インスタ イン サイト 見方。 【必読!】インスタグラムインサイトはインスタをやる上で欠かせない!

インスタのインサイトが見れない場合の対処法

インスタ イン サイト 見方

Instagram(インスタグラム)インサイトでできること インス タグラムインサイトは、プロフィール画面から確認できます。 画面上部のアイコンを選択すると、下記のような基本画面が表示されます。 では、それぞれどういった内容が確認できるのか見てみましょう。 全投稿への反響の確認 インサイトの基本画面上部から、その週の投稿に対して得られた反響の総数を確認できます。 ・インプレッション…投稿が閲覧された回数 ・リーチ…投稿を閲覧したユニークユーザー数 ・プロフィールビュー…プロフィールページを閲覧した回数 ・ウェブサイトクリック…プロフィールページに記載されたホームページのURLがクリックされた回数 画面をスワイプすると、それぞれの項目が表示されます。 参考: [Instagramインサイトだけじゃない!Instagram分析サービス比較] 2. 投稿に対する反響の確認 インサイトの基本画面または、投稿画面から、投稿に対するインプレッション数や保存数が確認できます。 インサイトの場合、下記の手順でチェックしましょう。 人気投稿から「もっと見る」を選択 2. 画面上部の文章を選択し、絞り込みたい条件で設定 3. 表示される投稿の「インサイトを見る」を選択 4. 表示された情報を確認する 確認できる情報としては以下の通りです。 ・いいね!…投稿に対していいねがついた数 ・コメント…投稿に寄せられたコメント数 ・保存済み…投稿を保存したユニークユーザー数 ・インプレッション…投稿が閲覧された回数 ・リーチ…投稿を閲覧したユニークユーザー数 ・エンゲージメント…いいね!とコメントの総数 なお、上記の情報はインサイトの基本画面にアクセスしなくても、投稿画面から確認できます。 投稿から「インサイトを見る」を選択して、確認しましょう。 ストーリーに対する反響の確認 投稿と同様に、ストーリーに対してもインプレッションやリーチなどを確認できます。 通常の投稿とは異なり、以下の2つの指標が追加されます。 ・返信…ストーリーへメッセージが送信された回数です。 ・ストーリーからの移動…ストーリーから、他の人のストーリーや自分のフィードに移動された回数です。 参考: [Instagramではどのようなインサイトを確認できますか。 ] [インス タグラム ストーリーズにおける 広告の試験運用を開始] 4. フォロワーの分析 画像出典元: フォロワーが100人以上いる場合、フォロワーの分析が可能です。 ・フォロワー数 ・フォロワーがインスタグラムを利用している時間帯 ・性別 ・年代 ・場所 上記の情報を確認できます。 また、性別ごとの年代も確認できるので、自社の アカウントがどういった層にフォローされているのか分析できるでしょう。 運用している広告の確認 インス タグラムインサイトでは、過去に配信したものを含め、運用している 広告の内容を確認できます。 新しい 広告の作成もインサイトの画面から行えるので、 広告マネージャーを開かずとも 広告の運用が可能でしょう。 タグ タグとは、原義では「モノを分類するために付ける小さな札」のことです。 英語の「tag」を意味するものであり、荷札、付箋といった意味を持っています。 特にインターネットに関する用語としてのタグは、本文以外の情報を付与するときに用いられます。

次の

インスタインサイトの見方解説♪過去のストーリーもココで見られる!!

