スポティファイ 通信 料。 【Spotify】モバイルデータ通信でストリーミング再生させない設定

Spotifyが嬉しいアップデートを発表。無料ユーザーでも曲を選べるように!

スポティファイ 通信 料

Spotifyはどんなサービス? はインターネット上に用意された楽曲ライブラリから音楽が再生できる音楽ストリーミングサービスのひとつ。 楽曲データをスマホなどのデバイスに保存せず、ネットを通じ通信しながら再生します。 日本でSpotifyが正式リリースされたのは2016年で、当時はGoogle Play MusicやApple Musicなどをはじめ、既に他の音楽ストリーミングサービスが日本上陸を果たしていました。 ただし世界的に見ると、サービス開始がより早かったのはSpotify。 本国・スウェーデンでは2008年からサービスが始まっていました。 Spotifyのライブラリに登録された楽曲の数は2017年12月現在で4,000万曲以上。 海外発のサービスですが、洋楽だけに限らず、邦楽も多くラインナップされています。 日本でのサービス開始当初は、利用するために招待が必要でしたが、2017年12月現在ではユーザー登録(アカウント登録)を済ませれば、すぐ利用可能。 Androidスマホやタブレット、iPhone、iPadといったモバイルデバイス以外に、パソコン、あるいは最近話題のAIスピーカーでも楽しむことができます。 基本となる楽しみ方を紹介 まずはSpotifyの基本的な使い方から確認してみることに。 主となる機能は「Search」「Browse」「Radio」の三つです。 楽曲やアルバム、アーティストを検索して楽しむ「Search」 具体的に聴きたい曲が決まっているときには「Search」を使います。 楽曲名やアルバム名、アーティスト名を入力して検索できる機能です。 アーティスト名、曲名、ポッドキャストなどをまたいで検索できます。 気に入った曲は「My Library」に登録しておけば、あとから簡単に呼び出せますよ。 最新チャートや新作、プレイリストを選んで楽しむ「Browse」 「ゆったりした気分に合う曲が聴きたい」「最新チャートをチェックしたい」などざっくりとした要望から音楽を探すなら「Browse」。 音楽を「ジャンル」「気分」など多様な切り口で整理したプレイリストがたくさん用意されています。 分類はかなり細かい印象。 「年代別」を覗いてみても「80年代のハードロック」「80年代のクラシックヒッツ」など、ジャンルと年代を組み合わせた内容が見つかります。 これだけ細かく分類されていれば「気分を言葉に表現するのが難しい」なんて場合にも「あっ、そうそうこんな気分」と楽曲を探していけることでしょう。 自分の好みを伝えて育てる「Radio」 「好みにある楽曲をもっと見つけたい!」なんて場合には「Radio」を使います。 Radioではアーティストやジャンルごとに整理されたプレイリストが表示されます。 この画面だけ見ると「Browse」との違いがわかりにくいですが、Browseとの大きな違いは、再生された楽曲に対して自分の好みかどうかを登録できること。 Radioから再生できるプレイリストでは、楽曲の再生画面に「Good」「Bad」のボタンが表示されます。 ここで「好き」「嫌い」を入力できるのです。 以降のプレイリスト作成時には、この好みを意識した選曲がおこなわれるというわけですね。 好みに合い、なおかつ未開拓の楽曲を見つけたい場合には持ってこい!の機能です。 他音楽サービスと比べてのメリット・デメリット Spotifyの基本となる機能を確認したところで、実際に数週間ほど、使い込んでみることに。 続いては使い込む中で感じたSpotifyの特徴(メリット・デメリット)を計5つ紹介します。 無料から楽しめる音楽ストリーミングサービスは他にも存在しますが、それらは「再生回数や再生時間に制限付き」「登録から一定期間のみ無料」です。 一方で、Spotifyには再生回数や再生時間、利用期間などの制限はナシ。 音楽を再生するだけなら、ずっと無料で楽しめるのです。 もちろん使える機能は有料プランと異なります。 具体的に無料プランには 「シャッフル再生しかできない」「曲送り・曲戻しなどの操作不可」「聴きたい楽曲を指定して再生できない」「曲と曲の間に広告が入る」などの機能制限付き。 ユーザー側で意図を持った操作ができない点では「ラジオ」に近いイメージですね。 これはつまり、ラジオのように「BGMとして音楽を流しておければOK」な人だと無料プランで十分事足りてしまう可能性もあるわけです。 ちなみに有料プランは月額980円(税込)で、学生ならほぼ半額の月額480円(税込)で利用できます。 