マルサン 味噌 回収。 「純正こうじみそ750g」自主回収のお知らせ及び損益に与える影響について 投稿日時: 2019/12/18 16:00[適時開示]

マルサン麦芽豆乳(1000ml)が店頭にない?品薄の理由を調べてみたら・・・

マルサン 味噌 回収

本社所在地 〒444-2193 字荒下1番地 設立 事業内容 大豆を主原料とする「」、「」、無菌充填技術を活かした「」、その他食品の製造販売。 代表者 取締役社長 渡辺邦康 資本金 8億6,544万円 発行済株式総数 2,296,176株(2017年9月20日現在) 売上高 連結 253億45百万円 (2017年9月期) 営業利益 連結 7億10百万円 (2017年9月期) 経常利益 連結 2億67百万円 (2017年9月期) 純利益 連結 4億13百万円 (2017年9月期) 純資産 連結 42億03百万円 (2017年9月20日) 総資産 連結 239億44百万円 (2017年9月20日) 従業員数 連結 381名 (2017年9月20日) 決算期 9月20日 主要子会社 株式会社匠美 株式会社玉井味噌 丸三愛食品商貿 上海 有限公司 マルサンアイ鳥取株式会社 マルサンアイ タイランド 株式会社 外部リンク マルサンアイ株式会社は、字荒下1番地に本社を置くとを製造販売する食品メーカー。 元々は味噌メーカーだったが、1980年代には豆乳飲料を発売して落語家・をCMに起用し、「お豆のお乳(ちち) からだにえ〜よ〜」というフレーズとともに会社の知名度を全国に広げた。 現在でも豆乳飲料では大手にして第二部単独銘柄である。 経営理念は「健康で明るい生活へのお手伝い」。 沿革 [ ]• - 愛知県岡崎市にて岡崎醸造株式会社を設立。 - 愛知県岡崎市柱町にてマルサン商事株式会社を設立。 - 岡崎醸造株式会社を岡崎マルサン株式会社に商号変更。 - 愛知県岡崎市に本社工場及びマルサン商事株式会社を移転。 - 愛知県岡崎市柱町に株式会社サン健康食品研究所を設立。 - 株式会社サン健康食品研究所をマルサン健康食品株式会社に商号変更。 - マルサン健康食品株式会社をマルサン食品株式会社に商号変更。 - マルサン食品株式会社豆乳飲料工場設置、製造開始。 - 岡崎マルサン株式会社をマルサンアイ株式会社に商号変更。 - アメリカミシガン州に合弁会社アメリカン・ソイ・プロダクツINC. を設立。 - 愛知県三蔵子町にマルサンフーヅ株式会社を設立。 - 中新川郡立山町の株式会社匠美(現:連結子会社)に資本参加。 1992年 - 愛知県岡崎市仁木町にマルサンサービス株式会社を設立。 - 富山県中新川郡立山町東大森に株式会社匠美(現:連結子会社)本社工場を建設移転。 1993年 - 愛知県岡崎市に大門工場を開設。 1993年 - 株式会社匠美(現:連結子会社)を100%子会社化。 - マルサンアイ株式会社とマルサン食品株式会社が合併。 - マルサン商事株式会社とマルサンサービス株式会社が合併。 - 富山県中新川郡立山町坂井沢に株式会社匠美(現:連結子会社)坂井沢工場を設置。 1997年 - マルサンアイ株式会社がマルサンフーヅ株式会社を吸収合併。 - 市場第二部に上場。 2001年 - 本社飲料工場及び関連部門にてISO9001の認証取得を受ける。 - 本社飲料工場が有機農産物加工食品製造業者の認定を受ける。 2002年 - マルサンアイ株式会社がマルサン商事株式会社を吸収合併。 - 長野県東筑摩郡筑北村の株式会社玉井味噌(現:連結子会社)の株式を取得し資本参加。 - 群馬県利根郡みなかみ町に関東工場(豆乳の製造)を開設。 2004年 - 本社みそ工場にてISO9001の認証取得を受ける。 - 愛知県岡崎市仁木町に物流センター開設。 - アメリカのブルーダイヤモンド グロワーズ社との間でアーモンド飲料()の製造と販売に関するライセンス契約が締結され、「アーモンド・ブリーズ」シリーズの販売を開始。 - マルサンアイ鳥取株式会社を設立。 - 「アーモンド・ブリーズ」シリーズの当社での販売を終了。 3月より株式会社での販売に移行された。 社名の由来 [ ] 創業時の岡崎醸造株式会社から、商品ブランド名である「マルサン」を社名に入れ、「岡崎マルサン株式会社」として再スタートしたのが1964年のこと。 当時、中部地方で赤みそと白みそを合わせた「ミックスみそ」がヒット商品となったことが、商品ブランドと社名を一致させる良いきっかけとなった。 その後、事業の全国展開が第一次豆乳ブーム(1983年)により実現し、社内募集で土地名の岡崎を取り「マルサンアイ株式会社」とした。 また、「マルサンアイ株式会社」の「アイ」には、愛知県の愛、お客様と商品を愛する愛、インターナショナルのI(アイ)と、岡崎の名は無くなったものの、地元に込める想い、国内外での事業展開などの意味を込めている。 事業所 [ ] 本社及び本社工場、物流センター、関東工場、北海道営業所、東北支店、北関東支店、東京支店、北陸営業所、静岡支店、 名古屋支店、大阪支店、広島支店、岡山支店、九州支店 子会社・関連会社 [ ]• 子会社• 株式会社匠美• 株式会社玉井味噌• 丸三愛食品商貿 上海 有限公司• マルサンアイ鳥取株式会社• マルサンアイ タイランド 株式会社• 関連会社• 海寧市裕豊醸造有限公司 主な商品 [ ]• 生みそ• カップシリーズ• ボトルシリーズ• ガセット・ピローシリーズ• ダンボールシリーズ• 業務用シリーズ• 調理みそ• カンタンお料理みそ• スパウト調理みそ• 炒めソース• 即席みそ• 生みそタイプ• フリーズドライタイプ• 無調整豆乳• 調製豆乳• 豆乳飲料• ひとつ上の豆乳シリーズ• 清涼飲料水• ミネラルウォーター• その他 など スポンサー番組 [ ]• (、ちなみに1980年代は後半全国スポンサーについていた。 (系列)• () 脚注 [ ].

