ストリッパー と は。 ワイヤーストリッパーの使い方と選び方。おすすめは?

ストリッパー

ストリッパー と は

まあ、そうですけれど、専用品を使うと全然違うんです。 こんな便利なモノがあったのか〜って思いますよ。 岡本研究員は、電工ペンチではやらないんですか?• やらないっていうか……イヤですね。 イヤまで言う。 だって、断然やりやすいから。 コレを知ってしまうと、電工ペンチでは配線の被覆を剥かなくなります。 そうですかねぇ。 僕の場合、電工ペンチよりワイヤーストリッパーのほうが工具としての使用頻度も高いぐらいなんですよ。 それはちょっと盛りすぎでは?• ……というのも、配線の接続はハンダで直結することが多いので。 あ、プロの人はけっこうそうですよね。 「ハンダが一番確実に結線できる」とかナントカ言って、端子を使いたがらない。 だからギボシ端子をかしめる機会は、実はそれほど多くはないのです。 スプライス端子はときどき使うので、電工ペンチを持つのは、スプライス端子をかしめる時ぐらいでしょうか。 なるほど。 でも端子を使うにしろハンダで直結するにしろ、配線コードの被覆を剥く、という作業は必ず出てきます。 ストレートの• もちろん全てのワイヤーストリッパーを買ったわけではないので、もっといいのがあるよ〜っていう人もいるでしょうけど……、• まあね。 ただ……僕は、あまり高価な工具は興味がないタイプでして。 確かに。 電装のプロで、しかも工具マニアのわりには、いわゆる高級ブランド品には手を出しませんね。 そうなんです。 使いやすさは重視しますけど、重要なのはコストパフォーマンスだと思う派なので。 同じ考えの人は、少なくないと思われます。 でも安ければいいという話でもない。 ワイヤーストリッパーは、モノによっては芯線を切ってしまったりする。 選ぶときは、この点に注意なんです。 選び方のコツは?• 自動で剥く構造のモノは、被覆だけをぐっと両サイドに伸ばすような動きをしますが、そのときの負荷で、中の芯線まで何本か切れてしまうことがあるんですね。 な、なるほど。 太い線なら影響は少ない。 でも細くて数本しかないうちの1本でも切れると、その分電流を流せる量が減って、本来の性能が出せなくなってしまいます。 (負荷がかかって発熱の原因にもなる)• カッターでやると切ったりしそうですが……専用工具でも、切れたりするのか。 そこがモノによるんです。 モノによっては細線が得意じゃないのがあって、細線の被覆がうまく剥けなかったり、芯線がちぎれてしまったりするんです。 太線なら問題なくても……、• そうですね。 細線の被覆剥きには差が出やすい。 そのへんも含めて、ストレート製は問題がないから使っているんだ。 細線でも太線でも万能に、問題なく剥けます。 ただし、極端な細線はベッセルの手動タイプを使っています。 岡本研究員の愛用ストリッパーは、ストレートとベッセル。• 最近の自動車用の配線は細線が増えているから、重要な話ですね。 それと、この話は、本当は配線自体の品質にもよるんです。 ああ、なるほど。 そっちの問題もあるか。 純正配線は、しっかりしたものを使ってますよ。 でも後付け電装品の付属線とかでは、弱い線が使われていることも……けっこうあります。 超ありそう。 でも配線をいじるってことは、後付けしようとしているのだから、弱い細線が出てくる可能性は高い……• そうなんです。 だからこそ、ワイヤーストリッパーを買うときには、細線の被覆が上手に剥けるタイプがおすすめ、ということになるんです。

次の

ストリッパー

ストリッパー と は

ストリッパーは、乾燥固化した油絵具を溶解し除去するための液状またはゲル状の剥離剤です。 筆やパレットに付着固化した絵具にこの液を塗り、数分から10分程度待ち、絵具が浮き上がってきたところを布やパレットナイフで取り除きます。 絵具が盛ってある作品の画面上で使用する場合、長時間塗ったままにしてしまうと、ナイフなどで取り除いたときに地塗りまで剥がれる恐れがあるので、剥がしたい絵具層の深さにより待ち時間を調整しましょう。 内容成分はジクロロメタン(塩化メチレン)や、セロソロブ(エチルグリコール)などで、さらにこれらの蒸発を防ぐためのパラフィンワックスなども含まれています。 画面修正に使用した場合は、ワックス成分が絵具の定着を妨げるので、使用箇所をテレピンなどしみ込ませた布で拭き取ります。 また塩素系の有害揮発物質が含まれているので蒸気を吸い続けないように換気には注意して下さい。 また、皮膚や目に付着した場合、すぐに水で洗い流しましょう。 場合により医師への相談が必要です。 保管は、高温になる場所は避けましょう。 液体の温度が高いと開栓する際、飛散することがありますので、身体に向けず蓋はゆっくり回して開けましょう。 ストリッパーは環境負荷とヒトへの毒性の懸念から、最近では非塩素系剥離剤もあります。 不揮発性なので、蒸気の吸入による人体への影響が極めて低く、低臭です。 また製品自体に生分解性があるため環境に残りません。 ただ剥離力はストリッパーよりも劣ります。 ストリッパーは、一般的な画材店で購入できます。

次の

製品情報

ストリッパー と は

ストリッパーは、乾燥固化した油絵具を溶解し除去するための液状またはゲル状の剥離剤です。 筆やパレットに付着固化した絵具にこの液を塗り、数分から10分程度待ち、絵具が浮き上がってきたところを布やパレットナイフで取り除きます。 絵具が盛ってある作品の画面上で使用する場合、長時間塗ったままにしてしまうと、ナイフなどで取り除いたときに地塗りまで剥がれる恐れがあるので、剥がしたい絵具層の深さにより待ち時間を調整しましょう。 内容成分はジクロロメタン(塩化メチレン)や、セロソロブ(エチルグリコール)などで、さらにこれらの蒸発を防ぐためのパラフィンワックスなども含まれています。 画面修正に使用した場合は、ワックス成分が絵具の定着を妨げるので、使用箇所をテレピンなどしみ込ませた布で拭き取ります。 また塩素系の有害揮発物質が含まれているので蒸気を吸い続けないように換気には注意して下さい。 また、皮膚や目に付着した場合、すぐに水で洗い流しましょう。 場合により医師への相談が必要です。 保管は、高温になる場所は避けましょう。 液体の温度が高いと開栓する際、飛散することがありますので、身体に向けず蓋はゆっくり回して開けましょう。 ストリッパーは環境負荷とヒトへの毒性の懸念から、最近では非塩素系剥離剤もあります。 不揮発性なので、蒸気の吸入による人体への影響が極めて低く、低臭です。 また製品自体に生分解性があるため環境に残りません。 ただ剥離力はストリッパーよりも劣ります。 ストリッパーは、一般的な画材店で購入できます。

次の