有料プランを契約すると聴きたい楽曲やアルバム、アーティストが指定できるほか、再生もシャッフルなしで楽しめます。 曲送り・曲戻しといった操作もOKです。 また楽曲を予めスマホなど端末に保存できるオフライン再生機能も使えるので、Wi-Fi環境で楽曲をダウンロードしておきスマホのデータ通信を節約する、飛行機内など通信機能が使えない環境で音楽を楽しむといった使い方も可能になります。 「ジャンル」「年代」「気分」という大きなくくりの中にも、かなり細かいグループ分けがされています。 「なんとなく」で始めたプレイリスト探しが、結果として「今聴きたかったテーマにドンピシャ」と行き着くケースも。 それと「 選曲センスのよさ」も光ります。 北欧といえば家具デザインなどを筆頭にセンスのよさが光る印象ですが、このセンスのよさはSpotifyのプレイリストにも感じることができました。 毎日同じプレイリストを聴いていても、単調に感じて飽きることは少なく、また万が一飽きても次の選択肢(プレイリスト)は潤沢。 二重の意味で安心です。 とくに洋楽で顕著な傾向と感じていますが、新作が発売日(作品によっては発売前)から全曲フル試聴できるケースも珍しくありませんでした。 また「Spotify上で聴ける新作が多い=プレイリストにも新作が顔を出してくる」といえるため、Spotifyを使う中で自然と新曲を耳にできる可能性も高まります。 最新のトレンドを追いかけたい人にもSpotifyはオススメです。 Spotifyを使う際にはデバイスを問わず、登録したアカウントでのログインが必要です。 ここでひとつのアカウントを複数のデバイスのログインに使うと、あるデバイスで再生中の楽曲データが他のデバイスにも自動同期される仕組みが備わっているのです 試しに2台のスマホで同時にSpotifyを開いてみたのが下の写真。 音楽を再生しているのは左の端末ですが、アプリを開いただけの右の端末でも「他のデバイスで音楽が再生中であること」が認識されました。 この同期機能を活かすと、自宅のパソコンで再生していた音楽を外出前にスマホへ同期。 そのままスマホを持って出かければ、音楽の続きがそのまま楽しめます。 デメリット:手元の楽曲はアップロード&プレイリスト追加不可 ここまでがSpotifyに感じたメリット。 一方で他の音楽ストリーミングサービスと比べた際はデメリットもあります。 それはズバリ「 Spotifyのライブラリにない楽曲は再生できないこと」ですね。 例えばGoogle Play MusicやApple Musicといった他の音楽ストリーミングサービスでは、ライブラリにない楽曲でも、自分の手元に楽曲データ(mp3形式やaac形式のファイル)があれば、それをアップロードしてストリーミング再生することが可能です。 そして楽曲データのアップロード機能があると、サービスのライブラリにある楽曲と、自分の手元にしかない楽曲をミックスしたプレイリストが作れます。 この機能がSpotifyにはありません。 もしSpotifyのライブラリにない楽曲を聴きたい場合は、他のサービスやアプリを使って再生するしか方法がないということですね。 手元にある楽曲もMIXして自分好みのプレイリストを作りたい場合には、他のサービスを使う(あるいはSpotifyと併用する)ことも検討してみましょう。 まとめ 無料から楽しめる音楽ストリーミングサービス「Spotify」。 さいごにここまで紹介したポイントを整理しておきます。 Spotifyは北欧発の音楽ストリーミングサービス• 楽曲数は4,000万曲以上でプレイリストの種類も豊富。 機能制限付きだが無料でも使い続けられる• 手持ち楽曲のアップロードには非対応 対応するデバイスも幅広いSpotify。 手元にコレクションとして持っている楽曲データが多くない場合には「音楽ストリーミングサービスはSpotify一択」といってもよいかもしれません。 そのくらいに多くの魅力を備えたサービスです。 エンタメフリー・オプションとは、Spotifyで音楽をストリーミング再生する際のデータ通信量をカウントしないサービスです。 高速データ通信の容量を気にせず、存分にSpotifyで音楽が楽しめるわけですね。 エンタメフリー・オプションはデータSIM契約だと月額980円(税別)、音声通話SIMの3GB以上のプランだと月額480円(税別)で利用できます。 Spotify以外にも対象となるサービスが多く用意されているので、複数の音楽ストリーミングサービスをひととおり試してみたい人にも、活用をオススメできるオプションです。 最新情報は公式サイトをご確認ください。

