歯茎 に お でき。 歯茎を押すと痛い原因!腫れたりしこりもできている?

歯茎を引き締める成分とは?キレイな歯は歯茎の健康から!

歯茎 に お でき

1.歯茎の白いできものの正体 1-1.根の先に溜まった膿の袋の出口 虫歯や外傷で神経が死んでしまったり、根の治療が不適切な場合、根の先に膿が溜まります。 その膿の出口が歯茎の白いできものの正体、婁孔 ろうこう・フィステル といいます。 この白いできものは根の先に膿が溜まるとでき、破れて膿を出します。 出し終わると無くなり、また溜まるとでてきます。 膿は臭く、口臭の原因にもなります。 1-2.そのままにしておくとどうなるか 原因である根の先にたまった膿の袋は大きくなり、周りの歯の根を溶かしたり、神経を死なせてしまうことがあります。 長期間そのままの状態が続いた白いできものは根の治療だけでは改善が難しくなり根の一部を取る必要が出てきます。 また、この膿は血液によって体の中に運ばれ、心臓の病気やアレルギーの原因にもなるものです。 1-3.症状はあまりない 痛みはほとんどないのですが、違和感はあります。 疲れたり、寝不足で体の抵抗力が下がった時には、腫れや痛みが出ることがあります。 2.なぜ白いできものが出来てしまったのか 2-1.深い虫歯の治療をした際、神経を残したが耐えられなかった 深い虫歯を治療する際、歯科医は出来るだけ歯の神経を残す努力をします。 歯の神経を取ってしまうと歯の寿命が短くなってしまうからです。 しかし、歯自体に再生する力がない場合には神経がそのまま死んでしまうことがあります。 その後、根の先に膿が溜まり歯茎に白いできものが出来てしまいます。 2-2.外傷で神経が切断された 前歯をぶつけたりすると歯の神経が根元で切断され、歯の神経が死んでしまうことがあります。 歯の神経が死んでしまうと、歯が黒くなったり、根の先に膿が溜まり白いできものが出来てしまいます。 2-3.根の治療が不適切だった 歯の根の治療の際、中の消毒がうまくされていなかったときに歯の根の先に膿が溜まり、歯茎に白いできものが出来ます。 根の治療は歯科医師の技術が大きく影響するため、ラバーダム、拡大鏡、マイクロスコープ等を使ってくれる歯医者で行わないと再発を繰り返してしまう可能性が高くなります。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-4.根が割れている 神経が無い歯は歯がもろくなり、根に亀裂が入ったり、歯が割れたりすることがあります。 根の亀裂から細菌が入り白いできものができます。 特に根の治療を繰り返し行っていたり、金属の土台が入っていると歯の根が割れやすくなります。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-5.まれに歯周病が原因になる 歯周病が原因で白いできものが出来ることがあります。 歯周病が原因の場合は歯茎からの出血や、腫れや痛みを伴うことが多いです。 3.歯茎の白いできものの治療法 3-1.原因の歯の根の治療 細菌に汚された原因の歯の根の治療を感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)といい、根の中を針金のようなやすり(ファイル)でこすり落として根の中を消毒し、薬で密閉して細菌の住みかをなくす方法です。 少しでも細菌に侵された根が残ってしまうとそこからまた細菌が増え、歯茎の白いできものがいつまでも治らなかったり、再発を繰り返してしまいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 根管治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 3-3.再植術(さいしょくじゅつ)+歯根端切除術 下顎の奥歯など骨が厚く、歯茎の方から歯根端切除術ができない場合は、麻酔をして一度歯を抜きます。 抜いた穴から膿の袋を取り出し、また歯を戻す再植術をします。 根が曲がっていたり抜歯の時に歯が折れてしまう危険がある場合には出来ないときもあります。 3-4.部分抜歯 奥歯には根が2本から4本ありますが、そのうちの1本を膿の袋と一緒に抜歯します。 部分抜歯をすることによって他の根を助けることができます。 残った根を使って被せたり、ブリッジの土台にすることもできます。 4.白いできものに似ているもの 4-1.触ると痛い口内炎 口内炎は白いできものと同じような場所に出来ることが多いです。 だだし、白いできものは症状が無いことが多いのですが、口内炎は痛みを伴います。 治療はステロイド軟こう(ケナログ)を塗ると治ることが多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 4-2.骨の塊、骨隆起 骨隆起(こつりゅうき)は歯ぎしりや食いしばりをする方に見られる骨の塊です。 無害のためそのままにすることが多いですが、入れ歯やインプラントの時に邪魔をするようであれば取ることもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 しかし、体の一部から膿が出ているのは異常な状態です。 早めにかかりつけの歯医者で治療が必要なのかを確認してください。

次の

歯茎におでき!!その正体・できる原因、治療方法、放置すると・・・?

