教場 続編。 【教場】続編で風間教官の過去を掘り下げる?失明した理由が気になる

ドラマ『教場』の続編やシリーズ化があると思う理由をまとめてみた

教場 続編

木村拓哉さん主演のスペシャルドラマ『教場(きょうじょう)』(フジテレビ系)が4・5日に2夜連続放送され、 4日放送の前編が平均視聴率15. 3%、5日放送の後編が平均15. 0%(共に関東地区)を記録していたことが明らかになりました。 『教場』は、作家・長岡弘樹さんの同名ベストセラー警察小説が原作で、警察学校を舞台に木村拓哉さん演じる冷徹無比な鬼教官・風間公親の下で、様々な思惑を持つ生徒たちが過酷なサバイバルゲームを生き抜き、卒業を目指す姿を描いた作品となっています。 主演の木村拓哉さんのほか、生徒役で工藤阿須加さん、川口春奈さん、林遣都さん、葵わかなさん、井之脇海さん、関西ジャニーズJr. のグループ『なにわ男子』の西畑大吾さん、富田望生さん、味方良介さん、大島優子さん、三浦翔平さん等が出演、教官役などで和田正人さん、佐藤仁美さん、NON STYLE・石田彰さん、筧利夫さん、光石研さん、高橋ひとみさん、小日向文世さんといった豪華俳優陣の出演が発表されていました。 そして、『教場』の前後編を終えてネット上では、• グランメゾンは脇役に救われていた感があったけど、今回キムタク渋くてよかったな• 男性俳優の配役が良かった。 あとキムタクが若手俳優を良さを引き出していた。 良くできたドラマだったと思う• グランメゾン東京も面白かったし、マスカレードホテルも面白かった。 ソロデビューに向けて視界良好みたいですね。 まだまだ健在ですね。 何やってもキムタク。 ってな感じでは今回無かったな。 役柄もあるけど雰囲気違ってて良かったし、ドラマの内容も秀逸だった。 最後、新入生で三浦貴大や上白石萌歌が出たけど、流石にあれだけの為の出演じゃないよね? まぁ連ドラにするより今回みたいなSP版放送の方が好評を得やすそうだけど• 木村拓哉のいつもとは違う「怪演」に引き込まれました。 シチュエーションとしてはちょっとありえないんじゃない?と思いながらもずっと見てしまいました。 面白かったです。 想像より全然面白かった。 フジテレビもこういったドラマ作れるんだから普段からもっと本気出してドラマ作って欲しい。 こういった面白いドラマを見れるならフジテレビとかも見る機会増えると思う。 前後編とも見応えがあって、面白かった。 若手俳優達の熱演はとても素晴らしかったし、それに対峙する風間教官の存在感ががっちり締めていた。 声の高さやセリフの間一つで、TV画面から緊張感がビシビシ伝わってきた。 改めて、木村拓哉の底力を見せられたかな。 風間の過去はちょっと触れられただけだったし、これは続編観たい。 などのコメントが寄せられており、続編に期待する声も多く上がっています。 同じく木村拓哉さんが主演したドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)は、 昨年12月29日放送の最終回視聴率が16. 4%(関西地区17. 2%)を記録し、 全11話の期間平均視聴率は12. 8%と好視聴率をマークし、『教場』を含めて放送開始前は色々と叩かれていたものの、共に見事な結果を残しています。 『教場』ではこれまでとは違った役柄に挑戦し好評価を得ており、3日に地上波初放送された主演映画『マスカレード・ホテル』の演技もまずまずで、こちらはまだ視聴率は発表されていないものの、10%以上の数字を獲得した可能性は高いとみられます。 そして、15%以上の好視聴率を獲得した『教場』のラストには、木村拓哉さんと公私ともに親交が深い明石家さんまさんが友情出演したほか、新たに警察学校へ入学した生徒役で、伊藤健太郎さん、三浦貴大さん、嘉島陸さん、上白石萌歌さん、佐久間由衣さんが登場しました。 現時点で続編の発表はありませんが、フジテレビドラマにしては非常に高い視聴率を獲得しており、視聴者の間でも大きな反響を呼んでいるだけに、今後スペシャルドラマもしくは連続ドラマとして続編が放送される可能性は十分あるとみられます。 木村拓哉さんは、1月8日にソロデビューアルバム『Go with the Flow』をリリースし、音楽活動で忙しくなりそうですが、今後も様々な役柄に挑戦し俳優としても活躍する姿を見せてほしいですね。

次の

教場に続編か!?まさか5人の一瞬の出演とさんまさんに笑える!

