレビュー】 ・香りも泡立ちも良くて癒されるお気に入りアイテム。 スベスベ肌になって肌が明るくなっていきます。 毛穴にあれだけ詰まっていた角栓も2か月使用でずいぶん改善されました。 ライン使いを続けるか検討中。 (30代) ・少量ですごくモコモコの泡が作れるのでコスパがよいです。 洗いあがりはつるんとして、つっぱりなく洗った感があります。 毛穴に関してはまだそこまで分かりませんが、肌のキメが整ってきました。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 ヴァーナルは、洗顔石鹸を中心としたシンプルスキンケアを28年提唱し続けているスキンケアブランド。 お肌の菌「スキンフローラ」に注目し、菌バランスがよく美肌菌が優勢な肌環境を作ってモチモチ肌へと導く洗顔せっけんが「アンク ソープ」です。 吸着力の高いもっちり泡が、毛穴に詰まった汚れや古い角質だけでなく、余分な細菌も洗い流します。 上質なせっけん素地に植物エキスを配合。 メイクも落とすことができます! 【ヴァーナル アンク ソープの口コミレビュー】 ・泡立てネットで泡立てるとしっかりとした泡に。 優しいのにちゃんと汚れは落ちてすっきりします。 「センシティブザイフ」という白い石けんとのセット使いで透明感が出てきました。 (30代) ・最初泡立て方が足りなくて、すぐにヘタると思ってましたが、水を切って泡立てるとモコモコに。 毛穴汚れがすっきり落ちている感じで、乾燥なくきゅっとした肌になります。 毛穴も引き締まってきた気がします。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、3】 美容のプロたちが評価する、多数のベストコスメ受賞!! 1929年創業、スキンケア研究の老舗ポーラの最高峰ブランド「B. 大人の肌にはバーカシアンが大幅に減少しています。 (ポーラHPより) このB. Aウォッシュ(洗顔料)はマイクロファイバー配合のねっとり泡が、泡マスクのような濃密な厚みで肌を包み毛穴(角層)の汚れまでからめとります。 しっとり柔らかで透明感のある肌に! 後からのローションのなじみも良くしてくれますよ。 A ウォッシュの口コミレビュー】 ・ウッディな香りに癒されます。 少しの量でもっちり濃厚な泡になって、洗いあがりはまさにモチモチ。 毛穴の詰まりが改善されて、大人ニキビもできなくなりました。 1度使うと手放せない!ただおサイフ的に厳しい・・・。 1回の使用で肌の吸いつきが全然変わって化粧水がぐんぐん入ります。 たるみ毛穴にもハリが出てきて、以前ほど目立たなくなってきました。 リピします。 (40代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2】 生クリームのようになめらかで角が立つほどの超濃密な泡で洗う、エイジングケア用洗顔料。 フランス産泥「カオリン」が毛穴汚れや不要な角質を吸着、明るいお肌に導きます。 さらにプラチナナノコロイド、フラーレン配合で、お肌に透明感を与えてくれます! 【ハリーヴィーナス プラチナウォッシュの口コミレビュー】 ・泡立ちがよくてこすらなくても洗えるのは、敏感肌にはうれしい。 洗いあがりはさっぱりですがつっぱりもなく、使うほどに毛穴汚れが取れてきたように思います。 (20代) ・フランス産泥洗顔で、余分な角質や汚れがすっきり取れます。 さっぱり系なので少し乾燥が気になる時もありますが、肌のくすみが取れていくので肌の調子を見て使い続けます!(30代) 【特にオススメの毛穴タイプ:1、2、3】 広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発をした洗顔料。 これ1本でメイク落としと洗顔が同時に行え、肌への負担を最小限に抑えてメイクや汚れをしっかり落とし潤いをキープします! 朝は泡立てて洗顔料として、夜は肌になじませてメイク落とし・洗顔料として使用できます。 また、美肌成分(ビタミンE配合)によりお肌に栄養補給ができる優れものです。 【マイルドクレンジングジェルの口コミレビュー】 ・クレンジングジェルなのに泡立てて洗顔料にできるのが面白い。 洗いあがりもしっとりで優しい感じです。 メイク汚れがスッキリ落ちるので、毛穴づまりができにくくなった実感があります。 (20代) ・めんどくさがりの私にはクレンジングと洗顔料が1つ、という点がよいです。 皮膚科医監修なので敏感肌でも使えて、肌の調子が上向きに!肌が柔らかくなって毛穴が少し引き締まってきました。 (40代).

