ホロライブ 年表。 13人の神絵師による、成功する自己プロデュース法のすべてが詰まった本「明日から絵描きで生きたい僕が身につけるべきは画力だけでなく××力だった」5月25日発売!|株式会社玄光社のプレスリリース

【新商品】Y

ホロライブ 年表

カバー株式会社は、キャラクターに会えるライブ視聴アプリ「hololive」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。 [画像: ] カバー株式会社は、キャラクターの3D映像を現実空間にAR投影してライブを視聴したり、写真や動画を撮影できるスマートフォン向けアプリ「hololive」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。 ・背景 アニメ産業の市場規模は2016年に2兆円を超え、海外市場は7,676億円、ライブエンタテインメント市場が615億円にまで成長しています。 これに伴い、世界中のアニメファンの中で、キャラクターの動画やライブ配信へのニーズが高まってきています。 そこで、スマートフォンでどこでもキャラクターのライブを楽しめるサービスを、最新のVRやARの技術を活用することで実現しました。 ・サービス概要 hololiveは、キャラクターの3D映像を現実空間にAR投影してまるでそこにキャラクターがいるかの様な体験ができるサービスです(非ARでの表示も可能です)。 キャラクターのライブを視聴してコール&レスポンスを楽しんだり、AR投影したキャラクターの写真や動画を撮影して楽しむことができます。 ・特徴 1.ライブ視聴 VRデバイスでキャラクターの3DCGを操作して放送することでキャラクターのライブ配信を実現、イベント会場などに足を運ばなくても、自宅にいながらキャラクターのライブを視聴してコール&レスポンスを楽しむことができます。 AR対応機種では、キャラクターをAR投影してライブ視聴を楽しむことができます。 [動画: ] 2.ARカメラ 現実空間にキャラクターをAR投影して、写真や動画を撮影することができます。 iOS11から採用されたARKitに対応することでキャラクターを自動的に実寸で表示し、近づいたり360度方向から回り込むことができます。 ・ダウンロードURL ・対象機種 ARKit対応iPhone(iPhone6s以降のiOS11のiPhone) ARKit非対応のiPhone、Androidで非ARモードでライブ配信を視聴できるように対応していく予定です。 ・今後の予定 ゲームやアニメのキャラクター、バーチャルアイドルによるライブ配信を随時追加していきます。 ・配信者募集 バーチャルアイドルとしてライブ配信してみたい方を募集しています。 自分の声でのライブ配信や投稿活動の実績がある方で、都内近郊に在住で茅場町オフィスへ通える方かiPhone Xをお持ちの方が条件です。 下記フォームよりご応募ください。

次の

ホロライブ/辞典

ホロライブ 年表

時代はバンドブーム! 小学生女子に大人気だったBAKU 1991年と言えば、バンドブーム真っ最中の時期であり、X-JAPAN(当時はX)や、LINDBERG、JUN SKY WALKER(S)、UNICORN といったバンドが次々とヒットを飛ばしていた。 また、滅多にTVに出ないソロアーティストたちも大人気で、なかでも ZARD のデビューはこの1991年だ。 そして、アイドルシーンでは、観月ありさや SMAP が歌手デビューする中で、光GENJI や森高千里、工藤静香、中山美穂、小泉今日子らが奮闘。 テレビ番組では、『ダウンタウンのごっつええ感じ』が12月にレギュラー番組としてスタートするなど、多岐にわたって多様なコンテンツが揃っていた。 そんな1991年という年の2月、BAKU のシングル「ぞうきん」が発売された。 皆さんは覚えているだろうか? BAKU というバンドを。 そう、とにかく小中学生の女子に人気があったバンドだ。 それは私も間近で見ている。 その光景は忘れたくても忘れられない。 そして、シングル「ぞうきん」でヒットを飛ばし一躍人気バンドに躍り出るのだ。 この曲は、いわゆる擬人化ソングで、雑巾の気持ちを歌詞に込めたわけだ。 確かに当時の雑巾は牛乳くさかったし、なかには縫い針が雑巾に刺さったままで、指に刺して泣いた友達もいた…。 たかが雑巾。 だけど、雑巾にだってドラマがあるのだ。 だから、笑ってはいけないのだ。 ほんとに。 そういえば、当時の小中学校って、「お母さんに雑巾を作ってもらって1人3枚持ってきてください」みたいな指示が学校からあったような覚えがある。 これ、今にして思い返すとシングルマザーのことを考えていたのかなと、気になっちゃいますね。 いやまてよ、雑巾は近所のスーパーとか文房具屋で売っていたな。 …って、いかんいかん、脱線したか。 さて、BAKU はこの「ぞうきん」でインディーズ時代以上の売れっ子になった。 そして、この曲が収録されたアルバム『聞こえる ~Power of Dreams~』のツアーは田舎のライブハウスでも超満員だった。 が、そこには、今思い返しても信じられない光景が! それが、小学生が7割、中学生1割、その親が付き添いで2割… みたいな状態だったのだ!! 私はこの時期の彼らのライブを田舎で観ているのだから間違いない! 北陸の田舎のライブハウスなのに、満員だが後ろには母親ばかり。 その光景を想像してほしい。 親に見守られるロックって…。 いやいや、ディスってるわけではないんです。 むしろその逆。 今聴くとホロ苦い牛乳の味? BAKU の青春ソング「ぞうきん」 当時私は思春期真っ只中で、パンクやメタルやノイズばかり聴いてた。 だから逆にかなりの衝撃を受けたわけで。 だからこそ、BAKU は凄いバンドだったのではないか? とも思うんです。 だって、曲は良いし、歌詞も面白い。 これなら親子で一緒に存分に楽しめる。 目の前の光景を見れば、それは十分に理解できた。 大人にバカにされたくないから大人向けバンドになろうとして事務所やレコード会社と衝突することに…。 彼らのその気持ち、よくわかります。 バンドも聴き手も皆大人になっていく。 大人を斜に見てたのに、その自分が大人になっていく。 そんな葛藤を抱えながら…。 BAKU もそんな哀しいバンドのひとつで、1992年に解散することになる。 当時少年少女だった今の大人達も、今「ぞうきん」を聴けばホロ苦い牛乳の味を思い出すかと。 2020.

