お部屋 の 保険 ワイド。 あいおいニッセイ同和「タフ・住まいの保険」の特徴・評判|おすすめ火災保険比較ランキング

本当にそんなに必要? 賃貸の保険について

お部屋 の 保険 ワイド

部屋を借りようとする場合、必ずといって言うほどの加入義務のある「火災保険」(家財保険と言われる場合もあります)。 「なんで加入しなかればいけないの?」とか「高すぎる!!」という声を良く耳にします。 今回はそんな賃貸の保険の裏側を少し書いていこうと思います。 なんで保険に加入しなければならないか? ほぼ全ての物件が、加入必須になっています。 「なんで入らないといけないんですか?」という質問もまれに受けるのでまずはここの説明から。 賃貸の契約では契約終了又は解約時に部屋を返さなければいけません。 借りている間に大きな事故(火事など)で物件を使えない状態にしてしまった場合、大家さんに返すことが出来なくなります。 火災などを起こしてしまった場合は大変なことになりますよね。 このような場合の備え、保険が用意されています。 賃貸の保険の内容 賃貸の保険は以下の様な構成になっているのが一般的です。 借家人賠償責任保険 被保険者(この場合は入居者)の責に帰すべき、失火、ガス爆発、水漏れ事故により、お住まいに損害を与え、貸主に対して法律上の損害賠償責任を負った場合の賠償補償。 火事を起こしてしまった時に、大家さんに対して賠償責任が発生する、これをカバーする保険ということです。 借りている部屋に対して適用される保険。 個人賠償責任保険 日常生活において、被保険者(この場合は入居者)が他人にけがをさせたり、他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を追った時の賠償補償。 洗濯機の排水ホースがなどが外れて、下の階まで水漏れを起こしてしまった時などに補償してくれる保険です。 ご近所さんに対して何か起こった時の保険ということです。 家財保険 家の中にある家財について、火災・水害・水漏れ事故・盗難などに合われた時に補償してくれる保険です。 家財とは、生活に使うものです。 テレビ、エアコン、ソファー、ベッドなど生活に使うものが対象となっています。 消耗品や食品などは対象外。 ノートパソコンやデジカメ、携帯電話などは対象外となっていることが多いです。 保険の値段について 保険の金額については、この前にところで説明した賠償保証金額によって決まってきます。 賠償金額に比例して保険の金額が決まっていくような形です。 一例で、弊社が取り扱っている保険で内訳を見ていきます。 弊社はアクア少額短期保険株式会社の「住まいるキーパー」という、賃貸物件向けの損害保険を取り扱っています。 賠償責任保険金額というのは、一律1,000万円で固定。 家財保険の保障額によって保険金額が変わるプランになっています。 賠償責任保険金額は、他の誰かに弁償するときの保険。 これはしっかり入っておきたいですよね。 大家さんとしても、ここを抑えておいてもらえば安心です。 家財保険は自分の持ち物に対しての保険です。 ここは、自分の判断で決めるところです。 例えば家財がそんなにないのに、高いプランに入っても無駄なだけです。 通常の一人暮らしで、400万円、500万円も家財を持っている人なんて、ほとんどいないと思います。 賃貸向けの保険プランの内訳は、どこもこのような構成になっています。 家財にそんなに必要ない方は、一番低い保険料金での設定が良いかと思います。 この保険プランの設定ですが、 契約者が選ぶことになっています。 この賃貸保険に関しては、 保険業法というのがありまして「保険プランは納得の上で、本人が選ぶこと」となっています。 「はじめから20,000円のところに丸が付けられていた!」なんて話しをよく聞きますが、ここは反論しましょう。 違反です。 言わないと、「納得した」ということで通されてしまします。 不動産会社ってそういうやり方をするところが多いんです。 ズルイと思う方がいると思いますが、そういうズルイところが多いのが現状です。 保険業界の方の話だと、この手のクレームは多いとのことです。 「勝手にプランが決められていたオカシイ」と。 弊社が仲介するときは、きちんと話しをして適切な設定にしています。 「大家さんが、このプランでないとダメと言っています」なんて担当者が言ってくるかもしれませんが、保障額の内訳をよく見てみましょう。 