次の

【Spotify】モバイルデータ通信でストリーミング再生させない設定

スポティファイ 通信 料

dヒッツとは? 「dヒッツ」は、NTTドコモが提供しているラジオ型音楽配信サービスのことです。 低料金で音楽聴き放題サービスを利用できることが特徴です。 基本スペック 料金 音楽聴き放題:月額500円 配信形態 ラジオ型 全配信局数 450万曲以上 全プログラム数 約5000プログラム お試し期間 31日間 ビットレート 128kbps、320kbps 対応端末 スマートフォン、タブレット 支払方法 クレジットカード、キャリア決済 お試し期間 31日間 曲ごとではなくプログラム単位で配信されている dヒッツの配信体系は 「ラジオ型」と呼ばれ仕組みをとっています。 ラジオ型は一曲単位ではなく、用意されている配信プログラム単位で聴くことになります。 現在 dヒッツには 約5000プログラム・ 450万曲以上が配信されており、新たなお好みの曲が見つかることでしょう。 ドコモの定額音楽聴き放題サービスのdヒッツって異質なんだなぁ。 普通にアーティストのアルバムを聴くというものではないみたい。 アーティストで検索してもベスト盤的なものやコンピレーション的なものしか引っ掛からない。 どうもラジオ局のような発想らしい。 ドコモの回線契約不要。 ラジオ型なのにスキップフリー。 また、500円のコースなら月に10曲 おそらく最大60曲 のプレイリストを作れる。 プレイリストの中だけはオンデマンド視聴可能。 アプリがひたすら使いづらいことを除けば優秀な印象。 これは他社と比較しても安い水準となり、学生でも利用しやすい料金であることがメリットになります。 他社の聴き放題サービスは1,000円前後が多いですので、半額程度の月額料金で聴けることになります。 他では、曲数が多くてもマイナーな歌手や曲ばかり揃えている場合があります。 dヒッツでは誰もが知っているような人気アーティストの配信曲を多くそろえていますので、普段音楽をあまり聞かない方でも楽しめる内容となっています。 1970年代の懐かしの曲から最新曲まで、有名アーティストの楽曲が多いことがdヒッツの強みと言えます。 あんスタの曲ガッツリ聞けるのでdヒッツに加入してみたんだけど、一般アーティストの曲も聞けるからお得感半端ない!! 安いしここ一択か。 音質もいいし、定額配信で自分が使ってたナップスターの頃とは大きく変わったな。。。 もう15年くらい前だから、そりゃ変わるか、、、。 もちろん有料会員と同じ機能が利用できます。 dヒッツを利用するか悩んでいる方は、お試しを利用して操作性や使い勝手を確認してみましょう。 と思ってましたが、こういうときに便利なのね。 また再生中の音楽に合わせて、歌詞の文字部分が流れるように 赤くなりますので、カラオケのような歌詞表示をしてくれます。 なぜかシンジュクだけないけど… 大体の曲は歌詞付きで聴ける 月額500円。 初回31日間無料だからせっかくなので無料でヒプマイ聞いて!!解約忘れないで!!! ちなみにドコモじゃなくても使えます。 — たから forgsaki 割引のためにお試し契約したDヒッツがまさかの歌詞送り ? 機能ついててカラオケ練習に最適だったので、みほとせ歌いまくってる。 ただし 「myヒッツ機能」と呼ばれるお気に入りリストのような機能を使えば、お好みの曲を個々で聴くことが可能です。 myヒッツ機能は、毎月10曲分(年間最大120曲)の登録枠が与えられ、契約月が長いほど登録できる曲数も増えていきます。 注意したい点は、myヒッツ機能に一度登録した曲は削除できないということです。 「THANX!!!!!!! 」dヒッツにあったから、さっそくmyヒッツに入れさせていだきました。 4人の時の曲たちを今のISSA氏の声で聴けて感動。 今までDA PUMPでやってきてくれて、ありがとう。 