ベスト エフォート 意味。 インターネットの基礎知識:ベストエフォートの解説

【ベストエフォート】の例文集・使い方辞典

ベスト エフォート 意味

ITMedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 次ページも含む。 永沢茂 2003年12月15日. Internet Watch. 2018年12月1日閲覧。 吉澤亨史 2007年5月22日. CNET Japan. 2018年12月1日閲覧。 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 田中聡 2016年1月5日. ITmedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 田中聡 2017年4月28日. ITmedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 ITmedia Mobile 2018年3月26日. 2018年12月1日閲覧。 国民生活センター 2016年6月6日. 2018年12月1日閲覧。 出口絢 2018年5月9日. 弁護士ドットコム. 2018年12月1日閲覧。 高橋健太郎 2018年11月30日. 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 高橋健太郎 2018年11月30日. 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 Internet Watch. 2018年11月25日閲覧。

次の

インターネットの基礎知識:ベストエフォートの解説

ベスト エフォート 意味

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年11月) ベストエフォート(: best effort、最善努力)とは、最大の結果を得られるよう努力することをいう。 通常、契約等における受任者の負うべき義務を規定する場合に使われる用語で、そのような努力がなされないときは債務不履行責任を負うものの、そのような努力がなされたうえは、結果に対する責任を負わないことを定める際に用いられる。 のベストエフォートとは、利用者の操作によるデータの要求が、システムが処理できる量を超えても明示的なエラーの通知も再処理もしない方式を意味する技術用語である。 通常、能力を超えた要求は破棄される。 通信事業者 [ ] には、全ては挙げないがおおまかに以下のようなものがある。 (パソコン)• (スマートフォン・タブレットなど)• これらの契約には、「ギャランティ型」という契約者がネットワークを占有する契約と、本記事で解説する「ベストエフォート型」ではネットワークの設備が共有されるというものがある。 「ベストエフォート型」の場合、ネットワークの能力を超えたトラフィックが入力された場合に、超過分のパケット通信が捨てられる仕組みを意味する。 通信規格上の最高速度のみをする行為は、単にに反するだけではなく、(景品表示法)で禁止されるであり、顧客の期待とサービスの実態が異なるような表示となる。 電気通信サービスの広告表示に関する自主基準及びガイドライン 2003年12月には、「電気通信サービス向上推進協議会」(TELESA、事業者の協会で構成)が自主基準を策定し、宣伝広告において、ベストエフォートについてはサービス品質が環境によって変化しうることを明瞭に表示する、「最高品質」などといった場合は客観的事実に基づくよう求めた(また料金広告など)。 2007年にはこのガイドラインの改定のための案を示し、再び虚偽・誇大広告に気をつけ、客観的な事実に基づく点を示した。 しばしば改訂されている。 移動系通信事業者が提供するインターネット接続サービスの実効速度計測手法及び利用者への情報提供手法等に関するガイドライン 実効速度が事業者や地域・場所によって違うことが、トラブルとなりうる。 とりわけ、スマートフォンにおける理論上の最高速度の表示が高速化するにつれ、消費者からの苦情が増加した。 2015年までに総務省が研究会を開催し、実際の速度、「実効速度」を広告に利用するための議論がなされた。 2016年には総務省のガイドラインに従った1500地点での計測がNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクによってなされた。 これをTELESAが監督する。 消費者から寄せられた苦情は「LTEサービスで150Mbps(最高速度)とされているが、動画が遅延して表示される(実効速度の結果)」といったものである。 総務省が電気通信事業を管轄しており、苦情はや、市役所などに設置されているにも寄せられる。 下り最大150Mbps 、 実効速度 42. 5Mbps - 103Mbps。 伴って、こうした主要キャリアの回線を利用している他社は、こうした最高速度の広告宣伝をやめていった。 最大速度を宣伝したければ、、実効速度も併記するというガイドラインができたことが理由で、各社も計測の準備を行っている。 