モニカ セレシュ ラケット。 1位はグラフ!歴代最強・史上最高テニス選手TOP10【女子編】

Yテニスショップ

モニカ セレシュ ラケット

🎾本記事のサマリー• ジュスティーヌ・エナン/Justine Henin(BEL) 世界ランク1位のまま惜しまれながら引退するも… 選手プロフィール:シュテフィ・グラフに憧れてテニスを始めた。 全身を使った強烈なストロークが武器だったが、167cmと小柄で、どちらかというと不屈の闘志、強靭な精神力でプレーするのが特徴。 2007年に引退したキム・クレイステルスとのライバル関係も彼女の人気の一つ。 2008年に前代未聞の 世界ランキングナンバー1の地位のまま引退を発表した。 最後の会見で「すばらしい(テニスという)冒険は終わった。 これ以上、テニスで望むことはない」とコメント。 しかし、そのわずか20ヵ月後にツアーに復帰するも、2011年に二度目の引退。 四大大会成績:7勝(1 Australian, 4 French, 2 US Open)• 生涯グランドスラム:未達成• ツアー勝利:50勝• シングルス1位通算在位:• 現在の活動:ウクライナのスビトリーナのコーチとして活動。 ベルギー、ブリュッセル在住。 ビーナス・ウィリアムズ/Venus Williams(USA パワーテニスのウィリアムス姉妹の姉。 ウィンブルドン5度優勝 選手プロフィール:1990年代後半からアメリカ女子テニス界のトッププレイヤーの一人として活躍。 妹のセリーナ・ウィリアムズとともに、女子テニス界に男子顔負けの「パワーテニス」を持ちんだ。 自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス1位。 2000年にダブルスでのキャリア・ゴールデンスラムを達成。 オリンピック金メダル4個獲得。 四大大会成績:7勝(5 Wimbledon, 2 US Open)• 生涯グランドスラム:未達成• ツアー勝利:49勝• シングルス1位通算在位:• 現在の活動:ここ数年は相次いだ故障や、免疫系疾患であるシェーングレン症候群の発症などで、全盛期に比べてやや精彩を欠いている。 2016年のウィンブルドンでは姉妹ペアで4年ぶり6度目のダブルス優勝を果たした。 フロリダのパームビーチガーデン在住。 イボンヌ・グーラゴング/ Evonne Goolagong(AUS) アボリジニ女性の星 選手プロフィール:ーストラリア原住民・アボリジニの女子スポーツ選手として初の世界メジャー選手。 「 アボリジニ女性の星」と賞賛された。 全豪、全仏、全英の3つのグランドスラムタイトルを獲得するも、4度もの全米OPの決勝を制することが出来ず、惜しくも生涯GSを逃した。 四大大会成績:7勝( 4 Australian, 1 French, 2 Wimbledon)• 生涯グランドスラム:未達成• ツアー勝利:68勝• シングルス1位通算在位:• 現在の活動:オーストリア、クイーンズランド在住。 ビリー・ジーン・キング/Billie Jean King(USA) 女子テニス界で最も偉大とされる重鎮 選手プロフィール:ウインブルドンを過去6度制覇するなど、1960年代後半から1970年代前半にかけてメジャー4大大会計12回の優勝を誇る、 女子テニス界の伝説とされる選手。 四大大会成績:12勝(1 Australian, 1 French, 6 Wimbledon, 4 US Open)• 生涯グランドスラム:達成• ツアー勝利:129勝• シングルス1位通算在位:• 現在の活動:1995年から2001年までフェドカップのアメリカ代表監督を務め、1996年アトランタ五輪と2000年シドニー五輪でオリンピックの米国女子テニス代表の監督も務めた。 実は、レズビアンとしてカミングアウトしており、長年の女性及び同性愛者の権利向上への貢献に対し、米国大統領自由勲章を授与されている。 TEDでも女性の権利について公演しています。 シカゴとニューヨーク在住。 【関連(外部)】 6. モニカ・セレス/Monica Seles(SER) あの事件が歴史を変えた…悲劇のヒロイン 選手プロフィール:1990年代に天才少女として大活躍し、史上最年少の「17歳3カ月」で世界ランク1位の座に就いたが、その絶頂期は長く続きませんでした。 1993年当時19歳、ブルガリアのマグダレナ・マレーバとの対戦中に試合中に、コートチェンジの時、チェアーに座っていたセレスは、 宿敵グラフの熱狂的ファンに背後から刃物で刺さるという痛ましい事件の被害者となり2年半のツアー離脱を余儀なくされました。 