次の

@cosme毛穴ケア洗顔フォームランキングTOP7

毛穴に効く洗顔

1.毛穴汚れ(黒ずみ・詰まり)の正体は角栓 毛穴の汚れ(詰まりや黒ずみ)の正体は「」。 この角栓は、毛穴から出る皮脂や、肌表面に溜まっていた不要な角質などが混ざり合うことでできると考えられています。 できはじめの角栓は白っぽいのが特徴ですが、これが長期間空気にさらされて酸化すると、いわゆる「毛穴」に変化していくのです。 角栓や黒ずみが毛穴に詰まっていると、や美容液などのなじみが悪くなることも。 この状態を打破するためには、洗顔によって毎日の「落とすケア」を抜かりなく行うことが重要です! (脂性肌)の方や、毎日の洗顔は急いで済ませがち…という方は、使用している洗顔料や洗顔方法を見直してみましょう。 洗浄成分に泥(モロッコ溶岩クレイ)を使用。 植物のをブレンドしたシトラス・アースの香りが、さわやかなお手入れタイムを演出します。 合成界面活性剤・着色料・合成香料・鉱物油・パラベン不使用。 たんぱく質から成る角栓をしっかりお手入れしたい方におすすめなのが、この章でご紹介する「」。 パウダー状なのでお手持ちの洗顔料にプラスして使うこともできます。 基本的な洗顔方法をご紹介しますので、普段の習慣を振り返るという意味でも、ぜひご一読ください。 汚れたままの手で洗顔してしまうと、洗顔料が泡立ちにくくなったり、手についていた雑菌を肌につけることにもなりかねません。 「まずは手洗い」を忘れないようにしましょう。 また、顔を濡らすことで洗顔料が泡立ちやすくなることも期待できます。 泡立てが苦手な方は、洗顔ネットなどで泡立てるのもおすすめです。 おでこに泡を付け、徐々に広げつつ、こめかみ部分まで洗います。 毛穴が目立ちやすくなる鼻は、泡をクルクルと指の腹で丁寧に洗います。 次は皮脂量が少ないほほ・あご(Uゾーン)を洗います。 頬はおでこや鼻ほど皮脂が出ない部位なので、撫でるように軽く行うのがポイントです! 最後に皮膚が薄い口・目周りを洗います。 口や目はとても皮膚が薄いので、泡を乗せるくらいにして、擦らないようにしましょう。 特におでこ(生え際)とこめかみは泡が残りやすいので、特に意識してすすぎます。 タオルは手よりも摩擦が起きやすいので、擦らないように心がけましょう。 タオルで顔の水気を拭き取った後は、なるべく早めに化粧水などで保湿のお手入れをしましょう。 どうしても後回しにしがち…という方は、すぐに使えるようにスキンケアアイテムを洗面所などに常備しておくのもおすすめです。 ミストタイプやスプレータイプの化粧水、ポンプタイプのジェルなどを活用するのもいいですね。 4.普段の洗顔にプラス!毛穴汚れを落とすお手入れ 通常の洗顔だけではない、ちょっと特別なお手入れをしたい方へ向けて、「洗顔ブラシ」「重曹」「」を使ったお手入れをご提案します。 4-1.洗顔ブラシ 洗顔の際に便利な洗顔ブラシは、最近ではドラッグストアなどで見かけることも多くなりました。 洗顔ブラシの毛1本1本が肌の微妙な凹凸に密着することで、毛穴に詰まった汚れをかきだしやすくなります。 もちろんブラシの毛は手(指)に比べて細かいので、普段の洗顔では落としきることが難しい毛穴汚れも落としやすくなるでしょう。 使用する際に注意したいことが、洗顔ブラシでごしごしとこするように使わないことです。 摩擦は肌にとって大敵です。 やわらかい毛質のブラシを選び、くれぐれもやさしい力加減で洗顔するようにしましょう。 週に1回のスペシャルケアとして活用するのもいいかもしれません。 敏感肌の方やの方の場合は、人によって肌負担を感じることがあるかもしれませんので、肌状態を見て行いましょう。 オイルは油性なので、皮脂(油汚れ)になじみやすく、汚れを浮かしやすくすることが期待できます。 また、使用後の肌がしっとりするので、乾燥肌の方にもおすすめです。 おすすめの使い方は、蒸しタオルやスチーマーと一緒に使うこと。 肌が温まることで毛穴が開きやすくなるので、より汚れを浮かせやすくすることができますよ。 しかし、毛穴や肌にオイルが付着したままの状態が続くと、新しい角栓やなどができる原因にもなりかねません。 オイルケアの後は必ず洗顔し、オイルをしっかり洗い流しましょう。 保湿成分であるシアオイルを配合。 サラッとしたテクスチャーで、肌をやわらげ乾燥を防ぎます。 上りや洗顔後、化粧水前に使用するのもおすすめです。 化粧水の前に使用することで、その後のスキンケアアイテムのなじみもUP。 しっとりと肌にうるおいを与えます。 5.これってどうなの?洗顔以外の毛穴のお手入れ 毛穴汚れのお手入れの基本は洗顔によるケアですが、毛穴汚れのない肌にあこがれるあまり、その他のお手入れ方法に興味があるという方も多いことでしょう。 ここでは、その中でも代表格といえそうな「毛穴パック」「」でのお手入れについてお話しします。 5-1.毛穴パック 毛穴と言えば「毛穴パック」と考える方も多いでしょう。 しかし、肌に貼って数分放置した後、物理的に角栓をはがし取るという毛穴パックは、少なからず肌に負担となりえます。 自分の肌状態をよく鑑みたうえで使用するか否かを判断し、肌の調子が良くないときには控えることをおすすめします。 どうしても使いたいという場合は、以下の手順で肌をいたわりながら行うことを忘れないようにしましょう。 5-2.クレンジングオイル 毛穴の黒ずみ汚れが取れると期待する方も多い「クレンジングオイル」。 どのメイク落としにも言えることですが、クレンジングを長時間行うのは肌の負担になりえます。 メイク落としの中でも比較的汚れが落ちやすいオイルタイプでは、よりその可能性が高まると言えるでしょう。 クレンジングオイルを使ったお手入れは、1分を目安に素早く済ませることをおすすめします。 6.まとめ 毛穴汚れの正体である「角栓」は、毎日の洗顔できちんと洗い流すことが大切です。 日々の積み重ねが、毛穴の黒ずみ・詰まりなどの汚れ対策につながります。 納得できる洗顔料を適切に使い、つるんとなめらかな肌を目指しましょう。 今回ご紹介した洗顔料もぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