忍が抜けてから拗ねて聴く機会がなかったけど7人のDA PUMP、応援するぞ。 目標、ライブ行く! — オダミー akaharudan2 dヒッツで曲を検索してmyヒッツにしてプレイリスト作るの凄く楽しい。 — 荒本廣一 jojotc12181991 オフラインでも聴ける myヒッツに登録した曲は再生時にキャッシュが取得されますので、次回からは通信を必要とせず再生することができます。 楽曲自体のダウンロードは不可ですが、キャッシュ保存によって オフライン再生ができることがメリットになります。 今日発売&配信開始でした。 要はカバーアルバム。 新たにドコモと契約する必要がありませんので、利用ユーザーにとってはメリットになります。 高音質でも聴けますが通信容量が大きくなるので、パケットを節約したい場合は標準音質で聴くようにしましょう。 dヒッツでYUIを聴いてる。 初めて音楽ストリーミングサービスに加入したけど「買うほどではないけど好き」という曲を高音質で聴けるのはありがたい。 音質は数値的にはAppleミュージックより上らしい。 ただし曲のピックアップ再生はできないし、マイナー歌手は扱っていない。 ニュースに関連した楽曲が その場で聴けるので意外と便利です。 全く興味のなかったアーティストでも、情報をきっかけに好きになるときもありますのでおすすめです。 ポイントが貯まる NTTドコモが運営しているサービス(dマーケット)ということもあって、利用料金に応じて dポイントが貯まるようになっています。 確か今月に付与されるdポイントがあるんだよね。 dヒッツとdエンジョイパスとこれか。 そのため、聴き手の好きな楽曲を個別には聴くことができません。 正確には不可能というわけではなく、プレイリストから好きな楽曲まで進めば選択することができますが、操作に都度手間がかかるため、やや不向きと言えるでしょう。 サブスクリプション向けに配信しない戦略がよく分からない。 dヒッツには配信されているようだけれど、あれは個別の曲を聴くには微妙だし。 数字が出ないのであれば、認知される方に重きを置いた方がいいのにな。 高橋優 星野 源 10-FEET miwa KANA-BOON BOYS AND MEN Aimer BIGBANG TWICE BTS 2000年代 浜崎あゆみ ケツメイシ スキマスイッチ CHEMISTRY ORANGE RANGE スガ シカオ スピッツ YUI ポルノグラフィティ モーニング娘 一青窈 絢香 HY YUKI ASIAN KUNG-FU GENERATION 宇多田ヒカル 大塚 愛 倖田來未 サザンオールスターズ 福山雅治 AI BoA 柴咲コウ アンジェラ・アキ レミオロメン 氷川きよし アヴリル・ラヴィーン バックストリート・ボーイズ エミネム 1990年代 Mr. dヒッツの音質は? 現場BGMによく使ってるdヒッツがPCにも対応してたので家のBGMにも使いやすく。 320kbpsで真空管かませば、BGMとして聞いてる分には音質には不満はなかったり。 歌そのものももちろんいいけど当時の思い出が蘇る。 そういうのが歌の素晴らしさでもあるね。 月500円と利用しやすい料金体系• 有名アーティストの配信曲数が多い• dポイントがたまる dヒッツの評価ですが、邦楽&洋楽ラインナップ共に人気曲を数多く配信しており、ヘビーユーザーでなくても満足できる音楽配信サービスと言えるでしょう。 さらに ワンコインと他と比較しても安い水準で利用でき、コスパ重視で聴き放題を使っていきたい方にもぴったりです。 ラジオ型配信で個別に好きな曲を聴くには不便なため、今まで知らなかった曲の中から お気に入りの曲を見つけたい時に重宝したいサービスと言えるでしょう。 ドライブや家事をしているときに、ラジオ代わりに聴くのもいいと思います。