次の

「純正こうじみそ750g」自主回収のお知らせ及び損益に与える影響について 投稿日時: 2019/12/18 16:00[適時開示]

マルサン 味噌 回収

【生活の疑問調べてみた】 2017. 01 2017. 26 にゃんこ マルサン麦芽豆乳(1000ml)が店頭にない?品薄の理由を調べてみたら・・・ 最近店頭にマルサンの麦芽豆乳が置いてなくて困っていませんか? 他のメーカーの麦芽豆乳は置いてあるのにマルサンの麦芽豆乳を置いてあるお店がなくなっていますよね? マルサンの麦芽豆乳は、他メーカーの麦芽豆乳はコーヒーの味が濃すぎたり薄すぎたりしたり、風味が違ったりして好みに合わないんですが、このマルサンの麦芽豆乳は丁度よいコーヒーの風味とまろやかさで、とてもお気に入りでした。 そんなマルサン麦芽豆乳が店頭で買えないのは、とても困りますよね。 そして、いつからマルサン麦芽豆乳が購入できる様になるのか? その考察も書いています。 マルサンの麦芽豆乳が店頭にない理由とは? マルサン麦芽豆乳の、製造元の正式名称は、「マルサンアイ株式会社」という会社です。 公式ホームページを確認して見ると、麦芽豆乳1000mlが緊急休売商品として掲載されていました。 その他にも下記のような商品が販売を休止する商品として掲載されていました。 豆乳飲料麦芽カロリー50%オフ 1000ml• 豆乳飲料バナナカロリー50%オフ 1000ml• 豆乳飲料紅茶カロリー50%オフ 1000ml• 豆乳飲料ベリーミックス 200ml• 豆乳飲料オレンジカロリー50%オフ 200ml それでは、なぜこれらの商品は販売休止になったのでしょか? これらの商品の販売を休止する理由として、世間の健康志向が高まったことで豆乳の需要が急激に高まり商品の安定需要ができなくなったために一時休止することになったそうです。 以前、2016年4月の熊本地震の影響で豆乳商品の製造委託をしている工場が被災し、そのときも販売を休止したこともがあったようです。 いつから販売開始されるの? それでは、いつから販売が再販売が開始されるのでしょうか? 調べてみると、日経新聞にこんな記事が載っていました。 77億円投資して豆乳の鳥取県に鳥取県に新工場が建設し2016年6月に完成し、同年9月には新工場がフル稼働で生産出来るようになるようです。 9月にフル生産が可能になっているのであれば、もうすぐ販売が再開される可能性がありますよね。 マルサン鳥取工場(マルサン鳥取工場公式サイトより引用) マルサン鳥取工場正門 そうなれば、店頭にもマルサン麦芽豆乳が並ぶ日が来ると思います。 日本経済新聞記事より引用 引用記事1 【豆乳需要が拡大】 17年9月期は健康志向の高まりに合わせて豆乳需要が拡大。 無調整豆乳などが伸びる。 味噌は市場の縮小が続いているが、豆乳の伸びで補う。 最終増益。 18年9月期は鳥取県の豆乳新工場がフルで稼働。 生産能力が1. 25倍となり、全体で増収。 売り上げ増で純利益も増加の公算。 引用記事2 【マルサンアイ、鳥取に豆乳の新工場、77億円投資】 マルサンアイは6月15日、鳥取市で豆乳を製造する新工場が完成したと発表した。 健康志向の高まりによる豆乳需要の増加に対応するほか、生産拠点を分散することで災害に強い事業体制を構築する狙いがある。 