次の

ホロライブ 最近のライブ配信におけるチャット新規参加者の内訳|VNUMA|note

ホロライブ 年表

Wargaming. netは本日(2020年6月11日),サービス中のオンライン海戦アクションのコラボ艦長として,バーチャルYouTuberの 「白上フブキ」と 「宝鐘マリン」が登場すると発表した。 「白上フブキ」と「宝鐘マリン」は人気バーチャルYouTuberグループ 「ホロライブ」のメンバーで,このコラボレーションのために収録された専用ボイスも用意される。 コラボ艦長はWargamingのプレミアムショップで7月1日〜7月17日の期間に販売される予定だ。 価格など,詳細については後日告知されるとのこと。 また,今回のコラボを記念して,DMM GAMESで新規ユーザー登録をした人全員に,「白上フブキ」と「宝鐘マリン」がプレゼントされるキャンペーンが6月11日から6月30日まで実施されている。 詳しくは,以下のリリース文を参照してほしい。 PC向け『World of Warships』に 人気バーチャルYouTuberグループ『ホロライブ』より 「白上フブキ」と「宝鐘マリン」がコラボ艦長として登場! Wargamingはこの度PC向け『World of Warships』において、人気バーチャルYouTuberグループ『ホロライブ』よりコラボ艦長が登場することをお知らせいたします。 『ホロライブ』のコラボ艦長を入手すると、今回のコラボレーションの為に録り下ろした特別な専用ボイスを聞きながら、海戦を楽しむことができる。 これらのホロライブコラボ艦長は、Wargamingのプレミアムショップより、2020年7月1日(水)から7月17日(金)まで期間限定で販売を開始する。 詳しい販売方法は後日ポータルサイトにて告知予定。 恥ずかしがり屋であり、おとなしめな性格だけれど、実は人と話すのが好きで、構ってもらえると喜ぶ。 ・YouTube登録数:約58. 5万人(5月22日現在) ・Twitterフォロワー:約39. 海賊船を買うのが目標で今は陸でVTuberをしている(ようするに今はただの海賊コスプレ女)。 お姉さん風にふるまい、小悪魔的に誘惑したりからかったりしてくる。 ・YouTube登録数:約34. 7万人(5月22日現在) ・Twitterフォロワー:約23. 3万人(5月22日現在) ・イラストレーター:あかさあい( AkasaAi) ・Marine Ch. ホロライブプロダクションには、日本と海外含めて約50名のVTuberが所属しており、YouTubeと中国の動画配信サービス「Bilibili」の累計チャンネル登録数は1,500万人を超え、日本だけでなくアジア圏を中心に海外でも人気のVTuber事務所となっています。 同社は、VR・ARのテクノロジーを活用して、キャラクターによるライブエンターテインメントを実現し、「日本発のVTuber文化で世界中のファンを熱狂させる」ことを目指しています。 ・ホロライブプロダクション:.

次の