この事件はテニス史を変えたとまで言われています。 後にナブラチロワが「(事件が無ければ…)セレスは、恐らくもっと多くの優勝を飾っていたでしょう。 グラフを抜いて、グランドスラムの最多優勝者になっていたかもしれない。 グラフは22度のグランドスラム優勝があるけど、あの時はライバルと呼べる選手がいなかった。 あの事件の犯人は、女子テニスの歴史を大きく変えてしまった。 それは疑う余地もない。 」と語っています。 四大大会成績:24勝(11 Australian, 5 French, 3 Wimbledon, 5 US Open)• 生涯グランドスラム:達成• ツアー勝利:192勝• シングルス1位通算在位:• 現在の活動:西オーストリアパース在住。 全仏オープン女子シングルス「7勝」の大会最多優勝記録保持者。 また、すべての大会で2回以上優勝 するという「 ボックスセット」を成し遂げている。 四大大会成績:18勝( 2 Australian, 7 French, 3 Wimbledon, 6 US Open)• 生涯グランドスラム:達成• ツアー勝利:157勝• シングルス1位通算在位:• 現在の活動:フロリダ在住。 全盛期の1983年から84年にかけては四大大会6連勝という圧倒的な強さを見せ付け、 生涯グランドスラムを達成。 長期に渡り一線で活躍しており、シングルスは1994年で引退したが、この年のウィンブルドンでは38歳前という現在のフェデラー以上の高齢で決勝に進出している。 ダブルスは、2000年に現役復帰。 復帰後の女子ダブルスでは四大大会優勝は無かったが、2003年全米オープンで準優勝があった。 混合ダブルスでは2003年に全豪オープンとウィンブルドン、2006年に全米オープンで優勝しており、この全豪オープンでの優勝により オープン化後初のボックスセットを達成。 四大大会成績:18勝( 3 Australian, 2 French, 9 Wimbledon, 4 US Open)• 生涯グランドスラム:達成• ツアー勝利:167勝• シングルス1位通算在位: 在位332週(歴代最長)• 現在の活動:ナブラチロワは数々の政治運動や社会運動に積極的に関わっている。 レズビアンをカミングアウトしており、2014年全米オープンで、錦織圭がノバク・ジョコビッチを破った男子シングルス準決勝後に、大型モニターを使って求婚し、観衆から大歓声を浴びた。 フロリダ州サラソタ在住。 セリーナ・ウィリアムズ/Serena Williams(USA) 現代のテニス女王。 男女を通じて単複ともに「キャリア・ゴールデンスラム」を達成した唯一の選手 選手プロフィール:17歳で全米オープン初優勝、2002年から03年にかけ4大大会を連続で制するなど、 21歳にして女子テニス界の頂点に。 その後、数々の記録を打ちたて続け、男子女子テニス界を通じて唯一無二である シングルス&ダブルルス両方でのキャリアゴールデンスラムを達成した。 30歳を過ぎてなお、女子テニス界最強の実力を示している女王。 四大大会成績: 23勝(7 Australian, 3 French, 7 Wimbledon, 6 US Ope)• 生涯グランドスラム:達成• シングルス1位通算在位:• 現在の活動:2016年現在も女子テニス界のトップとして活躍。 フロリダのパームビーチガーデン在住。 テニス4大大会の全てに加え、オリンピックを制する ゴールデン・スラムをわずか1年間のうち達成したのは、男女を通じてグラフだけ。 グラフが後世に渡って史上最強の評価を受ける最大の所以です。 ドイツの女子スポーツ選手で、最も成功した選手。 四大大会成績: 22勝(4 Australian, 6 French, 7 Wimbledon, 5 US Open)• 生涯グランドスラム:キャリアゴールデンスラム達成• ツアー勝利:107勝• シングルス1位通算在位:377週(7年以上)• 現在の活動:2001年に米国のスター選手アンドレ・アガシと結婚し、現在アガシの生まれた街ラスベガスで、二人の子供と暮らしている。 高級時計ロンジンのアンバサダーも務めている。 また、子供たちへの暴力の撲滅を目指すチャリティープロジェクト「チルドレン ・フォー・トゥモロー財団」を運営している。 解説者としての現場復帰が望まれるも「テニスでは、すべてをやり遂げた達成感があるし、私の人生では家族が最優先だから」とコメントしており、現在グラフをコート上で見られるのはチャリティーイベントのみ。 参照元:(英語).

