ご教示いただきたく存じます。 「教えてください」の敬語表現とビジネスでの使い方5選

「ご教示いただきますようお願い申し上げます」意味と使い方・例文

ご教示いただきたく存じます

ご教示くださいますよう、お願い致します。 お教えいただきたく存じます。 お知らせいただけないでしょうか。 お知らせください。 ご指南のほど、お願い申し上げます。 よろしくご回答のほど、お願い申し上げます。 早急なご回答をお待ち申し上げております。 一層のご教導を賜りますよう、お願い申し上げます。 忌憚のないご意見をご教示願えないかと考えております。 (忌憚のない意見とは、遠慮なく意見を述べてくださいという意味です。 ご回答いただければ誠にありがたい次第です。 折り返しご返事をいただきたくお願い申し上げます。 ご一報くださいますようお願い申し上げます。 いろいろご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その節はよろしくお願い申し上げます。

次の

「ご教示いただきたく存じます」意味と使い方・例文

ご教示いただきたく存じます

Please enlighten me on the specifics. 度合いはうまく伝えられないですが"Enlighten"という言葉であれば、例えばキリストが教徒にお教えを伝えて教徒が開眼する、などを表す時に使ったりする表現です。 It would be greatly appreciated if you could explain the details. これであれば上司にでも、部下の方にも、社外でも、丁寧に伝えたい時に使えます。 いずれも「~についての効果的なプレゼン資料の作り方を 教えていただきたい」という設定にしました。 大きく分けて2種類です。 1.目上の人にお願いする場合。 Please を付けると文頭であれ、文末であれやや強制力を 感じさせるので避けます。 代わりに I would appreciate it if you could が目上の 方に丁寧にお願いするときに便利な言い回しです。 3 いずれも同僚レベルの方にお願いするときの丁寧な言い方で、 教えてもらえるかどうかの可能性を聞いているので、相手が断る 際に気持ちの面での負担を感じさせないのでお勧めです。 3.の Could you give me は親しければCan you give me でも 差支えありません。

次の

頂きたいと存じますの意味・例文13選|教えて頂きたく・いただきたく?

ご教示いただきたく存じます

ビジネスの現場では、必ず、上司や先輩・同僚に、分からない点や疑問に思ったことをたずねる機会が発生します。 社内のみならず、取引先やお客さまに教えてもらわなければならない場面も起こりえます。 この場面ではさらに間違ったたずね方をしてしまったらNGです。 疑問点を解決したいと思った時、目上の人に「教えてください」とそのまま伝えるのは問題があるでしょうか。 やはり、ビジネスの現場では、より丁寧な言い回しが必要となってきます。 みなさんは「教えてください」の実務の現場での使い方をきちんと習得できていますか。 ここでは、「教えてください」の使用例を見ながら失礼のない使い方をおさらいしましょう。 ビジネスメールでの「教えてください」はこう使う 「教えてください」とビジネスの現場において依頼する場合、よく使われる文例を集めました。 下記の文例を参考に、その時々のシチュエーションや内容でもっとも適しているものを選び、用いるようにしましょう。 ・「お知らせいただけないでしょうか。 」 ・「お教えいただきたく存じます。 」 ・「ご教示くださいますよう、お願いいたします。 」 ・「早急なご回答をお待ち申し上げております。 」 ・「ご回答いただけましたら誠にありがたい次第でございます。 」 ・「お手すきの際で結構ですので、折り返しご回答をいただきたく、お願い申し上げます。 」 ・「引き続きご指導ご鞭撻くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 ・「こののちも色々とご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その際はなにとぞよろしくお願い申し上げます。 」 いかがでしたでしょうか。 ビジネスの現場における「教えてください」の使い方を、例を挙げながらいくつか見てきました。 口頭で目の前の相手に「教えてください」と伝えられる場面や一般的な内容に対して「教えてください」と頼む場面、専門的な知識などの教えを請う場面など、シチュエーションによっていくつか使い分けることができることをおさらいしました。 適切な表現で、相手へ教えて欲しい気持ちを表現できるようにしましょう。 ビジネスシーンでは、メールや電話で顔の見えない相手に「教えてください」と頼んだり、アドバイスの依頼をすることが多々あります。 社会人の礼儀として、顔を見ながら話せる相手でも、文書やビジネスメールなど顔の見えない相手とのやり取りでも、正しい敬語を使ってコミュニケーションをはかるように心がけましょう。

次の