美肌の基本! 毛穴をきれいに保つ洗顔方法について

毛穴に効く洗顔

1.毛穴汚れ(黒ずみ・詰まり)の正体は角栓 毛穴の汚れ(詰まりや黒ずみ)の正体は「」。 この角栓は、毛穴から出る皮脂や、肌表面に溜まっていた不要な角質などが混ざり合うことでできると考えられています。 できはじめの角栓は白っぽいのが特徴ですが、これが長期間空気にさらされて酸化すると、いわゆる「毛穴」に変化していくのです。 角栓や黒ずみが毛穴に詰まっていると、や美容液などのなじみが悪くなることも。 この状態を打破するためには、洗顔によって毎日の「落とすケア」を抜かりなく行うことが重要です! (脂性肌)の方や、毎日の洗顔は急いで済ませがち…という方は、使用している洗顔料や洗顔方法を見直してみましょう。 洗浄成分に泥(モロッコ溶岩クレイ)を使用。 植物のをブレンドしたシトラス・アースの香りが、さわやかなお手入れタイムを演出します。 合成界面活性剤・着色料・合成香料・鉱物油・パラベン不使用。 たんぱく質から成る角栓をしっかりお手入れしたい方におすすめなのが、この章でご紹介する「」。 パウダー状なのでお手持ちの洗顔料にプラスして使うこともできます。 基本的な洗顔方法をご紹介しますので、普段の習慣を振り返るという意味でも、ぜひご一読ください。 汚れたままの手で洗顔してしまうと、洗顔料が泡立ちにくくなったり、手についていた雑菌を肌につけることにもなりかねません。 「まずは手洗い」を忘れないようにしましょう。 また、顔を濡らすことで洗顔料が泡立ちやすくなることも期待できます。 泡立てが苦手な方は、洗顔ネットなどで泡立てるのもおすすめです。 おでこに泡を付け、徐々に広げつつ、こめかみ部分まで洗います。 毛穴が目立ちやすくなる鼻は、泡をクルクルと指の腹で丁寧に洗います。 次は皮脂量が少ないほほ・あご(Uゾーン)を洗います。 頬はおでこや鼻ほど皮脂が出ない部位なので、撫でるように軽く行うのがポイントです! 最後に皮膚が薄い口・目周りを洗います。 口や目はとても皮膚が薄いので、泡を乗せるくらいにして、擦らないようにしましょう。 特におでこ(生え際)とこめかみは泡が残りやすいので、特に意識してすすぎます。 タオルは手よりも摩擦が起きやすいので、擦らないように心がけましょう。 タオルで顔の水気を拭き取った後は、なるべく早めに化粧水などで保湿のお手入れをしましょう。 どうしても後回しにしがち…という方は、すぐに使えるようにスキンケアアイテムを洗面所などに常備しておくのもおすすめです。 ミストタイプやスプレータイプの化粧水、ポンプタイプのジェルなどを活用するのもいいですね。 4.普段の洗顔にプラス!毛穴汚れを落とすお手入れ 通常の洗顔だけではない、ちょっと特別なお手入れをしたい方へ向けて、「洗顔ブラシ」「重曹」「」を使ったお手入れをご提案します。 4-1.洗顔ブラシ 洗顔の際に便利な洗顔ブラシは、最近ではドラッグストアなどで見かけることも多くなりました。 洗顔ブラシの毛1本1本が肌の微妙な凹凸に密着することで、毛穴に詰まった汚れをかきだしやすくなります。 