マウスケージ。 Natureニュース「マウスの飼育状態で、実験結果が台無しに?」

ハツカネズミの繁殖方法!餌用マウスを飼育・繁殖させるポイント [爬虫類・両生類] All About

マウスケージ

マウスの繁殖方法 動物施設で最も飼育数の多いマウスの繁殖方法(自然交配法)について解説します。 マウスの系統・個体によって産子数や離乳時期が異なることがあります 原則 自然交配法によるマウス繁殖の概略は、以下の通りです。 雄マウスと雌マウスをケージ内に同居させて交配させ、交配後 約20日の妊娠期間を経て子マウスが誕生する。 母マウス1匹あたり5〜10匹の子マウスが得られます(系統により差あり)。 子マウスは誕生から4週間後に離乳し、独立して飼育する事が可能。 誕生から8週間後には性的に成熟し、雄と雌を交配させて子マウスを得る事が可能。 ポイントは、交配がいつ成立したか、本当に成立したかどうか、どの親マウスから産まれたのか、を把握する事です。 そうしないと、以下のような弊害が起こります。 すでに交配済みの雌マウスを交配させても交配率が上がらない• 連続して交配に使用した雄マウスが疲れていて交配率が上がらない• 複数の雄マウス同士が雌をめぐって喧嘩し怪我をする 以下で、押さえておくべきポイントについて解説します。 交配の方法 ケージ分け• 雄マウスと雌マウスは、別々のケージで入荷され、飼育されています。 交配による次世代作製• 以下の点に留意し、雄マウスと雌マウスを同居させ交配させる。 性成熟 :マウスは、雄雌ともに8週齢をすぎると性成熟し、交配して子を産めるようになります。 性周期 :雌マウスの外陰部を観察し、外陰部が赤く腫脹している(性周期が発情前期にある)ものを選んで交配に用いると、交配率が上がります。 (外陰部の腫脹の様子については、のページの[発情前期]の写真をご参照ください)• 先住効果:雄マウスのケージに雌マウスを入れると、交配率が上がります。 個体数 :雄マウス1匹に対して、雌マウス1〜2匹。 時間 :夕方に、雄雌マウスの同居を開始させます。 翌朝、雌マウスの外陰部を観察しが確認されたら、交配が成立しています。 膣栓は正午頃には外れてしまうので、午前中に確認する。 親となる雄マウスと雌マウスの情報と、膣栓確認日を記録しておく。 膣栓が確認できた雌マウスは1ケージにまとめておく。 分娩後も1週間ほどケージ交換せず、母マウスに哺育させる。 分娩後4週間経ったら、離乳させる。 雄雌の子マウスを別ケージに分ける。 分娩後8週間経ったら、子マウスを得るために交配させる事が出来る。 読み込んでいます... 効率的な繁殖技術 動物施設では、自然交配ではなく体外受精を用いた効率的なを確立しております。 その技術を利用すると、させ体外受精をおこない、迅速に多数の子マウスを得る事が出来ます。 ご興味ある方は、へご相談ください。 注意点 遺伝子組換え生物の取り扱いは、されています。 そのため、遺伝子改変動物が施設から逃亡した場合などは、施設および研究者が処罰されます。 飼育室内であっても、マウスがケージから逃げてしまったときは施設スタッフにお知らせください。 専用の器具等を用いて捕獲し、ケージに戻せるようにご協力いたします。 cardadmi kumamoto-u.