インスタ イン サイト 見方

もくじ• Instagramのインサイトとは? Instagramのインサイトとはそもそもどのようなものなのでしょうか。 インサイトとは、 Instagramにおける分析ツールのようなものです。 自分のアカウントのフォロワーの年齢や性別、登録しているエリアなどをカンタンに表示することができます。 自分のフォロワーがどのような人たちなのか、どのような投稿をした際にいいねが多くもらえるのかを知ることができれば、よりフォロワーを増やすための戦略をたてることができますよね。 「プロアカウント」にすれば見ることができる しかしこのインサイトは通常のアカウントでは見ることができません。 「プロアカウント」に切り替えることで見ることができます。 「プロアカウント」は設定を変更することで誰でも無料で切り替えることができます。 その方法を見ていきましょう。 プロフィールへのアクセスをしてくれたのか、そこに貼り付けているウェブサイトにアクセスしてくれた人はいたのかなどもその人数を確認することができます。 居住地や年齢・性別だけでなく、何時ごろアクセスされているのかまで確認ができます。 この情報をもとに、フォロワーが一番見てくれそうな時間に投稿したり、フォロワーの居住地が多いエリアについての投稿をするなど工夫をすることができますよね。 Instagramインサイトの『リーチ』とは? そもそも、「リーチ」とは何を指すのでしょうか?これは、 投稿を見たユーザーの数のことです。 Instagramの「リーチ」を増やすためには、ハッシュタグや位置情報などを自分の投稿につけ、できるだけ検索したときの画面に表示させたり、あるいはフォロワー以外のユーザーが興味をもった投稿が表示される「発見」画面などに反映されるようにしたりすることが大切です。 リーチは投稿だけでなく過去7日間の合計数を確認できる 「リーチ」はこのインサイト画面で過去7日間の合計数を確認することができます。 しかし、この「リーチ」には見方に注意点があります。 リーチの注意点 まず、同じユーザーが同じ投稿を何度見たとしても、「1」と数えられます。 あくまで「何人が見たか」という情報になります。 リーチを増やすには 「リーチを増やす」=できるだけたくさんの人に見てもらうということになりますが、そのためには、• 投稿にハッシュタグをつける• 1日1回投稿する ことがポイントになります。 多くのユーザーは自分の興味のあることについてハッシュタグをもとに検索をしますし、その検索で表示される結果画面では、最新の投稿から順番に表示されることから)、できるだけ毎日投稿することで見つけてもらいやすくなるためです。 Instagramインサイトの『インプレッション数』とは? また、インサイトの「アクティビティ」ページには「インプレッション数」という指標も掲載されています。 ではこの「インプレッション数」とは何なのか? 「インプレッション数」=投稿が表示された総数 一言でいうと「インプレッション数」とは、 投稿がユーザーによって表示された回数を指します。 この数値は全ての投稿における「見られた回数」となりますので、当然投稿しているコンテンツが多ければ多いほど「インプレッション数」は上がる傾向にあります。 「インプレッション数」の注意点 この「インプレッション数」は、一人のユーザーが複数回見ても全てカウントされますので、一人が10回見た場合は10インプレッションとなります。 「インプレッション数」を上げる方法 インプレッション数を向上させるには、上記でも記載したとおり、一番簡単な方法は「投稿数を増やす」ということが挙げられます。 投稿数が10個より100個、100個より1000個とより多いほど見られる回数が上がります。 ただし、Instagramのホーム画面は時間の経過によって流れ去っていってしまう「タイムライン」となりますので、ただただ写真を上げればよいのではなく、運営しているアカウントが持つコンセプトに沿った内容をアップしていくことが重要です。 また、その他にインプレッション数を上げる方法としては、• 閲覧が多い時間帯に投稿する• 適切なハッシュタグを付け検索対策を行う ということが基本となってきます。 「リーチ」と「インプレッション数」の違いは? 「インサイト」の「アクティビティ」画面では、「リーチ」と「インプレッション」の2種類の数字が表示されています。 しかし、この2つの違いは何なのでしょうか。 「リーチ数」とは、投稿すべてに対し、どのくらいの人が閲覧したのかを示すものです。 この数字は同じ人が2回見ても「1」とカウントされます。 そして、「インプレッション数」というのは、投稿すべてに対し閲覧された「のべ回数」です。 こちらの数字は「のべ回数」なので、同じ人が2回見た場合は「2」とカウントされます。 投稿ごとに「リーチ」「インプレッション数」を確認する方法 ここまでのご説明では、そのアカウント全体の「リーチ」と「インプレッション数」を確認する手段をご紹介いたしましたが、投稿コンテンツごとに「リーチ」と「インプレッション数」を確認する方法があります。 その時に画像下に インサイトを見るというリンクがありますので、コチラをタップ。 この表示を行うことで合算されてまとまった数字ではなく、 個別の数字を確認することができ、 「投稿によってどの内容が反響が大きかったか」などを計測することができます。 「リーチ」や「インプレッション数」。 どのように使えばいい? ここまでご紹介させていただきましたように「リーチ」や「インプレッション数」などで個別の反響をかなり細かく観測できることがお分かりいただけたかと思います。 とはいえ、このような数字が分かったとして、 どのような役に立つことがあるのでしょうか? 宣伝したいこと・誘導したいページに案内できているか 単純に 「リーチが1000になった!やった!」と多くの人に見てもらったことによって満足感を得ることも可能ですが、その場合、プロアカウントとして計測ツールを利用する意味があまりありません。 プロアカウントでインサイトという機能が実装されている理由が「 目的としているInstagram運営が適切に行えているか」を判断するためとなります。 例えば、イラストレーターが販売中の書籍のページに誘導したい場合、書籍の内容をInstagramに小出しにして最終的にはAmazonの書籍ページまで誘導する、というケースがあります。 その他では、レストランが新メニューや料理、ちょっとしたアイディアの投稿を行い、最終的にはそのレストランのホームページや予約・来店まで結びつけるというケースなども考えられます。 例えば、インプレッション数は多いにも関わらず見てほしいプロフィールページはほとんど見られていない、という場合は、アカウントのコンセプトと投稿内容が一致していない、という問題点があります。 また、リーチ数は少ないがそのほとんどのユーザーがプロフィールやURLをクリックしている、と分かると、その投稿と類似の投稿を数多く行うことでより多くのアクセスを集めることができるようになります。 この「インタラクション数」というのは 「プロフィールへのアクセス」と 「プロフィールページのURLのクリック数」が表記されており、どのくらいの人が投稿からプロフィールページ・プロフィールページからその先のURLへアクセスしたかを観測することができます。 まとめ 今回は Instagramの「インサイト」について解説しました。 「プロアカウント」に設定を変更することでかなり多くの情報を得ることができるようになりますし、「こんな人が自分の投稿を見てくれているんだ!」と知ることができるため、投稿も楽しくなるのではないでしょうか。 ぜひ「プロアカウント」への切り替えをして、自分の投稿の分析とその結果を反映してみてくださいね!.