違反例 [ ] そうした中で2017年にはMVNOのが消費者庁によって命令措置を受けた。 理由は「業界最速」「販売数1位」とウェブサイトで広告したことについて、特定地点での12時台の結果であったことや、グラフの数値が異なっていたこと、特定の電気販売店での販売数であったことなど。 景品表示法への違反、優良誤認として8824万円の支払いが命じられた。 こうした苦情によって2016年にが改正され、電波のつながり具合や、契約時の説明等が不十分な場合には8日以内に契約を解除できることとなった。 2018年にはある男性がを提訴。 「ギガ放題プラン」について、契約上の速度制限について店頭説明では制限にかかったことがないかのように説明されたため契約したら、著しい速度制限があったため。 東京高等裁判所の判決により認められたことは、電気通信事業法26条における契約条件の説明義務や、4条1項1号の「不実告知」という重要事項の事実と異なる説明である。 また回線提供者のUQは契約を担当した会社ではないが、UQの広告について優良誤認を起こす可能性、消費者契約法9条によって解約金は解約による損害を上回ってはならず、UQの1万9千円は脱法的だと指摘された。 実際の通信速度 [ ] ベストエフォート型では通信設備や回線が顧客間で共有されているため、回線利用の混雑を理由に通信品質は低下する。 また回線事業提供者の根幹の設備である「バックボーン」が要求されるデータ量に足して不足すると速度低下は起こる。 2018年には10Gbpsの光回線サービスの提供が開始されている。 スマートフォンでは2017年に、NTTドコモが788Mbpsのサービスを開始している。 しかし、こうしたベストエフォート型回線サービスの最大速度の表示はあくまでもその通信規格における理論上の最高速度であり、利用者の競合がなく1人のみが使用し、信号減衰がないといった環境は実際には望めない。 記者が個人的に実測した一例• 最大10Gbps - 実行速度ダウンロード 2200. 95Mbps、アップロード 5063. 96Mbps。 最大1Gbps - 実行速度ダウンロード 618. 32Mbps、アップロード 986. 12Mbps。 またこうしたの結果よりも、実際にデータを提供しているウェブサイトからのダウンロード速度は遅くなることがある(この場合、特定のウェブサイトの読み込みが遅い)。 NTTドコモによるガイドラインに従った表記• 最大788Mbps - 実行速度は97Mbps-162Mbps。 パソコン環境 [ ] FTTHやCATV、ADSLのの回線の設備が性能不足である場合もある。 ここまでは(あるいは)までである。 モデム(ブロードバンドルーター)から利用者が使用するパソコンまたはスマートフォンまででは、の処理性能や、搭載されたやの規格上の転送性能が低い場合がある。 こうしたネットワークの途中、あるいは末端において、処理性能の低い機器が存在すれば、その処理性能を上回ることはできない。 例えば2018年時点では、10Gbpsの設備では、(10GBASE-T)のルーターと、 CAT6A 規格のケーブルが必要となる。 Wi-Fiでも、回線業者から送られてくるモデム装置は WiFi 6 の最大2. 4Gbpsに対応するが、端末側(PCやスマートフォン)の、(Wi-Fi 5、)の最大866Mbpsなど(規格により異なる)を超えることはできない。 (またこれらの規格も理論上最高速度であり、実測では劣る) 出典 [ ] []• ITMedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 次ページも含む。 永沢茂 2003年12月15日. Internet Watch. 2018年12月1日閲覧。 吉澤亨史 2007年5月22日. CNET Japan. 2018年12月1日閲覧。 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 田中聡 2016年1月5日. ITmedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 田中聡 2017年4月28日. ITmedia Mobile. 2018年12月1日閲覧。 ITmedia Mobile 2018年3月26日. 2018年12月1日閲覧。 国民生活センター 2016年6月6日. 2018年12月1日閲覧。 出口絢 2018年5月9日. 弁護士ドットコム. 2018年12月1日閲覧。 高橋健太郎 2018年11月30日. 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 高橋健太郎 2018年11月30日. 日経XTECH. 2018年12月1日閲覧。 Internet Watch. 2018年11月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (電気通信サービス向上推進協議会) 自主基準に関するガイドライン等 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

