とあるif リセマラ データ連携。 ゴエクロのリセマラ方法とリセマラできない原因、データ引き継ぎと連携のやり方も

凍京NECROもDMM連携してPC版でもやれるようにしとくと便利

とあるif リセマラ データ連携

とあるIFのリセマラをおすすめする理由 星3のバトルキャラが出ない!出なさすぎる。 アシストキャラの方がガチャで排出される比率が高いので、星3のバトルキャラが引けないときはホント引けないです。 もちろん運というか、引き次第なのはわかっていますが、既にプレイしている人でもリセマラしておけば良かったと思う人もいるはずです。 今からとあるIFこと「とある魔術の禁書目録 幻想収束」をプレイするのなら多少はリセマラしてから始めましょう。 ということで記事を書きました。 リセマラする前にゴールを決める まずはゴールを決めます。 仮に自分なら最低でも星3バトルキャラは2人欲しいです。 この2人は誰でも良いわけではなく、御坂美琴や一方通行など一部のバトルキャラになります。 もちろん好きなキャラが出れば良い人もいるでしょうが、それにプラスしてバトルキャラの獲得も目指しましょう。 リセマラのやり方 基本的に 10連ガチャを3回が最速リセマラになります。 操作説明の途中にチュートリアルガチャ(3人分)を引けますが、これは同じキャラしか出ません。 スタートダッシュログインボーナス 3,000ゲコ太石 事前登録20万達成記念 3,000ゲコ太石 アニメ放送記念 300ゲコ太石 100万ダウンロード記念 500ゲコ太石 スタートダッシュミッション 100ゲコ太石 スタートダッシュミッション 300ゲコ太石 合計7,200ゲコ太石で10連ガチャが2回引けます。 ここまで進めるのに 8分30秒前後は掛かります。 希望のキャラが1人なら出るまでこれを繰り返します。 問題は自分みたいに2人以上を希望している場合です。 すでに何度かリセマラに挑戦しましたが、超厳しさを感じます。 そのため、ある程度は妥協せざるを得ないです。 希望のキャラが1人出たのなら4回目のガチャへ• 星3バトルキャラ1人以下ならやり直し• 星3バトルキャラ1人と使える星3アシストキャラなら4回目のガチャへ• 星3バトルキャラ2人以上なら4回目のガチャへ こんな感じにボーダーラインを決めた方が良いでしょう。 自分なら最低でも御坂美琴か一方通行が出るか、他のバトルキャラ2人を合格ラインにして、4回目以降のガチャに賭けます。 レッサーなど使えるアシストを引いているのなら、もうちょっとガチャを引きます。 4回目のガチャは2通り ひとつめは、とあるIFのアカウントを データ連携することです。 すると2,000ゲコ太石が貰えるので、メールアドレスをすぐ用意できるのなら即4回目の10連ガチャが引けます。 もうひとつの方法はメインストーリーの 1-3までクリアすることです。 クリア以外にもすることがあって、• スポット(ショートストーリー)を全て閲覧• Myキャラをもう1人設定(ついでにメインキャラの待ち合わせもしておく)• キャラ別ストーリーを1つ見る• 1-3クリア後にショップで緑の学術書を購入して• バトルとアシストキャラ1人づつ強化する これを済ませば3,155ゲコ太石くらいになるので4回目が引けます。 時間にして ゲームスタートから11分46秒くらいでした。 5回目以降のガチャは苦行 ここから先は時間が掛かるのである程度キャラが揃っていないとマズいです。 できればあと1キャラで希望通りになるくらいにしてほしいです。 麻雀で例えればリーチですね。 では、どこまで進めるべきか?ですが、 スタートダッシュミッションを全てクリアすると星3確定ガチャチケットが1枚貰えます。 これ以降は通常プレイになりますので、ここが最終決断ポイントになります。 データ連携しなかった場合の流れ• 第1章03 4回目のガチャ• 第1章14 5回目のガチャ• 第2章03 6回目のガチャ• 実際にリセマラして出たガチャの結果 参考としてリセマラ3回分の画像を載せておきます。 やり直すか?続けるのか?考えてみてください。 ガチャ8回やってこれです。 超大外れなので、リセマラやり直しですね。 最悪なサンプルとして画像を残しておきました。 こちらはガチャ6回。 御坂美琴が出たものの他のバトルキャラが1人だけ。 ちょっと物足りなさを感じます。 最後の一枚はガチャ7回引いています。 希望のキャラはいないけどバトルキャラが4人なので見栄えは良いですね。 イベントキャラが2人だし。

