シスコ webex。 シスコ、「Webex」の新たなセキュリティ機能やBoxとの連携などを発表

クラウド型Web会議 Cisco Webexのサービスメニュー / 無償版ダウンロード

シスコ webex

Webex Teamsはスペース内でのビデオ通話のほか、録画・再生機能に対応チャットやファイル共有、ホワイトボード共有、ドキュメントや画像の共有などが自在にできます。 録画・再生機能に標準対応 Webex Meetings、Webex Teamsの双方に録画・再生機能に対応標準で録画・再生機能が付随しています。 PCから参加してのGUI画面上からボタンをクリックするだけで簡単に録画を開始できます。 録画データはWebex Meetingsの管理画面から視聴できます。 Webex Teamsの接続数は最大75 Webex Teams はスペース内のアカウントユーザー最大75名を同時に接続して、映像・音声を共有したミーティングが可能です。 Cisco社製テレビ会議専用機とペアリングして参加することもできます。 Webex Meetingsの最大接続数は1000 Webex Meetingsの仮想会議室は、社内外を問わず、最大1000拠点を接続して会議を行うことができます。 無償版利用からミニマムスタート可能 Webex Teamsは機能を限定した無償版がご利用いただけます。 ユーザーアカウント数無制限でチャットやファイル共有などが利用でき、最大3名までのビデオ通話が可能です。 PIN番号設定でセキュアな会議を実現 Webex Meetingsの仮想会議室には、PIN番号が設定できます。 参加者が揃ったら会議室をロックすることもでき、クラウド型サービスながらオンプレミスのような安全な会議が実施できます。 ライセンスプラン 無償版でもWebex Teamsのコラボレーションツールと3名までのビデオ通話が利用できますが、FLEXライセンスをご購入いただくことで、Webex Meetingsと最大75名までのビデオ通話が可能になります。 会議の主催者コントロールが可能 Webex Meetingsはアカウント毎に自分の会議室を録画・再生機能に対応付与され、任意の参加者に召集をかけたり招待したりすることができます。 Webex Teams 無償版ダウンロード.

次の

シスコ、「Webex」の新たなセキュリティ機能やBoxとの連携などを発表

シスコ webex

ワンタイム オファーは、Cisco Webex. com を通じてオンラインで販売されるユーザ ライセンスにのみ適用されます(シスコによって任意の時点で中止されるまで)。 ディスカウント は初回購入時にのみ適用され、その後は、すべての料金が正規の通常価格に戻ります。 初回 購入日以降に購入されたユーザ ライセンスまたはその他の製品には、 オファーは適用されません。 以前の購入に対する調整は行われません。 ディスカウントは、製品アドオン、 ハードウェア、またはその他のサービスや製品には適用されません。 他のオファーやディスカウントとは併用できません。 オファーは、 任意の時点で中止される可能性があります。 オファーは、法律で禁じられている地域では無効です。 インターネットに接続されたご自身のデバイスで VoIP(Voice over IP)を使用して、どこからでも会議に参加できます。 次の国では有料のダイヤルイン番号をご利用いただけます。 アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、ドミニカ共和国、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギリシャ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マレーシア、マルタ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パナマ、ペルー、ポーランド、プエルトリコ、ルーマニア、ロシア、シンガポール、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、ウクライナ、英国、米国。 Business プランを 30 日間ご利用いただけます。 このプランには、Cisco Webex Meetings と Webex Teams のプレミアム サブスクリプションが含まれます。 最大 200 名が参加できる HD ビデオ会議を開催(回数無制限)できます。 VoIP または音声ダイヤルインを選択できます。 カスタマイズ可能な自分の Personal Meeting Room を使用して、即座に会議を開催またはスケジューリングできます。 画面共有、ホワイトボード、ファイル共有機能を使用できます。 非常に安全なビジネス メッセージング アプリも使用可能です。 無料トライアルをご利用の際は、クレジット カード情報は必要ありません。 30 日間のトライアル期間終了時に、Business プランの支払いを行うか、 ニーズに合う別のプランをご選択ください。 無料のアカウントに戻すこともできます。 com on or after March 6, 2020 until July 1, 2020. When you buy a yearly plan or a monthly plan, discounts will be applied for one year or for one month, respectively, from the date of offer acceptance, after which all rates will revert to full, regular pricing. Offer will not be applied to user licenses or other additional purchases made after the date of initial purchase. No adjustments will be made to previous purchases or renewals. Discount does not apply to product add-ons, hardware, or other services or products. Cannot be combined with other offers or discounts. Offer may be withdrawn at any time. Offer void where prohibited.