今後も同工場で製造ラインを増やし、生産能力を倍増させる方針。 合計の投資額は77億円となる見通しだ。 新工場は鳥取市内の工業団地内にあり、敷地面積は約2万7000平方メートル。 建物は鉄骨2階建てで延べ床面積は約9200平方メートル。 1リットルパックの豆乳を生産し、1時間あたりの製造能力は8000パックとなる。 年間では2万5000キロリットルを生産する計画だ。 6月下旬に稼働を始める。 新工場内にもう1ラインを増設する方向で検討しており、その工事には2018年後半に着手する計画。 20年夏までに稼働を始める方針で、それが実現すると同工場での年間製造能力は5万キロリットルと2倍となる。 地理的に近い関西市場への供給を予定しているという。 同社の自社工場は愛知県と群馬県に続き3カ所目。 九州にも生産を委託している工場があり、これらを合わせた既存の生産能力は年間10万キロリットルのため、新工場に2ラインが完成すれば全体の製造能力は1. 5倍となる計算だ。 既存工場の生産能力に余裕がなくなっていたため、新工場を建設したという。 マルサン麦芽豆乳に変わるおいしい豆乳商品はないの? マルサンの他にキッコーマン(紀文)の麦芽豆乳がありますが、マルサンの麦芽豆乳とは全く味が違いますよね。 残念ながら、マルサンの麦芽豆乳に匹敵する味の麦芽豆乳飲料はありませんでした。 しかし、無いなら作ってしまおうと言うことで 幸いに、マルサン麦芽豆乳の200mlタイプは生産を続けているということなので、当分は割高でも200mlタイプのモノを購入するしかありませんね。 マルサンの麦芽豆乳1000mlは、店頭にはありません が、ネットでは在庫分でしょうか販売されています。 この商品も、販売が再開されるまでに、どれ位かかるかわかりませんが、なくなってしまう可能性は高いと思われます。 どうしても1000mlタイプがほしい方は早めに購入しておく必要がありますね。 かなり、割高ですが・・・ 麦芽豆乳200mlタイプ マルサンアイに再販時期を問い合わせた結果は? P. S マルサンアイに販売再開の予定を問い合わせ中です。 S 10月10日に、マルサンアイからの回答がありました。 残念ながら、商品の安定供給できる体制が整い次第再販するという回答しか得られませんでした。 しかし、販売を中止するわけではないのでもう少しの間待つしかなさそうですね。 再販についてはホームに掲載するといつさあ事なので、下記のリンクを定期的に確認するしかないですね。 下記は回答メール本文からの抜粋です。 販売再開につきましては、商品安定供給がはかれる増産体制の確立ができ次第、 順次と考えております。 なお、販売再開の際には、弊社ホームページに掲載予定でございます。 引き続き、商品の安定供給に取り組んで参りますので何卒ご理解賜りますよう お願い申し上げます。 10月23日から麦芽豆乳1000mlを再販開始! ついに麦芽豆乳1000mlが再販されることになりました。 私の周りのスーパーにはまだ商品が並んでいませんが、すぐに店頭に並ぶと思われます。 もしかしたら、販売店の店員さんが麦芽豆乳1000mlが再販されたことを知らなければ店頭に置くために商品の発注をしていない可能性があるので、販売店(スーパーやドラッグストア)の店員さんに聞いてみてくださいね。 最後まで、お読み頂き、ありがとうごさいます。

