地震 予知 twitter。 Twitterで話題!地震予知の「東海アマ」さんの正体とは?

【地震予知ミシェル】2020は震度8の南海トラフ発生で東京オリンピックが中止?

地震 予知 twitter

例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。 少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。 お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。 日ごろから地震に対する備えをお願いいたします。 南海トラフ地震の発生は予測できるのですか? 南海トラフ地震は、おおむね100~150年間隔で繰り返し発生していることが分かっていますが、その発生間隔にはばらつきがあり、震源域の広がり方には多様性があることが知られています。 また、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測することは困難であると考えられています。 一方で、南海トラフ沿いで発生した大規模地震の直近の2事例では、東側の領域で大規模地震(1854年の安政東海地震、1944年の昭和東南海地震)が発生した後、それぞれ32時間後、2年後に残る西側の領域で大規模地震(1854年の安政南海地震、1946年の昭和南海地震)が続けて発生しています。 そのため、今後南海トラフ沿いで大規模地震が発生した場合、残りの領域での地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 また、南海トラフ沿いの大規模地震の想定震源域の周辺では、平時からプレート境界面で「ゆっくりすべり」という現象が観測されています。 この現象はプレート境界の固着状況の変化を知る手がかりとなる現象と考えられています。 この「ゆっくりすべり」が通常とは異なる場所や発生様式(変化速度が大きいなど)で起きている場合には、定性的には南海トラフ地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 関連リンク• 8以上の地震が発生した場合や東海地域に設置されたひずみ計に有意な変化を観測した場合などを想定しています。 関連リンク• 南海トラフ地震が発生する前には、必ず「南海トラフ地震臨時情報」が発表されるのですか? 南海トラフ地震の発生前に、必ずしも異常な現象が観測されるとは限らないため、「南海トラフ地震臨時情報」を発表していなくても、南海トラフ地震が発生することもあります。 地震発生の可能性が相対的に高まっているという評価を行う「南海トラフ地震に関連する情報」と、これまでの東海地震予知情報との違いは何ですか? これまでの東海地震予知情報は、2~3日以内に想定される東海地震が発生するおそれがあるという確度の高い情報です。 しかしながら、現在の科学的知見からは、こういった確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 一方、「南海トラフ地震に関連する情報」は、南海トラフ沿いで異常な現象が観測され、その現象が南海トラフ沿いの大規模な地震と関連するかどうか調査を開始した場合、または調査を継続している場合、あるいは観測された現象を調査した結果、南海トラフ沿いの大規模な地震発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まっていると評価された場合などに発表する情報です。 関連リンク• 動物や植物は地震を予知できるのですか? 動植物には、音、電気、電磁波、匂いなどに対する感知力が人間などに比べ格段に優れているものがあることは知られています。 一方、地震は、地中の広い範囲で、固い岩盤同士が、破壊し合い、ずれ合う大きなエネルギーの集中や解放を伴うため、徐々に岩盤が変形し始めたり、地下水位が変動したりして、地震の発生前から非常に微弱で特異な音、電気、電磁波、匂いなどが周辺の地面や大気などに現れ、それを動植物が感じ取る可能性もあるのかもしれません。 しかし、動植物は地震以外の理由によって通常と異なる行動・反応をすることがあり、また、動植物自体についてまだわかっていないことも多く、ましてや地震の前兆現象も解明できていない部分が多いことから、地震の前にそうした異常行動・反応をする理由について科学的に説明できていない状況です。 地震雲はあるのですか? 雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です。 大気は地形の影響を受けますが、地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていません。 「地震雲」が無いと言いきるのは難しいですが、仮に「地震雲」があるとしても、「地震雲」とはどのような雲で、地震とどのような関係で現れるのか、科学的な説明がなされていない状態です。 日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000回程度あり、平均すれば日本で一日あたり5回程度の有感地震が発生していることとなります。 このように地震はいつもどこかで発生している現象です。 雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。 形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない二つの現象が、見かけ上そのように結びつけられることがあるという程度のことであり、現時点では科学的な扱いは出来ていません。

