ウォン安 推移。 ウォン安ドル高で1ドル=1300ウォン台間近…石油・航空業界「本当につぶれる」

GSOMIA破棄は韓国経済にも大打撃 常識外れの決定に金融市場動揺、ウォン急落

ウォン安 推移

08月02日、日本がついに韓国を「ホワイト国から除外」したため、近い将来韓国経済が非常に難しいことになる事態が予想されます。 株価の下落もそうですが、為替でもすでにその兆候が現れました。 以下は08月02日までの 日足 ひあし の ドルウォンチャートです チャートは『Investing. com』より引用:以下同。 株式、FXの取引をされない方は見方が分からないかもしれませんので、説明をさせてください。 「日足 ひあし 」チャートでは、1日ごとの値動きが「ローソク足」という棒で示されています。 また、1ドルが何ウォンで取り引きされているかを示しますので、赤い棒が上昇 ウォン安方向へ向かった 、緑色の棒が下落 ウォン高方向へ向かった を表しています。 同じチャートにトレンドライン 水色の線です を引いてみると以下のようになります。 58ウォン」までのレンジで推移しています。 「レンジ相場」といわれる状態で、一定の価格幅で推移することを指します。 2019年04月24日にどんと長いローソク足が出て一気にウォン安が進み、その後も上昇 ウォン安 が進行。 14ウォン」の 天井をつけ、ここがウォン安の 防衛線になっているのが分かります。 この天井部分を拡大して15分足 ローソク足1本が15分の値動きを示します で見たのが以下の図になります。 05月20日18時過ぎから極端な上昇下降を繰り返す、いわゆる「」が出現しているのがお分かりいただけるでしょうか。 61ウォン」 08月03日午前5時56分43秒終了 までウオン安が進行しました。 Money1では何度もお伝えしてきましたが、通貨安からドボンというのは非常によくある話です。 しかしながら、まだ日本政府が輸出管理を始めたばかり、ホワイト国除外を決めたばかり。 実際の影響が現れるのはこれからなのです。 韓国がデフォルト騒動を起こすかどうか注視する必要がありそうです。 一つの目安はこれまでに締結した「通貨スワップ協定」の利用を韓国が言い出すかどうかでしょう。 幸いなことに日本はもう韓国との通貨スワップ協定を結んでいませんのでセーフです。 柏ケミカル@dcp.

次の

韓国通貨危機

ウォン安 推移

0971 0. 0989 0. 0997 0. 0971 0. 0998 0. 0980 0. 0992 0. 0971 0. 0977 0. 1000 0. 1025 0. 1039 0. 0998 0. 0990 0. 1007 0. 1019 0. 1004 0. 0992 0. 0991 0. 0999 0. 0996 0. 1006 0. 0971 0. 0982 0. 0982 0. 0977 0. 0927 0. 0921 0. 0921 0. 0879 0. 0898 0. 0913 0. 0932 0. 0939 0. 0921 0. 0879 0. 0881 0. 0873 0. 3752 0. 3237 0. 3405 0. 3063 0. 2946 0. 2748 0. 1911 0. 1758 0. 1754 0. 2055 年 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 ウォン 0. 2047 0. 1838 0. 1623 0. 1386 0. 1272 0. 1219 0. 1352 0. 1295 0. 0942 0. 0958 年 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 ウォン 0. 0953 0. 0941 0. 1002 0. 0973 0. 0945 0. 1076 0. 1218 0. 1267 0. 0960 0. 0736 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 ウォン 0. 0760 0. 0721 0. 0709 0. 0892 0. 1006 0. 1071 0. 0937 0. 0993 0. 1003 0. 0936 年 2020 ウォン 0.

次の

韓国ウォン両替レート:ドル、円リアルタイムチャート推移

ウォン安 推移

ウォン安が進む。 理由は明快だ。 2019年に入り貿易黒字が急減、GDPもマイナス成長を記録するなど「韓国経済の縮み」が明らかになった。 そのうえ、日本・米国との関係が極度に悪化し、通貨危機に陥っても誰からも助けてもらえないと見なされたからだ。 (文/鈴置高史) 4月の下落率1位 ウォンは2018年6月中旬から2019年4月下旬まで、1ドル=1110〜1140ウォン台でほぼ動く、ボックス相場を形成していた。 しかし4月25日に1年9カ月ぶりの安値を付けた後は、1150〜1160ウォン台を推移するようになった。 4月30日には前日比9・7ウォン安の1168・2ウォンまで下がり、1170ウォン台をうかがった。 2017年1月20日(1169・2ウォン)以降、2年3カ月ぶりのウォン安水準である。 予想外のマイナス成長 4月25日に前日比9・1ウォン安の1150・9ウォンと大きく下げたのは、同日発表の2019年第1四半期のGDP(速報値)が前期比で0・3%減と落ち込んだからだ。 世界が金融危機に陥った2008年の第4四半期(3・3%減)に続くマイナス成長だ。 市場予想はプラスの0・3〜0・4だったから「マイナス」には驚きが広がった。 ウォンが売られたのも当然だった。 ことに内容が悪かった。 半導体市況の低迷を受け、同製造装置への投資急減が響いた。 これも韓国経済の縮みを実感させた。 10カ月連続で景気指数が下落 4月30日のウォン急落も、同日発表の統計「2019年3月の産業活動動向」に足を引っ張られた側面が強い。 3月の景気の動向指数(循環変動値)と先行指数(同)は、それぞれ前月比0・1ポイント下落した。 2つの指数が共に10か月連続で下げるのは、1970年1月にこの統計をとり始めて初めて。 2019年の第1四半期の製造業の平均稼働率は71・9で、世界金融危機直後の2009年第1四半期以来の低い水準となった。 5月1日にも「韓国の縮み」を示す統計が発表された。 4月の通関統計(暫定値)だ。 輸出が前年割れするのは2018年12月以降、5か月連続だ。 あわせて読みたい関連本•

次の