排卵 検査 薬 安い。 海外の排卵検査薬・妊娠検査薬で通販実績No.1|こうのとり検査薬通販

使うなら日本製?海外製?おすすめの排卵検査薬を徹底比較!

排卵 検査 薬 安い

なぜ、製品によって感度に違いがあるのでしょうか? 感度の違いでLHサージを検出できるタイミングが異なります。 高感度、低感度によって、以下のような違いがあります。 バージョンアップによる改良点 LHサージをより的確に把握する方法があります。 感度の異なる排卵検査薬の使い分けです。 併用には、ワンステップ排卵検査薬クリアとクリアブルーイージーデジタルが最適です。 LHサージ検出までは、ワンステップ排卵検査薬クリアを使用します。 陽性反応を示すようになったら、クリアブルーイージーデジタルに切り替えてLHピークを確認します。 ワンステップ排卵検査薬クリアは、安いので沢山使えます。 価格の高いクリアブルーイージーデジタルは、ここぞという時に使います。 これで、費用が抑えられます。 2種類の排卵検査薬は、正規店でのセット販売もあります。 個別に買うより3,500円以上安く購入できます。 ワンステップ排卵検査薬クリアが適さない人.

次の

国内製と海外製排卵検査薬の違い。おすすめと購入方法

排卵 検査 薬 安い

出典: 排卵検査薬では 女性の尿中に含まれる黄体形成ホルモン(LH)の変化から排卵日を予測します。 尿中のLHの濃度は排卵日直前に急激に高くなることがわかっており、これをLHサージと呼びます。 排卵検査薬はこのLHサージをとらえるため、 LHが一定の濃度以上になると陽性になるようにできているのです。 産み分けでの排卵検査薬の重要性 産み分けでは排卵検査薬が重要な役割を果たします。 なぜなら、性交を行うタイミングによって男の子と女の子の生まれやすさが変わってくるからです。 排卵日当日に性交をすると男の子が生まれやすくなり、排卵日2日前に性交をすると女の子が生まれやすくなります。 そのため、産み分けにおいては排卵日をできるだけ正確に予測することが重要になるのです。 排卵検査薬の使い方 排卵検査薬の使い方は以下の通りです。 次回生理予定日の17日前から検査開始• 検査薬に尿をかけて検査• 毎日決まった時間に検査を行う 次回生理予定日の17日前から検査開始 排卵検査薬での検査は次回生理予定日の17日前から行うとされているものが多いです。 これは 生理の約2週間前に排卵が起きることがわかっており、その数日前から検査を開始してLHサージをとらえるためです。 例えば生理周期が28日の人で、前回の生理が4月1日の人であれば、検査を開始するのは、 4月1日+28日-17日=4月12日となります。 ただし、検査薬によってはこの17日前からというのが若干ことなるものもある可能性があるため、説明書を読むようにしてください。 検査薬に尿をかけて検査 検査自体は検査薬に尿をかけるだけで検査できます。 検査薬といっても商品によって、妊娠検査薬のようなスティック状のものかリトマス試験紙のような細い紙状のものです。 尿をかけるだけなので検査自体は簡単ですが、尿をかける時間や放置する時間が商品によって決められているので説明書を確認してください。 尿をかけると尿量が十分だったかのサイン、基準ライン、判定ラインが出ます。 判定ラインの濃さが基準ラインより濃いか同程度であれば陽性の判定になります。 一例ですが、以下の写真は私の妻が排卵検査薬で陽性になったときの写真です。 一番右の四角が尿量確認ライン、一番左が判定ラインでその右が基準ラインです。 写真では 基準ラインよりも判定ラインの方が濃くなっているので陽性と判断できます。 毎日決まった時間に検査を行う 排卵検査薬での検査は毎日決まった時間に行う必要があります。 