肺気腫 の 症状。 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

肺気腫の原因とは? 寿命・生存率は?

肺気腫 の 症状

タバコを吸い続けていると、タバコの有害物質によって肺がボロボロになり、穴ぼこだらけになっていきます。 このような病気を、肺気腫といいます。 肺気腫では肺や気管支の壁がボロボロになり、息を吐きだす時にすぐにペチャンコになってしまって上手く吐き出せなくなってしまいます。 このため呼吸機能が落ちてしまうため、COPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれています。 「タバコを吸い続けたときの症状は?」と聞かれてみなさんが思い浮かぶのは、• 痰 この2つだと思います。 これらは肺気腫(COPD)をはじめとして、肺の病気の大部分でみられます。 悪化すると息が苦しくなってきて病院を受診する人が多いです。 それだけでなく実は、肺でおこった炎症が全身に広がって、• 栄養障害• 骨格障害• 心臓や血管障害• 精神障害 などの全身の病気がCOPDから生じることがわかってきています。 ここでは、肺気腫(COPD)の症状について詳しくお伝えしていきます。 タバコを吸っていれば咳や痰は当たり前・・・で終わらせずに、肺気腫(COPD)で生じる可能性がある症状について確認してみてください。 1.肺気腫 COPD での一番多い症状は? 咳と痰が圧倒的に多いです。 さらに悪くなると、動くことでの息苦しさが出現します。 これらがゆっくりと進行していくことが肺気腫の特徴です。 タバコを吸い続けている人は、• ずっと続く咳• 一日中痰がらみ• 動いた時の息切れ などありませんか?これらは肺気腫の症状の一つです。 肺気腫の恐ろしいところは、これらの症状がゆっくりと進行していくことです。 このため典型的な身体所見も重症になって初めて現れることが多いため、早期に気づきにくいことが特徴です。 特にタバコを吸ってる人は、周りの人も吸ってることが多いです。 タバコ仲間も咳していたり痰が多いとなると、まぁこんなもんだろうと気にせずに流してしまいます。 これらが重症になると、COPDでは息苦しさが徐々に出現します。 息苦しさも急にではなく、徐々に来るのがこの肺気腫の厄介なところです。 COPDの重症度での息苦しさの変化をみてみましょう。 軽症:坂道や階段歩行、早歩きで息切れがあるが、苦痛はない。 中等症:同世代と並んで平地を歩くと自分だけ遅れる。 重 症:着替えや洗面などの日常動作でも息切れがする。 これをみると、「重症になる前に気が付くんじゃない?」と思うかもしれませんが、ゆっくり息苦しさがすすむと気が付かない人も意外といます。 これらを評価する息切れの程度の指標として、修正MRC(mMRC)息切れスケール質問票があります。 この表を活用して数値化しながら、COPDの状態を評価します。 グレード分類が0であっても大丈夫というわけではありませんので注意してください。 肺気腫は現在、日本では約530万人程度がいるといわれる国民病です。 つまりタバコ仲間がみんな同じような症状だから大丈夫ではなく、みんなすでにCOPDの可能性が高いのです。 2.肺気腫 COPD で急に症状が悪化するケースとは? ばい菌に感染した場合、急に悪化することは多々あります。 タバコが吸っている人は、なぜ咳や痰が多いのでしょうか?これはタバコの煙の有害物質を外に出そうと、体が防御反応を示しているためです。 さらにタバコで肺がやられると、どのような問題が起こるでしょうか?一番の問題は、息を吐いたり、吸ったりする力が弱まってしまうことにあります。 普通の人では咳や痰を出さなくても、ばい菌が入ってきたらすぐに吐いた息で飛ばされます。 しかしながら肺気腫の人では、少しでもばい菌が入ってくると、咳や痰で外に頑張って出さなければなりません。 COPDでは、肺全体がもともと炎症で燃え盛っています。 そんなところにばい菌がつくと、少しでも外に追い出せないと急激に悪化してしまいます。 これをCOPDの急性増悪といいます。 