大家さん側には、きちんとした保障額が設定されているはずです。 賃貸向けの保険のすべての商品を把握しているわけではないので、断言はできませんが、大家さんへの賠償責任額は高くても安くても変わらない商品が大半だと思います。 大家さんの保障額が変わるプランであっても、一番安いプランで十分に大家さんへの賠償責任は果たせるように、保険会社が設定してプランを作っているはずです。 この保険を買うのは、入居者です。 プラン設定の権利は入居者にあります。 きちんと自分にあったプランで選びましょう。 ちなみに弊社はデフォルトは一番安いプランです。 そこから選べる様に設定しています。 当然です。 しかしこの当然のことをしている不動産会社はほとんどいません。 弊社は高田馬場にあるので、近隣の物件は常に調査していますが、18,000円から20,000円に設定されています。 なぜでしょう? 4. 保険代理店制度のノルマが関係してくる 賃貸物件向けの保険は、「少額短期保険」という部類に入ります。 代理店制度が非常に取りやすいのが特徴の一つとしてあります。 少額短期保険募集人の資格を有するものが社内にいること 2. 会社の定款に「少額短期保険代理店業務を行う」等の記載があること この2点がクリアできれば代理店になることが出来ます。 少額短期保険募集人の資格」ですが、これは1日勉強すればとれてしまうような、とても簡単な資格です。 会社の定款に入れる」。 これもただ法務局に書類を出すだけなので、大変なことではないです。 代理店になるということは、契約の代行が出来るということで、契約すると保険会社から「手数料」をもらうことができます。 この 手数料が高い保険料金設定の原因になっているのです。 会社として考えると、この手数料が高いほうがいいですよね。 会社の収入となるのですから、経済的観点からみても当然のこと。 そこで不動産会社としては、数ある保険会社から「手数料の高い」保険会社を選びます。 しかし「手数料の高い」保険会社はノルマ設定があるんです。 ここが問題。 年間で「いくら以上」と保険料が設定されています。 この ノルマをクリアするために、不動産会社は頑張ります。 多少オーバーなプランでもいいから保険を稼がなきゃいけない。 「入居者は分からないから、少し高い保険料で設定してしまおう。 」 こういう形で、 高い保険料が設定されているのです。 この手数料をそんなに求めなければ、ノルマのない保険会社もあります。 このノルマが入居者負担の高い保険料へとつながっているのです。 料金プランは選べます! 賃貸の保険は、賃貸物件の契約と同じタイミングで行うことが多く、よくわからないまま進んでしまいます。 説明もないままただサインというケースが非常に多いと思います。 この保険の契約は 少額短期保険募集人が行う業務となっています。 契約の時には必ず保険プランの説明、約款の説明の義務があります。 保険の種類、金額についても 「契約者が選ぶこと」になっています。 保険会社については、賠償の金額や保険会社の品質の違いから大家さん側・管理会社側で設定している場合がほとんどで、 「保険会社を変える」というのは出来ません。 しかしプランは選べます。 少しでも「おかしいな?」と思ったら必ず契約時に質問をしましょう。 クーリングオフも適用対象内になっています。 こんな発言をしている消費者もいます。 (これは違法)どう計算してもお金持ちではないので、850万円の財産は保有していません。 しかしほとんどの方は、このまま契約してしまうことでしょう。 納得のいく料金プランで、悔いのない契約をするようにしましょう! 6. 途中解約は、戻ります。 賃貸向けの保険は、掛け捨てです。 少額短期保険というのは、掛け捨てでしか設定できない保険なのです。 これも保険業法での決まり事です。 「途中解約の場合はどうなるんですか?」という質問を先日入居者から受けたので、合わせてここでも回答します。 戻ってきます。 残りの月数分を計算して戻ってきます。 計算方法は保険会社によって違うと思いますが、弊社の扱う保険の場合は以下のとおりです。 暮らしっく不動産で保険の手続きをされているお客様は、途中解約でも返金される契約になっています。 ) 意外と知らない人、それから説明しない不動産会社の担当もいますが、戻るケースが多いです。 途中解約の場合は、返金手続きもお忘れなく!.