次の

マルサン麦芽豆乳(1000ml)が店頭にない?品薄の理由を調べてみたら・・・

マルサン 味噌 回収

【生活の疑問調べてみた】 2017. 01 2017. 26 にゃんこ マルサン麦芽豆乳(1000ml)が店頭にない?品薄の理由を調べてみたら・・・ 最近店頭にマルサンの麦芽豆乳が置いてなくて困っていませんか? 他のメーカーの麦芽豆乳は置いてあるのにマルサンの麦芽豆乳を置いてあるお店がなくなっていますよね? マルサンの麦芽豆乳は、他メーカーの麦芽豆乳はコーヒーの味が濃すぎたり薄すぎたりしたり、風味が違ったりして好みに合わないんですが、このマルサンの麦芽豆乳は丁度よいコーヒーの風味とまろやかさで、とてもお気に入りでした。 そんなマルサン麦芽豆乳が店頭で買えないのは、とても困りますよね。 そして、いつからマルサン麦芽豆乳が購入できる様になるのか? その考察も書いています。 マルサンの麦芽豆乳が店頭にない理由とは? マルサン麦芽豆乳の、製造元の正式名称は、「マルサンアイ株式会社」という会社です。 公式ホームページを確認して見ると、麦芽豆乳1000mlが緊急休売商品として掲載されていました。 その他にも下記のような商品が販売を休止する商品として掲載されていました。 豆乳飲料麦芽カロリー50%オフ 1000ml• 豆乳飲料バナナカロリー50%オフ 1000ml• 豆乳飲料紅茶カロリー50%オフ 1000ml• 豆乳飲料ベリーミックス 200ml• 豆乳飲料オレンジカロリー50%オフ 200ml それでは、なぜこれらの商品は販売休止になったのでしょか? これらの商品の販売を休止する理由として、世間の健康志向が高まったことで豆乳の需要が急激に高まり商品の安定需要ができなくなったために一時休止することになったそうです。 以前、2016年4月の熊本地震の影響で豆乳商品の製造委託をしている工場が被災し、そのときも販売を休止したこともがあったようです。 いつから販売開始されるの? それでは、いつから販売が再販売が開始されるのでしょうか? 調べてみると、日経新聞にこんな記事が載っていました。 77億円投資して豆乳の鳥取県に鳥取県に新工場が建設し2016年6月に完成し、同年9月には新工場がフル稼働で生産出来るようになるようです。 9月にフル生産が可能になっているのであれば、もうすぐ販売が再開される可能性がありますよね。 マルサン鳥取工場(マルサン鳥取工場公式サイトより引用) マルサン鳥取工場正門 そうなれば、店頭にもマルサン麦芽豆乳が並ぶ日が来ると思います。 日本経済新聞記事より引用 引用記事1 【豆乳需要が拡大】 17年9月期は健康志向の高まりに合わせて豆乳需要が拡大。 無調整豆乳などが伸びる。 味噌は市場の縮小が続いているが、豆乳の伸びで補う。 最終増益。 18年9月期は鳥取県の豆乳新工場がフルで稼働。 生産能力が1. 25倍となり、全体で増収。 売り上げ増で純利益も増加の公算。 引用記事2 【マルサンアイ、鳥取に豆乳の新工場、77億円投資】 マルサンアイは6月15日、鳥取市で豆乳を製造する新工場が完成したと発表した。 健康志向の高まりによる豆乳需要の増加に対応するほか、生産拠点を分散することで災害に強い事業体制を構築する狙いがある。 今後も同工場で製造ラインを増やし、生産能力を倍増させる方針。 