ガンプラ ブログ はじめ まし た。 oz3Boxのブログ: RG νガンダムをHWS化はじめました。

【Mini

ガンプラ ブログ はじめ まし た

では箱絵からどうぞ。 パケ絵はGNビームサブマシンガンを構え、GNシールドからGNシールドニードルを展開して攻撃体勢を取るガンダムキュリオスの姿が掲載。 GNバズーカで射撃するガンダムヴァーチェ、それを交わすティエレンタオツー、ティエレン宇宙型(宇宙指揮官型)など多数の機体が飛び交う戦場が鮮やかに表現されています。 パッケージに描かれているということは、ヴァーチェやティエレン系もキット化されるんですかね? パッケージサイズは近年のMG定番のサイズ(MGガンダムVer. 0やMGガンダムF91Ver. 0など)と同じです。 とも同じ大きさ。 横絵はパッケージ幅を活かし、変形や各部可動、武装、未塗装状態や内部フレーム、フィギュアなど、このキットが持つギミックが余すところなく紹介されています。 全部で10袋分のランナーです。 説明書。 表紙はパケ絵と同じデザインが一面に掲載された00フォーマット。 デュナメスやこれまでのMGガンダム00系キットも大体同じフォーマットになっています。 一通り説明書をどうぞ。 ですが今回もユニットやブースターは付属せず。 後にプレバンで発売されるかも? 以上、説明書でした。 MGガンダムデュナメスもそうですが、これまでのMGガンダム00系キットの定番であるLEDユニット内蔵ギミックやホログラム加工が施された樹脂パーツなど、劇中のキュリオスにより近いリアルな作りで再現されています。 それでいて組み立てやすさも追求してあるようです。 これに変形やパーツによる色分けも高いレベルで実現された優秀なキットです。 カラーガイド。 パーツごとに塗装し、部分的に筆塗りなどすればいいだけなのでラクそうですね。 では各ランナーを簡単に見ていきます。 イエロー、レッド、クリアーグリーン、クリアーのイロプラランナーで、胴体部や機首のキャノピー、各部ダクトやGNコンデンサーなどの各部パーツ。 グレー成型色で、胴体部やハンドパーツなど。 MGガンダムデュナメスからの流用ランナーです。 グレー成型色で、腕部や脚部内部パーツ、細部のパーツ類など。 同じものが2枚あります。 ホワイト成型色で、腕部や脚部外装パーツ類です。 こちらもMGガンダムデュナメスからの流用ランナーで、同じものが2枚あります。 グレー成型色で、頭部や胴体部、GNドライヴ、GNシールド内部パーツなど。 グレー成型色で、腕部や脚部内部フレームパーツなど。 同じものが2枚あります。 ホワイト成型色で、腕部や脚部外装パーツ。 ホワイト成型色で、頭部や胴体部、脚部外装パーツなど。 オレンジ成型色で、胴体部や腕部、ソール部、GNシールドパーツなど。 H2はH1の一部と同じ、I2はI1の一部と同じです。 ブラック(ダークブルー)成型色で、飛行形態の機首やスタビライザー、脚部外装、GNハンドミサイルユニットパーツなど。 J3はブラック(ダークブルー)成型色で、J2ランナーの一部と同じです。 K1、K2はダークグレー成型色で、GNビームサブマシンガンやGNハンドミサイルユニットパーツ。 SB-8はクリアーピンク成型色のGNビームサーベル刃パーツ。 以上です。 近年のMGということで完成度が高く、ほとんど不満の無いキットに仕上がっていると思います。 内部フレームがKPSに変わってからより緻密な構造になって可動箇所も圧倒的に増えています。 その分経年によるヘタレなどは気になりますが、ポージングの表現力が圧倒的に高くなっているのはいいですね。 後はヴァーチェ。 重量級のキットで武器類の保持なども課題になってくると思います。 肉厚な装甲でどうしても可動が制限されたりする部分はあるでしょうが、ナドレへの展開など、精密なギミックや構造によって高いクォリティでのキット化を期待したいですね。