タバコで炎症がくすぶってるところにばい菌がついて、さらに炎症が悪化してしまいます。 体の防御反応も弱いので、咳や痰で一生懸命沈静化しようとしてもできません。 こうしてただの風邪でも、入院しなければならないくらい悪化することが多いです。 こうしてCOPDの急性増悪で燃え広がった肺は焼け野原のようになり、急性増悪前の状態よりも呼吸状態がさらに悪化します。 そうなると、さらに感染しやすくなるという悪循環に陥ります。 こうなってしまうと、退院しては入院を繰り返してしまう負のスパイラルに陥ってしまいます。 3.肺気腫 COPD で肺以外の症状はないのか? COPDは、肺の炎症を契機に全身に炎症がひろがる病気と考えられてます。 タバコを吸ったら呼吸器の症状が出る…ここまではある程度予想できるかと思います。 しかし最近になって、肺気腫は肺の炎症を契機に、全身に広がる病気だと考えられてきてます。 肺で炎症が燃え広がってすぐに沈静化できれば良いのですが、肺が燃えてる状態でタバコという燃化物を投与し続けると、肺で収まらず全身に炎症がひろがります。 炎症物質が、COPDの人では高値になることが研究でも示されています。 炎症反応が高いことで、• 骨粗しょう症• 骨格や筋障害• 心臓や血管障害• 腹部の消化管障害• 代謝障害• メンタルの障害 など様々な障害が出現します。 それぞれどのような障害があるか細かく確認しましょう。 3-1.骨粗しょう症 骨粗しょう症は、骨がもろくなる病気です。 COPDの方の3分の1に発症します。 骨粗しょう症は、骨がカルシウム不足となりスカスカになる病気です。 発症すると腰痛や背部痛などをきたし、最悪圧迫骨折で動けなくなってしまう病気です。 最近の研究では、この骨粗しょう症がCOPDの3分の1に発症すると報告されています。 はじめは、COPDが急性増悪した場合に炎症を抑えるために使われるステロイドの副作用が疑われました。 しかしながら、ステロイドを使用していない患者さんでも多くの人が骨粗しょう症になることがわかってきました。 肺で燃え広がった炎症物質が骨に燃え広がっていることが懸念されています。 骨も炎症物質で燃えてしまい、どんどん弱くなってしまうのです。 同時にタバコ吸いの人は、栄養状態が悪いことが多々あります。 骨を作るのに関与するビタミンDやカルシウム不足が心配されています。 最近腰が痛いなぁっていう人は、もしかしたらCOPDの兆候かもしれません。 3-2.骨格や筋障害 COPDでは筋力が衰え、やせ形の人が多いです。 肺気腫の炎症が筋肉に燃え移ると、筋力がどんどん衰えていきます。 特に分かりやすいのが足の筋力です。 足の筋力が衰えると歩くのも大変になります。 さらにエンジンである肺自体もタバコでボロボロのため、さらに動くのが大変です。 息切れはするし、足は重いし…といって動かなくなってしまい、ベッドでゴロゴロする生活が多くなります。 そしてさらに悪化すると、全身の筋力が低下してしまいます。 COPDの人は骨と皮だけの様な状態の人が多いですが、これは筋肉が肺気腫の炎症で燃えてしまうことが影響しています。 また、先ほどの骨粗しょう症の場合と同じように、栄養が偏ってる人が多いのも影響しています。 タバコとお酒で生きているという人は、筋力がほとんどなくなってしまいます。 3-3.心臓や血管障害 COPDは、心筋梗塞や心不全、不整脈の方が非常に多いです。 肺と心臓は非常に密接な臓器です。 肺で酸素がとらないとなると、心臓がその分頑張って酸素を取り込んだ血を全身に回そうとします。 持久走とかで走った時に、はぁはぁ息が切れて心臓がバクバクするのが分かると思います。 これは肺が一生懸命息を取り込んでいると同時に、心臓も一生懸命酸素を全身に供給しているのです。 持久走をしているときは、休憩すれば徐々に動悸も収まってきます。 しかし肺気腫の場合はそうはいきません。 肺が常に酸素が取り込みづらい状態なので、心臓が常に働き続けなければならないのです。 心臓が頑張って、頑張って、頑張り続けて…心臓は休むことはできないので、24時間常に頑張り続けます。 そうするとさすがの心臓もばててきます。 これが心不全という病態です。 