立川産婦人科。 婦人科外来 立川 産婦人科 立川駅 婦人科 女医【毛利もとこ女性クリニック】立川のレディースクリニック

婦人科外来 立川 産婦人科 立川駅 婦人科 女医【毛利もとこ女性クリニック】立川のレディースクリニック

立川産婦人科

患者さまの待ち時間短縮、利便性向上を目的とし、妊婦健診を当院指定のクリニックで受けていただき、分娩日が近くなったら当院へ戻ってきていただくシステムです。 当院を受診していただいた妊婦さんに指定のクリニックで妊婦健診をお願いするケースと、最初から指定のクリニックを受診していただき、そちらから当院へ分娩予約を入れていただくケースがあります。 1 指定のクリニック: こむかい産婦人科、泉医院、加来産婦人科第2、岡産婦人科、みなみ野レディースクリニック 2 対象となる方: 合併症がなく、妊娠経過においてリスクが少ないと予想される方で、セミオープンシステムの利用にご同意いただける妊婦さん。 3 当院へ戻る時期: 順調な場合は35週、逆子など帝王切開が必要になる可能性がある場合は30週としています。 4 その他: セミオープンシステムご利用の妊婦さんの時間外対応(夜間・休日診療など)は当院で行いますのでご安心ください。 遠方にお住まいで、当院での里帰り分娩を希望される方は、特に合併症がなければ地域医療連携センターを介して分娩予約が可能ですのでご相談ください。 当院へ戻る時期は、順調な経過であり経腟分娩可能な場合は35週、逆子など帝王切開が必要になる可能性がある場合は30週までにお願いいたします。 受診時期が近くなりましたら、外来予約センターへ予約のお電話をお願いいたします。 当院では産科診療ガイドラインに準じて、初期と中期の2回スクリーニング検査をおこなっております。 初期は随時血糖(カットオフ値100)、中期は50g グルコースチャレンジテスト(カットオフ値140)を行い、陽性の場合75g糖負荷試験を行っています。 GDMと診断した場合は、1点陽性であっても検 査・教育入院を行い、食事療法のみでよいのか、インスリン導入が必要かどうかを判断しています。 軽度の耐糖能異常であっても、周産期予後に影響することが わかっており、正しい介入を行うことで予後の改善がみこまれます。 当院では、内科と協力し積極的に診療しておりますのでお困りの際はご紹介ください。 なおスクリーニング陽性にもかかわらず精査が行われていない、または、再検査で正常を確認した、という例が散見されますが、GDM見逃しにつながります。 スクリーニング陽性時はぜひ糖負荷試験をお願いいたします。 また、スクリーニングを行っていないご施設の先生は、ぜひ、検査導入をお願いいたします。

