男性演歌歌手 歌唱力 ランキング。 現役の演歌歌手で、今いちばん歌が上手な歌手は誰だと思いますか?男性...

邦楽男性ボーカリスト歌唱力ランクwwwwww

男性演歌歌手 歌唱力 ランキング

お年寄り世代だけに限らず、幅広い世代から人気を集めている 「演歌」。 こぶしのきいた特徴的な歌い方と、心に迫る歌詞が魅力です。 とくに演歌は高い技術力を持った歌手が歌うことが多く、何年たっても老若男女問わず認知度が高い名曲が数多くあります。 また、演歌はポップソングと肩を並べるほどカラオケなどでの人気も高く、どの世代でも関係なく盛り上がれるのも魅力のひとつです。 さらに近年は、若い歌手や海外シンガーからも注目されるなど、 日本特有の「演歌」の文化が世界に広がりつつあり、脈々とその文化が受け継がれていっています。 そこで、今回はカラオケで盛り上がることができるおすすめの演歌の名曲をランキング形式で紹介します。 演歌が好きな人も、あまり詳しくない人も、誰でも楽しめる演歌の世界を味わってみてください。 演歌は盛り上がる!その理由とは 若い人にはあまり馴染みがないように思われる「演歌」。 実は演歌は職場の飲み会や忘年会といった場で盛り上がる曲として最適な音楽ジャンルなのです。 演歌は老若男女問わず知っている人が多く、 音程やリズムも比較的取りやすいのが特徴です。 また、お祭りなどに起用される曲も多数あるので、演歌の音楽ジャンルに詳しくない人でも一緒に盛り上がることができるのです。 演歌は 独特の「こぶし」が効いた歌い方が特徴的で、力強さやダイナミックさを表現できます。 ご年配の人でも若い人でも、思いっきり歌える音楽ジャンルなので、みんなで一緒に歌うのもおすすめです。 そんな魅力満載の演歌を、カラオケの定番曲のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。 【女性歌手編】カラオケで歌いたい演歌ランキング 盛り上がる演歌のなかでも、ぜひ覚えておきたい女性歌手の楽曲を紹介します。 繊細で細い歌声になりやすい女性にもかかわらず、 確かな歌唱力と圧倒的な声量を備えた名歌手たちが演歌界にはたくさんいます。 近年有名になった曲なども多数あるので、ぜひ聴いてみてください。 10位「おもいで酒/小林幸子」 無理して飲んじゃ いけないと 肩をやさしく 抱き寄せた あの人 どうしているかしら 噂をきけば あいたくて おもいで酒に 酔うばかり 演歌歌手といえばこの人、と名前が挙がる 小林幸子が歌う1曲「おもいで酒」。 いつかの夜に出会った男性を思う女性の切ない歌詞が印象的ですね。 演歌においてテーマになることが多い 「お酒」と「恋愛」が盛り込まれた名曲です。 9位「ふたり酒/川中美幸」 生きてゆくのが つらい日は おまえと酒が あればいい 飲もうよ 俺とふたりきり 誰に遠慮が いるものか 惚れたどうしさ おまえと ふたり酒 2人きりでお酒を楽しむ男女を歌った1曲、 川中美幸の「ふたり酒」。 2人だけにしかわからない親密な関係がうかがえますね。 8位「また君に恋してる/坂本冬美」 また君に恋してる いままでよりも深く まだ君を好きになれる 心から CMソングとしても有名になった1曲、 坂本冬美の「また君に恋してる」。 演歌に詳しくない人でも「坂本冬美」の名前は知っている、というほど、彼女の名前を一躍有名にした楽曲です。 カラオケランキングでも長い間上位をキープしている大ヒット曲です。 7位「舟歌/八代亜紀」 お酒はぬるめの燗がいい 肴はあぶったイカでいい 女は無口なひとがいい 灯りはぼんやり灯りゃいい 八代亜紀の「舟歌」。 