具体的には右心不全が多いです。 右側の心臓の動きは、主に血液が戻ってくるのを受け止める仕事をします。 つまり右心不全は、戻ってきた血液を受け止めきれずに渋滞させてしまう病態です。 渋滞した血液はどうなるのでしょうか?最初は高血圧として認められることが多いです。 その状態が続くと、血管からじわじわと外に水分が出ていきます。 これが結果としてむくみを起こします。 さらに悪化した状態だと、肺に水が溜まっていきます。 こうなると息が苦しくなってきます。 息が苦しくなるとさらに心臓は頑張りますが、またへばってしまって息苦しくなるという悪循環になります。 こうなると、心臓のリズムもおかしくなり出します。 これが不整脈となります。 一定のリズムで血液が送られないと、心臓内で血の塊ができてしまいます。 血の塊ができてしまうと、脳や心臓にとんだ時に詰まってしまい、その部位が壊死してしまいます。 これが脳梗塞や心筋梗塞となります。 肺が狂いだすと全てが狂いだすのです。 3-4.腹部の消化管障害 胃潰瘍や逆流性食道炎がCOPDの方には多いとされています。 COPDの人は、胃潰瘍の合併率が非常に高いことがわかってます。 理由としては、• タバコの煙が胃に行くことで直接傷つける• 肺での炎症が胃に行くことでのストレス• 低酸素状態と低栄養で十分に胃の健康状態が保たれない• 治療薬による影響 など様々なことがいわれています。 人間は一つの臓器が壊れると、いろんな臓器がそれを補おうとして影響が出ます。 胃も例外ではありません。 また逆流性食道炎も、非常に多くの肺気腫の方に認めます。 これは横隔膜の筋力がなくなったり、肺が穴ぼこだらけで膨らんだ影響が考えられています。 逆流性食道炎は、括約筋の低下で胃液が逆流する病気です。 食後の胸やけが最も多い症状です。 タバコを吸って胸やけがする人は、ただのお酒の飲みすぎや食べ過ぎではないかもしれません。 3-5.代謝障害 COPDの人は糖尿病や高脂血症になりやすいとされています。 COPDは糖尿病の危険因子として最近注目されています。 実に正常の人の1. 5倍糖尿病になりやすいといわれているのです。 肺で燃え上がった炎症がストレスになり、糖尿病が発症するといわれています。 さらに高脂血症や痛風も肺気腫の人は多いとされています。 これらは、タバコ吸いの人が不摂生な食事をしてる影響だといわれています。 タバコを吸っている人が糖尿病にかかったら、COPDを疑うことお勧めします。 3-6.メンタルの障害 COPDの末期の人は、半分以上の人がうつ状態といわれています。 息ができない、苦しいというのは、非常につらい症状の一つです。 これらの症状が出てきた人は、動くのも億劫になり家から出てこなくなることが多いです。 こうなってくると、• 息が苦しいことでのストレス• 病状が徐々に進行することの不安• 社会的な孤独感や不安• 動くことが制限されることでのいらだち が原因で抑うつ状態になることもあります。 これは病状が進行すればするほど、高頻度になります。 まとめ• 肺気腫 COPD はタバコを吸い続けることで、多くの場合咳や痰が初期症状で出現します。 肺気腫 COPD は進行するにつれて労作時の息切れがあります。 しかし症状はゆっくりと進むため気が付きづらいのが特徴です。 肺気腫 COPD は防御力が弱まるためばい菌にかかると急激に悪化します。 肺気腫 COPD は肺の炎症を契機に全身に症状が出現する病気です。 タバコを吸っている人が咳や痰をきっかけに病院に行った場合はCOPDと診断されやすいです。 一方で、骨粗しょう症や糖尿病をきっかけに病院を受診した人は、そこからCOPDが疑われることは少ないでしょう。 医師100人にタバコを吸い続けてよいか聞いたら、ほぼ全員の医師が禁煙を指示すると思います。 しかし、COPDの可能性を指摘してやめるようにまで伝えてくれる医師はそう多くないかもしれません。 タバコを吸ってる人はぜひこの文章の症状で思い当たる節があるのならまず病院でしっかりと診断を受けましょう。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