次の

HGUC 1/144 AMS

ガンプラ ブログ はじめ まし た

では箱絵からどうぞ。 パケ絵はGNビームサブマシンガンを構え、GNシールドからGNシールドニードルを展開して攻撃体勢を取るガンダムキュリオスの姿が掲載。 GNバズーカで射撃するガンダムヴァーチェ、それを交わすティエレンタオツー、ティエレン宇宙型(宇宙指揮官型)など多数の機体が飛び交う戦場が鮮やかに表現されています。 パッケージに描かれているということは、ヴァーチェやティエレン系もキット化されるんですかね? パッケージサイズは近年のMG定番のサイズ(MGガンダムVer. 0やMGガンダムF91Ver. 0など)と同じです。 とも同じ大きさ。 横絵はパッケージ幅を活かし、変形や各部可動、武装、未塗装状態や内部フレーム、フィギュアなど、このキットが持つギミックが余すところなく紹介されています。 全部で10袋分のランナーです。 説明書。 表紙はパケ絵と同じデザインが一面に掲載された00フォーマット。 デュナメスやこれまでのMGガンダム00系キットも大体同じフォーマットになっています。 一通り説明書をどうぞ。 ですが今回もユニットやブースターは付属せず。 後にプレバンで発売されるかも? 以上、説明書でした。 MGガンダムデュナメスもそうですが、これまでのMGガンダム00系キットの定番であるLEDユニット内蔵ギミックやホログラム加工が施された樹脂パーツなど、劇中のキュリオスにより近いリアルな作りで再現されています。 それでいて組み立てやすさも追求してあるようです。 これに変形やパーツによる色分けも高いレベルで実現された優秀なキットです。 カラーガイド。 パーツごとに塗装し、部分的に筆塗りなどすればいいだけなのでラクそうですね。 では各ランナーを簡単に見ていきます。 イエロー、レッド、クリアーグリーン、クリアーのイロプラランナーで、胴体部や機首のキャノピー、各部ダクトやGNコンデンサーなどの各部パーツ。 グレー成型色で、胴体部やハンドパーツなど。 MGガンダムデュナメスからの流用ランナーです。 グレー成型色で、腕部や脚部内部パーツ、細部のパーツ類など。 同じものが2枚あります。 ホワイト成型色で、腕部や脚部外装パーツ類です。 こちらもMGガンダムデュナメスからの流用ランナーで、同じものが2枚あります。 グレー成型色で、頭部や胴体部、GNドライヴ、GNシールド内部パーツなど。 グレー成型色で、腕部や脚部内部フレームパーツなど。 同じものが2枚あります。 ホワイト成型色で、腕部や脚部外装パーツ。 ホワイト成型色で、頭部や胴体部、脚部外装パーツなど。 オレンジ成型色で、胴体部や腕部、ソール部、GNシールドパーツなど。 H2はH1の一部と同じ、I2はI1の一部と同じです。 ブラック(ダークブルー)成型色で、飛行形態の機首やスタビライザー、脚部外装、GNハンドミサイルユニットパーツなど。 J3はブラック(ダークブルー)成型色で、J2ランナーの一部と同じです。 K1、K2はダークグレー成型色で、GNビームサブマシンガンやGNハンドミサイルユニットパーツ。 SB-8はクリアーピンク成型色のGNビームサーベル刃パーツ。 以上です。 近年のMGということで完成度が高く、ほとんど不満の無いキットに仕上がっていると思います。 内部フレームがKPSに変わってからより緻密な構造になって可動箇所も圧倒的に増えています。 その分経年によるヘタレなどは気になりますが、ポージングの表現力が圧倒的に高くなっているのはいいですね。 後はヴァーチェ。 重量級のキットで武器類の保持なども課題になってくると思います。 肉厚な装甲でどうしても可動が制限されたりする部分はあるでしょうが、ナドレへの展開など、精密なギミックや構造によって高いクォリティでのキット化を期待したいですね。