次の

マンションの水漏れ…漏水事故で保険はどうなる? [損害保険] All About

お部屋 の 保険 ワイド

火災保険料シミュレーション• 火災保険ランキング• 物件から火災保険を選ぶ• 保険会社から火災保険を選ぶ• あいおいニッセイ同和損保• AIG損保• SBI損保• ジェイアイ傷害火災• セコム損保• セゾン自動車火災保険 じぶんでえらべる火災保険(組立式火災保険)• 損保ジャパン• チャブ保険• チューリッヒ少額短期保険• 東京海上日動• 日新火災• 三井住友海上• 楽天損保• 火災保険のお役立ち情報• 火災保険を学ぶ• 屋外にある商品・製品等は補償対象外となります。 保険の対象が商品・製品等(「敷地内屋外物件包括補償特約」および「建物内明記物件補償特約(稿本等用)」の保険の対象を含みます)の場合は補償対象外となります。 所定の浸水条件があります。 損害の状況により、建物および建物内家財は損害の額の最大70%または定額払(保険金額の10%もしくは5%)、屋外設備・装置は損害の額の最大70%、設備・什(じゅう)器等および商品・製品等は定額払(保険金額の5%)となります。 保険の対象が建物、建物内設備・什(じゅう)器等、屋外設備・装置または建物外設備・什(じゅう)器等の場合に補償の対象となります。 さらに、さまざまな費用も補償します。 臨時費用保険金 日本国内に所在する保険証券記載の建物等に加え、下記のものに発生した損害による損失も補償します。 ・隣接物件の事故 (注2)• ・敷地外ユーティリティ設備の事故 (注3)• 特定感染症とは、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、結核、ジフテリア等をいいます。 詳細は、「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご確認ください。 隣接するアーケードや入居しているテナントビル・地下街・袋小路内で他の店舗が火災等の事故にあった場合をいいます。 保険の対象である建物等と配管・配線により接続している電気・ガス・熱・水道もしくは工業用水道または電信・電話の供給・中継設備に火災等の事故があった場合をいいます。 さらに、さまざまな費用も補償します。 営業継続費用保険金 <具体例> 施設の所有・使用・管理や仕事の遂行に起因する事故• 閉店前に店舗のシャッターを途中まで下げていたため、お客さまが帰る際、シャッターに頭部をぶつけてケガをしてしまった。 ガスコンロで揚げ物中、冷蔵庫へ材料を取りにいったほんの一瞬の間に油に火がつき、火災が発生してしまった。 初期消火に失敗し、来店していたお客さまがやけどを負ってしまった。 自転車で出前の途中、通行人と衝突しケガをさせてしまった。 名誉毀(き)損やプライバシー侵害に関連する事故• お客さまを万引き犯と間違えて拘束してしまい、人格権侵害で訴えられた(人格権侵害補償(注1))。 他人の財物を損壊することなく使用不能になったことに関連する事故• ビルの2階にある事務所で漏水事故を起こしてしまい、1階にある他人の店舗が水ぬれ回避のため、什(じゅう)器、商品等を移動させた。 什(じゅう)器、商品等には損壊はなかったが、営業ができなくなったため、経済損失が発生し訴えられた(使用不能損害補償(注2))。 <支払限度額> 1,000万円、3,000万円、5,000万円、1億円、3億円、5億円 (日常生活賠償責任を補償する場合は、3億円が限度となります。 雑居ビルの他の店舗から出火し、従業員がお客さまを外へ避難誘導中、お客さまが転倒し骨折してしまったため、治療費用を負担した。 <支払限度額> 1回の事故・被害者1名につき最大50万円限度(1回の事故・保険年度中1,000万円限度) 被害者のケガの程度等に応じて限度額が異なります。 <免責金額> なし• 被害者1名につき100万円、かつ1回の事故および保険年度について支払限度額が限度となります。 1回の事故および保険年度において100万円が限度となります。 記名被保険者(記名被保険者が法人の場合はその代表者)が保険の対象または保険の対象を収容する建物に居住している場合に補償されます。 ただし、日常生活賠償責任を補償する他の保険契約等がある場合は「日常生活賠償責任対象外特約」をセットし、補償の対象外とすることができます。 「賠償責任・費用の補償」を拡大する特約 「賠償責任等補償特約」にセットして契約いただけます。 受託物賠償責任補償特約 敷地内 (注1)に所在するすべての屋外設備・装置、建物外設備・じゅう什器等および建物外商品・製品等 (注2)についてこの特約の支払限度額(500万円)を限度に包括して補償します。 保険の対象である建物または保険の対象である動産を収容する建物が所在する敷地内をいいます。 ベーシックプランの場合、建物外商品・製品等の盗難は補償対象外となります。 基本の補償1「財物の補償」で保険の対象が屋外設備・装置、建物外設備・什器等または建物外商品・製品等のご契約にはセットいただくことはできません。 ワイドプラン・ベーシックプランの水災補償については保険の対象の損害割合が30%以上の場合に補償されます。 