歯茎 に お でき

1.フィステル(Fistel)とは 1-1.根の先に溜まった膿の袋の出口 虫歯や外傷で神経が死んでしまったり、根の治療が不適切な場合、根の先に膿が溜まります。 その膿の出口が歯茎にできたおできの正体、フィステルです。 フィステルは根の先に膿が溜まるとでき、破れて膿を出します。 出し終わると無くなり、また溜まるとでてきます。 膿は臭く、口臭の原因にもなります。 1-2.そのままにしておくとどうなるか フィステルの原因である根の先にたまった膿の袋は大きくなり、周りの歯の根を溶かしたり、神経を死なせてしまうことがあります。 長期間そのままの状態が続いたフィステルは根の治療だけでは改善が難しくなり根の一部を取る必要が出てきます。 また、膿は血液によって体の中に運ばれ、心臓の病気やアレルギーの原因にもなるものです。 1-3.症状はあまりない フィステルは痛みがほとんどないのですが、違和感はあります。 疲れたり、寝不足で体の抵抗力が下がった時には、腫れや痛みが出ることがあります。 2.なぜフィステルが出来てしまったのか 2-1.深い虫歯の治療をした際、神経を残したが耐えられなかった 深い虫歯を治療する際、歯科医は出来るだけ歯の神経を残す努力をします。 歯の神経を取ってしまうと歯の寿命が短くなってしまうからです。 しかし、歯自体に再生する力がない場合には神経がそのまま死んでしまうことがあります。 その後、根の先に膿が溜まりフィステルが出来てしまいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 最新MTAセメント治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-2.外傷で神経が切断された 前歯をぶつけたりすると歯の神経が根元で切断され、歯の神経が死んでしまうことがあります。 歯の神経が死んでしまうと、歯が黒くなったり、根の先に膿が溜まりフィステルが出来てしまいます。 2-3.根の治療が不適切だった 歯の根の治療の際、中の消毒がうまくされていなかったときに歯の根の先に膿が溜まり、フィステルが出来ます。 根の治療は歯科医師の技術が大きく影響するため、ラバーダム、拡大鏡、マイクロスコープ等を使ってくれる歯医者で行わないと再発を繰り返してしまう可能性が高くなります。 詳しくは「」を参考にしてください。 ラバーダムについてわかりやすく動画にまとめましたので、こちらをご覧ください。 2-4.根が割れている 神経が無い歯は歯がもろくなり、根に亀裂が入ったり、歯が割れたりすることがあります。 根の亀裂から細菌が入りフィステルができます。 特に根の治療を繰り返し行っていたり、金属の土台が入っていると歯の根が割れやすくなります。 2-5.歯周病が原因になる 歯周病が原因でフィステルが出来ることがあります。 歯周病で出来た膿は歯周ポケットから出てくることが多く、フィステルは出来にくいのです。 歯周ポケットが深かったり、歯周ポケットの入り口が閉じてしまったりするとフィステルができます。 また、歯周病が原因の場合は歯茎からの出血や、腫れや痛みを伴うことが多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 3.フィステルの治療法 3-1.原因の歯の根の治療 細菌に汚された原因の歯の根の治療を感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)といい、根の中を針金のようなやすり(ファイル)でこすり落として根の中を消毒し、薬で密閉して細菌の住みかをなくす方法です。 少しでも細菌に侵された根が残ってしまうとそこからまた細菌が増え、フィステルがいつまでも治らなかったり、再発を繰り返してしまいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 感染根管治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 3-3.再植術(さいしょくじゅつ)+歯根端切除術 下顎の奥歯など骨が厚く、歯茎の方から歯根端切除術ができない場合は、麻酔をして一度歯を抜きます。 抜いた穴から膿の袋を取り出し、また歯を戻す再植術をします。 根が曲がっていたり抜歯の時に歯が折れてしまう危険がある場合には出来ないときもあります。 3-4.部分抜歯 奥歯には根が2本から4本ありますが、そのうちの1本を膿の袋と一緒に抜歯します。 部分抜歯をすることによって他の根を助けることができます。 残った根を使って被せたり、ブリッジの土台にすることもできます。 4.フィステルに似ているもの 4-1.触ると痛い口内炎 口内炎はフィステルと同じような場所に出来ることが多いです。 だだし、フィステルは症状が無いことが多いのですが、口内炎は痛みを伴います。 治療はステロイド軟こう(ケナログ)を塗ると治ることが多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 4-2.骨の塊、骨隆起 骨隆起(こつりゅうき)は歯ぎしりや食いしばりをする方に見られる骨の塊です。 フィステルではなく骨隆起です。 無害のためそのままにすることが多いですが、入れ歯やインプラントの時に邪魔をするようであれば取ることもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 しかし、体の一部から膿が出ているのは異常な状態です。 早めにかかりつけの歯医者で治療が必要なのかを確認してください。