もちろんブラシの毛は手(指)に比べて細かいので、普段の洗顔では落としきることが難しい毛穴汚れも落としやすくなるでしょう。 使用する際に注意したいことが、洗顔ブラシでごしごしとこするように使わないことです。 摩擦は肌にとって大敵です。 やわらかい毛質のブラシを選び、くれぐれもやさしい力加減で洗顔するようにしましょう。 週に1回のスペシャルケアとして活用するのもいいかもしれません。 敏感肌の方やの方の場合は、人によって肌負担を感じることがあるかもしれませんので、肌状態を見て行いましょう。 オイルは油性なので、皮脂(油汚れ)になじみやすく、汚れを浮かしやすくすることが期待できます。 また、使用後の肌がしっとりするので、乾燥肌の方にもおすすめです。 おすすめの使い方は、蒸しタオルやスチーマーと一緒に使うこと。 肌が温まることで毛穴が開きやすくなるので、より汚れを浮かせやすくすることができますよ。 しかし、毛穴や肌にオイルが付着したままの状態が続くと、新しい角栓やなどができる原因にもなりかねません。 オイルケアの後は必ず洗顔し、オイルをしっかり洗い流しましょう。 保湿成分であるシアオイルを配合。 サラッとしたテクスチャーで、肌をやわらげ乾燥を防ぎます。 上りや洗顔後、化粧水前に使用するのもおすすめです。 化粧水の前に使用することで、その後のスキンケアアイテムのなじみもUP。 しっとりと肌にうるおいを与えます。 5.これってどうなの?洗顔以外の毛穴のお手入れ 毛穴汚れのお手入れの基本は洗顔によるケアですが、毛穴汚れのない肌にあこがれるあまり、その他のお手入れ方法に興味があるという方も多いことでしょう。 ここでは、その中でも代表格といえそうな「毛穴パック」「」でのお手入れについてお話しします。 5-1.毛穴パック 毛穴と言えば「毛穴パック」と考える方も多いでしょう。 しかし、肌に貼って数分放置した後、物理的に角栓をはがし取るという毛穴パックは、少なからず肌に負担となりえます。 自分の肌状態をよく鑑みたうえで使用するか否かを判断し、肌の調子が良くないときには控えることをおすすめします。 どうしても使いたいという場合は、以下の手順で肌をいたわりながら行うことを忘れないようにしましょう。 5-2.クレンジングオイル 毛穴の黒ずみ汚れが取れると期待する方も多い「クレンジングオイル」。 どのメイク落としにも言えることですが、クレンジングを長時間行うのは肌の負担になりえます。 メイク落としの中でも比較的汚れが落ちやすいオイルタイプでは、よりその可能性が高まると言えるでしょう。 クレンジングオイルを使ったお手入れは、1分を目安に素早く済ませることをおすすめします。 6.まとめ 毛穴汚れの正体である「角栓」は、毎日の洗顔できちんと洗い流すことが大切です。 日々の積み重ねが、毛穴の黒ずみ・詰まりなどの汚れ対策につながります。 納得できる洗顔料を適切に使い、つるんとなめらかな肌を目指しましょう。 今回ご紹介した洗顔料もぜひ参考にしてみてくださいね。

次の