肺の病気「COPD」かどうかがわかる初期症状チェック

肺気腫 の 症状

肺気腫とは?症状は? 肺気腫の症状は 肺の弾力性が低下して気道が正常に動かなくなるので、肺を使った活動がしづらくなります。 肺が空気を押し出せない状態になってしまうので、呼吸がしにくくなるのです。 そうなることで 息切れが多発するようになります。 また、気管支も炎症が発生しているので 咳や痰がたくさん出るようになって、体力や体温が低下しやすくなり、肺炎・風邪・気管支炎といった病気を引き起こしやすくなるのでしょう。 さらに、息切れが多発するようになって 体力も低下するので運動能力も低くなり動くのがつらくなっていきます。 階段の上り下りさえしんどくなるでしょう。 この状態からもっと悪化すると肺が正常に動かなくなるので、呼吸困難になって意識障害が発生することもあります。 肺気腫の原因は?タバコやストレス? 肺気腫の患者の80〜90%の人たちは喫煙歴があると言われており、 タバコを吸っている人は発症する可能性が高いと言われております。 ただし、タバコを吸っているすべての人が肺気腫になるわけではありません。 それでも、 タバコを吸い続けると肺胞は段々と壊れていくので発症する確率は間違いなく上がると言えるでしょう。 喫煙者の3割が肺気腫になるリスクがあるといわれていますので、タバコはやっぱり避けたほうがいいでしょう。 あとは、 大気汚染・環境・体質・年齢などが原因となることもあるでしょう。 これらの要因が複合的に積み重なることで発症する確率が高まっていくようです。 それ以外には過労・栄養不足・精神的なストレスが積み重なることでも肺気腫になる確率が高まると言われているようです。 肺気腫の検査・診断法はレントゲン? 肺気腫の症状である息切れや呼吸困難は他の病気でも引き起こされるので、それだけでは判断できません。 そのためには レントゲン写真・CT写真・血液検査・呼吸機能検査などを行うことになるでしょう。 病院によって細かいやり方は異なっているようですが、写真で異常な陰影がでているなら疑われますし、それに肺機能検査において努力性肺活量で引っ掛かってしまうと高確率で肺気腫と言われることと思われます。 肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の重症度は? 肺気腫は別名慢性閉塞性肺疾患で、医師の説明ではCOPDという言葉を使うことのほうが多いでしょう。 これはChronic(慢性)Obstructive(閉塞性)Pulmonary(肺)Disease(疾患)の頭文字をくっつけた言葉です。 このCOPDの検査において呼吸機能検査を行う際はスパイロメーターを使うことになります。 この検査は1秒量を努力肺活量で割って出た割合をパーセント表示にしたものです。 この値が小さければ小さいほど重症度が高いと考えられます。 この重症度が先ほどの計算式によって当てはめられていくのです。 大気汚染物質や有害な粒子を大量に吸い込み続けた結果発生するのがCOPDですが、日本ではたばこの煙の吸入がほとんどの原因となっていますので、タバコを止めることでリスクは一気に減少します。 肺気腫の治療法は? 肺気腫の治療方法なのですが、 これは治す薬が無いので治療というよりはこれ以上の悪化を食い止めるのが基本となるようです。 Sponsored Link その 治療の中心は薬物療法となるようですが、それに合わせて タバコを吸っている人は禁煙を言い渡されるでしょう。 この病気はタバコが主な原因となることが多いので、禁煙は必須なのです。 ただし、この禁煙がどうしてもストレスとなってしまっている方が多くて、いろいろと治療中の方は苦労しているようですよ。 また、処方される薬は痰を切れやすくする薬で気道のクリーニングを行い、気管が狭まっている人は気管支拡張薬も処方されるようです。 あとは、体力が著しく低下している人も多いので、 運動を行うことも促されるようです。 また、喉の炎症がひどい人は普通の食事ができなくなっていることも多いので点滴やサプリメントを渡されることもあります。 