次の

衝撃の事件から20年、セレス「あの事件で、私のテニス人生は一変」

モニカ セレシュ ラケット

Your 2017 champion: — Jimmie48 Photography JJlovesTennis 全仏OPで復帰したクビトバは復帰後2大会目の バーミンガム・クラシックで復帰後初のWTAタイトルを獲得します。 利き手の 大怪我から1年も経たないうちにツアー優勝を成し遂げ、クビトバ本人も「これ以上の復帰は望めなかったと思う。 」と喜びのコメントを残しています。 2017年はシーズン前半を棒に振りながら世界29位でシーズンを終えるなど見事なカムバックを果たします。 翌2018年はツアータイトルを5つ獲得し、TOP10に復帰。 2019年は全豪OPで準優勝するなど活躍し、 2年連続世界ランク10位以内でシーズンを終えます。 侵入者に襲われて負った利き手の大怪我から短期間で復帰し、すぐにトップレベルまでテニスを戻してきたところがクビトバの凄さです。 偶然にもセレシュはクビトバの同じ左利きの選手です。 セレシュは 四大大会通算9勝。 世界ランキングも 自己最高1位と名実ともに偉大な女王の一人です。 セレシュはキャリア絶頂期の 1993年4月、 ドイツでの試合中に当時ライバルだったS. グラフのファンに背中を刺され負傷しました。 怪我よりも精神的なトラウマの方が大きかったようで、セレシュは 復帰までに2年以上もの時間がかかりました。 セレシュもクビトバのように復帰後すぐに大きな結果を残します。 1995年8月に復帰し、同年の全米OPで準優勝。 翌年の全豪OPでは優勝する素晴らしい活躍をみせました。 セレシュは復帰後に長くTOP10を維持しました。 しかし、四大大会の優勝数を比較すると 事件前が8勝で、 復帰後が1勝ですから事件の影響が少なからずあったことが想像できます。 セレシュは、もしも事件による負傷がなければどれだけ偉大なキャリアを築いていたかと多くのテニスファンが想像するほどの選手でした。 事件による負傷すら乗り越えるのが女王。 8 seed advances to the quarterfinals of a Grand Slam for the first time since 2017! しかしながらクビトバやセレシュのように不運な事件を乗り越えて復帰後に活躍できるのは強靭なメンタルを持っている証拠です。 四大大会で優勝するような選手は逆境を乗り越える強い意志や精神力を持っているに違いありません。 選手寿命が長くなった現在の女子テニス界において、クビトバがまだまだこの先活躍していくのは間違いないでしょう。 今後のクビトバの活躍にも注目です。

次の

ダブルハンドのメリットって何ですか?