こちらもCMソングとして有名で、長年愛され続けていますね。 演歌とは切っても切れない関係にある「お酒」と「唄」をテーマに綴られた1曲です。 6位「人生いろいろ/島倉千代子」 笑いばなしに涙がいっぱい 涙の中に若さがいっぱい 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 他の演歌曲に比べると少しポップな印象の1曲、 島倉千代子の「人生いろいろ」。 タイトルにもなっている「人生いろいろ」のフレーズで有名となり、さまざまなテレビ番組で起用されています。 5位「魅せられて/ジュディ・オング」 Wind is blowing from the Aegean 女は海 好きな男の腕の中でも違う男の夢を見る Uh- Ah Uh- Ah- 私の中でお眠りなさい 妖艶な魅力を持った女性を歌った1曲、海外アーティスト、 ジュディ・オングの「魅せられて」。 女性の怖さ、奥深さがよく表れており、当時には大変な大ヒットを記録しました。 4位「川の流れのように/美空ひばり」 ああ 川の流れのように ゆるやかに いくつも時代は過ぎて ああ 川の流れのように とめどなく 空は黄昏に 染まるだけ 昭和の名歌手 美空ひばりが歌った、いまでも色あせることのない名曲 「川の流れのように」。 彼女の伸びやかかつ力強い歌声と絶妙にマッチした歌詞が人気です。 3位「津軽海峡・冬景色/石川さゆり」 私もひとり 連絡船に乗り 凍えそうな鴎見つめ 泣いていました ああ 津軽海峡冬景色 石川さゆりの代表曲のひとつである 「津軽海峡・冬景色」。 寒々しい冬の景色と、女性の切ない心情がうかがえますね。 サビでこぶしをきかせて力強く歌い上げたい1曲です。 2位「夜桜お七/坂本冬美」 さくら さくら いつまで待っても 来ぬひとと 死んだひととは 同じこと さくら さくら はな吹雪 燃えて燃やした 肌より白い花 浴びてわたしは 夜桜お七 力強さとテンポの良さで人気を集めている1曲、 坂本冬美の「夜桜お七」。 サビの「いつまで待っても来ぬひとと死んだひととは同じこと」という歌詞がお七の明快で、はっきりとした性格を表しています。 1位「天城越え/石川さゆり」 舞い上がり 揺れ落ちる 肩の向こう あなた…… 山が燃える 何があっても もういいの くらくら燃える 火をくぐり あなたと超えたい 天城越え 老若男女問わず知名度の高い 石川さゆりの「天城越え」。 石川さゆりならではののびやかな歌声が存分に活かされた1曲で、カラオケでのランキングも常に上位をキープしています。 女性歌手が歌う演歌といえば天城越え、と名前が挙がるほどの有名曲が1位にランクインしました。 【男性歌手編】カラオケで歌いたい演歌ランキング 続いては男性歌手が歌うおすすめの演歌をランキング形式で紹介します。 男性の 力強い歌声に、ダイナミックさが加わった演歌の魅力を存分にお楽しみください。 10位「酒と泪と男と女/河島英五」 飲んで 飲んで 飲まれて 飲んで 飲んで 飲み潰れて 寝むるまで 飲んで やがて男は静かに 寝むるのでしょう 河島英五が歌う「酒と泪と男と女」。 お酒の力を借りたくなってしまうほどの辛さ、悲しみを想像させる切ない1曲です。 9位「昔の名前で出ています/小林旭」 京都にいるときゃ 忍と呼ばれたの 神戸じゃ渚と名乗ったの 横浜の酒場に戻ったその日から あなたがさがして くれるのを待つわ 昔の名前で 出ています 俳優の 小林旭が歌う代表曲「昔の名前で出ています」。 意味深なタイトルに、ミステリアスな女性像が目に浮かびますね。 