次の

MG ガンダムキュリオスのパッケージ・ランナー レビュー

ガンプラ ブログ はじめ まし た

組みやすさを考慮したランナー配置を実現。 洗練されたプロポーションに加え、最新フォーマットによって可動範囲も大幅に向上。 肘、膝の二重関節による片膝立ちやビーム・サーベルを抜く動作など、アニメシーンさながらの迫力あるポーズが可能なキットになっています。 価格は1,100円(税込み)です。 ガンプラ35周年目の2015年、『新生-RIVIVE-』により、主人公のアムロ・レイ搭乗機『RX-78-2 ガンダム』がHGUCでキット化されました。 可動・色分けなどに優れ、最新設定に基づく新しいアレンジで再現されたキットになっています。 成型色はガンダム定番のホワイト、ブルー、レッドを織り交ぜたトリコロールカラー。 「多色成形」という特殊技術を使ったランナー構成によって高度な色分けが実現され、素組みでも十分な完成度に仕上がっています。 シールは頭部や腰のV字マークなど一部を補うのみです。 ポリキャップはHGシリーズのガンプラ定番のPC-002をすべて使用。 肘や膝はKPSパーツによる構成ですが、その他の関節各部はポリキャップ接続で関節強度は高めでです。 プロポーションも良く、前後比重もかからず自立は安定しています。 キットサイズは約125mm。 手に取りやすく取り扱いやすい大きさになっています。 全体的なプロポーションに合わせた小顔でスタイリッシュなフォルムになっています。 前後挟み込みタイプで、頭頂部から側面にかけて合わせ目ができます。 合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要そう。 ツインアイやとさか前後のセンサーはシールでの色分け。 左右のダクトはグレーに、こめかみのバルカンはイエローに塗り分けが必要です。 ツインアイはクリアーイエローパーツで再現され、クリアーパーツを活かすための背面シルバーシールも付属しています。 胴体部。 ブルー、レッド、イエロー成型色により、ガンダム定番の形状が再現されています。 胸部の襟やエアインテーク、腰アーマーのヘリウムコアなどもパーツできっちりと色分けされています。 腰アーマー中央のV字マーク周りはシールでの色分け。 シールで隠れていますが、V字マークはモールドが造形されています。 腰アーマー裏にモールドは造形されていません。 角型(スクエア)タイプで、成型色も外装のホワイトと関節やハンドパーツのグレーのみとシンプル。 重機感があって、変なアレンジがされていないのがいいですね。 二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端でモールド化されています。 肘もマルイチモールドが造形、色分けされるなど、小型ながらも洗練された作りに。 ショルダーアーマー。 こちらもシンプルな角型です。 前後挟み込みタイプで合わせ目が端にくるようになっています。 スリムかつスタイリッシュなフォルムで造形されています。 大腿部は筒型で合わせ目はありませんが、膝から下は左右挟み込みタイプで後部に合わせ目ができます。 膝から分離可能なので、合わせ目消しは比較的ラクそう。 腕部と同じく膝のマルイチモールドは別パーツで造形、色分けされています。 脚の付け根は別パーツ化され、ロール可動が追加されています。 ソール部。 シンプルな形状で重機感があります。 アンクルアーマーは左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端で目立たない組み合わせに。 足首の内部パーツは左右挟み込みタイプですが、後部にできる合わせ目は段落ちモールド化。 足裏はモールド入りの1個パーツ構成で、つま先側に肉抜き穴があります。 バックパック。 ガンダム特有の左右ビーム・サーベル装備型で、サーベル柄は脱着が可能です。 バーニアは別パーツでの造形で、可動ギミックはありません。 内部も1重モールドのみとシンプル。 バックパックは定番の2ダボ接続。 ですが背部にサーベル柄固定用のストッパーダボがあるので他キットのバックパックを取り付けても干渉して浮いてしまいます。 HGUC陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。 サイズ的には陸戦型ジムと変わらず小柄。 RX-78-2ガンダムの全高は18. 0mです。 陸戦型ジムと比べるとかなりシンプルでスマートなフォルム。 HGUCガンキャノン(REVIVE版)、HGUCガンタンクと並べてV作戦トリオで。 ガンタンクはREVIVE版ではありませんが、並べてもそんなに違和感はないですね。 旧キット(2001年5月発売のHGUC RX-78-2 ガンダム)が手元にないので、せめて40周年記念キットのHGガンダムG40 Industrial Design Ver. と並べて比較。 