教場 続編

2020年1月4日、5日に放送されたスペシャルドラマ「教場(きょうじょう)」。 木村拓哉さん演じる警察学校の教官風間きみちかが独自のやり方で生徒たちの指導を行い、警察官の適正のないものは、容赦なく退校させていくストーリーでした。 そんな中、話題になっていたのが、風間きみちかの過去。 なんと右目が義眼なのですが、それが刑事時代の過去に起きた出来事がきっかけであることはわかったのですが、具体的に何があったのか?わからないままドラマが終了してしまったんです!えーーー。 また後編の1月5日だけの追加キャストが登場するが発表されていたのですが、非常に豪華な顔ぶれでした。 その追加キャストに関しても「絶対続編ある」と言う登場だったんです。 今回はドラマ「教場」続編がある可能性と、その理由について予想考察していきたいと思います。 ドラマ「教場」は義眼の過去が明かされず!続編で過去が判明? 「教場」は、木村拓哉さん演じる教官の風間きみちかが、その強烈なやり方で、警察官としての適正のない生徒を見抜いて、その事実を突きつけて、退校させていくストーリー。 一方で、警察官の適正のある生徒も同時に見抜いて、導いていることがラストでわかります。 大島優子さん演じる楠本しのぶ、川口春奈さん演じる菱沼羽津希、工藤阿須加さん演じる宮坂定などが該当し、厳しい指導を受けつつも、無事に卒業を迎えることができました。 もし風間きみちかの指導を受けなければ、警察官になれなかったり、警察官になったとしても、落ちこぼれていく可能性がありました。 ただ冷淡なだけでなく、立派な警察官を育てようという心があることがわかります。 そんな風間きみちかですが、前編から誰もが気になっていた、義眼になってしまった理由。 後編の結末で明かされるのかな?と思っていたら・・・なんと具体的なことはわからず終了!!!!なに!?どうして?! 知りたい!!と言う人多数でした。 しかしもう一つ続編があるのでは?と思わせるエピソードがあったんです。 以降で、説明していきます。 教場で伊藤健太郎など追加キャストが豪華すぎなのにセリフなしの無駄遣い? かねてから追加キャストが登場することが告知されていた1月5日放送の「教場」。 その顔ぶれはあまりにも豪華な人気若手俳優陣でした。 朝ドラ「スカーレット」でヒロインの息子役での出演が決まっている伊藤健太郎さん。 それた大島優子さん、川口春奈さん、工藤阿須加さんなどの生徒たちを送り出した後、新たな新人の生徒たちが警察学校に入学してきて、その教室に風間が登場するシーンでラスト。 これからも、また同じように、生徒たちの適性を見極めて、独自の指導をするのだと思わせるラストなのですが、この新入生たちが豪華すぎる伊藤健太郎さんたちだったんです。 伊藤健太郎さんといえば、木村拓哉さんの大ファンとして知られていて、本人的にはすごい感動の共演だったと思いますが、伊藤健太郎さんのファンとしては、え!?これだけの出演!?とびっくりしたと思います。 ただ、逆に、この豪華な面々での続編があるのでは??と思わせるラストシーンでもありました。 教場めっちゃおもしろい!!! これ連ドラにしてくれた方が良かったんじゃないか。 ラスト続編ありそなメンバーだったけど、これで終わりなん? スパンスパン展開はやくてよかったけど、もっとみてたかった!!! — みきゃ irmrm 教場 2日目に健太郎、もかたん、三浦貴大さんたちの追加発表したわりには 最後におまけみたいな出演の形だったので、今後続編やら番外編やら2やら何らかの形で帰ってくるのではないかと予想している。 あの出演シーンだけに集まった俳優さんたちだとはどうしても思えない。 — u 1730nkma やはりこの豪華なキャストがセリフなしのちょっとだけの登場と言うのが、続編を期待させてしまいますね。 視聴率も前編15.

次の

『教場』前後編視聴率発表。木村拓哉ドラマがグランメゾン東京に続き高い数字、続編放送に期待の声も。

教場 続編

続編は視聴率次第かもしれない ここまでは続編・シリーズ化する理由についてまとめてきましたが、結局のところ視聴率が大きな鍵を握っていそうです。 ドラマ『教場』の視聴率はまだ発表されていないので、情報が出たらもう少し詳しく追記していきますね。 ちなみに、 「視聴率が高い!」と評価される基準は、15%以上のようです。 「ゴールデンタイム(19~22時)でいえば、2ケタの視聴率を取れば番組が終わることはまずありません。 数年前までは12%が合格かどうかの境目でしたが、さらに下がりました。 1ケタでも、長寿番組であったり大物タレントを起用していたりすれば、様子見しようとなります。 今、局内で『よくがんばっている』と認められる数字は13. 5%以上。 15%を越えればヒットと認識され、20%を越えたら大ヒット。 寂しいですがこれが現実ですね」 近年、テレビの視聴率が下がり続けている流れを受け、視聴率の考え方も変化しつつあるようですね。 ということで、 教場の視聴率が15%を超えてきたら続編やシリーズ化を期待して良いのかもしれません。

次の