またベーシックプランの場合、損害の状況により、屋外設備・装置は損害の額または支払限度額のいずれか低い額の最大70%、建物外設備・什(じゅう)器等および建物外商品・製品等は定額払(支払限度額または保険価額のいずれか低い額の5%)となります。 免責金額は、免責金額の選択で選択いただいた免責金額がそれぞれの補償に適用されます。 被保険者が偶然な事故 (注)により、借用戸室に損害を与えた結果、貸主に対して法律上の損害賠償責任を負担した場合の損害を補償する特約です。 また、偶然な事故 (注)により借用戸室に損害が発生し、貸主との契約に基づき、被保険者が自己の費用で修理した場合の修理費用(1回の事故につき300万円限度・免責金額3,000円)を補償します。 ただし、主要構造部等の修理費用を除きます。 「借家人賠償責任・修理費用補償(火災等限定)特約」をセットいただいた場合には、借家人賠償責任補償の対象となる事故が火災、破裂・爆発に限定されます。 また、修理費用も約款所定の補償範囲に限定されます。 基本の補償1「財物の補償」で保険の対象が屋外設備・装置、建物外設備・什(じゅう)器等または建物外商品・製品等のご契約にはセットいただくことはできません。 基本の補償1「物損害補償条項」 次の事由による損害または損害を受けたことによる損失等については保険金をお支払いできません。 <「物損害補償条項」、「休業損害補償条項」共通の項目>• 保険契約者、被保険者またはこれらの方の法定代理人の故意もしくは重大な過失または法令違反によって生じた損害• 風、雨、雪、雹(ひょう)、砂(じん)塵等の吹込みや漏入によって生じた損害• 火災等の事故の際における紛失・盗難によって生じた損害• 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動• 地震もしくは噴火またはこれらによる津波• 核燃料物質または核燃料物質によって汚染された物による事故によって発生した損• 保険の対象の欠陥によってその部分に生じた損害• 保険の対象の自然の消耗もしくは劣化または性質による蒸れ、変色、変質、さび、かび、腐敗、腐食、浸食、キャビテーション、ひび割れ、剥がれ、肌落ち、発酵、自然発熱等またはねずみ食い、虫食い等によってその部分に生じた損害• 保険の対象の平常の使用または管理において通常生じ得るすり傷、かき傷、塗料の剥がれ落ち、ゆがみ、たわみ、へこみその他外観上の損傷または保険の対象の汚損(落書きによる汚損を含みます)であって、保険の対象ごとに、その保険の対象が有する機能の喪失または低下を伴わない損害• 保険の対象の置き忘れまたは紛失によって生じた損害• 万引き等によって生じた損害(万引き等を行った者が暴行または脅迫した場合に生じた損害を除きます)• など <「物損害補償条項」固有の項目>• 稿本等のうち保険金額の記入を含めて保険申込書に明記しなかったものに生じた損害• 水災によって保険の対象に生じた損害の額が、それぞれの保険価額の30%未満であり、かつ床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水も生じなかった場合• など 基本の補償2「休業損害補償条項」 前記<「物損害補償条項」、「休業損害補償条項」共通の項目>に加え、次の事由による損害を受けたことによる損失等については保険金をお支払いできません。 <「休業損害補償条項」固有の項目>• 国または公共機関による法令等の規制によって生じた損害• 保険の対象の復旧または営業の継続に対する妨害によって生じた損害• 以下事由によって生じた損失等• 敷地外ユーティリティ設備の能力を超える利用または他の利用者による利用の優先• 賃貸借契約等の契約または各種の免許の失効、解除または中断• 労働争議• 脅迫行為• 水源の汚染、渇水、水不足• など 「賠償責任等補償特約」 次の損害賠償責任等については保険金をお支払いできまん。 保険契約者、被保険者、これらの法定代理人の故意による損害賠償責任• 被保険者と他人との間の損害賠償に関する特別の約定によって加重された損害賠償責任• 被保険者が所有、使用または管理する財物の破損、紛失または盗取について、その財物について正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任• 被保険者の占有を離れた商品もしくは飲食物または被保険者の占有を離れ対象施設外にあるその他の財物に起因する損害賠償責任• 被保険者が所有、使用または管理する財物を使用不能にしたことによって生じた賠償責任を負担することによって被る損害• 以下に該当する損害賠償責任を負担することによって被った損害• ・管理財物の自然の消耗または性質による蒸れ、かび、腐敗、変色、さび、汗ぬれ、その他これらに類似の事由またはねずみ食いもしくは虫食いに起因する損害賠償責任• ・管理財物の目減り、原因不明の数量不足または自然発火もしくは自然爆発に起因する損害賠償責任• ・管理財物が寄託者または貸主に返還された日から30日を経過した後に発見された管理財物の破損に起因する損害賠償責任• ・管理財物に対して行う通常の作業工程上生じた修理もしくは加工の拙劣または仕上不良等に起因する損害賠償責任•