インターネットの基礎知識:ベストエフォートの解説

ベスト エフォート 意味

いつもお世話になっています。 インターネット接続などのサービスに於ける「ベストエフォート方式」という契約の種類について質問します。 1)「ベストエフォート方式」は、サプライヤー(供給者)がエフォート(努力)を提供している限りは、契約として成立するのでしょうか?(ウィキペディア等には、「ベストエフォート方式」の消費者にとっての欺瞞性について書かれてありましたが、我が国の法律(商法等?)に照らし合わせた場合は、たとえばインターネット接続の契約であれば、供給者がエフォート(努力)している限り、通信速度がたとえゼロでも、消費者は文句を言うことができないのでしょうか? 2)「ベストエフォート方式」は、供給者が「エフォート(努力)」することが契約対象になっているのであって、通信速度(インターネット契約の場合等)等が契約対象にはなっていない・・・というのが法律上の正式な契約内容なのでしょうか? 宜しく御教示お願いします。 インターネットというのは公衆回線を大勢のユーザーが分割して使います。 通信速度はその混雑度に影響されるので、最大いくらという言い方しかできません。 極端な言い方をすれば一人しか使わなければ最高。 100人が同時に使えば100分の1になるということです(実際は技術的にもっと均等になるようにされていますが)。 これをベストエフォート契約といいます。 仕事上絶対に100Mbpsの速度が必要だというのであれば、専用回線を使用します。 これは速度保証型の契約になります。 ただしコストは数百倍になります。 ベストエフォートはエフォートすることが契約なのではありません。 むしろ速度を保証していない契約だということです。 速度が保証されない契約だから速度がゼロでも契約違反ではありません。 しかしそれでは誰もユーザーは付きませんよね。 有料契約ですからある程度のサービス品質が期待されるわけですが、それは法律で義務化や保護されるものではなく、商行為の中で義務化されるものです。 高いサービスを提供しないとユーザーはサービスを買ってくれないし、逃げてしまうからです。 インターネット接続サービスはスペックとして数値があるのであえてベストエフォートという言葉が出来ているのですが、たとえばレストランで食事をするとき5万円を前払いするといい食事を期待しますね。 でも尺度がないから、シェフは「精一杯頑張らせていただきます」といいますね。 あれと同じです。 Q 先日NTT代理店の方が来て、ADSLから光回線に変えるような流れになりました。 回線の工事が必要なのでしたいみたいなことを言われ、そうするとADSLから光に変わり、今より料金が安くなると言われました。 わたしの家は住宅地なのですが、ほぼ家3件分くらいの土地に我が家だけが建っていて隣の土地は空き地でしたが、最近土地が売れて新しく家が建てられ始めたところです。 なので、引っ越してくる方の関係で必要な工事なのかなと思い込み、その方の言うとおりに変更する返事をしてしまいました。 しかし、後になって騙されているのではないかと言う不安に駆られ、インターネットでその会社名を調べてみたら、jpnumber. comの口コミに 「息子の私が留守で、父親一人の時、勝手に家に上がりこみ危うくフレッツ光の契約と工事日を決められるところでした。 」 という書き込みを見つけました 一応会社名は伏せます ちなみに、現在yahooBBのADSLを使っているのですが、その工事をしたあとにauに変えてしまうと費用がかかってしまうので、2年間は変えないようにとも言われました。 わたしもよく分かっていないので説明が分かりにくいかも知れませんが、騙されているのでしょうか。 6月8日の午後に立ち会う?約束までしてしまったのですが、今から取り消せるものなのでしょうか。 教えてください。 よろしくお願いします。 先日NTT代理店の方が来て、ADSLから光回線に変えるような流れになりました。 回線の工事が必要なのでしたいみたいなことを言われ、そうするとADSLから光に変わり、今より料金が安くなると言われました。 わたしの家は住宅地なのですが、ほぼ家3件分くらいの土地に我が家だけが建っていて隣の土地は空き地でしたが、最近土地が売れて新しく家が建てられ始めたところです。 なので、引っ越してくる方の関係で必要な工事なのかなと思い込み、その方の言うとおりに変更する返事をしてしまいました。 しかし、後にな... A ベストアンサー 一般的にADSLから光に替えて安くなるなんてことはありません。 あったとしても、期間限定割引とかそんな感じでしょう。 光のほうはいったんキャンセルすることを強くおすすめします。 悪質な代理店の可能性もありますので、キャンセルを拒否するかもしれませんが、負けないでくださいね。 自分だったら、光にするよりも、ADSLで、より安いプランがないかをチェックしますね。 YahooBBだと、解約をちらつかせると裏プランを提示してくれたりとかあるらしいし。 nothing. インターネットの通信サービスの契約方式のベストエフォート方式というものについて教えてください。 質問: 1)ベストエフォート方式という詐欺のサービス供給契約は歴史的にどの業者が発明したのでしょうか? 