こちらと比べるとREVIVE版がオーソドックスなキットに見えますね。 頭部は広めに上下可動し、見上げる動きが幅広く可能となっています。 左右へも干渉なくスムーズに可動します。 腕は真上にまで上げることができ、肘も完全に折り曲げることができます。 肩の前後スイングは、付け根ボールジョイントなりの可動となります。 ポリキャップの引出しギミックなどもありません。 腹部や腰部のボールジョイント型ポリキャップ接続により、上半身の幅広い前後スイングが可能です。 腰を少し浮かせてアーマー類の干渉を避けることで、上半身を360度回転させることができます。 アクションベースなどへのディスプレイは、その他のガンプラと同じく股間部に3. 0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。 (を使用しています。 ) 前後開脚は、フロントアーマーが可動するので広く前方に開脚させることができます。 リアアーマーは可動しないので、後方へは適度に開脚する程度。 膝は二重関節構造で深くまで曲げることができます。 膝内部パーツは左右挟み込みタイプですが、合わせ目は端にくるようになっています。 膝の内側も裏打ちパーツが造形され、しっかりとした作りに。 足首は、前後には幅広く可動しますが、左右へはわずかに可動する程度です。 アンクルアーマーも合わせて可動します。 左右への開脚は、サイドアーマーが若干干渉しますが、水平程度まで上げることができます。 内股、ガニ股も干渉なくスムーズ。 共に水平以上に可動させることができます。 姿勢がそれほど美しいわけではないですが、立膝は適度な形でこなすことができました。 可動域の総括としては、シンプルな構造でありながら、各部とも柔軟に可動するキットになっていると思います。 ガンプラの中でも可動域が極めて広く優秀。 安定したポージングが楽しめそうですね。 シールド。 表面のレッドやイエローの十字マークなどがパーツで色分けされています。 裏面も細かいモールドが造形。 のぞき穴もきっちりと開口されています。 のぞき穴の開閉ギミックはありません。 グリップは可動式。 シールドはハンドパーツでグリップを握らせ、前腕に接続ダボを差し込んで装備します。 固定強度は高めで外れることなく取り扱うことができます。 バックパックにも取り付けが可能。 ビームライフル。 少ないパーツ数ですが完成度は高め。 左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。 センサーやフォアグリップは左右に可動します。 センサーの表面はイエローパーツでの色分け。 ビームライフルは武器持ち手を使って保持します。 人差し指がトリガーガード内に収まるなど、自然な保持スタイルになっていて見栄えもいいですね。 ハイパー・バズーカ。 こちらも程よいパーツ構成で仕上がりのいいものになっています。 砲身を含む本体部分は左右挟み込みタイプで、上下に合わせ目ができます。 砲口は筒型パーツ構成で合わせ目はありません。 グリップは前後に可動します。 リアアーマーのカバーを外してジョイントパーツを取り付けることで、ハイパー・バズーカをマウントすることができます。 一通り武装して。 ヒロイックなカラーリングや背面のメカニカル感がいいですね。 シンプルながらもバランスの取れたスタイルになっていると思います。 関節強度も高めなので、ガシガシ動かしてもポロリする箇所はありません。 可動が柔軟で、ポージングもスムーズ。 ビームライフルの両手持ちは多少ぎこちなさがありますが、ある程度様になるポーズが再現可能です。 ハイパー・バズーカはグリップが可動するので、肩に担ぐポーズも割とラクに再現できます。 脇に抱えることで、一味違ったポーズが演出可能。 ビーム・サーベルもハンドパーツにうまく挟めるので、スルッと抜け落ちることなく保持できます。 ポージングもラク。 ビーム刃はブラックライトで照らしても発光しませんでした。 適当に何枚かどうぞ。 ラストシューティングやザクめがけて飛びかかるポーズなど、劇中シーンがリアルに演出できます。 平手を使うと表現力が高まるのがいいですね。 以上です。 プロポーションなどは旧キットの形状も踏まえ、賛否両論あるかもしれませんが、合わせ目が露出しない作りや広い可動域を実現する構造などはREVIVEの名に恥じない優秀なキットになっていると思います。 可動強度も高く、武器保持力高めでポージングしやすいので不満点はないですね。 ガンプラ初心者の方でも簡単に組み立てられるくらいのパーツ数、ランナーボリュームになっていますし、小型で取り扱いもしやすいです。 武装類もバズーカ、ビームライフル、シールドと一通り揃っていてさらに平手も付属するので、いろんなポージングに対応できるのも魅力。 あらゆる部分で最適化されたガンプラと言えるくらい完成度も高いので、初めてのガンプラをどれにするか迷ったら、迷いなく勧められる一体ですね。

次の