ゴリランダー vmax。 【ジムバトル優勝デッキ】ゴリランダーVMAX/ゴリランダーデッキレシピ 【ポケカ】

ゴリランダーVMAX+ゴリランダー デッキ

ゴリランダー vmax

+:《ゴリランダー》のURが出たw -:元々環境に多い炎タイプに《マルヤクデVMAX》が追加されたことで さらに逆風。 《ウィークガードエネルギー》はもはや必須枠 グソクムシャデッキ 今回追加されるデッキタイプ。 一見、破格の性能に見えますがダメージが相手の場を参照してしまうため環境トップ入りは厳しいと思います。 炎タイプ リザードンVMAXデッキ 特に爆炎ウォーカー発売ではデッキの内容は変わらないと思わます。 《ヒート炎エネルギー》が追加されたので採用検討したいところですが特殊エネルギー枠は《トリプル加速エネルギー》を採用したいため、《基本炎エネルギー》を削る必要が発生しますがここを削るとデッキの安定性が欠けるためおすすめできません。 エースバーンVMAXデッキ 《ヒート炎エネルギー》で《エースバーンVMAX》の「カウンター」が強化されます。 レシラム・リザードンGXデッキ 《ヒート炎エネルギー》をつけることで「げきりん」の火力アップが見込まめます。 たねポケモンのためデッキ圧迫しないところも使用者がくなくなってる中、未だに性能はトップクラスと考えます。 マルヤクデVMAXデッキ 自己バフ(エネルギー加速)があり、序盤から終盤まで攻撃できる性能かつ、場に長くいればいるほど火力上昇も 見込めるため《ヒート炎エネルギー》を採用したい有力候補。 採用枚数の配分は、今後、研究する必要ありです。 ー:2進化構成のためグッズロックされると《ふしぎなあめ》を 使用できないためかなりきついです。 特に爆炎ウォーカーでの動きは少ないと思います。 個人的にフェアリータイプの廃止は悲しいですね。 好きなポケモンからポケカはじめるタイプで結構、フェアリー人気なイメージでしたので新規ユーザ取込にも一役買ってくれてたと思ってます。 その他 Lo系.

次の

ゴリランダーVMAX+ゴリランダー デッキ

ゴリランダー vmax

+:《ゴリランダー》のURが出たw -:元々環境に多い炎タイプに《マルヤクデVMAX》が追加されたことで さらに逆風。 《ウィークガードエネルギー》はもはや必須枠 グソクムシャデッキ 今回追加されるデッキタイプ。 一見、破格の性能に見えますがダメージが相手の場を参照してしまうため環境トップ入りは厳しいと思います。 炎タイプ リザードンVMAXデッキ 特に爆炎ウォーカー発売ではデッキの内容は変わらないと思わます。 《ヒート炎エネルギー》が追加されたので採用検討したいところですが特殊エネルギー枠は《トリプル加速エネルギー》を採用したいため、《基本炎エネルギー》を削る必要が発生しますがここを削るとデッキの安定性が欠けるためおすすめできません。 エースバーンVMAXデッキ 《ヒート炎エネルギー》で《エースバーンVMAX》の「カウンター」が強化されます。 レシラム・リザードンGXデッキ 《ヒート炎エネルギー》をつけることで「げきりん」の火力アップが見込まめます。 たねポケモンのためデッキ圧迫しないところも使用者がくなくなってる中、未だに性能はトップクラスと考えます。 マルヤクデVMAXデッキ 自己バフ(エネルギー加速)があり、序盤から終盤まで攻撃できる性能かつ、場に長くいればいるほど火力上昇も 見込めるため《ヒート炎エネルギー》を採用したい有力候補。 採用枚数の配分は、今後、研究する必要ありです。 ー:2進化構成のためグッズロックされると《ふしぎなあめ》を 使用できないためかなりきついです。 特に爆炎ウォーカーでの動きは少ないと思います。 個人的にフェアリータイプの廃止は悲しいですね。 好きなポケモンからポケカはじめるタイプで結構、フェアリー人気なイメージでしたので新規ユーザ取込にも一役買ってくれてたと思ってます。 その他 Lo系.

次の

【ジムバトル優勝デッキ】ゴリランダーVMAX/ゴリランダーデッキレシピ 【ポケカ】

ゴリランダー vmax

5倍になる。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 また、威力が150になる。 通常のダイマックス技よりも威力が1. 3倍に高くなり、また相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の