モニカ セレシュ ラケット

質問者が参考にした過去の質問にもにたいような回答がありましたが、 まず、自分は左手主体のダブルバックハンドです。 でもダブルバックハンドはリートが短いので、遠いボールの時は左手を離してシングルで打ち返します。 そしてさらに遠いと判断したときは、右手を離して左手で打ちます。 この方がよりリーチが長くなるからです。 このように、ぎりぎりで返す場合、持ち換えると言うよりも、バックがダブル・シングル関係なく、ダブルバックハンドの状態から右手を離したような状態で打っているのではないでしょうか? この場合、右手はラケットのグリップエンドの方、左手はその上にありますので、右手を離した状態では左手でラケットを短く持っていることになります。 スイングは半径が長い方が遠心力が強くなり、強い球が打てますので、短く持っているとその分弱くなります。 つまり威力の面で劣りますので、シングルで長く持つかダブルバックハンドにした方が威力の面で有利だと思います。 短く持って右手と同じ威力をつけるには右手以上のパワーが左手にないと無理でしょう。 つまりせっぱ詰まったところで使用しづらい技術だと思います。 プロ同士の試合となると、そんな余裕がある場面の方が少ないのではないでしょうか? 余裕のあるときしか使えないような技術よりも、安定して使える技術を求めるのが正当だと思います。 以上がせっぱ詰まったとき以外に持ち替えない理由ではないかと思います。 身体を左右両方使うことになり、筋力の偏りをある程度是正できます。 無意識に今まで利き手で掴んでいた癖が変り、非利き手を使うようになります。 また、物の見え方や考え方が変るかもしれません。 テニスは一側性(片側、つまり利き手を極端に使う)の種目の代表的なものです。 特に、フォア・バックともに片手打ちの場合は利き手だけに負担がかかります。 サービスは両手で打つ人を見たことがありません。 一側性(他にバドミントン、野球、ゴルフなど)だけを長年続けた人は身体が歪んで側湾症になりやすく、加齢とともに筋力が落ちたとき腰痛・背中痛などなりやすいです。 私も右手しか使わない種目を子どもの頃からやったために、40歳ころに椎間板ヘルニアになってしまいました。 なお、確かにレフティは有利ですが、左で練習し始めても概ね12歳以前でないと、右より上手くなることはないでしょう。 A ベストアンサー 左でやってます。 周りになぜか左率が高いです。 一緒にやっている人の中にも4人ほどいます。 左利きはテニスにおいて有利です。 先ず、初心者が習いやすいスライスサーブですが、右利きの人と反対方向に曲がりますので、数少ない左利きのサーブは慣れていないので返しづらいと思います。 右利きのフォア側に入ったボールは身体に向かって曲がるので、食い込みやすく返球しにくいですし、バック側に入ったボールは逃げていく方向に曲がりますので、取られにくいです。 また、一般に初心者はバックハンドを苦手とすることが多いのですが、これは主に打ちやすいフォアに比べて打つ機会が少ないからです。 しかし左利きの場合、右利きの人とクロスで打ち合うと必然的にバック側にボールが集まるため、バックで打つ機会が多くなり上達が早いです。 ダブルスを組む際には、太陽の位置によってまぶしくてサーブが打ちづらいことがあります。 右利きと左利きでは打つ際の姿勢の関係から、右利きでは太陽が邪魔でボールが見えず、打てなくとも左だと問題ないことがあります。 このような場合右利きと左利きで、打つサイドを調整すると、太陽が問題なくサーブを打つことができますので、右利き同士のペアよりも有利です。 またお互い外側を利き腕側に守ると、広い範囲を守備できますので、これまた有利です。 センターの守りが両方ともバックになるので、弱くなることもありますが、左利きは最初に説明したようにバックで打つ機会が多いため慣れていますし、2人で守るのであまり問題ないと思います。 また、苦しくなると相手のバック側にロブを揚げて逃げるという戦法があるのですが、追い込まれたときなので、よく考えず、右利きのバックに揚げたつもりで、左のフォア側に揚げてしまい、スマッシュの餌食になることもよくあります。 草大会などを見ていると、勝ち上がっているペアに左利きが居ることが多いです。 左利きは全然問題ないどころか、有利だと思います。 ただし、コーチを受ける際に説明が右利き中心に行われますので、それは注意して聞かなければなりません。 また球出しなどもフォアの練習の時にバックの練習になることが多いなどありますが。 左でやってます。 周りになぜか左率が高いです。 一緒にやっている人の中にも4人ほどいます。 左利きはテニスにおいて有利です。 先ず、初心者が習いやすいスライスサーブですが、右利きの人と反対方向に曲がりますので、数少ない左利きのサーブは慣れていないので返しづらいと思います。 右利きのフォア側に入ったボールは身体に向かって曲がるので、食い込みやすく返球しにくいですし、バック側に入ったボールは逃げていく方向に曲がりますので、取られにくいです。 また、一般に初心者はバックハンドを... Q 39歳男性です。 