2)商品として通信を供給されるという契約だと思いますが、そのサービス品質を無視したこの様な契約を我が国もよく認めていると思います。 QoSの面から、このベストエフォートという契約方式が詐欺だと非難されたことはないのでしょうか? 3)インターネットの利用というものを「通信サービス」だと捉えると、ダイヤルアップ方式でインターネットをカッパーラインの電話線を利用していたときのほうが、QoSが維持されていたと思うのですが、現状として我が国における状態としては、ダイヤルアップではエロ動画を見るのには苦痛なので、それでブロードバンド(ベストエフォート方式が頻繁に適用されていると思われる)になし崩し的に何のQoSの取り決めもなく多くのインターネットユーザーが走ったという経緯があるのでしょうか?(しかし、この質問の場合でも、インターネットの利用目的が常時接続(ストリーミング、テレビ視聴やIP電話等)でなければ、通信速度が不安定でも良いという発想が出てきそうですが、本音の部分では、「厳密な意味での常時接続」ではなく、大容量のファイルをDLするための時間短縮のためのブロードバンドという意味合いが濃いのでしょうか?) 過去に「常時接続」という謳い文句を見たことがありますが、常時接続されていても通信速度が不安定だったりしたら、何の意味もないと当方は思うのですが、多くのブロードバンド常時接続利用者様は何の不都合も無い様なインターネットの使い方をされているのかな?(EmailのDLや巨大ファイルのDLという通信QOSがあまり本質的に影響しない使い方) 正直なところを教えていただけると非常に有り難いです。 宜しくお願いします。 いつもお世話になります。 インターネットの通信サービスの契約方式のベストエフォート方式というものについて教えてください。 質問: 1)ベストエフォート方式という詐欺のサービス供給契約は歴史的にどの業者が発明したのでしょうか? 2)商品として通信を供給されるという契約だと思いますが、そのサービス品質を無視したこの様な契約を我が国もよく認めていると思います。 QoSの面から、このベストエフォートという契約方式が詐欺だと非難されたことはないのでしょうか? 3)インターネットの利用という... A ベストアンサー どの様な経緯かは良くわかりません。 しかし、個人向けサービスを開始する時に『如何に安価に提供するか?』を考えた時に、『接続は保証出来る。 しかし、品質を保証は出来ないそうすれば設備を安く出来るから安価に提供出来る』と考えたのではないでしょうか? 黎明期に始めたプロバイダーは企業向けの設備を使用してます。 (IIJ、DT) その後に始めたプロバイダーは民生用の上位機種を使用していた様です。 個人向けのサービスはすべて『ベストエフォート』です。 これは『接続は保証するが接続品質、速度は保証しない』と言う考えです。 それでもダイアルアップの頃よりは切断される事が少ないです。 (速度の低下は有るけど) 接続、品質を保証するのは企業向けの専用線サービスです。 >本音の部分では、「厳密な意味での常時接続」ではなく、大容量のファイルをDLするための時間短縮のためのブロードバンドという意味合いが濃いのでしょうか? 的を得てるかも知れません。 プロバイダーに取っては占有される時間が短い方がベターですからね。 今でも大容量のファイルを日常的にDLするユーザは敬遠されてます。 どの様な経緯かは良くわかりません。 しかし、個人向けサービスを開始する時に『如何に安価に提供するか?』を考えた時に、『接続は保証出来る。 しかし、品質を保証は出来ないそうすれば設備を安く出来るから安価に提供出来る』と考えたのではないでしょうか? 黎明期に始めたプロバイダーは企業向けの設備を使用してます。 (IIJ、DT) その後に始めたプロバイダーは民生用の上位機種を使用していた様です。 個人向けのサービスはすべて『ベストエフォート』です。 これは『接続は保証するが接続品質、速度は... A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。 この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。 ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。 (インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが) ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。 セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。 危険性? WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送 WebDAV やVPN等も出来るようになっています。 当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。 ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。 参考まで。

次の