次の

歯茎にできものができたときの対処法!原因やセルフケアを紹介

歯茎 に お でき

歯や歯茎の間に隙間や穴ができるのは、噛み合わせのズレなどさまざまな要因があります 歯と歯や歯茎の間に隙間ができるのは、色々な原因が考えられます。 たとえば元から上下の歯の噛み合わせがズレている場合、長い年月ズレた噛み合わせで食べ物を噛んでいるので、歯や歯茎へ偏った力がかかるため徐々に隙間ができてきます。 また、舌で常に前歯を押したり、上下の前歯の間に挟んだりする癖のある場合も、舌の力で徐々に前歯の間が押し広げられてしまいます。 さらに、歯と歯の間の虫歯を処置した経験があると、詰め物により歯の噛み合わせが変わり、歯が移動してしまうことも考えられます。 そして、歯に虫歯ができて悪化すると、どんどん歯が溶かされてしまうので穴が開いたように見えることがあります。 ほかにも歯と歯の間には食べかすが詰まりやすく、歯磨きなどで清潔な状態に保てなければ、どんどん汚れが溜まっていき細菌が繁殖して歯垢という細菌の塊ができて蓄積します。 歯垢も放置すると、今度は唾液中のカルシウムと反応して硬い歯石という汚れがこびりつき、歯と歯の歯茎の隙間、歯周ポケットに溜まります。 そこから歯石中の歯周病菌が歯茎を攻撃するので、どんどん歯茎が下がっていき、隙間が広がっていくというわけです。 歯と歯や歯茎の隙間、穴を改善するには、歯科クリニックでの施術が必要です できてしまった歯と歯茎の隙間や穴を治すには、歯科クリニックで原因や状態にあった処置を受ける必要があります。 まず、歯周病による歯茎下がりの場合、歯周病対策ケアを行います。 歯周ポケットの深さや細菌の種類、歯茎の状態など調べ、歯や歯茎の洗浄、歯周病菌の殺菌処置などをし、また定期的に状態をチェックして処置を続けていきます。 下がった歯茎はすぐには回復しないので、長い目で見てケアを継続していくことが大事です。 また、虫歯の処置は歯を削ってレジンという合成樹脂や耐摩耗剤を混合させた、コンポジットレジンという素材で穴や隙間を塞ぐダイレクトボンディングという方法があります。 さらに、耐久性に優れていて、変色や劣化しにくいセラミック素材を使った施術もあります。 歯を削って芯となる土台を作り、そこへセラミックの人工歯を被せるセラミッククラウンです。 人工歯は色や形状、大きさなどを加工できるのでより審美性の高い仕上がりになります。 セラミッククラウンにも、人工のダイヤモンドを使ったジルコニアセラミックなど使う素材によって色々な方法があります。 歯や歯茎の隙間や穴を放置すると、虫歯や歯周病などが悪化します 歯や歯茎の間に生じた隙間や穴について、少しだから、特に症状も出ないからとそのままにしている方もいるかもしれません。 しかし、隙間や穴の原因が虫歯や歯周病の場合、歯や体の健康は損なわれてしまうリスクがあります。 虫歯菌がどんどん歯の奥の方へと入り込み神経に届くと、激しい痛みが生じたり、膿が溜まって歯茎は腫れたりすることがあるでしょう。 また、上顎の奥歯だと鼻と通じる副鼻腔が炎症を起こし、そのせいで頭痛がひどくなるなどの悪影響が生じます。 さらに歯周病の場合も、歯茎が腫れたりなどして、歯の骨にまで菌が入り込むと歯がぐらついて、最悪抜け落ちる可能性もゼロではないのです。 また、噛み合わせのズレから顎の骨や筋肉にも負荷がかかるので顎関節症や肩こりなどが生じる場合もあるのです。 ほかにも、虫歯菌や歯周病菌が血管内に入り込み、血液を通じて全身に巡ると血栓ができて脳疾患や心疾患など重大な病気を招くリスクも高まるのです。 最悪、命を落とすことも十分考えられるため、たかが虫歯や歯周病でと軽く思わないで、できるだけ早めに処置を受けることをおすすめします。 (まとめ)歯と歯や歯茎の間に隙間や穴ができるのはなぜ? 経歴 2009年3月 奥羽大学 歯学部歯学科 卒業 2011年4月 奥羽大学歯学部付属病院 勤務 2012年4月 土浦スマイル歯科クリニック 勤務 (2014年7月~同院にて分院長就任 2016年4月 湘南歯科クリニック大阪心斎橋院 勤務開始 2016年9月 湘南歯科クリニック名古屋院 院長就任 2019年10月 湘南歯科クリニック新宿院 院長就任 運営者情報 運営クリニック 住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-10-1 O-GUARD SHINJUKU オーガード新宿 8F お問い合わせ 0120-5489-08 院長 2018年4月30日 最終更新:2018年4月8日 11817 関連記事•

次の