次の

立川市の婦人科の病院・クリニック(東京都) 14件 【病院なび】

立川産婦人科

小児科• 皮膚科• 婦人科• 産婦人科• 耳鼻いんこう科• 整形外科• アレルギー科• 泌尿器科• 肛門外科• 胃腸内科• 気管食道内科• 胸部外科• 形成外科• 血液内科• 呼吸器内科• 呼吸器外科• 心療内科• 消化器内科• 脳神経内科• 心臓血管外科• 消化器外科• 小児外科• 循環器内科• 腎臓内科• 精神科• 糖尿病内科• 内分泌内科• 乳腺外科• 脳神経外科• 美容外科• ペインクリニック内科• 放射線科• 麻酔科• リハビリテーション科• リウマチ科• 老年内科• 歯科 先生はいつも丁寧に、分かりやすい説明をして下さりとても良い病院だと思います。 先生が明るく気さくな分、受付の年配女性がいつも無愛想で口数も少なく残念です。 スタッフ同士では笑ったり弾けた様子を見せるので、故意的にそうされているのだと思います。 また特定の患者にのみ、笑いかけたり「お大事に」など言います。 もう長く通っていますが、こちらから「おはようございます」や、会計の終わりで挨拶をしても、憮然としたまま無視されるのは毎回とても、とても嫌な気持ちになります。 病院は健康な状態で通う所でないので尚更です。 ストレスを感じます。 そこのところを少し考えられた方が良いと思います。 どこの個人病院でも、受付はとても感じがいいので、その点において珍しいと思います。 休診日• 水曜・日曜・祝日 この病院はインターネットで知りました。 抱っこベルトをしていた事もあり、駅から徒歩2?3分ぐらいで着きました。 院内はこじんまりしてましたが、清潔感のある きれいな感じです。 子供が遊ぶスペースもあり、その壁がスクリーンになってて アニメなどが上映されてて、子供を遊ばせながら待つ事ができました。 担当してくれた先生は若い人で 子供にも明るく笑顔で話しかけてくれて、子供は安心したようで 泣かなかったです。 病状も適切に丁寧に話してくれて、こちらからも質問がしやすかったです。 感じがよかったです。 このビル全体がいろいろ病院が入っていて、1階が薬局になってるので いろいろと便利です。 休診日• 木曜・日曜・祝日 里帰り出産予定の初産婦です。 こむかい先生のところでは妊娠8ヶ月頃まで妊婦健診のため通院していました。 数ある産婦人科の中からここを選んだ理由は、予約制でないので行ける日にふらっと立ち寄れるためです。 元々時間に縛られたくない性格というのもありますが、つわりが酷かったので少しでも体調の優れる日にかかりたいと思ったのが大きな理由かも知れません。 この判断、通い続けた結果から言うと… 失敗でした。 笑 たしかにつわり期間は利点になっていましたが、つわりが無くなってからはデメリットしかない…。 予約制でないため、病院が開いてすぐor休憩時間明けすぐに行かないと1時間は平気で待たされます。 特に土曜日なんかは激混みで、最長3時間近くは待ったかな…? あまりに混んでいたので断念する日もありました。 そしてこむかい先生の診療は決して丁寧とは言えません。 笑 本当に最低限のことしかしてない、言わない印象。 患者に寄り添う姿勢もあまり見受けられません…。 予約不要のため1人の患者に時間をかけられないのも理由かなとは思います。 特にエコーを見てる時なんかは、自分からどんどん気になることは聞いていかないと沈黙が続きます…。 笑 つわりで悩んでいた時期には意を決して先生に相談してみましたが、「そういうもんだから」的な対応をされ…そこで全てを察しました…。 あ、こういうスタイルなのねと。 結局何も解決策を提案して貰えなかったので自ら懇願して吐き気止めの薬を出してもらいました。 また、発言が常にあやふやというか、常に言葉を濁してくるので確実に安心できないという点も気になりました…。 たしかに言ってしまえば妊娠に安定なんてものは無いも同然なので、完全に安心させないためにぼんやりとしか言及してくれないのかな?と思っていました。 しかし、里帰り先の産婦人科医はそんなことなかったのでそういう問題ではないみたい。 笑 健診後は旦那も毎回腑に落ちない様子で、夫婦二人して「 ????? 」となってました。 笑 ちなみに旦那の付き添いは感染症の流行がない時期は可能でした。 と言ってもエコーのタイミングでしか入室させてくれないので、大事な話でも母親側にしかして貰えません。 一緒に来てるのに健診後に伝達しなくてはならない不便さがありました。 加えて私は妊娠糖尿病と診断されたため、紹介先の糖尿病の病院にもかかっていたのですが、そこも微妙…。 医師や栄養士から言われた通りにやっていたのにも関わらず血糖値の管理が甘く、里帰り先の産婦人科医に驚かれてしまいました…。 そしてこむかいと糖尿の病院の連携は取れていませんでした。 紹介状の効力ってそんなもん? 可能ならば産婦人科と内科が混在している大きな病院でかかることをお勧めします。 あと受付のお姉さん達も冷酷です。 受付も、先生自身も、冷酷で事務的な感じです。 類は友を呼ぶ…。 ? まとめると、次妊娠したらここにはかからないかな!という感想です!! もちろん、予約制でない病院や事務的な対応を好む方もいると思うので、そういう方にはおすすめです! ご参考までに!!• 休診日• 金曜・日曜・祝日.