次の

あいおいニッセイ同和「タフ・住まいの保険」の特徴・評判|おすすめ火災保険比較ランキング

お部屋 の 保険 ワイド

タフ・住まいの保険 の基本情報 タフ・住まいの保険の補償内容、保険料の目安、各種特約など、商品内容の詳細をまとめました。 補償内容 災害 プラン 火災、落雷、破裂・爆発 エコノミープラン/ベーシックプラン/ワイドプラン 風災・雹(ひょう)災・雪災 エコノミープラン/ベーシックプラン/ワイドプラン 水ぬれ、外部からの物体落下など、騒擾(じょう) ベーシックプラン/ワイドプラン 盗難 ベーシックプラン/ワイドプラン 水災 ベーシックプラン/ワイドプラン 破損・汚損など ワイドプラン 補償を最小限にして保険料を節約したい人には「エコノミープラン」、補償内容をもっとも充実させたい人には「ワイドプラン」を用意。 人気のプランは、破損・汚損補償のみを外して幅広いリスクを補償する「ベーシックプラン」です。 これらプランを基本契約とし、希望する人は家財保険や地震保険、各種特約などを付帯させていく形となります。 保険料 保険料/42,600円(5年) 前提条件/東京都の一戸建て(T構造)、保険金額2000万円 プラン/エコノミープラン 付帯する費用保険金/事故時諸費用特約、地震火災費用保険金、災害緊急費用保険金、損害防止費用、権利保全行使費用 上記は建物のみの保険料となります。 付帯している各種費用保険金が非常に充実しています。 保険料/20,370円(5年) 前提条件/大阪府のマンション、保険金額1000万円 プラン/ベーシックプラン 付帯する費用保険金/事故時諸費用特約、地震火災費用保険金、災害緊急費用保険金、損害防止費用、権利保全行使費用 同じ条件でワイドプランに変更した場合の保険料は23,160円。 5年の保険期間で、その差がわずか2,790円です。 ちなみにエコノミープランの場合には、5年で10,930円と半額程度。 どのリスクにも共通して保険金が支払われない場合について タフ・住まいの保険の補償範囲とされる被害であっても、その被害の原因によっては保険金が支払われないことがあります。 たとえば、以下のような例においては、原則として保険金が支払われません。 ケース1. 契約者が故意に生じさせた被害 契約者や被保険者が故意に生じさせた被害、または故意に近いほど重大な過失で生じさせた被害については、たとえ結果として補償範囲であったとしても、この被害は補償されません。 ケース2. 戦争などによって生じた被害 戦争や外国からの武力攻撃によって生じた被害については、火災保険では補償されません。 戦争や武力攻撃に類似した状態で生じた被害についても補償範囲外です。 ケース3. 経年劣化などによる被害 通常の管理・使用下における経年劣化による被害については、火災保険では補償されません。 具体的には、さび、かびなどの被害です。 破損・汚損損害等のリスクにおいて保険金が支払われない場合について ワイドプランで補償される破損・汚損被害について、以下の原因による被害は、補償されないのが通常です。 ケース1. 契約者が運転する車で建物を破損・汚損させた場合 契約者や被保険者が運転する車、または契約者や被保険者が所有する車が、運転ミス等によって建物・家財に破損・汚損を生じさせた場合、この被害については補償されません。 ケース2. 建物の敷地外で家財を破損・汚損させた場合 建物の敷地外に持ち出した家財が、何らかの理由で破損・汚損被害を受けた場合、この被害は補償されません。 なお、タフ・住まいの保険のパンフレットに詳細は記載されていませんが、一般には次のような理由による建物・家財の破損・汚損被害についても、火災保険では補償の対象外とされています。 携帯電話、ノート型パソコン、眼鏡、コンタクトレンズ、義歯などの破損• 砂塵の吹き込み等による機械類の破損• 所有する動物・植物に生じた被害• 自転車・排気量125cc以下の原動機付自転車に生じた破損・汚損• 電球・ブラウン管などに生じた破損• 公権力の行使(差し押さえや没収など)にともなって生じた破損・汚損• 増改築などの作業上のミスが原因で生じた破損 破損・汚損を始め、その他の被害補償に関しても、契約を検討する際には担当者から詳しく説明を受けるようにしましょう。 サポートサービス 水回りクイック修理サービス サポート 内容 トイレのつまり、給排水管のつまり、給排水管の故障による水の溢れなどに対し、専門業者を手配して応急修理を行います。 