肺気腫の手術について 肺気腫は治療することができないある意味不治の病と言われていましたが 、最新治療は肺容積減少術 LVRS と呼ばれている手術のようです。 これは岡山大学が発表したもので、肺の一部を切除して横隔膜などが動ける場所をつくって症状の改善を狙うというものなのですが、重症患者に対して効果があったと言われており、大注目となっているようです。 ただし、 肺気腫の治療法は確立されているわけではないので、その手術が完成されているものかどうかまでは言い切れないでしょう。 他の外科手術として肺の移植手術を行うというものもありますが、日本では臓器提供の制限がかなり厳しくなされているので実例もまだまだ少ないようです。 肺気腫の生存率や寿命は? 肺気腫は不治の病と言われており、末期患者は高確率で早くなくなると言われております。 あらゆるデータを収集したわけではありませんが、いろいろなサイトを確認したところ、 言われている説で一番多いのは肺気腫になった場合は大体10~15年生存しているといったものでしょう。 しかし、 初期症状の段階で進行を食い止めることができれば、寿命は普通の方々と変わらないものとなるようです。 ちなみに、酸素マスクを使っても呼吸をすることが難しくさらに通常の食事はほとんどできないレベルまで悪化しているのなら、1年もたずに死亡してしまうと言われています。 医療の進化は進んでいるので、手術方法も見つかりつつありますが、それでも治るものではないので危険なものと考えておいた方がいいように思います。 アイコスは肺気腫に有効? iQOS アイコス は2015年9月から発売開始になったいわゆる最近の電子タバコです。 このアイコスを使えば肺に入る有害物質の数が通常の紙タバコよりも少ないと言われているので、どうしてもタバコを我慢できない人はこのような電子タバコに切り替えている人が多いようです。 しかしアイコスもニコチン量が少ないといった面もありますが、 タバコはタバコなので肺気腫に有効というわけではありません。 実験データとして肺気腫もアイコスなら問題ないというものを提供しているものもありましたが、これはマウスを用いての実験結果なので、推奨できるものではないでしょう。 従いまして、たとえ有害物質が少ないと言っても禁煙するのが正解なので、止めることを第一に考えた方が良いと思います。 若年性肺気腫とは? 若年性肺気腫は定義上55歳以下で発症した肺気腫です。 肺気腫は500万人以上の患者が日本だけでもいると言われているのですが、基本的に若年性の肺気腫はかなり少ないと言われています。 若くして発症してしまう理由は、もちろん喫煙なのですが、肺炎や喘息になったことがある人は発症確率が高くなっていると言われています。 若年性であったとしても治療法は確立されていないので、この病気になったらまず症状が進行しないように禁煙をするようにしましょう。 また、弊害として合併症を引き起こす確率も高くなり消化器系疾患や循環器系疾患になってしまう可能性があるでしょう。 肺気腫になると呼吸がうまくできなくなるので運動も極端にしなくなって体力が低下しがちです。 若いうちから体力が低下してしまうと病気になる確率が高まるので、肺気腫と言われたらすぐに禁煙して体力を取り戻すようにした方が良いと思います。 さらに、ただの風邪でも肺炎になってしまうこともあるので、まず風邪をひかないように最大限の風邪予防を行うようにしましょう。 肺気胸に関しましては次のページを参考にしてください。 肺気腫の原因はタバコやストレス?症状や治療法・生存率は?まとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は肺気腫について記載させていただきました。 肺気腫は治療方法が確立されていない非常に厄介なものですが、タバコを吸わなければ発症する確率もかなり下がるので、今喫煙している方も少しずつ本数を減らす努力をしましょう。 禁煙によるストレスが溜まっていろいろと弊害が出るかもしれませんが、タバコを吸うことで引き起こされる病気の方がいろいろと尾を引くようですので、健康についても考えるようにしましょう。 カテゴリー•