基本的には毎朝起きた後に行えば大丈夫です。 注意する必要があるのは、当然ですが 1回に1本の排卵検査薬が必要になることです。 検査開始してから陽性になるまでが4日間検査したら4本消費します。 妊娠しなければ次の月も同じように検査するので、思ったよりも多くの本数が必要です。 途中でなくなると毎日検査ができなくなるので 少し多めに購入しておくことをおすすめします。 1日2回検査を行うとLHサージをよりとらえやすくなるので、毎日朝と夜に検査を行うのもありですが、その分多くの検査薬が必要になるのでその点は注意してください。 排卵検査薬を選ぶポイント 排卵検査薬を選ぶポイントは主に以下の3つです。 使いやすさ• 陽性になるタイミング 使いやすさ 排卵検査薬には紙状のものとプラスチックのスティック状のものがあります。 使いやすいものが欲しい人にはスティック状のものがおすすめです。 我が家もスティック状のものを選びました。 ただし、尿をかけるだけなので紙状のものでもそこまで問題になることはないと思います。 価格 価格はスティック状のものよりも紙状のものの方が安い傾向にあります。 また、メーカによっても価格が異なりますが、ネットショッピングで見ればすぐにわかるので比較してみてください。 似たような商品であれば安いものを選択すればよいと思います。 ただし、1箱あたりの本数がメーカや商品ごとに違う可能性があるので購入する前にしっかり確認するようにしてください。 我が家はロート製薬のドゥーテストLHaを使用しました。 理由は スティック状の排卵検査薬の中では比較的安かったからです。 使いやすさを考えて形状はスティック状を選びました。 また、12本入りと少し多めに入っている1箱が3,000円程度で売られており、他メーカと比較して安めだったので購入しました。 安めのものを購入しましたが、検査も簡単でちゃんと判定も出たので満足でした。 排卵検査薬はネットでの購入がおすすめ 排卵検査薬は楽天などのネットショッピングで購入するのがおすすめです。 その理由は実際の店舗にはないことが多いのと価格が安いためです。 実際の店舗にはないことが多い 排卵検査薬は実際の店舗にはないことも多いです。 第一類医薬品であり、そもそも薬剤師がいないと販売できないため薬剤師が常駐していない薬局では購入できません。 また、仮に薬剤師がいても在庫がないことがあります。 我が家は1箱目は楽天で購入しましたが、2箱目は急に必要になり薬局を探して購入しました。 最初に何件か回っても在庫が無く、その後3件程電話をかけて聞いてみたらようやく在庫のある薬局が見つかりました。 もし、薬局で購入しようという人は行く前に在庫があるか電話で確認することをおすすめします。 ネットショッピングの方が安い 排卵検査薬は楽天などで購入した方が安いです。 私が薬局で購入したときは1箱4,000円以上であり、ネットよりも1箱1,000円以上高かったです。 売っている薬局を探すのも大変で価格も高いのであれば、薬局で購入するメリットは無いのかなと思います。 ただし、楽天などで購入するときも薬剤師からのメールには返信する必要があるのでそこは注意が必要です。 質問に答えるだけなので返信は全然難しくありません 妊娠検査薬と間違われました これは余談ですが、私が薬局で購入したとき、最初妊娠検査薬と間違われました。 薬剤師に排卵検査薬くださいと言って、出されたものをあまり確認せず購入し、店を出る前に復路の中を改めてみるとそこにあるのは妊娠検査薬でした。 何とか気づいてその場で返金して排卵検査薬を購入し直しましたが、気づかなかったらまた薬局に行くハメになるところでした。 皆さんも薬局で購入するときは間違いがないか気を付けてください。 まとめ:産み分けでの排卵検査薬の使い方.