30歳頃に趣味で始めたテニスを約10年続けています。 私は右利きなんですが、張り切り過ぎて一度右肩を痛めてしまい、さらに慢性的な腰痛(ヘルニア)持ちのため、左右のバランスを取った方がいいと考え、左手で打つ練習を数年続けました。 打ち方は、右も左も全てシングル(右フォア・右バック・左フォア・左バック)です。 基本的に右利きなのですが、今もバランスを取るため、練習の最初の30分間だけ、左右両方で打っています。 利き手じゃない左は、まだ練習を続ければ、これからも多少は技術的には伸びると思います。 面白い事に、お世話になっているコーチに言わせると、左打ち(フォア、バックとも)の方が変な力が抜けていて、素直に打てているとの事。 また、左で打つ時、右はどうだったかと自分で考える事が増えたので、右打ちの時の自分の打ち方に対して、より頭を使って考えるようになった気がします。 39歳の私の場合、テニスは技術的な上達というよりも、健康維持・気の合うテニス仲間を見つけるのが主目的になってはいますが、怪我しない程度に、定期的に楽しんでいます。 過去も、似たような質問はこのOK Waveにありましたが、私が知りたいのは少々違います。 goo. html 個人的に非常に興味があるのは、私自身全く予想すらしていなかった、左打ち練習を続けた事による、脳へのトレーニング効果です。 人に説明しようとしても、私のケースが特殊すぎるせいなのか、なかなか信じてもらえないのですが、私の場合、30歳過ぎてから左打ちの練習を続けたら、並行して英語の聞き取り・喋りの能力がかなりの速さで向上しました。 多分、錯覚じゃないと思います。 脳内の血流(主に左右脳を繋ぐ脳梁?)が活性化しやすくなったんだろうという仮説を持っています。 最初の頃は、左打ちと右打ちを交互にやると、切り替えのタイミングで脳が軽く混乱したような気がしました。 右なら右手、左なら左手で1. 5時間のレッスン中にずっと打つ手を固定すると、そうはならないのですが、頻繁に右左の切り替えを行うと、何とも言えない気持ち悪さがありました。 しかし、数年間こういう切り替えを続けたら、違和感がなくなってきました。 その切り替えの違和感を感じなくなった頃、仕事でアメリカ人と会話するのが以前ほど苦にならず、かつ、昔よりも視野が広がっているというか、全体を俯瞰してイメージする力が伸びたな、というl気付きがありました。 「30歳過ぎてから」という私の年齢も、一つのポイントのような気がします。 両利き、或いはクロスドミナンス cross dominance の悩みを持っておられる10代以下の方も大勢いらっしゃるかと思いますが、私のケースは元々完全な右利きなので、わざわざ好き好んで、ある程度の年齢になってから、利き手じゃない方を使い始めたケースです。 似たような経験をなさった方、いらっしゃいませんでしょうか? 39歳男性です。 30歳頃に趣味で始めたテニスを約10年続けています。 私は右利きなんですが、張り切り過ぎて一度右肩を痛めてしまい、さらに慢性的な腰痛(ヘルニア)持ちのため、左右のバランスを取った方がいいと考え、左手で打つ練習を数年続けました。 打ち方は、右も左も全てシングル(右フォア・右バック・左フォア・左バック)です。 基本的に右利きなのですが、今もバランスを取るため、練習の最初の30分間だけ、左右両方で打っています。 利き手じゃない左は、まだ練習を続ければ、これからも多少は技術的... A ベストアンサー 40代ですが僕は漫画とかの両効きにあこがれて 左を普通の人より多く、使うようにしたので ある程度のは左でも使えます。 ずっと使うと、やはり無理があるのか 左ばかりだと疲れますが・・ スプーン、フォークは普通に使えます。 箸も右と比較すると遅いですが ご飯は左でも食べられます。 ボール投げも10mくらいなら 狙ったとこに投げられます。 字も黒板とかに書くレベルなら普通に掛けます。 しかし、数年間こういう切り替えを続けたら、違和感がなくなってきました。 単なるボケや度忘れ的なものかもしれませんが・・ 語学に関する点ですが、左手を使うことによって右脳が刺激されて 活性化されて英語の上達が早くなった可能性はありますね。 手先を使うことは脳の刺激になるという点と 左を使うことによって体の使い方を効率よく動かそうと考えることよって 以前よりも頭を働かせるようになったこともあるのかもしれませんね 俯瞰して考えられるようになったのは左を使うようになった要因以外にもいろいろあるのでは 30から39歳って9年もありますからね。 いろいろ人間として成熟して 俯瞰できるようになったのかもしれませんよ 40代ですが僕は漫画とかの両効きにあこがれて 左を普通の人より多く、使うようにしたので ある程度のは左でも使えます。 ずっと使うと、やはり無理があるのか 左ばかりだと疲れますが・・ スプーン、フォークは普通に使えます。 箸も右と比較すると遅いですが ご飯は左でも食べられます。 ボール投げも10mくらいなら 狙ったとこに投げられます。 字も黒板とかに書くレベルなら普通に掛けます。 しかし、...

次の