8位「兄弟船/鳥羽一郎」 たったひとりの おふくろさんに 楽な暮らしを させたくて 兄弟船は 真冬の海へ 雪の簾を くぐって進む 暑いこの血はヨ おやじゆずりだぜ 昭和歌謡曲の名手、 鳥羽一郎が歌う「兄弟船」。 兄弟の絆と母親への思いやりが伝わってくる1曲です。 7位「海雪/JERO」 あなたを追って 出雲崎 悲しみの日本海 愛を見失い 岸壁の上 落ちる涙は 積もることない まるで 海雪 海外の演歌歌手として話題になった JEROが歌う「海雪」。 彼のこのデビュー作は、ヒップホップ調なメロディが老若男女問わず人気になりました。 とくに若い人が歌っている演歌曲ということで、同世代の層からも支持を集めていますね。 6位「さそり座の女/美川憲一」 いいえ私は さそり座の女 お気のすむまで 笑うがいいわ あなたは遊びのつもりでも 地獄のはてまで ついて行く 曲の冒頭からインパクトのある歌詞が有名な1曲、 美川憲一の「さそり座の女」。 紅白歌合戦などでも何度も披露されており、独特の歌詞が根強い人気を誇っていますね。 5位「俺ら東京さ行ぐだ/吉幾三」 テレビも無ェ ラジオも無ェ 自動車もそれほど走って無ェ ピアノも無ェ バーも無ェ 巡査毎日ぐーるぐる 朝起ぎて 牛連れで 二時間ちょっとの散歩道 電話も無ェ 瓦斯も無ェ バスは一日一度来る コミカルな歌詞が今でも人気な一曲、 吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」。 演歌には珍しい「クスリと笑える」1曲で、ポップス寄りの愉快な楽曲となっており、バラエティ番組などでもよく耳にします。 4位「きよしのズンドコ節/氷川きよし」 風に吹かれて 花が散る 雨に濡れても 花が散る 咲いた花なら いつか散る おなじさだめの 恋の花 氷川きよしのデビュー曲、「きよしのズンドコ節」。 若さと甘いルックスで話題を集めましたが、演歌歌手としての技術も一流です。 カラオケでは歌っている人の名前を合いの手で入れると盛り上がります。 3位「まつり/北島三郎」 祭りだ 祭りだ 祭りだ 豊年祭り 土の匂いの しみこんだ 伜 その手が 宝物 お祭りといえばこの曲!といわれるほど有名な1曲、 北島三郎の「まつり」。 紅白歌合戦などでも定番の楽曲で、飲み会などイベントで披露すれば盛り上がること間違いなしです。 2位「襟裳岬/森進一」 北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち 老いぼれてしまうから 黙りとおした歳月を ひろい集めて 暖めあおう 襟裳の春は 何もない春です 森進一の代表曲のひとつでもある 「襟裳岬」。 この曲は約100万枚のレコードを売り上げ、大変話題になりました。 1位「北酒場/細川たかし」 北の酒場通りには 長い髪の女が似合う ちょっとお人よしがいい くどかれ上手な方がいい 今夜の恋は煙草の先に 火をつけてくれた人 からめた指が運命のように 心を許す 北の酒場通りには 女を酔わせる恋がある 一夜限りの恋ともいうべき男女の関係を綴った1曲、 細川たかしの「北酒場」。 酒や男女の関係など、演歌の真骨頂が詰め込まれています。 カラオケうたてんの関連記事! 【番外編】おすすめの演歌デュエット曲ランキング 通常の演歌とは少し異なっているのが 「デュエット曲」。 基本的に男女二人で歌える楽曲が多く、カラオケでデュエットすれば盛り上がること間違いなしの名曲の数々です。 若い人には馴染みがない曲も多いかもしれませんが、身近なお年寄りには定番の名曲演歌なので、ぜひ覚えて一緒に歌ってみてください。 演歌のデュエット曲は、 特に男女の掛け合いなどを綴った歌詞に注目です。 