次の

海外の排卵検査薬・妊娠検査薬で通販実績No.1|こうのとり検査薬通販

排卵 検査 薬 安い

排卵検査薬は2016年に「第1類医薬品」に分類されたことで、薬局やドラッグストアでの購入が可能となり、より身近な製品となりました。 一方、実際に購入したものの陽性反応が出るタイミングがわからず、いつから、どのタイミングで使用したらよいかわからない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、排卵検査薬をいつから使ったら良いか、適切な使用タイミングはいつかについて、排卵検査薬の選び方、おすすめの排卵検査薬とともに紹介します。 排卵検査薬とは? 妊活者専用SNSでも、は、排卵する前に急上昇する「LH」というホルモンを感知する検査薬で、尿中のLH濃度の上昇により、排卵日を予測することができます。 尿中のLH濃度の上昇が始まってから、およそ40時間以内に排卵が起こるとされており、LHが一定の数値を超えると排卵検査薬が陽性反応を示し、排卵日の予測を行います。 関連記事: 排卵検査薬はいつから使ったらいいの? 排卵検査薬が身近になったとはいえ、日本製のものは1回あたり400円程度かかってしまいます。 海外製の場合は大量購入などで50円程度まで費用を抑えることも可能ですが、個人輸入代行という形になるため、到着まで日数がかかります。 排卵検査薬を効率的に使用するため、いつから排卵検査薬を使い始めたらよいかを正確に把握しておきましょう。 その方法は、生理周期が規則的か、不規則かで変わってきます。 一般的に、次回生理開始予定日の14日前くらいに排卵日がくるといわれているため、そこからさらに(排卵検査薬が反応する)40時間程度前の16日、さらに余裕を見て17日前に使用を開始するのがおすすめです。 その場合、過去(最近の2~3周期)の生理周期で最も短い日数を調べてみましょう。 その日数で生理が来ると仮定し、その生理予定日の17日前から排卵検査薬を使用しましょう。 ちなみに、排卵日検査薬「ドゥーテスト」を販売しているロート製薬さんでは、を提供しているようなので、利用してみてください。 排卵検査薬の選び方 排卵検査薬を選ぶ際、最初に悩む点が日本製の排卵検査薬にするか、海外製の排卵検査薬にするかという点だと思います。 日本製と海外製の排卵検査薬を「価格面」「購入のしやすさ」「品質面」から比較してみようと思います。 最も大きな違いとしては価格面が挙げられます。 日本製のものが1回あたり400円前後かかるのに対し、海外製のものだと、1回あたり60〜70円、まとめ買いなどによって、安いものだと50円程度で購入することも可能です。 費用を最小限に抑えたい場合、海外製のものを利用した方が経済的であると言えます。 2016年に排卵検査薬は「第1類医薬品」に分類されました。 これにより、薬局やドラッグストアでの購入が可能になり、現在は楽天やLOHACOなどの大手ネットショップでの購入も可能となっています。 海外製の商品については、「個人輸入代行」という形でネット上より購入可能ですが、海外からの発送となり、到着までに一定の時間がかかります。 購入から到着までについては、があるのでご覧ください。 ただ、製品によって感度は異なり、感度が高いものほどLHの分泌量が少ない人でも対応できるようになります。 一方、分泌量が多い人が感度が高いものを使用すると早いタイミングで陽性反応が出てしまうという懸念などが生じてきます。 そのため、自分の体質に合った製品を利用することが重要となってきます。 また、海外製の場合は商品説明や使用方法などが英語で表記されていることが多いので、初めて利用するなど、慣れていない場合は日本製の商品を使用した方が良いかもしれません。 排卵日が約1日前に分かり、判定時間が5分と短く、たった2秒尿をかけるだけで判定が可能です。 ネットショップでの購入の他、東京都内だけで540店舗以上で購入可能となっており、最も手に入れやすい商品のひとつと言えます。 排卵Beeという蜂をイメージさせる可愛いキャラクターのテレビCMでもお馴染みです。 「ドゥーテストLHa」同様に排卵日が約1日前に予測でき、判定時間は10分、5秒尿をかけるだけで判定が可能となっています。 10本で3,000円弱となっており、他の2製品と比べてお手軽に購入できます。 こちらも排卵日の約1日前に予測でき、判定時間は3分と短く、5秒尿をかけるだけで判定が可能です。 複数の個人輸入代行業者からの購入が可能で、手に入れやすい海外製商品のひとつだと言えます。 本商品も複数の個人輸入代行業者からの購入が可能で、価格も「A-check」よりも安いため、コストを抑えたい人にはおすすめの商品となります。 他の海外製排卵検査薬と比べると価格が高くなりますが、デジタルで結果がはっきりと表示されるのが最大の特徴となります。 まとめ 今回は排卵検査薬をいつから使ったら良いか、適切なタイミングと排卵検査薬の選び方について紹介してきました。 排卵検査薬は1本あたりで考えるとそこまで高額ではないですが、複数本を利用することを考えると費用もかさみ、できるだけ効率的に使用したいところです。 自分に合った排卵検査薬を適切なタイミングで利用を開始し、排卵日を正確に把握してハッピーな妊活を送りましょう! 【妊活経験者みんなの口コミ・ランキングで知る「排卵検査薬の人気・ランキングはから】 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の