合計の投資額は77億円となる見通しだ。 新工場は鳥取市内の工業団地内にあり、敷地面積は約2万7000平方メートル。 建物は鉄骨2階建てで延べ床面積は約9200平方メートル。 1リットルパックの豆乳を生産し、1時間あたりの製造能力は8000パックとなる。 年間では2万5000キロリットルを生産する計画だ。 6月下旬に稼働を始める。 新工場内にもう1ラインを増設する方向で検討しており、その工事には2018年後半に着手する計画。 20年夏までに稼働を始める方針で、それが実現すると同工場での年間製造能力は5万キロリットルと2倍となる。 地理的に近い関西市場への供給を予定しているという。 同社の自社工場は愛知県と群馬県に続き3カ所目。 九州にも生産を委託している工場があり、これらを合わせた既存の生産能力は年間10万キロリットルのため、新工場に2ラインが完成すれば全体の製造能力は1. 5倍となる計算だ。 既存工場の生産能力に余裕がなくなっていたため、新工場を建設したという。 マルサン麦芽豆乳に変わるおいしい豆乳商品はないの? マルサンの他にキッコーマン(紀文)の麦芽豆乳がありますが、マルサンの麦芽豆乳とは全く味が違いますよね。 残念ながら、マルサンの麦芽豆乳に匹敵する味の麦芽豆乳飲料はありませんでした。 しかし、無いなら作ってしまおうと言うことで 幸いに、マルサン麦芽豆乳の200mlタイプは生産を続けているということなので、当分は割高でも200mlタイプのモノを購入するしかありませんね。 マルサンの麦芽豆乳1000mlは、店頭にはありません が、ネットでは在庫分でしょうか販売されています。 この商品も、販売が再開されるまでに、どれ位かかるかわかりませんが、なくなってしまう可能性は高いと思われます。 どうしても1000mlタイプがほしい方は早めに購入しておく必要がありますね。 かなり、割高ですが・・・ 麦芽豆乳200mlタイプ マルサンアイに再販時期を問い合わせた結果は? P. S マルサンアイに販売再開の予定を問い合わせ中です。 S 10月10日に、マルサンアイからの回答がありました。 残念ながら、商品の安定供給できる体制が整い次第再販するという回答しか得られませんでした。 しかし、販売を中止するわけではないのでもう少しの間待つしかなさそうですね。 再販についてはホームに掲載するといつさあ事なので、下記のリンクを定期的に確認するしかないですね。 下記は回答メール本文からの抜粋です。 販売再開につきましては、商品安定供給がはかれる増産体制の確立ができ次第、 順次と考えております。 なお、販売再開の際には、弊社ホームページに掲載予定でございます。 引き続き、商品の安定供給に取り組んで参りますので何卒ご理解賜りますよう お願い申し上げます。 10月23日から麦芽豆乳1000mlを再販開始! ついに麦芽豆乳1000mlが再販されることになりました。 私の周りのスーパーにはまだ商品が並んでいませんが、すぐに店頭に並ぶと思われます。 もしかしたら、販売店の店員さんが麦芽豆乳1000mlが再販されたことを知らなければ店頭に置くために商品の発注をしていない可能性があるので、販売店(スーパーやドラッグストア)の店員さんに聞いてみてくださいね。 最後まで、お読み頂き、ありがとうごさいます。

次の