次の

Instagram(インスタグラム)のインサイトの見方【初心者向け】│まちづくりマガジン

インスタ イン サイト 見方

パンダでもできるくらい超簡単だよ!まずはやってみよう! Instagramインサイトの設定 Instagramの解析サービス、インサイトを利用するためには、 Instagramをビジネスプロフィールに変更して、Facebookページをリンクする必要があります。 設定はパソコンでもスマホでも可能です。 まずはInstagramのプロフィール画面の右上のマークから、設定ページへ。 「ビジネスプロフィールに切り替える」をクリックするとInstagramビジネスツールにアクセスするので、案内に従って「次へ」をクリック。 Facebookページがない場合は作成 Facebookにリンクする必要があるため、Facebookアカウントでログイン。 Facebookページがない場合、「Facebookページがありません」と表示されるので「ページを作成」をクリック。 案内に従って情報を入力していきます。 ページタイトル(ブランド名)• ページの内容(カテゴリを選択)• ウェブサイトを追加(ない場合はスキップ)• プロフィール写真を追加(ない場合はスキップ)• カバー写真を追加(ない場合はスキップ) これでFacebookページの作成は完了。 Facebookページをリンクして完了 画面が切り替わったりしないので、画面左上の「Instagramに戻る」ボタンからInstagramに戻ります。 もう一度ビジネスプロフィールに切り替えるをクリックしてInstagramビジネスツールにアクセス。 Facebookにログインして、 Facebookページをリンクしてください。 ビジネスプロフィールの設定では、 メール、電話番号、住所のいずれかを入力して完了です。 設定が完了すると、プロフィール画面の右上にInstagramインサイトへのリンクが現れます。 Instagramインサイトの見方 解析情報はインサイト設定後から集計されますので、過去の投稿の解析状況などは見れません。 また、閲覧できるのはInstagramアプリのみで、パソコンからは見れません。 インサイトを見るには、プロフィール画面の右上に表示されているグラフマークをクリックします。 これがインサイトの画面。 インプレッション 全ての投稿が表示された合計回数。 同じ人が2回見た場合は2とカウントされます。 リーチ 投稿を見たユーザー数。 プロフィールビュー プロフィールページの閲覧数。 ウェブサイトクリック プロフィールのウェブサイトへのリンクをクリックされた回数。 フォロワー フォロワーがInstagramを見ている時間帯。 フォロワー解析 フォロワー解析では、 フォロワー数・性別・性別ごとの年齢層・人気の場所・主な使用時間帯が見れます。 Instagram閲覧場所はIPアドレスから割り出されている様です。 性別年齢についてはどこから解析しているのか記載されていませんが、Facebookと連携しているため、そちらの情報を引っ張ってきていると思われます。 もしそうだとしたらかなり正確な数字ではないでしょうか。 ページ解析 ページ解析は、投稿の「インサイトを見る」から見ることができます。 表示される内容は下記の通り。 いいね!• コメント• 保存済み 投稿を保存したユーザー数• インプレッション 投稿が表示された合計回数• リーチ 投稿を見たユーザー数• エンゲージメント いいね!・コメント・保存したユーザー数 このようにInstagramインサイトでは、いいね!やコメント数だけでは分からない、投稿やフォロワーについての詳しい情報を知ることができます。 元々はInstagram広告を出すためのツールですが、無料で詳しい情報が見れるのはありがたいですよね。 自分の投稿の詳しい解析が見れる いいね!コメント数だけでなく、投稿が表示された合計回数、投稿を見たユーザー数などの分析が見れます。 良く見られている投稿や、反応が良かった内容を確認することができます。 分析を見れば、いつどんな内容を投稿すれば効果的か分かるってことか~ Instagramから上手く購入に繋げるためのヒントだよね! Twitterも無料の解析サービスがあります! 情報発信ツールとして利用している人も多いTwitter。 今回紹介したInstagramの解析サービスのように、 Twitterにも無料の解析サービスがあります。 設定はInstagramより簡単。 こちらの記事では設定方法と解析の見方を紹介しています!.

次の