次の

お問い合わせ先一覧

シスコ webex

現在では、人との接触を避けるためビデオ会議を使った打ち合わせに切り替えている企業が多いが、ゲスト参加の場合は相手の環境に合わせて、さまざまなビデオ会議のサービスを使い分けなくてはならいのが悩ましいところだ。 やの使い方はすでに紹介しているが、今回はシスコシステムズの「Webex」の基本的な使い方を紹介する。 操作は、シスコシステムズ コラボレーションアーキテクチャ事業 担当部長 大野秀記氏に、Webexを使ってレクチャーしてもらった。 無料も含め4つのプラン Webexには、Starter、Plus、Business、無料の4つのプランが用意されている。 無料は個人向け、Starterは小規模チーム向け、Plusは中規模チーム、Businessは大規模なチームおよび企業向けで、価格や機能は以下の表の通りだ(4月12日現在)。 なお、表の価格は、年間プランの際の1カ月あたりの料金となる。 Webexのプラン 会議を主催する人はライセンスを保持する必要があるが、ゲストで参加する人のライセンスは不要だ。 無償版と有償版の違いは、会議の参加できる人数と会議可能時間。 有償版は24時間できるが、無償版は40分までとなっている。 ただ、現在は新型コロナ対応のため、無償版の時間制限を撤廃しているという。 (緊急事態宣言の解除を受け、6月3日現在、1つの会議に100 名まで参加可能、各ミーティングは最長 50 分までという制限に変わっています) 無料版のサインアップ 無料版は、同社のキャンペーンを利用する方法もあるが、無料の体験版に申し込むのが簡単だ。 申し込みは、からサインアップできる。 入力するのは、メールアドレス、氏名、パスワード設定だ。 無料版は画面下の「今すぐサインアップして無料でお試しください」をクリックし、サインアップする 会議を開始する 取得したアカウントでログインすると、パーソナル会議室が表示される 下図。 この画面の「ミーティングを開始する」をクリックすれば、すぐにWebexを開始できる。 サインアップ後に表示されるパーソナル会議室。 比較的多い使われ方は、パーソナル会議室のURLとミーティング番号を送付して参加してもらう方法だ。 パーソナル会議室のURLを知らせて参加してもらう方法は、頻繁に会議を行う相手にとっては、一度知らせてもらえれば、あとは同じものを利用できるので便利だが、セキュリティ上の懸念もあるという。 大野氏は「パーソナル会議室は固定化されたURLなので、誰かがランダムにアクセスすると参加できてしまうことがあります。 そのため毎回異なる会議室をインスタントで作成し、参加させるやり方もあります。 その場合、毎回異なるURLが作られ、パスワードも毎回変わります」と語る。 大野氏が紹介したやり方は、パーソナル会議内の「ミーティングを開始する」の右にある「スケジュール」をクリックして、予定を作成する方法だ。 ここで会議名、開催する日時を入れ、タイムゾーンを選択。 あとは、出席者に参加する人のメールアドレスを入れて、「スケジュールする」ボタンをクリックすれば、メールアドレスに入力した相手に毎回異なるURLや会議室番号、パスワードが送付される。 スケジュールの作成 ゲスト側は、招待メールを開き「ミーティングに参加する」をクリックする(下図)。 招待メール 初めて利用する場合は、「Cisco Webex Meetings デスクトップ アプリ」のインストーラをダウンロードし、 実行可能な. exe ファイルをダブルクリックして、ミーティングに参加する。 そして、「参加者」パネルに表示する自分の名前、メールアドレス、ミーティングのパスワード 必要な場合 を入力し、「ゲストとして参加」 ボタンをクリックすれば、会議に参加できる。 ミーティング参加時の画面操作 ミーティングが開始されると以下のような画面になる• ミーティング中の画面 画面の操作は下図のアイコンで操作する。 ミーティング画面の基本操作はこちらのアイコンで操作。 資料を表示する 会議中にPowerPointやWordなどの資料を表示させたいときは、「コンテンツの共有ボタン」をクリックする。 すると起動中のアプリの一覧が表示されるので(あらかじめアプリを起動し、ファイルを表示させておく)、共有したいアプリを選択する。 下の画面の一番上にあるのは、PCの画面自体の共有となる。 アプリの共有では、Excelなどのアプリで相互編集ができる。 「コンテンツの共有」 参加者ビデオのレイアウトには、「アクティブなスピーカー ビュー」 (発言者をアップ)、「アクティブなスピーカー」 と「サムネイル ビュー」 の3種類があるので、好みに応じて変更する。 変更は、画面右上にあるレイアウト コントローラーを選択して実施する。 なお、「グリッド ビュー」 は、最大25名まで表示できる• レイアウト コントローラー 会議の参加方法には主催者とゲストの2つがあるが、主催者は相手をミュートする、退席させることができる。 「複数の参加者がいて、誰かが勝手に発言したり、画面を勝手に共有して、会議の進行を邪魔することがあります。 主催者は会議をコントロールできます。 ゲストができるのは、自分の音声をミュートする」、自分のビデオ配信を停止する、主催者の許可を得て、自分の画面を共有することです」(大野氏) 背景をぼかす 自宅で作業している際など、背景を映したくない場合がある。 その場合はミーティング中に「ビデオ」 から「仮想背景」 を選択することで行えるが、現在はスマートフォンのみの対応となっている。 PCの場合は、サードパーティー製のアプリを利用すれば可能だという。 大野氏が紹介してくれたのはというアプリ。 これを利用すると背景を変更できる。 利用方法は、「Snap Camera」をインストールして、Webexメニューの音声から「スピーカー、マイク、カメラ・・・」を選択し、カメラでSnap Cameraを選択すると、背景を変更できる。 「Snap Camera」 Webexを使用する際の注意点 大野氏は、Webexを使用する際の注意点として、複数の人が同じ部屋で会議すると、マイクがハウリングする可能性があるので、発言しない人はマイクをミュートにしたほうがいいという。 なお、こういった注意点に関しては、同社がとして、まとめているので、参考にするといいだろう。 TIPS集 また、Webexをブラウザで利用する場合と専用アプリをインストールして利用する場合の違いに関しては、アプリのほうが最適化されているので、パフォーマンスが良いという。 なお、Webexは通信環境に応じて、自動でチューニングするので、とくに環境によって設定を変更する必要はないという。 そのほか、最近ビデオ会議のセキュリティが問題になっているが、この点について大野氏は、 「シスコはお客様の会議データには関与していません。 会議情報は暗号化されていますが、暗号化のためのカギはシスコはもっていません。 登録されたメールアドレスなどの個人情報は一切外に出していません。 シスコはセキュリティとプライバシーには力を入れています」と語った。 予めご了承ください。 関連記事•

次の