次の

地震予知2020予言まとめ!5月11日の地震の噂やtwitterも|スピリチュアルたまてばこ☆

地震 予知 twitter

まず最初に今回ご紹介する人物、Twitter上で人気となっている「東海アマ」の正体についてご紹介しますが、東海アマの正体は東海アマチュア無線地震予知研究会の人物となっています。 この東海アマチュア無線地震予知研究会は研究会と言っても東海アマ一人がやっているようで、東海アマ自身が設立しているブログなどをみても他の人物の影は見当たりません。 そのため東海アマチュア無線地震予知研究会の正体が現在噂になっている「東海アマ本人」だと思われます。 東海アマは一般男性ともあって、明確な正体ともなる本名などは公では明かされていません。 しかし、個人の正体は明かしてないものの、東北地方などでも「東海アマ」として講習会も行っているようです。 さらに東海アマはファンサイトもできているほどで、そこには地震の前兆の掲示板や地震についての雑談掲示板、その他の掲示板と存在します。 地震と言えば、天災のひとつで予測するのがほぼ難しいとされているのですが、気になるのは東海アマの雨雲レーダーやそのほかのデータを使って予知・予測している結果、的中確立だと思います。 先ほどご紹介したように、東海アマ自身のブログの掲示板に自分が雨雲レーダーやそれ以外のデータを参考にしただろう予知予測の数字が残っています。 このようなことを行っているのが東海アマだけでなく、他のサイトにもあるのですが、そこでは地震予知情報や検証結果があります。 東海アマが雨雲レーダーなどで地震予知した情報を入れると、その実際に合ってたかの検証結果を見てみると。 驚異の的中率が1%未満だったのです。 天災は流石に予測するのは難しいと言えますが、10年以上も地震予知を行って1%未満の的中率はひどいと考える人が多いです。 東海アマチュア無線地震予知研究会の東海アマのTwitterアカウントは凍結したと先ほどご紹介したのですが、この点はご存じない方は疑問に思う点があると思います。 というのも、雨雲レーダーなどを使って予知した情報でも、いくら的中率が低くてもさすがに凍結するほどまでの事態にはならないのではないかと考える人が多いです。 しかし、凍結したことは事実で、一度東海アマのアカウントは身動きが出来ない状態にされていました。 なぜこのような凍結するまでになったのかというと、東海アマのツイートは地震予知だけではなかったのです。 東海アマは地震予知以外にも日本の政治に対してや世界で起きた事象、日本のニュースについても自分の感じた意見などを投稿し、批判中傷などをしていたのです。 そのため、多くの人の通報により、東海アマのTwitterは凍結してしまいました。 東海アマのアカウントが凍結してしまったため、また新たに誕生した「amaちゃんだ」ですが、amaちゃんだでも東海アマの時同様に非常に活発的に活動しています。 この復活については残念がる人が多かったのですが、あまちゃんだは復活した最初の方は少し、落ち着いていたようです。 しかし、その落ち着きも数日で、復活して月日が経ったらすぐにまた元の状態に戻りました。 この凍結させられた理由が、一つの噂だと政治が大きく関わっているのではないかとも言われています。 というのも、東海アマは安倍晋三の事が嫌いなのか、安倍の政治に対して非常に批判的な意見を述べることが多いです。 そのため、多くの方から反論されることが多く、実質的に偉い人が登場すればそそくさと逃げてしまうことが多いとされています。 このように、日本の政治に対してもいちゃもんをつけることが多いので、政治の圧力で凍結した可能性もあると噂されています。 東海アマのアカウントが凍結してから作成されたアカウント「amaちゃんだ」ですが、このamaちゃんだは先ほども少し触れたように最初の頃は大人しくしていました。 しかし、それも少し程度ですぐにいつも通りの通常運転に戻りました。 その影響で残念ながら再び凍結させられ、使えなくなりました。 その後も東海アマは「amaちゃんだ」以外に「 tokaiama」などのアカウントを作っていますが、こちらも多くの方が通報したために凍結しています。 現在東海アマが持っているアカウントで機能しているのが凍結が解除された「amaちゃんだ」ぐらいです。 気になる方はTwitterで検索していただいた出てきますので、ご覧いただけたらと思います。

次の

【地震予知ミシェル】2020は震度8の南海トラフ発生で東京オリンピックが中止?

地震 予知 twitter

関連する記事• 2020. 01 新型コロナウイルスのパンデミックを予言していたとして話題のシルビア・ブラウン。 彼女が書いた「End of […][…]• 2020. 2020. 2020. 2020. 14 2010年に突如として現れた「未来人2062年」という人物をご存じでしょうか? 2062年の未来からやって […][…]• 2020. 2020. 21 2020年2月7日(金)に深海魚のリュウグウノツカイが海岸に打ち上げられました。 兵庫県豊岡市竹野町で発見 […][…]• 2020. 2020. 23 大地震の前兆として取り上げられることもある「トカラの法則」というのをご存じでしょうか? 鹿児島県の南に位置 […][…]• 2020. 2020. 14 ブルガリアの予言者「ババ・ヴァンガ」の的中率は、なんと80パーセントと言われています。 「アメリカ同時多発 […][…]• 2020. 2020. 地震情報 […][…]• 2020. 2020. 21 地震が起きる前触れとして、イルカやクジラが海岸に打ち上げられているシーンが度々見られますよね。 2011年 […][…].

次の