次の

マウス・ラットケージ

マウスケージ

食性や体の構造は、ほぼ同じです。 しかし分類学的に別の動物で、性格も異なる点があります。 ファンシーラットはマウスよりも体が大きいことから、ケージの大きさも体にあった物を選んであげましょう。 しかしメス同士はあまりけんかをすることはありませんので、多頭飼育も可能です。 動物同士でのコミュニケーションをとることを好むために、単独飼育よりも多頭飼育を薦める考えもあります。 フェレットやウサギ用ケージでも飼えますが、ラット用のケージも販売されています。 なお、水槽で飼育すると体臭や尿臭がこもるので、天井は金網の商品がよいです。 運動量も多く、ケージの中に階層を作ると、登ったり、降りたりするような行動を好みます。 蓋を齧って逃走することもあるので、ケージ内のレイアウトは十分に考えてください。 実験用ラット 表:実験用マウスのケージの大きさ〔実験動物の管理と使用に関する視診 2011〕 体重 床面積(cm 2) 高さ(cm) 10g未満 38. 7 12. 7 10-15g 51. 6 16-25g 77. 4 25g以上 >96. 7 表: EU実験動物保護指令での実験用マウスのケージの大きさ〔EUの実験動物保護指令2010〕 体重 床面積 cm 2 高さ cm 20g未満 60 12 20-50g 70 25-30g 80 30g以上 100 表:実験用ラットのケージの大きさ〔実験動物の管理と使用に関する視診 2011〕 体重 床面積(cm 2) 高さ(cm) 100g未満 109. 60 17. 8 100-200g 148. 35 201-300g 187. 05 301-400g 258 401-500g 387 500g以上 >451. 特にオスは尿臭がきつく。 の掃除も頻繁に行う必要があり、交換の手間やコストも考えて選びましょう。 ラットは比較的トイレを覚えます。 落ち着ける場所が必要なので、小屋・巣箱は必ず用意してください。 床敷は細菌が繁殖しやすいため、頻繁に掃除してあげましょう。 これは野生種であるドブネズミは、名前の通りに下水などの湿った環境に適応していたからです。 ペレットのみのでも栄養学的には問題はありませが、食べる喜びを与えるために、他の食材もバランスよく組み合わせて与えます。 果物やおやつなどはコミュニケーションの一環として、時々与える程度にとどめましょう。 5~16. 8%、粗脂肪は5~8%が理想値と記載されています〔木村 1996 〕。 実験動物のラット用ペレットでは、粗蛋白は15%、粗脂肪は5%が理想値と記載されています〔NRC 1995〕。 ケージを広くする以外に、運動をさせる、巣穴を作って潜り込む、物を齧るという行動がポイントになります。 ケージの中で小屋・巣箱に隠れたり、上に乗ったりして遊びます。 ケージの外に放すことで運動量を増やすなどの策もとられています。 馴れると扱いが楽になります。 しかし、マウスは残念ながら、人を認識する能力は乏しいです。 手に馴れるように匂いをかがせ、手を恐がらないようになったら、手の平に乗せてみてください。 次に体を優しく撫でてください。 特に耳の後ろを撫でてあげるとよいでしょう。 おとなしい性格であれば定期的に切ってあげましょう。 ・マウスは1頭づつ、ラットは複数で飼育が理想 ・ストレスがたまらないように大きなケージで飼育する ・小屋と齧り木は必須 ・ラットは乾燥に弱い ・オスのマウスは尿臭がきついので掃除をしっかりする ・マウスはケージからの脱走に注意 ・ラットは人に馴れるので、遊ぶ時間を作る 獣医大学、動物看護師学校の教科書指定本!マウスやファンシーラットのことが詳しく書いてあります。 The Laboratory mouse. In The UFAW handbook on the care and management of laboratory and other research animals. Universities Federation for Animal Welfare. 8th ed. Hubrecht R,Kirkwood J. eds. Wiler-Blackwell. Oxford. Animals in Person: Cultural Perspectives on Human-animal Intimacy. Berg Publishers. p131. Animal Models of Speech and Vocal Communication Deficits Associated With Psychiatric Disorders. Biol Psychiatry1. 79 1. 53-61. Effects of enriched environments with different durations and starting times on learning capacity during aging in rats assessed by a refined procedure of the Hebb-Williams maze task. J Neurosci Res70. 340-346. Nutrient Requirements of Laboratory Animals. National Academy Press. Washington. 実験動物学. ラット. 講談社. p66. 実験動物栄養監視技術. 実験動物技術大系. 日本実験動物技術者協会編. アドスリー. (社)日本実験動物学会 監訳. アドスリー. p45-114. 清至書院. マウスのタンパク質栄養状態と体毛タンパク質合成の関係について. 川崎医療福祉学会誌22 2. 200-207.