5位「麦畑|オヨネーズ」 二人の心は 沈む夕陽に 真赤っ赤に染められて 俺らで ええのか 俺らおめえで ええてば 愛の花咲く 麦畑 男女が想いを伝え合う姿が綴られた1曲、 オヨネーズの「麦畑」。 デュエットならではの男女の掛け合いが魅力的で、当時は大変な大ヒットを記録しました。 4位「浪花恋しぐれ/都はるみ&岡千秋」 凍りつくよな 浮世の裏で 耐えて花咲く 夫婦花 これが俺らの 恋女房 あなたわたしの 生き甲斐と 笑うふたりに 笑うふたりに 浪花の春がくる こちらもデュエットを生かした掛け合いが楽しめる1曲、 都はるみと岡千秋の「浪花恋しぐれ」。 男女それぞれのパートが台詞のようで面白いですね。 3位「男と女のはしご酒/武田鉄矢・芦川よしみ」 (女)約束してねナオキ (男)心はいつもキョーコ (男女)いつまでもうしろから ついて行きたいの (女)男はあなたナオキ (男)女はきみさキョーコ (男女)夜はまだ早いから せめてはしご酒 海援隊でお馴染みの 武田鉄矢と芦川よしみが歌う1曲「男と女のはしご酒」。 演歌にしては少しポップな言葉遣いが新鮮で、当時の若い世代の人気ナンバーでした。 2位「居酒屋/五木ひろし&木の実ナナ」 名前きくほど 野暮じゃない まして 身の上話など そうよ たまたま 居酒屋で 横にすわっただけだもの 絵もない 花もない 歌もない 飾る言葉も 洒落もない そんな居酒屋で 「一期一会の男女の出会い」を綴った1曲、 五木ひろしと木の実ナナの「居酒屋」。 しっとりと歌い上げられた演歌独特の雰囲気をお楽しみください。 1位「3年目の浮気/ヒロシ&キーボー」 (女)馬鹿いってんじゃないわ (男)馬鹿いってんじゃないよ (女)あそばれてるのわからないなんて かわいそうだわ (男)3年目の浮気ぐらい 大目にみろよ (女)ひらきなおる その態度が気にいらないのよ (男)3年目の浮気ぐらい 大目にみてよ (女)両手をついてあやまったって 許してあげない 演歌のデュエット曲の中でも有名な1曲、 ヒロシとキーボーの「3年目の浮気」。 ポップスのようにテンポのいいメロディと、痴話喧嘩のような男女のそれぞれの台詞が魅力です。 老若男女で演歌を熱唱して盛り上がろう! 音楽にはロックやポップスなどさまざまなジャンルがあります。 なかでも演歌は老若男女とわず知っている人が多いジャンルなので、 飲み会やカラオケなどイベントの場ではみんなで盛り上がりやすいのが特徴です。 今回ご紹介した楽曲のなかでも上位にランクインしているものは、若い人でも知っている楽曲が多かったのではないでしょうか。 演歌というとどうしても若い人には縁遠いものに感じられることも多いかもしれませんが、実は若い人にもファンの多い演歌。 演歌は比較的単純な曲調ですが、 リズムの中に隠された圧倒的なパワーとダイナミックさがポップスなどにも生かされます。 また、演歌の歌い手は高い技術力を持った人が多く、歌い方を真似るだけでも 歌唱力アップが期待できます。 演歌を歌いこなせるようになると、自然とテクニックも身につくのです。 そのため、演歌の歌い手がカバーした他ジャンルの楽曲が、近年たびたび話題になっていますね。 演歌は日本の音楽文化として、今後も発展が期待されています。 慣れ親しんだジャンルだけでなく、原点回帰ができる「演歌」にも耳を傾けてみてください。 有名曲をはじめとする昭和の数々の名曲を歌って、みんなで盛り上がりましょう。

次の

AKB48卒の演歌歌手 歌唱力の高さに秋元康氏も注目した|NEWSポストセブン

男性演歌歌手 歌唱力 ランキング