次の

無料版「Spotify」を徹底解剖!使い方やメリット・デメリット

スポティファイ 通信 料

Spotifyはどんなサービス? はインターネット上に用意された楽曲ライブラリから音楽が再生できる音楽ストリーミングサービスのひとつ。 楽曲データをスマホなどのデバイスに保存せず、ネットを通じ通信しながら再生します。 日本でSpotifyが正式リリースされたのは2016年で、当時はGoogle Play MusicやApple Musicなどをはじめ、既に他の音楽ストリーミングサービスが日本上陸を果たしていました。 ただし世界的に見ると、サービス開始がより早かったのはSpotify。 本国・スウェーデンでは2008年からサービスが始まっていました。 Spotifyのライブラリに登録された楽曲の数は2017年12月現在で4,000万曲以上。 海外発のサービスですが、洋楽だけに限らず、邦楽も多くラインナップされています。 日本でのサービス開始当初は、利用するために招待が必要でしたが、2017年12月現在ではユーザー登録(アカウント登録)を済ませれば、すぐ利用可能。 Androidスマホやタブレット、iPhone、iPadといったモバイルデバイス以外に、パソコン、あるいは最近話題のAIスピーカーでも楽しむことができます。 基本となる楽しみ方を紹介 まずはSpotifyの基本的な使い方から確認してみることに。 主となる機能は「Search」「Browse」「Radio」の三つです。 楽曲やアルバム、アーティストを検索して楽しむ「Search」 具体的に聴きたい曲が決まっているときには「Search」を使います。 楽曲名やアルバム名、アーティスト名を入力して検索できる機能です。 アーティスト名、曲名、ポッドキャストなどをまたいで検索できます。 気に入った曲は「My Library」に登録しておけば、あとから簡単に呼び出せますよ。 最新チャートや新作、プレイリストを選んで楽しむ「Browse」 「ゆったりした気分に合う曲が聴きたい」「最新チャートをチェックしたい」などざっくりとした要望から音楽を探すなら「Browse」。 音楽を「ジャンル」「気分」など多様な切り口で整理したプレイリストがたくさん用意されています。 分類はかなり細かい印象。 「年代別」を覗いてみても「80年代のハードロック」「80年代のクラシックヒッツ」など、ジャンルと年代を組み合わせた内容が見つかります。 これだけ細かく分類されていれば「気分を言葉に表現するのが難しい」なんて場合にも「あっ、そうそうこんな気分」と楽曲を探していけることでしょう。 自分の好みを伝えて育てる「Radio」 「好みにある楽曲をもっと見つけたい!」なんて場合には「Radio」を使います。 Radioではアーティストやジャンルごとに整理されたプレイリストが表示されます。 この画面だけ見ると「Browse」との違いがわかりにくいですが、Browseとの大きな違いは、再生された楽曲に対して自分の好みかどうかを登録できること。 Radioから再生できるプレイリストでは、楽曲の再生画面に「Good」「Bad」のボタンが表示されます。 ここで「好き」「嫌い」を入力できるのです。 以降のプレイリスト作成時には、この好みを意識した選曲がおこなわれるというわけですね。 好みに合い、なおかつ未開拓の楽曲を見つけたい場合には持ってこい!の機能です。 他音楽サービスと比べてのメリット・デメリット Spotifyの基本となる機能を確認したところで、実際に数週間ほど、使い込んでみることに。 続いては使い込む中で感じたSpotifyの特徴(メリット・デメリット)を計5つ紹介します。 無料から楽しめる音楽ストリーミングサービスは他にも存在しますが、それらは「再生回数や再生時間に制限付き」「登録から一定期間のみ無料」です。 一方で、Spotifyには再生回数や再生時間、利用期間などの制限はナシ。 音楽を再生するだけなら、ずっと無料で楽しめるのです。 もちろん使える機能は有料プランと異なります。 具体的に無料プランには 「シャッフル再生しかできない」「曲送り・曲戻しなどの操作不可」「聴きたい楽曲を指定して再生できない」「曲と曲の間に広告が入る」などの機能制限付き。 ユーザー側で意図を持った操作ができない点では「ラジオ」に近いイメージですね。 これはつまり、ラジオのように「BGMとして音楽を流しておければOK」な人だと無料プランで十分事足りてしまう可能性もあるわけです。 ちなみに有料プランは月額980円(税込)で、学生ならほぼ半額の月額480円(税込)で利用できます。 