次の

とある魔術の禁書目録のアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

とあるif リセマラ データ連携

とあるIFのリセマラをおすすめする理由 星3のバトルキャラが出ない!出なさすぎる。 アシストキャラの方がガチャで排出される比率が高いので、星3のバトルキャラが引けないときはホント引けないです。 もちろん運というか、引き次第なのはわかっていますが、既にプレイしている人でもリセマラしておけば良かったと思う人もいるはずです。 今からとあるIFこと「とある魔術の禁書目録 幻想収束」をプレイするのなら多少はリセマラしてから始めましょう。 ということで記事を書きました。 リセマラする前にゴールを決める まずはゴールを決めます。 仮に自分なら最低でも星3バトルキャラは2人欲しいです。 この2人は誰でも良いわけではなく、御坂美琴や一方通行など一部のバトルキャラになります。 もちろん好きなキャラが出れば良い人もいるでしょうが、それにプラスしてバトルキャラの獲得も目指しましょう。 リセマラのやり方 基本的に 10連ガチャを3回が最速リセマラになります。 操作説明の途中にチュートリアルガチャ(3人分)を引けますが、これは同じキャラしか出ません。 スタートダッシュログインボーナス 3,000ゲコ太石 事前登録20万達成記念 3,000ゲコ太石 アニメ放送記念 300ゲコ太石 100万ダウンロード記念 500ゲコ太石 スタートダッシュミッション 100ゲコ太石 スタートダッシュミッション 300ゲコ太石 合計7,200ゲコ太石で10連ガチャが2回引けます。 ここまで進めるのに 8分30秒前後は掛かります。 希望のキャラが1人なら出るまでこれを繰り返します。 問題は自分みたいに2人以上を希望している場合です。 すでに何度かリセマラに挑戦しましたが、超厳しさを感じます。 そのため、ある程度は妥協せざるを得ないです。 希望のキャラが1人出たのなら4回目のガチャへ• 星3バトルキャラ1人以下ならやり直し• 星3バトルキャラ1人と使える星3アシストキャラなら4回目のガチャへ• 星3バトルキャラ2人以上なら4回目のガチャへ こんな感じにボーダーラインを決めた方が良いでしょう。 自分なら最低でも御坂美琴か一方通行が出るか、他のバトルキャラ2人を合格ラインにして、4回目以降のガチャに賭けます。 レッサーなど使えるアシストを引いているのなら、もうちょっとガチャを引きます。 4回目のガチャは2通り ひとつめは、とあるIFのアカウントを データ連携することです。 すると2,000ゲコ太石が貰えるので、メールアドレスをすぐ用意できるのなら即4回目の10連ガチャが引けます。 もうひとつの方法はメインストーリーの 1-3までクリアすることです。 クリア以外にもすることがあって、• スポット(ショートストーリー)を全て閲覧• Myキャラをもう1人設定(ついでにメインキャラの待ち合わせもしておく)• キャラ別ストーリーを1つ見る• 1-3クリア後にショップで緑の学術書を購入して• バトルとアシストキャラ1人づつ強化する これを済ませば3,155ゲコ太石くらいになるので4回目が引けます。 時間にして ゲームスタートから11分46秒くらいでした。 5回目以降のガチャは苦行 ここから先は時間が掛かるのである程度キャラが揃っていないとマズいです。 できればあと1キャラで希望通りになるくらいにしてほしいです。 麻雀で例えればリーチですね。 では、どこまで進めるべきか?ですが、 スタートダッシュミッションを全てクリアすると星3確定ガチャチケットが1枚貰えます。 これ以降は通常プレイになりますので、ここが最終決断ポイントになります。 データ連携しなかった場合の流れ• 第1章03 4回目のガチャ• 第1章14 5回目のガチャ• 第2章03 6回目のガチャ• 実際にリセマラして出たガチャの結果 参考としてリセマラ3回分の画像を載せておきます。 やり直すか?続けるのか?考えてみてください。 ガチャ8回やってこれです。 超大外れなので、リセマラやり直しですね。 最悪なサンプルとして画像を残しておきました。 こちらはガチャ6回。 御坂美琴が出たものの他のバトルキャラが1人だけ。 ちょっと物足りなさを感じます。 最後の一枚はガチャ7回引いています。 希望のキャラはいないけどバトルキャラが4人なので見栄えは良いですね。 イベントキャラが2人だし。

次の

【とあるIF】リセマラ当たりキャラランキング(最新版)

とあるif リセマラ データ連携

はシリーズ累計3000万部を突破する「とあるシリーズ」の向けバトル。 でもとして配信されていた。 では劇場版、アニメ、スピンオフ作品等に登場した歴代の「とあるシリーズ」に登場したキャラクター達を集め自分だけのオリジナルチームを作りターン制のコマンド学園異能バトルを戦い抜いていく。 どのキャラも最高レアまで育成可能で、バトルキャラとアシストキャラの2種類にわかれている。 5マス別れたフィールドを移動させ、攻撃方向の決まっているキャラクターを上手くつかい、キャラクター同士の連携攻撃、スキル、必殺技などを駆使して戦略性の高い異能バトルを楽しむことができる。 ストーリーは原作を1から追体験できるメインストーリー、アプリオリジナルの外伝ストーリー、キャラ個別、キャラクターが所属する組織のストーリーと幅広いストーリーを読むこともでき、各キャラクターたちとのふれあい機能でLive2Dによる様々なリアクションでコミュニケーションをとれる、「とあるシリーズ」を知っている人も、知らない人も楽しむことができるとなっているぞ。 とある魔術の禁書目録幻想収束(とあるIF)について とある魔術の禁書目録幻想収束(とあるIF)のおすすめポイント のおすすめポイントはフルボイスで楽しむことができるメイン、サブストーリーと戦略性とお気に入りのキャラクターが3Dモデルとして原作の技を繰り出して戦うターン制のだ。 「とあるシリーズ」がわからない人でもメインストーリーは原作をフルボイスで楽しめ、昔からのファンであれば懐かしむ事ができる。 更にはアプリオリジナルストーリー、陣営ごとにも物語が用意されているので、そちらもじっくり楽しむことができるようになっているぞ。 バトルはのようなシステムになっており、攻撃時には「とあるシリーズ」のキャラクターたちが3Dモデルとして、原作にそったカッコいいスキル、必殺技を繰り広げるので必見。 またカードを重ねる連携ではベースとなるカードの属性に攻撃属性が統一されるなど、敵の弱点を上手くつきながら配置を組み立てていく事ができ、簡単操作ながら非常に奥深い戦術を楽しむことができるとなっているぞ。 このゲームが気になった人はなどもおすすめのゲームとなっているぞ。

次の