演歌の有名曲を歌うメリット 宴会の2次会でカラオケに行くと、歌うことが苦手な人や流行りの歌に関心がない人は、何を歌えばいいのか悩んでしまいますね。 そんなときこそ演歌の有名曲を歌いましょう! カラオケで演歌を歌うメリットは下記のとおりです。 ・ 認知度が高く歌いやすい テレビの歌謡歌特集などで耳する機会も多いため、年齢に関係なく、サビの部分を聴けば思い出す楽曲がたくさんあります。 1人で歌うのが苦手でも、演歌はデュエット曲も豊富のため安心。 誰かしら付き合ってくれるでしょう。 ・ 聴き手側も盛り上がる 手拍子をしたり一緒に歌ったり、周りを巻き込んで盛り上げることができます。 ・ 笑いも取れる 思いきったパフォーマンスを取り込めば、笑いも誘えて盛り上がること間違いなしです。 ポテンシャルの高い人は、ぜひモノマネに挑戦してみてください。 選曲に迷ったら、ぜひ演歌をチョイスしましょう! カラオケ人気曲ランキング~男性歌手編 男性演歌歌手は、歌に勢いがあり声量もたっぷり。 どの曲もポピュラーで、すぐに歌うことができますね。 こぶしの回せない人も大丈夫。 熱唱してみんなを盛り上げましょう。 この歌が売れなければ歌手を辞める覚悟だったそうです。 この曲でNHK 紅白歌合戦に初出場されました。 女性の台詞からはじまる歌い出しは、切ない女心を優しく語るように。 だんだん男らしさを出していって、 サビは思いきり歌い上げてください。 厳しい冬に別れを告げ、気持ちに整理をつけて春を迎える歌なので、 歓送迎会の時期に歌うのもおすすめです。 萩本欽一さんの番組『欽ちゃんのどこまでやるの』にレギュラー出演され、そこで『北酒場』を毎週披露したことが話題となり、レコード歌謡発売と同時に大ヒットとなったわけです。 お笑い芸人のロバート秋山さんが、コント番組「はねるのトびら」で歌っていたことが記憶にある人もいるのではないでしょうか。 演歌には珍しく、 カラッと明るく楽しく歌える曲ですね。 日本語ラップの先駆けといわれるこの曲は、1984年の発売から世代を越えて愛され続けています。 出身地の北津軽の田舎ぶりを、スピード感あるラップにのせて大げさに伝えています。 身ぶり手振りを交えてコミカルに、キレキレのラップで歌ってみましょう。 オリジナルの替え歌にすれば面白さ抜群。 競馬のキタサンブラックの馬主である北島三郎さんが、レース後の競馬場で『まつり』を歌ったエピソードが有名です。 「大漁」「豊作」という自然の恵みに感謝する勇壮なメロディは、北島三郎さんご本人の作曲によるもの。 それまでの演歌にはなかった強力なビートを取り入れ、幅広い年代に歌われる人気曲です。 このお祭りソングを選曲すれば、 年配の上司にもウケ抜群ですよ! カラオケ人気曲ランキング~女性歌手編~ 豪華な着物やドレスを着こなして、艶っぽく女心を歌い上げる。 女性演歌歌手にはそんなイメージがありますね。 いつもと違った雰囲気で、 色気と女らしさをアピールすることもできますよ。 大阪の地名を盛り込んだご当地ソングのこの曲は、 浪花演歌ともいわれています。 ゆったりしたメロディで歌いやすく、 演歌に馴染みのない人でも気楽に歌える1曲です。 『夜桜お七』はその歌唱力が特に際立っている名曲で、中森明菜さんやアルフィーの高見沢俊彦さんなど、多くのアーティストにカバーされています。 今までの演歌にはないアップテンポの曲調に、激しい情念がこめられたとてもインパクトのある曲です。 みんなでサビの部分を歌ってもらって場を盛り上げましょう。 発売後だんだん人気が高まり、映画やエッセイにも引用されるようになりました。 出だしの 「お酒はぬるめの燗がいい」は、誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 居酒屋のワンシーンから曲がはじまり、終わった恋を思い出して涙する... 