有料プランを契約すると聴きたい楽曲やアルバム、アーティストが指定できるほか、再生もシャッフルなしで楽しめます。 曲送り・曲戻しといった操作もOKです。 また楽曲を予めスマホなど端末に保存できるオフライン再生機能も使えるので、Wi-Fi環境で楽曲をダウンロードしておきスマホのデータ通信を節約する、飛行機内など通信機能が使えない環境で音楽を楽しむといった使い方も可能になります。 「ジャンル」「年代」「気分」という大きなくくりの中にも、かなり細かいグループ分けがされています。 「なんとなく」で始めたプレイリスト探しが、結果として「今聴きたかったテーマにドンピシャ」と行き着くケースも。 それと「 選曲センスのよさ」も光ります。 北欧といえば家具デザインなどを筆頭にセンスのよさが光る印象ですが、このセンスのよさはSpotifyのプレイリストにも感じることができました。 毎日同じプレイリストを聴いていても、単調に感じて飽きることは少なく、また万が一飽きても次の選択肢(プレイリスト)は潤沢。 二重の意味で安心です。 とくに洋楽で顕著な傾向と感じていますが、新作が発売日(作品によっては発売前)から全曲フル試聴できるケースも珍しくありませんでした。 また「Spotify上で聴ける新作が多い=プレイリストにも新作が顔を出してくる」といえるため、Spotifyを使う中で自然と新曲を耳にできる可能性も高まります。 最新のトレンドを追いかけたい人にもSpotifyはオススメです。 Spotifyを使う際にはデバイスを問わず、登録したアカウントでのログインが必要です。 ここでひとつのアカウントを複数のデバイスのログインに使うと、あるデバイスで再生中の楽曲データが他のデバイスにも自動同期される仕組みが備わっているのです 試しに2台のスマホで同時にSpotifyを開いてみたのが下の写真。 音楽を再生しているのは左の端末ですが、アプリを開いただけの右の端末でも「他のデバイスで音楽が再生中であること」が認識されました。 この同期機能を活かすと、自宅のパソコンで再生していた音楽を外出前にスマホへ同期。 そのままスマホを持って出かければ、音楽の続きがそのまま楽しめます。 デメリット:手元の楽曲はアップロード&プレイリスト追加不可 ここまでがSpotifyに感じたメリット。 一方で他の音楽ストリーミングサービスと比べた際はデメリットもあります。 それはズバリ「 Spotifyのライブラリにない楽曲は再生できないこと」ですね。 例えばGoogle Play MusicやApple Musicといった他の音楽ストリーミングサービスでは、ライブラリにない楽曲でも、自分の手元に楽曲データ(mp3形式やaac形式のファイル)があれば、それをアップロードしてストリーミング再生することが可能です。 そして楽曲データのアップロード機能があると、サービスのライブラリにある楽曲と、自分の手元にしかない楽曲をミックスしたプレイリストが作れます。 この機能がSpotifyにはありません。 もしSpotifyのライブラリにない楽曲を聴きたい場合は、他のサービスやアプリを使って再生するしか方法がないということですね。 手元にある楽曲もMIXして自分好みのプレイリストを作りたい場合には、他のサービスを使う(あるいはSpotifyと併用する)ことも検討してみましょう。 まとめ 無料から楽しめる音楽ストリーミングサービス「Spotify」。 さいごにここまで紹介したポイントを整理しておきます。 Spotifyは北欧発の音楽ストリーミングサービス• 楽曲数は4,000万曲以上でプレイリストの種類も豊富。 機能制限付きだが無料でも使い続けられる• 手持ち楽曲のアップロードには非対応 対応するデバイスも幅広いSpotify。 手元にコレクションとして持っている楽曲データが多くない場合には「音楽ストリーミングサービスはSpotify一択」といってもよいかもしれません。 そのくらいに多くの魅力を備えたサービスです。 エンタメフリー・オプションとは、Spotifyで音楽をストリーミング再生する際のデータ通信量をカウントしないサービスです。 高速データ通信の容量を気にせず、存分にSpotifyで音楽が楽しめるわけですね。 エンタメフリー・オプションはデータSIM契約だと月額980円(税別)、音声通話SIMの3GB以上のプランだと月額480円(税別)で利用できます。 Spotify以外にも対象となるサービスが多く用意されているので、複数の音楽ストリーミングサービスをひととおり試してみたい人にも、活用をオススメできるオプションです。 最新情報は公式サイトをご確認ください。

次の