次の

立川市の婦人科の病院・クリニック(東京都) 14件 【病院なび】

立川産婦人科

立川ARTレディースクリニック院長の右島 富士男です。 私達のホームページにアクセスしていただきましてありがとう御座います。 立川ARTレディースクリニックではタイミング療法や人工授精などの一般不妊治療から体外受精胚移植、顕微授精胚移植、凍結融解胚移植などの高度生殖医療を含む不妊治療を行っています。 また、妊娠したにもかかわらず、すぐに流産に至ってしまう不育症の治療も行っています。 子どもが欲しいと思っていてもなかなか妊娠せず、どうしようと考えていたり、またそのことを夫や友人にも相談できず一人閉じこもっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 あるいは流産を何度も繰り返し、その結果、妊娠する事が怖くなってしまったり、なぜ私だけが流産になってしまうのかと悩んでしまっていたり、どうしたらいいのか分からなくなってしまっている方もいらっしゃると思います。 私事で申し訳ありませんが、私の恩師が中学校最後の英語の授業の時、黒板にこう書いてくださいました。 しかし、すごく勇気を与えてくれました。 一度、立川ARTレディースクリニックのドアを叩いてみてください。 スタッフ一同、患者様の希望に添えるよう、最大限のサポートと最高の技術を提供させていただきたいと思っています。 専門とする疾患・業績 【専門とする疾患】• 不妊症• ホルモン治療• 高度生殖補助医療 体外受精、顕微授精など• 凍結保存• 受精卵凍結保存• 未受精卵凍結保存• 卵巣凍結保存 ガラス化法による卵巣凍結保存を世界で初めて成功させた• 卵巣培養 卵巣を3次元培養し、得られた卵子から、産子を獲得した *私たちのクリニックでは、ガラス化法による凍結保存を行っています。 受精卵(分割期胚や胚盤胞)の凍結保存の技術的進歩は凄まじく約90~95%の生存率を示しています。 **凍結保存、特に未受精卵の凍結保存や卵巣凍結保存の研究は、未だ研究段階にありますが、臨床応用可能なものにしたいと考えています。 Migishima F, Suzuki-Migishima R, Song SY, Kuramochi T, Azuma S, Nishijima M, Yokoyama M. Biol Reprod. 2003 Mar;68 3 :881-887 Successful pregnancies after transplantation of frozen-thawed mouse ovaries into chimeric mice that received lethal-dose radiation. Migishima F, Suzuki-Migishima R, Quintero RB, Yokoyama M, Behr BR. Fertil Steril. 2006 Oct;86 4 Suppl :1080-1087. Development of immunocompetent lymphocytes in vivo from murine umbilical cord blood cells. Oikawa A, Ito K, Seguchi H, Okabe M, Migishima F, Eshima K, Azuma S, Song SY, Kaneko T, Shinohara N. Transplantation. 2007 Jul 15;84 1 :23-30. Spontaneous differentiation of mesenchymal stem cells obtained from fetal rat circulation. Naruse K, Urabe K, Mukaida T, Ueno T, Migishima F, Oikawa A, Mikuni-Takagaki Y,Itoman M. Bone. 2004 Oct;35 4 :850-858. Suzuki-Migishima R, Hino T, Takabe M, Oda K, Migishima F, Morimoto Y, Yokoyama M. J Reprod Dev. 2009 Aug;55 4 :386-392. Full reconstitution of hematopoietic system by murine umbilical cord blood. Migishima F, Oikawa A, Kondo S, Ema H, Morita Y, Nakauchi H, Yokoyama M, Song SY, Nishijima M, Okabe M, Shinohara N. Transplantation. 2003 Jun 15;75 11 :1820-1826. Uterine leiomyoma causing massive ascites and left pleural effusion with elevated CA 125: a case report. Migishima F, Jobo T, Hata H, Sato R, Ikeda Y, Arai M, Kuramoto H. J Obstet Gynaecol Res. 2000 Aug;26 4 :283-728. Coexisting clear cell adenocarcinoma and squamous cell carcinoma arising from ovarian endometriosis. Jobo T, Kawaguchi M, Imai M, Migishima F, Watanabe J, Kuramoto H. Int J Oncol. 2000 Apr;5:405-409. 産婦人科の実際:58巻11号 Page1840-1848 2009. 10 【ここが聞きたい 不妊・不育症診療ベストプラクティス】 不妊の検査・診断 卵管因子 【子宮卵管造影剤】 子宮卵管造影検査で卵管閉塞と診断した場合の注意点について教えてください. また使用する造影剤には水性と油性がありますがそれぞれの特徴についてわかりやすく教えてください. 右島富士男 IVFなんばクリニック , 森本義晴: 臨床婦人科産科:63巻4号 Page369-373 2009. 04 助産所からの搬送例の実状と周産期予後 池田泰裕 北里大学 医学部産婦人科・小児科 , 鴨下詠美, 望月純子, 金井雄二, 右島富士男, 谷昭博,天野完, 野渡正彦:日本周産期・新生児医学会雑誌:40巻3号 Page553-556 2004. 08 早産と細菌性腟症 解説 右島富士男 北里大学 医学部産婦人科 , 安藤宏美, 池田泰裕, 金井雄二, 望月純子, 谷昭博, 天野完. 日本産科婦人科学会神奈川地方部会会誌:41巻1号 Page48-51 2004. 07 ガラス化法による卵巣凍結保存の検討 原著論文 右島富士男 北里大学 医学部産婦人科 , 横山峯介, 西島正博. 産婦人科の実際:52巻13号 Page2379-2382 2003. 泉貴文 北里研究所メディカルセンター病院 , 右島富士男, 高山和久, 久嶋則行, 源田辰雄. 日本産科婦人科学会埼玉地方部会会誌. 28巻 Page60-63 1998. 08 小児に対する腹腔鏡下手術の検討 原著論文 右島富士男 北里大学 医学部産婦人科 , 川内博人, 釼持稔. 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌13巻1号 Page115-117 1997. 12 日本医科大学卒 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 准教授 【資格】生殖医療専門医、周産期専門医、日本産科婦人科学会専門医・指導医 博士(医学) 【学会役員】日本生殖医学会代議員、日本受精着床学会評議員、日本生殖免疫学会評議員、日本産科婦人科学会幹事 ひとこと:院長先生とは米国留学以来のお付き合いです。 丁寧な診療を心がけてまいります。 少しでも地域の不妊症に悩む方々のお力になれれば幸いです。 平成24年に三重大学医学部を卒業後、同大学医学部付属病院にて初期臨床研修を修了し、 その後約5年間、国立病院機構大阪医療センターに勤務しておりました。 不妊治療を通じて 地域の皆様に貢献できるよう日々努めてまいります。 これからもどうぞよろしくお願い致します。

次の