叙情的なメロディが切なさやわびしさをさらにふくらませ、しみじみ飲みたい気持ちになりますね。 クラブのママになった気分で、雰囲気を出して歌ってみてください。 最後のシングル曲となった『川の流れのように』は、派手なステージ衣装も話題になりました。 人生を川の流れにたとえたバラードテイストのこの曲は、AKB48のプロデュースで有名な 秋元康さんの制作によるものです。 これまで数多くのCMソングやキャンペーンソングで使用されています。 ゆったりした曲調で音程も高すぎず低すぎず、原曲でも歌いやすいとどの世代にも支持されている名曲です。 大ヒットとなった この曲で紅白歌合戦初出場を果たしました。 彼女の『天城越え』に負けず劣らずの代表曲です。 目の前に一気に冬景色が広がるようなイントロはインパクトがありますね。 愛を失った悲しみと苦しさを抱えた自分と、寒さに耐えるカモメの姿が重なります。 メリハリをつけて情念をこめ、石川さゆりさんになりきって歌ってみてくださいね。 歌詞を噛みしめながら力強く演歌を歌おう 若い人には演歌はちょっと…と思われるかもしれませんが、あらためて聴くと、 日本人ならではの情感があり共感するところが多いものです。 歌詞の奥深さを感じながら、 メリハリをつけて気持ちよく歌ってみましょう。 演歌は覚えやすくて歌いやすい• 馴染みのあるフレーズが多いのでカラオケでもみんなで盛り上がれる• 日本人ならではの感情移入ができる•

次の

声優の歌唱力~男性女性別・歌が上手いランキング40選【最新版】

男性演歌歌手 歌唱力 ランキング

女性なら誰もが歌の上手な男性に憧れますよね。 きれいな声と整った音程でメロメロにされてしまう人も多いのではないでしょうか。 それでは、今回は日本の男性歌手で歌が上手な歌手ランキングを徹底的に調査のもと、順位付けしてみましたのでCheck it out! 【判定基準】 ・音程(音源と生歌の音がズレてないか) ・高音・低音(音域がどれだけ広いか) ・独自性(他の歌手または昔の歌手の二番煎じになっていないか) ・ジャンルの多様性(シーンに合わせた心に響く歌い方ができるかどうか。 ) 上記の評判をもとに、さらに、まとめサイトや知恵袋、掲示板などの30以上のサイトから評価をまとめました。 個人の主観はほとんど取っ払っていますが、アーティスト個人の人気によるであろう評価された部分においては、ランキングの比較材料にはしませんでした。 男性歌手歌うまランキング15位 西川貴教(T. Revolution) ツートン青木というものまねタレントの息子さん。 もうテレビでもおなじみですが、イケメンで7色の声色を持つと言われています。 実際に歌唱力は格別で、これまで尾崎豊やラルクのhydeのみならず、マイケルジャクソンや徳永英明などの実力派のアーティストの声色までコピーする能力が。 美空ひばりの「愛燦燦」の物まねは機械的に解析してもほぼ同じレベルに達していることが番組で分かりました。 ここまで声をコピーできるなんて、もともと上手くないと成し得ません。 ビブラートの波長などもコピーしちゃうから天性の才能もあるんでしょうね。 また、ものまねじゃなく、本人の音源を聞いたことがありますが、堂本剛に似ていました。 もちろん、堂本剛も上手いですが、もっと上手です。 高音もファルセットを使わずに女性と同レベルの高音を出せます。 男性歌手歌うまランキング13位 石井竜也(米米CLUB) ランク上位と言えるほどの音程の安定感はありませんが、日本人でもトップクラスの歌唱力を持ったソロシンガー。 