次の

肺気腫とは(症状・原因・治療など)|ドクターズ・ファイル

肺気腫 の 症状

- 目次 -• 肺気腫のメカニズム それでは、肺気腫発症のメカニズムを見て行くことにしましょう。 タバコや環境汚染などの有害物質が気管支や肺胞に著しいダメージを与え、実際に気管支は狭くなり、肺胞が損傷します。 そうなると、ガス交換機能である酸素の取入れや二酸化炭素の排出に障害が起きます。 つまり、肺気腫は肺特有のガス交換機能を阻害することになります。 肺気腫で気管支が狭くなるのは、気管支が炎症を起こすことによって、気管支の表面が硬化することと、厚みを増すことで空気の流通に支障をきたします。 炎症がさらに進むと、痰が気管支に絡むようになり、呼吸するのが辛くなるのです。 一方の肺胞のほうですが、続く炎症のために肺胞の壁が徐々に壊れ始め、ガス交換機能が働かなくなります。 肺気腫はこのように気管支が狭くなることと、肺胞が壊れる病気で、これが呼吸障害を起こすメカ二ズムです。 肺気腫の検査と診断 まずは初期症状の有無を確認した上で、喫煙歴をチェックします。 肺気腫の患者さんの胸に聴診器をあてると、喘鳴音や吐き出す息の長さ、首から肩、胸の筋肉を使って呼吸をしている様子などから、肺気腫を疑います。 それを確定するのが、気道の閉塞状況を見るスパイロメトリー検査です。 スパイロメーターという肺活量計で、Maxまで息を吸い切った量と、最後まで息を吐き出した量の比較で、吐き出した量が吸った量のどの程度のパーセントになるかをはじき出します。 肺気腫が疑われるのは、 %肺活量が70%以下になった場合で、このようにスパイロメトリー検査は肺気腫の診断に欠かせない検査です。 次に挙げるのは、胸部X線検査、CT検査です。 胸部X線では肺の拡大状況をチェックし、CT検査では肺や肺胞の状況をチェックします。 特にCT検査では血管の陰が、正常人に比較して減少しているのが見られ、これによっても肺気腫の診断ができます。 肺気腫の治療 肺気腫の治療については長期管理が必要になります。 というのも、肺気腫は元に戻ることがありません。 治療するにあたり、肺気腫の増悪因子である喫煙、汚染空気の吸入、感染などを除去しなければなりません。 例えば、呼吸訓練として腹式呼吸や、呼気時にろうそくの火を消すようにする息遣いをしたり、運動療法として、息切れを意識しながらの散歩をしたりすることが大切になります。 治療は 気管支拡張剤や去痰剤の吸入や服薬、気管支炎などの感染症対策での抗生物質の処方、合併症が心配される肺性心に対する塩分や水分のコントロール、さらに利尿剤の処方が大事になります。 慢性安定期で低酸素血症が強い場合、労作時に同じように低酸素血症が見られる場合には、酸素ボンベや酸素富化器を用いた酸素吸入を行います。 それから、感染などが原因で呼吸状態が悪くなり、低酸素血症や高炭酸ガス血症になった場合は、人工呼吸器による管理が必要になります。 肺気腫との付き合い 肺気腫と診断されたら、喫煙は絶対にやめなければなりません。 風邪やインフルエンザの流行に際しては、接触を避けることを第一に外出は禁止です。 冷気や粉塵、汚染空気との接触も避けなればなりません。 当然、うがいは励行し、呼吸筋を鍛えるために、腹式呼吸をしっかりマスターします。 いずれにしても、肺気腫は早期発見、早期治療が原則になりますので、長期間の喫煙者は、肺気腫の予後が悪いだけに、咳、痰、呼吸に異常を感じたら、すぐに医師の診断を受けるべきです。 カテゴリから探す•

次の