対象プラン 全プラン 玄関ドアカギ開けサービス サポート 内容 鍵の紛失や盗難等により玄関ドアを開けられなくなった際、鍵の専門業者を手配して緊急開錠します。 対象プラン 全プラン 暮らしのトラブル(法律)・税務ご相談 サポート 内容 日常生活における法的や問題や税務上の問題について、予約制で弁護士・税理士の電話相談を利用することができます。 対象プラン 全プラン 特約 類焼損害・見舞費用特約 内容 自宅の火災や爆発等が原因で近隣の建物などに損害を与えた際、最大1億円まで補償 対象 オプション(プランには含まれません) 個人賠償特約 内容 国内外において他人の身体または財物に損害を与えた場合、その損害賠償額を補償 対象 オプション(プランには含まれません) 個人賠償(電車等運行不能賠償追加型)特約 内容 日本国内で電車等を運行不能にした際、法律上の損害賠償責任を1億円まで補償 対象 オプション(プランには含まれません) 受託物賠償特約 内容 他人の所有物を受託中、受託物を破損・紛失などした場合に、その損害賠償責任額を補償 対象 オプション(プランには含まれません) 弁護士費用等特約 内容 他人から受けた被害が原因で、損害賠償請求を弁護士に依頼した際、当該弁護士費用を最大300万円まで補償 対象 オプション(プランには含まれません) 携行品損害特約 内容 敷地外に携行していた家財(動産)に損害が生じた際、その損害を補償 対象 オプション(プランには含まれません) バルコニー等修繕費用特約 内容 偶然の事故により、分譲マンションのバルコニーや玄関ドアなどの共用部分に損害を与えた際、その損害の修繕費用を1回につき30万円を限度に補償 対象 オプション(プランには含まれません) 借家賠償・修理費用特約 内容 偶発的な事故で借用住宅に損害を与えた際、貸主に支払うべき損害賠償金を1回のみ補償 対象 オプション(プランには含まれません) タフ・住まいの保険 はこんな人にオススメ タフ・住まいの保険の最大の特徴は、地震被害の補償の手厚さです。 通常、火災保険のみの加入では、地震を原因とする火災被害は補償されません。 地震補償を手厚くしたい方は、ぜひ検討すべき火災保険でしょう。 タフ・住まいの保険の地震保険 について 建物の火災保険をベースにし、これに特約のような形で地震保険を付帯させることができます。 地震保険の概要 地震保険とは、地震や噴火による直接的・間接的な被害を補償する保険のこと。 間接的な被害とは、具体的には地震・噴火が原因で発生した火災や津波による被害です。 なお、タフ・住まいの保険のパンフレットでは、地震保険の補償対象として「地震による火災」「地震による損壊」「噴火による埋没」「津波による流失」などの被害を例に挙げています。 地震保険の対象 ・住宅用建物 住宅として利用している建物の被害が保険の対象となります。 商業施設やオフィスなどは住宅用とは異なるため、個人加入の地震保険の対象にはなりません。 ・家財 住宅用建物の中に保管している家財(動産)が保険の対象となります。 商業施設やオフィスなどに保管している動産については、個人が加入する火災保険の対象とはなりません。 なお、「1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・美術品等」は保険の対象外となります。 これらを保険の対象としたい方は、「家財明記物件特約」を付帯させましょう。 地震保険の対象とならないもの 地震保険に加入していたとしても、一般には以下のようなケースの被害は補償されません。 ケース1. 地震・噴火の混乱中に生じた紛失・盗難被害 地震や噴火、津波などの混乱の中で生じた家財の紛失や盗難被害について、地震保険では補償されません。 ケース2. 地震発生の翌日から起算して10日以上経過してから生じた被害 地震や噴火が発生した翌日から起算し10日以上経ってから生じた被害について、地震保険では補償されません。 地震・噴火等と被害との因果関係を特定することが困難だからです。 設定した保険金額の範囲内で、被害の程度に応じて保険金が支払われる形となります。 なお、地震や噴火等の被害が発生した際、実際に支払われる保険金の額は、被害の程度に応じて次のように計算されます。 ただし、たとえば損害を受けた対象の時価が300万円の場合には、現在時価を優先する原則が適用され、保険金は300万円までしか支払われません。

次の