表現力も圧倒的で、ビブラート、しゃくり、抑揚もプロ中のプロ。 どのサイトや掲示板のランキングでも上位に入る実力を持っていて、聞きやすさナンバーワンという評価は統一されています。 デビューからは声質が結構変わってきていて、楽園やeven ifあたりをリリースしたころあたりからジャズやソウルなどの要素が加わったような感じがします。 いつも気持ちを込めて歌っていて、聞く人を涙にしてしまう、心で聞きたくなる、そんな歌声を持っています。 コラボをさせても圧倒的な上手さを見せつけてしまうので、超一流としかテレビでは出演しませんね。 ただ、ライブでは気持ちが入りすぎて音を外すことがたまーーにあります。 音程の安定感とあと少し高音が出せれば最強。 それら以外の表現力やビブラートの美しさや、抑揚などは日本一かもしれません。 男性歌手歌うまランキング11位 岩沢厚治(ゆず) chemistryが解散されて急速に株を上げてきたのがこの川畑要。 かつてASAYANという番組で堂珍とデビューしたのですが、その時はATSUSHIを退いて合格しデビューした経緯があります。 その頃からするとかなり歌唱力を上げていて、本人も「デビューして本格的に練習してから、音域が2オクターブ上がった」と言っています。 何よりもシーンに合わせた歌い方、表現力がプロの中でも圧倒的。 抑揚もビブラートも他のプロアーティストに比べると段違いに上手くて、歌番組に出演するたびに評価を上げている男性歌手です。 今後はまだまだ実力を上げていくので、数年後の歌うまランキングではもっと上位にいることでしょう。 男性歌手歌うまランキング9位 小野正利 年々成長し続ける歌唱力。 ATSUSHIはどのサイトの男性歌うまい歌手ランキングでも名前が出る天才シンガー。 音域もEXILEでデビューしてからかなり広くなって、どのアーティストでも綺麗にハーモニーを奏でることができる実力を持っています。 波長の短いビブラートが心地よくて、ライブも音源のように正確。 ATSUSHIは努力家で知られていて、好きなアーティスト順位でも上位になっているなど、歌唱力だけでなく様々な面でも評価されています。 以前は若年層に圧倒的に高い支持を受けていましたが、現在では年齢関係なく評価されているアーティストです。 欠点を上げるとするならば、発音が特徴的で、低音のパートは偶に聞きづらいという意見がありました。 1のアーティスト。 もちろん、音程やビブラート、抑揚もしっかりしていて、実力もかなりある歌手です。 何を言っているかわからなくても何を伝えたいのかが分かってしまうのが稲葉さんの凄いところ。 歌が上手いランキングで語るのは場違いな気がしますが、あるサイトの投票では日本で2番目に歌が上手いと評価されていました。 気持ちいいくらいにシャウトする高音はまさにロックで、誰もがたまに聞きたくなる、それが稲葉さんの歌ですよね。 男性歌手歌うまランキング6位 鈴木雅之 好き嫌いが分かれることのない正統派シンガー。 ラブソングの王様と言われていて、渋い見た目で落とされた女性はたくさんいそう。。。 ラブソングランキングではTOP3に常連。 鈴木雅之の魅力と言えば、見た目と正反対の甘い声。 あまりに偉大な歌手で、今ではシンガーが憧れるシンガーと言われています。 鈴木雅之の圧倒的表現力と歌唱力は、ベースにソウルミュージックがあるそうですが、ソウルの力強さはなくて飽くまで甘い歌声が特徴的ですね。 小田和正、槇原敬之、山下達郎、斉藤和義など超大物とコラボをしていて、名実ともに日本を代表する男性歌手であることは間違いありません。 圧倒的評価の1位は!? 5位以降と人気男性アーティストのランク付け一覧は次のページ.

次の