次の

アニメックの製品 床敷 FAQ

マウスケージ

抄録 動物の過密飼育 crowding は,心理社会的なストレッサーとされているが,従来の方法は飼育面積を一定にし,個体数のみを変化させているため,個体数の増加と1匹あたりの占有スペースの狭少化という2つの要因が複合されたものであるといえる。 そこで本研究ではケージ内の個体数とケージのサイズの両方を変化させるという方法をとり,免疫能に及ぼす影響を追求した。 またケージ内の動物の構成メンバーの変化が及ぼす影響についても検討を加えた。 実験1ではマウスをまずケージあたり4匹ずつに分けて14日間馴化飼育し,その後ケージあたり4匹 Control群 ,小スペースあたり4匹 Crowding-I群 ,ケージあたり16匹 Crowding-II群 の計3群に無作為に分け7日間飼育を行った。 結果は以下の通りであった。 1 体重に群間で有意差は認められなかった。 2 総白血球数に有意差は認められなかったが,Crowding-II群にリンパ球百分率の有意な低値,そして好中球百分率および絶対数の有意な高値が認められ,ストレッサーの継続負荷による白血球構成比の変動が示唆された。 3 好中球NBT還元能ではCrowding-II群に低値を示す傾向が観察され,細菌貪食能ではCrowding-II群に有意な低値が認められた。 一方Crowding-I群では,NBT還元能,貪食能ともにCrowding-II群ほどの低下は認められなかったが,いずれもControl群とCrowding-II群の中間の値を示す傾向がみられた。 これらの結果から,個体数の増加によるマウス相互間の心理社会的要因の複雑化がストレッサーとして重要な意味をもつことが示唆された。 実験2ではマウスをまずケージあたり5匹ずつに分けて14日間馴化飼育し,その後ケージあたり5匹 Control群 ,小スペースあたり5匹 Crowding- 1 群 ,ケージあたり20匹 Crowding- 2 群 の3群に分けたが,Control群とCrowding- 1 群はケージ内のマウスの数と構成メンバーは馴化飼育と同一にし,ケージへの移動のみを行った。 群分け後2日目に抗原としてSRBCを腹腔投与し,7日間飼育を行った。 結果は以下の通りであった。 1 体重にはいずれの時期も有意差は認められなかった。 2 特異免疫反応として測定したPFCおよび抗SRBC抗体価は,群間に有意差は認められなかった。 なおマウスの産生した抗体はIgMであると考えられた。 3 血漿中のIgM濃度に有意差は認められなかったが,Crowding- 1 群が高値を示した。 またIgG濃度では,Crowding- 1 群に有意な高値が認められた。 4 好中球NBT還元能は,エンドトキシン刺激時では有意差は認められなかったがCrowding- 2 群が低値を示し,細菌刺激時ではCrowding- 2 群に有意な低値が認められた。 また好中球の細菌貪食能においてもCrowding- 2 群に有意な低値が認められた。 一方Crowding- 1 群はControl群に比べて,有意差は認められなかったがいずれも高値を示した。 このように,マウスの構成メンバーを変えず飼育面積の狭少化のみを施して過密にした場合は,同様にマウスの構成メンバーを変えなかった対照群に比べ,免疫能が亢進する傾向が観察された。 一方ケージ内の個体数を増やして過密にした場合は,条件設定は実験1とは異なるが,好中球機能の顕著な低下が認められた。 本研究は7日間という短期間のストレス負荷の結果であり,今後より綿密な実験デザインを設定し長期間の検討を行いたいと考えている。

次の